★今街で噂の★酒そばとはこんなそば 酒そばってこんなそば

通常そばを練るときには、水を使用するのですが、その水のかわりに「お酒」を使って練ったのが、 当店自慢の酒そばです!

お酒は富山で人気の地酒を使っています!
お酒の風味と香りが、 そば本来の風味と香りにからみあい、今までにないおいしいおそばができあがりました!

そば通、お酒通と呼ばれる方の中には、そばを食べ終わった後に
「残ったそばつゆに酒を少し足して飲む」のが最大の楽しみといいますよね。
まさしくお酒好きの方には、もう「たまりませ~ん!」っておいしさです♪

でも、お酒の苦手な方でもご安心くださいね! アルコール成分はそばを茹でた時にほとんど飛んじゃいますから、 お子様でも安心して食べられますよ!
(※但し、アルコールに弱い体質の方や小さなお子様はご注意ください。)


酒そばをゆでた後の蕎麦湯はえもいわれぬおいしさそばを茹でたあとのそば湯は ほのかなお酒の香りと旨味がでており、 それはそれはえもいわれぬおいしさ!
そばのお味から、香り、はたまたそば湯まで、 全てがたまらなぁ~いのが酒そばです♪

いつもの「そば」とは違う、ちょっとリッチなひと時を「酒そば」でお楽しみください♪


★これは珍しい!ひそかな噂を呼んでいる★こだわり酒そばこだわり酒そば

当店売れ筋NO1がこの「こだわり酒そば」です!


「こだわり酒そば」は、その名のとおり、
原材料にこだわり、厳選した、国産の原材料を使用しています!

そば畑■こだわり・その1:そば粉■
そば粉は、日本有数のそば処信州・安曇野(あずみの)産のそば粉を、 石臼にて、丁寧に、丁寧に、粗挽きしたものを使用しています。

北アルプス山麓長野県安曇野市一帯の地域は、 名水百選「安曇野わさび田湧水群」で知られる日本有数の名水の土地です。

清らかでミネラルが豊富な水によって、味も香りも素晴らしいそばが育まれます。


豊かな大地が育む小麦畑■こだわり・その2:製法
このそばの味と香りを最大限引き出すため、 製法にもこだわっています♪

そばの実を製粉する際、これまでの方法ですと、 機械製粉のためかなりの熱が発生し、 そば本来の香りが失われてしまいます。
昔ながらの石臼を使ってゆっくりと、丁寧に、丁寧に、挽くことによって、 そばの実の甘皮と呼ばれる部分をも一緒に挽きくるんだ、 そば本来の香り一杯の粗引きの「そば粉」にしています。

■こだわり・その3:小麦粉
小麦粉は北海道の大地が、育んだ小麦粉を使用しています!
北海道産小麦の特徴は、風味がよく、 その豊で広大な大陸同様、豊かな味わいを大切にし、そばの風味を最大限に生かす粉です。


富山県高岡市雨晴海岸より望む立山連峰■こだわり・その4:お酒
地元富山で人気の地酒を使用しています。

富山県は、三方を北アルプス立山連峰などの、山岳地帯に囲まれており、 中央には実り豊かな平野が広がっています。

富山湾、日本海へと開けている天然の巨大ダムともいえる山々からは、 一年を通じて豊かで、清らかな水が生まれるんです!
豊かな大地と清らかな水に育まれた米どころ富山は、日本でも有数の酒どころでもあります。

酒そば本舗の酒そばは、富山で人気の地酒を使用しています。

2013年04月26日

デフレから脱却するには


26日の総務省の発表によれば、2012年度の消費者物価指数は、価格変動の大きい生鮮食品を除いた総合指数で前年度を0・2%下回ったということです。
物価上昇をめざして金融緩和を強めている日本銀行の政策は、未だに顕著な効果をあらわしていないように見受けられますが、これはどうしたことだろうか!?

消費者物価、2年ぶり下落 12年度、緩和効果まだ

2年後の物価上昇率2%が目標ということであれば、102.0という数字に近いものが上がってこなければいけないのに、0・2%下回ったということであれば、99.8という数字になりますね。しかも生鮮食品を除いた指数ということですから、普段我々が接する食料品の値段は消費者にとってはひじょうに有難いことに毎日超安値ですから、実際はもっと下っているものと推測されます。一度生鮮食料品や日曜雑貨品も含めた指数を見てみたいものです。

ひょっとしたら、98.0、97.0なんて数字になっているんじゃないか!?

これではあまりにも都合が悪いから、政府は意識的に低い数字の指数の発表を避けているのではないかと思えるくらいです。

そもそもこの国の経済のデフレに拍車がかかったのは2004年4月、消費税の総額表示制度が実施されてからじゃなかったか?それまでは消費者が商品を購入をした場合、レジで商品代金に消費税5%分を上乗せして支払っていましたね。いわゆる外税とよばれる徴収方式でした。

つまり総額表示制度導入前に1980円の値札がついていた商品は、本体価格1980円と消費税99円、合計2079円をレジで支払っていたはずです。当然のことながら総額表示制度が導入されたら、この商品は2079円の値札がつけられなければならなかったはずです。

それがどうでしょう。依然として1980円のまま売り続けられているではありませんか!

つまりこの商品の価格構成は、本体価格1885円71銭(1980 ÷ 1.05)、消費税94円29銭、合計1980円となったわけです。本体価格1980円の商品が1885円71銭になった。これは物価が4.76%(94.29 ÷ 1980)下ったということにほかなりません。

来年4月消費税が5%から8%に増税されても、おそらく総額表示1980円の商品は1980円のまま販売され続けられてしまう。けっして2036円(1980 ×1 .08 ÷ 1.05)の値札がつけられることはないと思われます。

そしたら、ここでも物価が2.75%(56 ÷ 2036)下ってしまう。とても2%アップどころの騒ぎではありませんね。


デフレから脱却したければ、直ちに総額表示制度を撤廃し外税徴収方式に戻すべきだと思うのですが、安倍首相、黒田日銀総裁如何に!?



◆酒そば本舗トップページへ◆


**貴方の共感できる生き方がきっとある**
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ




同じカテゴリー(ニュース・トッピックス)の記事
 「大腸がんになりたくなかったら、歳を取らないことです」 (2019-12-06 10:07)
 給食にコウバコカニとはうらやましい・・・。 (2019-12-05 10:30)
 せめて「ベニズワイガ二」は庶民の味方であって欲しい・・・。 (2019-11-27 10:04)
 ベニズワイガニとフクラギ派です。 (2019-11-21 12:33)
 新国立競技場の聖火台はどうなった? (2019-11-20 11:47)
 「異種交配」ということばご存知か? (2019-11-12 09:23)

この記事へのコメント
神はバナナチップを助ける!
Posted by คาสิโน at 2013年04月26日 17:58
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。