★今街で噂の★酒そばとはこんなそば 酒そばってこんなそば

通常そばを練るときには、水を使用するのですが、その水のかわりに「お酒」を使って練ったのが、 当店自慢の酒そばです!

お酒は富山で人気の地酒を使っています!
お酒の風味と香りが、 そば本来の風味と香りにからみあい、今までにないおいしいおそばができあがりました!

そば通、お酒通と呼ばれる方の中には、そばを食べ終わった後に
「残ったそばつゆに酒を少し足して飲む」のが最大の楽しみといいますよね。
まさしくお酒好きの方には、もう「たまりませ~ん!」っておいしさです♪

でも、お酒の苦手な方でもご安心くださいね! アルコール成分はそばを茹でた時にほとんど飛んじゃいますから、 お子様でも安心して食べられますよ!
(※但し、アルコールに弱い体質の方や小さなお子様はご注意ください。)


酒そばをゆでた後の蕎麦湯はえもいわれぬおいしさそばを茹でたあとのそば湯は ほのかなお酒の香りと旨味がでており、 それはそれはえもいわれぬおいしさ!
そばのお味から、香り、はたまたそば湯まで、 全てがたまらなぁ~いのが酒そばです♪

いつもの「そば」とは違う、ちょっとリッチなひと時を「酒そば」でお楽しみください♪


★これは珍しい!ひそかな噂を呼んでいる★こだわり酒そばこだわり酒そば

当店売れ筋NO1がこの「こだわり酒そば」です!


「こだわり酒そば」は、その名のとおり、
原材料にこだわり、厳選した、国産の原材料を使用しています!

そば畑■こだわり・その1:そば粉■
そば粉は、日本有数のそば処信州・安曇野(あずみの)産のそば粉を、 石臼にて、丁寧に、丁寧に、粗挽きしたものを使用しています。

北アルプス山麓長野県安曇野市一帯の地域は、 名水百選「安曇野わさび田湧水群」で知られる日本有数の名水の土地です。

清らかでミネラルが豊富な水によって、味も香りも素晴らしいそばが育まれます。


豊かな大地が育む小麦畑■こだわり・その2:製法
このそばの味と香りを最大限引き出すため、 製法にもこだわっています♪

そばの実を製粉する際、これまでの方法ですと、 機械製粉のためかなりの熱が発生し、 そば本来の香りが失われてしまいます。
昔ながらの石臼を使ってゆっくりと、丁寧に、丁寧に、挽くことによって、 そばの実の甘皮と呼ばれる部分をも一緒に挽きくるんだ、 そば本来の香り一杯の粗引きの「そば粉」にしています。

■こだわり・その3:小麦粉
小麦粉は北海道の大地が、育んだ小麦粉を使用しています!
北海道産小麦の特徴は、風味がよく、 その豊で広大な大陸同様、豊かな味わいを大切にし、そばの風味を最大限に生かす粉です。


富山県高岡市雨晴海岸より望む立山連峰■こだわり・その4:お酒
地元富山で人気の地酒を使用しています。

富山県は、三方を北アルプス立山連峰などの、山岳地帯に囲まれており、 中央には実り豊かな平野が広がっています。

富山湾、日本海へと開けている天然の巨大ダムともいえる山々からは、 一年を通じて豊かで、清らかな水が生まれるんです!
豊かな大地と清らかな水に育まれた米どころ富山は、日本でも有数の酒どころでもあります。

酒そば本舗の酒そばは、富山で人気の地酒を使用しています。

2019年10月17日

発想力


あなたの発想力を問います。あなたは常識の奴隷になっていませんか?

あなたは常識の奴隷?「発想力」テスト10問、ぜひお試しあれ。


・・・正直に告白します。私は、問7しかできませんでした。

張り切ってトライしてみたのですがね、惨憺たる結果に己の頭の硬さを思い知らされました。ショックでしたね。

・・・そうですか。私は常識の奴隷になっていますか。


でも、これって逆の発想をすれば、私には常識があるってことですよね。逆の発想ができるってことは、それはそれで発想力があるってことじゃないか。(爆笑!






◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村
  


Posted by 酒そば本舗店長 at 11:46Comments(0)一人言

2019年10月13日

「遊遊漢字学」が楽しみPART94「尾篭」と「大根」


毎週日曜日のお楽しみ、漢字学者阿辻哲次氏の日経連載「遊遊漢字学」

本日の投稿は、「佳境(かきょう)」の由来となった中国晋の時代の画家・顧愷之(こがいし)のサトウキビの食べ方の解釈の訂正から始まっています。

原典には「甘蔗(かんしょ)を啖(くら)うに先に尾を食う」とあるそうで、この「尾」を先生は根元と解釈されたのでしたが、「尾より本に至る」という著述もあるので「尾」は「本」に対する末端、つまり先端にある穂先と解釈するべきと、訂正しておられます。

弘法も筆を誤ることがあるくらいですから、阿辻先生でも間違われることがあるようです。(笑!

さて今日は、我々も見慣れた漢字「尾」に関連する話。言うまでもなく「尾」は動物の尻尾を意味する漢字。ゆえに「尾」がつく熟語のほとんどは、「尻尾」「末端」という意味をもつなかにあって、「尾篭(びろう)」はいささか成りたちが違うという先生のご指摘。

まあ、私なんかは動物は尾っぽの近くにある器官から排泄物を出すから、そんなことを口にするとき、「尾篭な話で申し訳ありません」などと断わりを入れるのだろうと思ったりしますがね。

「尾籠」には、「きたならしいこと。汚らわしいこと」のほかに、「礼を失すること。無作法なこと」の意味があることを思えば、私の解釈は当たっていないといえましょう。ただただ「尾篭」なだけでありました。(苦笑!


そもそも古のわが国では、「おろかなこと、ばかげたこと」を「おこ(をこ)」といい、漢字では「烏滸(おこ)」と書いたのだとか。やがてこれを同じ訓読みで「尾籠(おこ)」とも書くようになり、それを音読みするにいたり「尾籠(びろう)」となったと阿辻先生は教えてくれています。

大きな根という意味から「おおね」という野菜が、漢字で「大根」と書かれ、「だいこん」と呼ばれるようになったのも、これと同じであるとも。


ふ~む、そうすれば、「尾籠」は中国から成句として渡来したものではなく、漢字がわが国に伝わって以降、日本人が作り出した熟語ということになりますね。

さすれば、「大根」といっても中国人に伝わらないように、中国人に「尾籠な話で申し訳ありません」などと断わりを入れても、彼らは日本人は時として訳の分からないことを話の冒頭に言うと思うに違いありません。

漢字の本家本元の中国人が理解できない漢字を使って優越感にひたれるというのは、ある意味魅力的といえなくもなさそうです。

しかし、そんなことで優越感にひたろうなんておろかでばかげたこと。甚だ礼を失していますし、無作法なことです。それこそ「尾籠」のそしりを受けかねません。





◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村
  


Posted by 酒そば本舗店長 at 09:02Comments(0)一人言

2019年10月06日

「遊遊漢字学」が楽しみPART93「温(たず)ねる」


「論語読みの論語知らず」とは、知識があっても実践の伴わない者の愚かさにつて言及した名言ですが、まあ、私などから言わせたら、「論語を読めるだけいいではないか」と思ってしまいます。

論語を読めないから、当然知らない。知らなければ実践できない。凡夫ここまで極めけりといったところでしょうな。(涙!


毎週日曜日のお楽しみ、漢字学者阿辻哲次氏の日経連載「遊遊漢字学」

本日阿辻先生が取り上げた漢字は「温(たず)ねる」。


いかに凡夫を極めたといえども、「温故知新」という有名な言葉なら耳にしたことも目にしたこともあります。ただ、実践しているとは言いがたいですが・・・。(笑!

小学校6年のときだったでしょうか、習字の時間にこれを何度も書かされたものでしたね。この時習字の先生は、この有名な言葉をバランスよくきれいに書くことについては教えてくれたようでしたが、今思えばどうしてその意味について語ってくれなかったのかと、残念に思います。

教えてくれていたなら、私の人生はもっと違ったものになっていたかもしれないと。・・・そんなことはないか?(苦笑!


そもそも「温」は、音で「おん」。訓では「あたた(める)」。「たずねる」と読ませるのは、論語に出て来るこの有名な熟語を読むときだけでしょう。

「温」は、「さんずい」に「日」と「皿」と書きますね。旧字では「日」は「囚」と書き、「囚」は加熱された容器内に湯気がいきわたっているさまを表している。つまり「皿」に盛ってある「冷めた食品を湯気で温めなおす」の意を表しているのだと。ここから意味が広がって「温」を「あたためる」という意味で使うようになったと、阿辻先生は教えてくれています。


ふ~む、このように説明してもらえれば、「論語読めずの論語知らず」にも「温故知新」の大切さが伝わって来ますね。

いささかこの歳になっては遅すぎの感は否めないとしても、論語は「過則勿憚改(過ちては改むるに憚ること勿かれ)」とも教えていますから、実践してみようかしら。




◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村
  


Posted by 酒そば本舗店長 at 08:44Comments(0)一人言

2019年10月05日

W杯ラグビー日本のナショナルチームの選手を見て


日本で開催されているワールドカップ(W杯)ラグビー、日本はロシア、そして今大会優勝候補とも目されているアイルランドを連破し、今日サモアと対戦しますね。

・・・と、いかにもラグビーに精通しているようなもの言いをしていますが、実のところ私は、4年前のワールドカップで日本が南アフリカに勝ち、みんなが「五郎丸、五郎丸」と騒ぎし出したあたりから、急遽ラグビーファンの仲間入りをした見せかけのファン。

点数の入り方についても、ルールについてもまったくよくわかっておりません。でもとにかく今夜のサモア戦は、しっかり応援したいと思っております。(笑!


ところでテレビで放映される試合を見ていて、「おや!?」と思ったのは私だけでしょうか?

今回の日本のナショナルチームの選手の顔立ちや肌の色を見ると、明らかに外国人とわかる選手が多くいるのに驚きます。まあ、国籍は日本ということなのでしょうが、これって本当に日本の代表チームなんだろうかと。


今年のプロ野球ペナントリーグ、セリーグは原巨人がリーグ優勝を果たしましたが、リーグ開幕当初から投手にしろ野手にしろいわゆる外国人助っ人と呼ばれる選手の名が、日々目まぐるしく変わりましたね。

たくさんの外国人助っ人を抱え、状態の良い選手をその都度試合に投入するという原采配が、今年の勝利の要因といえるかも知れません。

してみれば野球でそうであるように、ラグビーでも外国人の力なくしては、厳しい勝負の世界は勝ち抜けないということか?


ウエブトピックスより、これは4年前のW杯の記事になりますが・・・。

ラグビーW杯、日本代表の活躍に思う 外国人受け入れ、発想の転換も必要


"古い日本人の感覚だと、「国民」になれるかどうかは「国」が決めることで、個人が国を選ぶことは基本的には難しいと思いがちだ。だが、先進国を中心とする多くの民主主義国家では、個人が国を選ぶのが当たり前になりつつある。自分の能力を発揮できる国や地域を自らの意思で選ぶ、あるいは自分の能力を必要としてくれる社会へと移り住む「自由」があると考えるのだ。スポーツの世界ではそれが顕著に現れているに過ぎない。"

何と今や、個人が国を選ぶ時代になったと!

"日本を愛する外国人に日本で暮らす自由と権利を認めていくことが、今こそ必要"というトピックスの論旨に、目からウロコが剥がれる思いがしました。






◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村
  


Posted by 酒そば本舗店長 at 12:42Comments(0)一人言

2019年09月29日

「遊遊漢字学」が楽しみPART92「企鵝(きが)」


毎週日曜日のお楽しみ、漢字学者阿辻哲次氏の日経連載「遊遊漢字学」

本日阿辻先生は、私どもになじみの深い鳥の名前について取り上げておられます。

まず皆さん「企鵝」ってご存知ですか?・・・って、その前に読めますか?「企」は「き」と音で読むとして、「鵝」は普段目にしない漢字です。これも音でよむとすれば、「が」か「ちょう」としか読めませんね。

まず「企」から。「企」は「くわだ(てる)」と訓で読めることはよくご存じだと思いますが、「つまだつ」(つま先で立つこと)とも読めるとは知りませんでした。

そもそも「企」は、人がかかとをあげ、つま先立って遠くを眺めている様子を表す象形文字といわれれば、なるほどと納得も出来ますね。

次に「鵝」。これは「がちょう」のことだといわれれば、これも納得。(笑!

では、つま先立って遠くを望むような恰好をした「がちょう」のような鳥って何だということになります。

その答えは「ペンギン」。中国にはペンギンは生息していませんから、いつの時代か知りませんが、連れられて来たペンギンを見た中国人が、「企鵝(きが)」と書いて「ペンギン」と読ませた。まあ、古の中国人の発想の豊かさには、いつものことながら感心させられます。

ちなみにペンギンは、「人鳥(じんちょう)」とも書きますね。なるほど言われてみれば、人間ってたえずつま先立って、遠くを窺い知ろうと焦っている生き物といえるかも知れませんね。

今度動物園へ行ったら、ペンギンに聞いてみようと思います。つま先立って窺い望先に何が見えるかと。






◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村
  


Posted by 酒そば本舗店長 at 08:40Comments(0)一人言

2019年09月23日

ザクロとスイカに共通すること


私が北陸富山の山間の村で幼年期を過ごしたのは、時の宰相がもはや戦後ではないと言い、この国が高度経済成長の坂をいっきに駆け上ろうとしていたころ。

そのころ、漬物といえば祖母と母が作る大根のたくあん漬けかナスの塩漬け、ウリのぬか漬けか粕漬と決まっていた。

私が初めてキムチなる漬物を口にしたのは、大学生になって間もなくのころ。大阪に行く機会があり、友達につれられて入った焼き肉屋でのことといったら、皆さんはさぞかし驚かれることでしょう。

焼肉(これがプルコギだと知ったのはずっとあとのこと)と一緒に出されたキムチを食べながら、世の中にたくあん以外にこんな美味い漬物があるということ初めて知ったのでした。

焼肉とキムチを食べながら、壁に張られたメニューを見て、「ビビンバって何だ?」と友人に聞いたら、「お前、ビビンバを知らないのか?」と呆れ果てられてしまった。

「それなら食ってみろ」と友人が注文してくれたビビンバには、白濁したスープが付いてきたのでしたが、このスープがまたビビンバ以上に美味しかった。

このスープはいったい何でだしを取っているのだろう?鶏ガラか豚骨か?鶏肉とも豚肉とも少し違った細く切られた肉切れが入っていたようでしたが。

それがどうも犬肉であるらしいと分かったのは、ずっとあとのこと。社会人になってからのことです。


ウエブトピックスより、
食用犬103匹、韓国農場から引き取り 保護団体

日本では土用の丑の日にウナギを食べる風習があるように、お隣の国韓国でも滋養強壮のために犬の肉を食べる「中伏」の日があるそうです。

これに反対する国際的な動物保護団体「ヒューメイン・ソサイエティー・インターナショナル(HSI)」が、韓国中部の忠清南道の農場から食用犬103匹を引き取りアメリカに送ることになったとトピックスは報じています。


同時に配信されている写真を見ると、スイカの切り身が大きく写っています。犬の肉の変わりにスイカを食べるように勧めているということですが、犬の肉はスイカに似た味がするのでしょうか?

・・・まるで鬼子母神にザクロを勧めるようなものですな?


HSIは、やはり犬は鯨やイルカなどの海洋哺乳動物と同様に人間と密接な関係にある頭のよい哺乳動物であるから、食用にするなどはもってのほかという論理なのでしょうね。

牛や羊は食用のために人間が育てたものだから良くて、鯨やイルカは天然の希少動物だからダメというようなことを彼らは主張しているようですが、その理論でいけば、韓国では犬を端からペットとは別に食用として農場で飼育しているのだから、別段問題がないように思われます。

今回HSIによって103匹の犬が命を長らえることができたということですが、韓国には食用犬農場が1万7059カ所あり、毎年、推定200万匹以上が養育されているとのことですから、効果があったとは言い難いようにも思われます。

さて、犬の肉の代わりにスイカを食えという彼らには、牛の肉の代わりに何を勧めたらいいだろう?さしずめアボガドあたりか?(笑!


その国その国にすむ民族が長い歴史の中で育んできた風習や食習慣を、自分たちの価値観だけで頭ごなしに否定する欧米の動物保護団体には、強い憤りを感じずにはいられません。


それにしてもあのスープは格別美味しかったな。あれは本当に犬肉だったのだろうかと思いをめぐらしています。




◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村




  


Posted by 酒そば本舗店長 at 12:18Comments(0)一人言

2019年09月22日

「遊遊漢字学」が楽しみPART91「佳境」


毎週日曜日のお楽しみ、漢字学者阿辻哲次氏の日経連載「遊遊漢字学」

本日阿辻先生が取り上げた漢字は「佳境(かきょう)」。

まず本題に入る前に、皆さんは食事のときに、好きなものから先に食べますか、嫌いなものを先にして、好きなものを後から食べますか?


「佳境」とは、言うまでもなく「物語、演劇などが興味深い場面にさしかかり、大いに興味が増して来る」ことを指すことば。テレビのバラエティー番組のMCを務めるビートたけしが、「さあ、いよいよ盛り上がってまいりましたっ!」と言って視聴者の笑いを誘うのは、まさしくこの「佳境に入る」ことを指していますね。

「佳境」の由来は、中国晋の時代の画家・顧愷之(こがいし)の奇行にまで遡ることが出来ると阿辻先生は教えてくれています。

晋書の文苑伝には、当時の人が愷之の並外れた才能を「愷之に三絶あり。才絶、画絶、痴絶なり」と評価したという記述が残っているのだとか。

ここでいう「絶」とは、並外れた才能という意味で、「痴絶」とは並外れた馬鹿さ加減ぐらいの意。俗に天才と馬鹿は紙一重というように、芸術家には一般人とはかけ離れた奇行が多くみられることは、古今東西を問いませんね。

甘蔗(さとうきび)をいつも根元の方からかじって食べる顧愷之に、どうしてそのような食べ方をするのかと人が尋ねたところ、こうすれば「漸(ようやく)く佳境に入る」と愷之は答えたのだとか。

私はサトウキビを食べたことはありませんので想像するだけですが、おそらく根元に近いところは繊維質で甘みも薄くてあまり美味しくはないのだと思います。柔らかくてジューシーな先の方を食するのが、中国晋の時代でも常識とされていたのではないか?

まあ、しかし、サトウキビのかじり方に由来とする「佳境に入る」という熟語が、1600年以上も経った、しかも海を隔てた極東の島国で残っているというのは、驚き以外の何物でもありません。


さて冒頭にあげた食べ物の食べ方、私は好きなものを後に残しておく「佳境」派ということになりましょうか。(笑!





◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村
  


Posted by 酒そば本舗店長 at 08:40Comments(0)一人言

2019年09月20日

ラーメンがなんでそんなに高い?


ラーメンは元々は中国発祥の食べ物ですが、日本のラーメンが世界中で人気だということです。ニューヨークでもパリでもロンドンでも、お昼になればビジネスマンが日本のラーメン屋に行列を作るとか。テレビのバラエィー番組でやっていました。

ちょっと驚いたのは、いずれの都市のラーメン屋も値段が高いということ。日本円に換算して、一杯1400円とか1500円とか。

日本のラーメンなら2杯食べれますぞ。

昨日ラーメンが食べたくなってフラッと入ったラーメン屋。

オーソドックスな醤油ラーメン、680円(税込み)でした。





ニューヨークやパリに行ったとして、ラーメンが食べたくなったらどうしよう。やはり1400円のラーメンを食べるだろうか?

まあ、ニューヨークやパリへ行くということまずないと思われますから、そんな心配は無用か。(苦笑!





◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村
  


Posted by 酒そば本舗店長 at 13:12Comments(0)一人言

2019年09月18日

ハチクマをご存知か?


皆さんは、ハチクマという生物をご存知でしょうか?

ハチ(蜂)なのかクマ(熊)なのかと思いきや、タカ(鷹)だというではありませんか。しかも、ハチの巣を襲って幼虫を食べるタカだというのですから驚きです。

大きな鍵爪で土を掘り起こして、スズメバチの巣を引っ張り出すや、ハチの子やさなぎを容赦なく平らげてしまうというのですから、何とも恐ろし気なタカです。


これから秋が深まるにしたがってキノコ狩りのシーズンとなりますね。キノコを求めて山に入るときは、何よりもハチとクマには特に用心が必要。ところがハチクマとなると、主食がスズメバチの幼虫やさなぎだというのですから、これは益鳥ということになるのでしょうか?

人間様から見れば、スズメバチの毒針に刺されたらどうすのだと思ってしまいますよね。それがなんとハチクマは体全体が剛毛で覆われていて、ハチの針が体にまで到達しないばかりでなく、ハチが嫌う体臭を持つとも。これじゃさしものスズメバチもお手上げ(羽上げ?・・・笑!)ですね。

ハチクマに襲われたが最後、スズメバチの巣はどうすることもできず全滅の憂き目に遭うというのですから、自然界はうまくバランスを保っているものだなと感心します。ハチクマがいなかったら、山全体がスズメバチやアシナガバチの大きな巣のようになってしまい、とても足を踏み入れることはできないでしょう。

ハチクマ、奇妙な名前のタカらしからぬタカに自然の不思議を感じたことでした。







◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村
  


Posted by 酒そば本舗店長 at 10:32Comments(0)一人言

2019年09月17日

ぶらり放浪の旅に出てみたいという誘惑にかられる度に手にする本


一度読んだ本を書棚から引っ張り出して何度も読み返すということ、それが推理小説でなくともそうそうあるものではありませんよね。

しかし、旅行記、旅行エッセイというものなら話は別かもしれません。実際幾度となく読み返しています。

ぶらり放浪の旅に出てみたいという誘惑にかられる度に手にする本2冊。

【送料無料】旅する胃袋 [ 篠藤ゆり ]

【送料無料】旅する胃袋 [ 篠藤ゆり ]価格:720円(税込、送料別)




【送料無料】世界一周ひとりメシ [ イシコ ]

【送料無料】世界一周ひとりメシ [ イシコ ]価格:630円(税込、送料別)



何もかも忘れて旅行が出来たらどんなにかいいだろうと思うことしばしばです。そんな思いが頭をもたげて来たとき、いつのまにか書棚のこの本に目がいってしまう私を誘惑するアブナイ本。

かといって今の仕事や生活や、もしかしたら家族も投げ捨てて、放浪の旅に出る勇気も無謀さも持ち合わせてはいない自分もよく知っていますから、これはこれで凡人の幸せというものかも知れないと思ったりしています。




◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村
  


Posted by 酒そば本舗店長 at 09:07Comments(0)一人言

2019年09月13日

「天文単位」(Astronomical Unit、AU)をご存知か? PART2


詩人谷川俊太郎は、若き日(確か18歳のとき)に「二十億光年の孤独」と題する詩の冒頭で、

「人類は小さな球の上で眠り起きそして働き、ときどき火星に仲間を欲しがったりする」と書いています。曰く「万有引力とは ひき合う孤独の力である」と。

人類が地球以外の天体で生存でしていくには、大気、水、重力、温暖な気候が必要なのは、言うまでもないこと。広大な宇宙には地球に似た惑星が必ずあるに違いない。そのような惑星があるならば、人類に似た生き物も存在するのではないか。

地球に似た環境の惑星を探し続けてきた科学者は、孤独の引き合う力に憑かれて研究を続けてきたのでしょうか。


この度、ハビタブルゾーン(生命居住可能領域)内にある太陽系外惑星の大気中に水蒸気が存在することを初めて確認されたという話題。

ウエブトピックスより、
地球型惑星に水蒸気 存在を初めて確認


その惑星とは、「K2-18b」。質量が地球の8倍、大きさが地球の2倍で、液体の水が存在できるハビタブルゾーン内で恒星の周りを公転している。岩石でできた表面と水を含む大気の両方を持つことが確認されたということです。

人類が始めて宇宙に飛び立ったのが、今から50年以上も前(1961年)のこと。以来人類は、宇宙に友達を探し求めて来た。その可能性が最も高いと科学者のいう惑星、それが「K2-18b」であるということです。

谷川や科学者ばかりではありません。ひと際さみしがり屋の私は、色めきだってこのトピックスを読んだのでしたが、その「K2-18b」がどこにあるのかというと、約110光年離れた天の川銀河(Milky Way)内のしし座にある赤色矮星(わいせい)の周りを公転していると書いてあるではありませんか。

昨日知ったばかりの天文単位(AU)で「110光年」を表せば、1光年は63,198AUですから、 63,198 × 110 = 6,951,780 AU ということになりますね。

太陽と地球との距離1億4959万7870.7キロが1AUですから、私たちに馴染みのあるキロメートルで表そうとすると、149,597,870.7 × 6,951,780 という計算になりますが、そのような計算にどんな意味があるというのでしょう。

・・・ただただ、孤独の引き合う力が増すばかりとしか言いようがありません。





◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村
  


Posted by 酒そば本舗店長 at 12:32Comments(0)一人言

2019年09月12日

「天文単位」(Astronomical Unit、AU)


この世のすべての森羅万象は、単位を用いることなしにはそれを表すことは叶いません。長さであったり、重さであったり、時間であったり、小学生のころより「センチメートル」「グラム」「分」などという単位は、我々の日常にあって水や空気のごとく自然の内に我々の生活に溶け込んでいると言えましょう。「合」や「升」という容量の単位もありますね。

私個人に限れば、1~2の「升」の単位で購入してきたものを一日「合」で2の単位までの消費に止めおこうとして、常々苦労しているところでありますが。(苦笑!


ところで皆さんは「天文単位」(Astronomical Unit、AU)という単位をご存知でしょうか?

「1天文単位は1億4959万7870.7キロ」というのですから、これは長さの単位だということがわかります。

1億4959万7870.7キロとは、地球と太陽の間の距離だそうで、宇宙の天体間の距離を表すときに用いれば便利であると、国際天文学会が定めた単位なのだとか。

私などに言わせれば、宇宙に散らばる天体の距離など、たとえどんな星の間の距離であろうとも「はるか彼方」で済むと思うのですがね。(笑!

天文学者の間ではそうもいかないのでしょう。そこで地球と太陽の間の距離を1〔天文単位〕(今後AUと表記します)としたのは、素人の私の目から見ても合理的であると思われます。天文単位で表された天文間の距離が、地球と太陽の間の何倍かすぐにわかりますからね。


我われは、光が伝播する速度は、おおよそ30万Km/秒、太陽の光が地球に到達するまで8分20秒あまりと教わってきましたが、1AUが1億4959万7870.7Kmと決まったからには、これを使って太陽の光の伝わる時間を検証してみたいと思います。

光の速度を詳しく調べてみると、これが 299,792,485 m/s とありますから、

1億4959万7870.7Km × 1000 ÷ 299,792,485 m/s = 499.00 秒 = 8分19秒

ぴったり合致しますね。(合わない方がおかしいのですが・・・笑!)


光でさえ8分19秒かかるという1AU、己の歩幅と比べればとてつもなく長くて遠い距離。まったく気が遠くなってしまいますが、そこに我々の命の源、太陽が輝いていると思えば、近いような気もしてきます。

ところが宇宙の果てしなさといったら、そんなもんじゃない。我々がよく耳にする1光年という単位。これは光が1年かかって進む距離ということですから、1AUに499秒必要なのと比較すると

365日 × 24時間 × 60分 × 60秒 ÷ 499秒 = 63,198 倍

1光年は63,198AUという計算になります。


二十億光年の孤独に思わずくしゃみをしたのは、若き日の谷川俊太郎でしたね。

いくら同じ距離だとはいっても、「63,198AUの20億倍」の孤独では、数字が長くて原稿用紙に書ききれませんから、詩にはとてもなりませんでしょう。

・・・くしゃみどころかしゃっくりが止めどもなく出てきそうです。
 




◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村
  


Posted by 酒そば本舗店長 at 11:22Comments(0)一人言

2019年09月03日

7万年の腐れ縁


一昔前までは結核と言えば死の病と言われ恐れられたものでした。治療法といえば、滋養をつけて病に打ち勝つ体力をつけるしかすべはなかった。

幸いなことに私らはペニシリン、ストレプトマイシンに代表される抗生物質が発見された以降に生まれた世代ですので、その恐怖を知ることもありませんが、人類と結核の付き合いは遥か昔人類発祥の時代から続いてきたということです。

ウエブニュースより
結核菌、初期人類を追ってアフリカから拡大 研究

今はどうか知りませんが、私らが小学生の頃には、年に一度ツベルクリン反応検査というのがあって、腕の内側の皮下にツベルクリン薬を注射して赤く腫れ上がるかどうか調べる検査がありました。赤く腫れ上がった箇所の大きさを測って、小さいとBCGという注射を打たなくてはならない。この注射が結構痛みの強い注射だったと記憶しています。それがいやで、私らは検査直前に赤く腫れ上がった部分を叩いたりこすったりして大きく見せるようにしていたものです。

今思えば、なんとまあ浅はかなことをしていたものだと呆れるほどですが、たまたま私には抗体がすでにあったということでしょうか、以来この歳まで結核に罹患しペニシリンやストレプトマイシンのお世話にならなくて済んだのは、ただただ幸いなことであったというしかありません。

人類と結核菌は7万年の歴史をともにしてきたというトピックスに、一人の少年が犯した浅はかで危険な行為を思い出したのでした。

すでに50年以上も前のことになりますが、人間と結核の付き合いは人類発祥以来7万年の腐れ縁であったというトピックス、感慨深いものがありますな。






◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村
  


Posted by 酒そば本舗店長 at 10:54Comments(0)一人言

2019年09月01日

「遊遊漢字学」が楽しみPART90「推敲」


毎週日曜日のお楽しみ、漢字学者阿辻哲次氏の日経連載「遊遊漢字学」

本日阿辻先生が取り上げた漢字は「推敲(すいこう)」。


・・・う~ん、「推敲」ですか。なにやら文学的なにおいがして来ますな。芥川や太宰などにこそ、似つかわしい言葉だとは思いますがね。

普段仕事に追われ汲々とした日々を送る私なんぞには、まったく無縁のようにも思われますが、得意先よりの再々の値引き要請に、額に汗水たらしながら電卓を何度もたたき直して苦吟するのは、「推敲」とは呼ばないのですかね。(苦笑!


「推敲」とは、文章や詩を良くするために、何度も作り直したり、考えて苦心する」ことを指すのは、「推敲」とはまったく無縁の生活を送る私も承知しておりましたが、その由来となるとはるか知識の外でした。

まあ、「推」はおすこと、「敲」は叩くことということぐらいは理解できますが、「おしたり叩いたりする」ことが、どうして「文章や詩を良くするために、何度も作り直したり、考えて苦心する」ことになるのか。

その由来は中国唐代の詩人・賈島(かとう)の「李凝の幽居に題す」という五言律詩中にみられる対句にあると、阿辻先生は教えてくれています。

その対句とは、
鳥宿池辺樹   鳥は宿る池辺(ちへん)の樹
僧敲月下門   僧は敲(たた)く月下の門


賈島はロバに乗りながら道々、月下に照らされながら一人の僧侶が静かなたたずまいの家を訪れる様を、最初「僧推月下門」と詠んだのだが、門を「推す」のではなく「敲(たた)く」とした方が、視覚の他に聴覚の効果も醸し出せる・・・。さて、どちらにしたらよいものかと考えていたところ、向こうからやって来た長安の知事を務める高官の行列にぶつかってしまった。

賈島にとって幸いだったのは、この知事が唐代を代表する高名な文学者の韓愈(かんゆ)であったこと。賈島が行列にぶつかってしまったわけを話すと、韓愈は即座に「敲(たた)く」がよいだろうと答えた。

この賈島の「推」と「敲」の文字遣いの逡巡の故事から、一度書いた文章をなんども読み返し、文章を練り直すことを「推敲」というようになったのだと。


・・・ふ~む。さすれば苦吟の上に見積書を出した私を賈島と呼ぶならば、「もう少し何とかならないか?実はこれこれの金額を出してくれた先があって・・・。合わせてくれたら発注出すよ」などという得意先の担当者が韓愈か?(涙!


しかし、こうやって泣き泣き見積書を書き直すことを「推敲」と呼んだら、阿辻先生に叱られること間違いありませんね。(爆笑!





◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村
  


Posted by 酒そば本舗店長 at 08:36Comments(0)一人言

2019年08月31日

「絵中おわら風の盆」と富山県人の県民性


哀愁をおびた胡弓と三味線の音に、「唄われよぉ~、わしゃ囃すぅ~♪」と歌い出す越中おわら節。いよいよ明日9月1日から3日まで、今年も坂の街・富山市八尾町は、おわら風の盆一色に染まります。

越中八尾おわら風の盆は、いまやわが故郷富山県有数の観光資源となったようです。

この三日間でわずか2万人足らずの八尾町に、おわら風の盆を目当てに訪れる観光客は20万人余。八尾の坂の街は人で埋まり、トイレも順番待ちで小用をなかなか足せないありさまとか。


私が高校生のとき、同じクラスに八尾から通学していた友達がいましたが、9月1日に行われる夏休み明けの学力テストは、テスト直前の追い込みがとても出来るような環境ではないので、ハンディを各教科20点もらわないとやっていられないなどと、ぼやいていたことを思い出します。

我が母校では、学力テスト明けの9月中旬に行われる運動会で、最後に全員で越中おわら節を踊るのが恒例でしたが、このときその友人は前方に設けられた壇上に昇り、模範踊りを披露する指南役を3年間努めました。実にあでやかな踊りでしたね。我われはその友人の動きを見ながら踊るわけですが、彼のような手足の動きはとても出来ようもありませんでした。


ところで冒頭にあげた「唄われよぉ~、わしゃ囃すぅ~」の歌い出しの文句。私はこの合いの手の文句にこそ、富山県人の謙虚で慎み深い県民性がよく表れていると思うのです。

「あなたが歌いなさいよ、私は囃し手に回りますから」

数ある民謡のなかでも、こんな合いの手を入れるのは、おわら節だけではないか?


「越中で立山、加賀では白山、駿河の富士山三国一だよ♪」

この文句にしても、お国の立山を自慢しながらも、富士山は日本一だと言っている。

・・・奥ゆかしいですな。


皆さん、坂の街越中八尾にお越しになって、哀愁漂う胡弓と三味線の音に合わせて越中おわら節を踊ってみられてはいかがか?きっと奥ゆかしい富山県人の県民性もお分かりいただけると思うのであります。






◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村
  


Posted by 酒そば本舗店長 at 11:22Comments(0)一人言

2019年08月26日

JR九州「痛いの痛いの飛んでいけ~」絆創膏


皆さん、幼い子供のころのことを思い出してみてください。

母親から、「痛いの痛いの飛んでいけ~」と言われて、泣き止んだという覚えのある人、必ずおられることでしょう。

これは日本だけのことかと思うとそうでなく、どうも万国共通であるらしい。子を思う母の情は、山よりも高く、海よりも深いということでしょう。


さて、母親の愛情よりは幾分劣るかもしれませんが、こんな絆創膏を傷に貼れば、確かに痛みも少し和らぐかもしれません。

JR九州がこんな絆創膏を発売しました。

曰く、「大好きな列車を見て、少しでも痛みが和らげばという想いで作製しました」ですと。

鉄道と絆創膏とは、一見何の関連もないように思われますが、JR九州の人気列車のカラフルなイラストを描いた絆創膏となると、なるほどこれは鉄道会社ならではのものということになりますね。

「九州新幹線」「ゆふいんの森」「ソニック」などのイラストが描かれた絆創膏となると、鉄道オタクならずとも買ってみたくなります。

自社の持つ強みを次のビジネスモデルに取り入れ、新しい事業を展開しようというJR九州。まことにあっぱれ! 拍手喝采を送りたいと思います。





◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村
  


Posted by 酒そば本舗店長 at 08:44Comments(0)一人言

2019年08月25日

「遊遊漢字学」が楽しみPART89「頁」


毎週日曜日のお楽しみ、漢字学者阿辻哲次氏の日経連載「遊遊漢字学」

本日阿辻先生が取り上げた漢字は「頁」。

普段我われがよく見かける漢字ですが、これ「ページ」ですよね。私のパソコンのソフトは「ページ」と入力すると、「ページ」「頁」の順で変換候補が出て来ます。

字引きで「頁」を調べてみると、「頁」の音は「ケツ」または「ヨウ」。訓読みは「かしら」「ページ」とありました。

・・・驚きましたね。訓読みをカタカナで表記する漢字、他にありますかね。

なにしろ本家本元の中国でも、「ホームページ」のことを「家頁」と表記するということですから。


なぜ「頁」が「ページ」と読まれるようになったか、阿辻先生はその訳をわかり易く説明してくれています。

「頁」はひざまずいた人間の頭部を強調した形なのだとか。なるほど、それで「かしら」とも読むのか。それで「顔」「頭」「額」に、「頁」が使われている理由がわかりますね。

一方「頁」の音読みは「ケツ」の他に「ヨウ」とも読み、音から想像できるようにこの時は「葉」と同じ意味になる。「葉」は「1枚の紙」という意味を持つ漢字で、袋とじの書物のページを「第〇葉」というように表現した。

しかし、「葉」は画数の多い漢字だからいかにも面倒。そこで同じ音を持つ「頁」をあてるようになった。こうして「頁」にページという意味がそなわり、やがてそちらが主流になったのだと。


現代の我々は、確かに本などでは「第〇ページ」と呼びますが、いまだに「一葉の写真」だとか、「一葉の手紙」などという表現が残っているのは、何となく文学的なにおいを感じさせます。

これが「一頁の写真」となると、せいぜいで「1ページに掲載されている写真」というような意味合いになってしまって、そこには「一葉」から感じとることができる「ささやかな」、「ほんのちょっとした」といった趣が抜けてしまって、まったく興ざめですね。




◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村
  


Posted by 酒そば本舗店長 at 09:36Comments(0)一人言

2019年08月24日

三角形の面積を大きくするには・・・。


人の能力をあらわすのに三角形が作る面積をよく例にとりますよね。

三角形は、当然のことながら三辺から作られるのですが、その一辺がその人が持って生まれた生まれつきのもの、もう一辺がその人の置かれた環境、最後の一辺がその人の努力というようなことになるのでしょう。

三角形の面積を大きくする(能力を高かくする)には、三辺とも長いに越したことはないのですが、一辺だけ突出していても、他の二辺の和が残された一辺より短かければ三角形を作れませんからね。

S=1/2・AD・BC


私は、両親から分けてもらった持って生まれたものについては、(それが長いか短いかはさておき)感謝し、満足しております。
また、私を育ててくれた環境についても同様でありますし、今置かれた環境についてもそのまま感謝し、受け入れたいと思っております。


・・・さて、最後の一辺について、これは何とか他の二辺と交点を結べるように、文字通り努力をしているところではあるのですが・・・。





◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村
  


Posted by 酒そば本舗店長 at 12:36Comments(0)一人言

2019年08月18日

「遊遊漢字学」が楽しみPART88「餃子」


毎週日曜日のお楽しみ、漢字学者阿辻哲次氏の日経連載「遊遊漢字学」

本日阿辻先生が取り上げた漢字は「餃子」。なんと「ギョーザ」ではありませんか。

まずその前に、阿辻先生は「餃子」の「餃」の字の食へんを「」ではなく「飠」の方を用いて表記しておられます。私のパソコンのソフトでは「ギョーザ」と打つと「餃子」と変換されてしまい、どうしても「飠」へんにはなりませんでしたので、これからはすべて「餃子」と書かせていただきます。

ちなみに違いを調べてみたところ「食」の終わりの二画を短い横線を用いるのは明朝体の「康熙字典」によるもの。最後の画を点画で表記するのは日本の新字体・中国の新字形・台湾の国字標準字体・香港の常用字字形表によっているとありました。現代の中国では簡略体を用いて「ギョーザ」は「饺子」と表記するようですが。

すると日本の新字体にのっとることなく明朝体の「康熙字典」で「餃子」と変換する私のパソコンは、これで結構古典派なのでしょうか?

まあ、そんなことは今日の主題ではありません。(笑!


「餃」の音読みは「コウ」でそれを「ギョウ」と読むのは山東省の方言が日本に定着した結果だと阿辻先生はおっしゃっています。確か「餃子」は「Jiǎozi(チャオズー)」と発音するはずですから、山東省地方では「チャオ」を「ギョウ」と発音するのでしょうか。

ところで現代の日本で我々が食べる餃子は、耳のような形をしていますが、中国で5~6世紀ぐらいに作られていた初期の餃子は、動物の角のような形に包んであったということです。ゆえに「粉角」とか「角子」と呼ばれたのだとか。それが後になって「角」と同じ発音の「交」に食へんをつけて「餃」と表すようになったのだと。

もともと中国では「餃子」は、日本人が正月に食べる餅のようにめでたい食べ物とされており、他家に嫁いだ娘が新郎とともに初めて里帰りした時に、必ずもてなし料理として出されるという話を阿辻先生は紹介してくれています。

せっかくのもてなしなのに、餃子はわざと生煮えにして若夫婦に出し、おもむろに「餃子はいかがかな?」とたずねるのだとか。若夫婦から「生です」という答えを引き出そうというわけです。

そのからくりは、「餃子」は「交子」、「生(なま)」は「生む(産む)」にあると聞かされれば、子どものころより漢字を国字として習って来た我々にはすぐにわかって、思わずニヤリ。

こんど息子夫婦がやって来たら、生煮えの餃子を振る舞ってやらねば・・・。(笑!


阿辻先生、今日の「遊遊漢字学」とても楽しかったです♪






◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村
  


Posted by 酒そば本舗店長 at 09:14Comments(0)一人言

2019年08月15日

「バンカ」の響き


日本列島は、ただいまお盆休暇真っ最中。お盆休みを利用して故郷へ帰り家族水入らず過ごす。藪入りといわれたころからのわが国独特の慣習です。

しかし、それに合わせるように日本列島に近づいてきた台風10号は、なんとも意地の悪い台風ですね。

JR西日本とJR九州は、安全のために山陽新幹線と九州新幹線の本日の全面運休を決定しました。このためにJR各駅の緑の窓口は、一日繰り上げて帰ろうと15日に新幹線の指定チケットをとっていた人たちで大混雑。

他人事ながらこの人たちは無事に帰宅の途に就けたのだろうかと、昨日夕方のテレビニュースを見ておりました。


時の宰相がもはや戦後ではないと言い、高度経済成長の坂を一気に駆け上ろうとしていたころに小学校に上がったのが私らの世代でした。

そんな世代を代表する私が、お盆と聞いて思い起こすこと。

残された夏休みの日数の少なさに驚き、手つかずの宿題の多さを現実の問題として受け入れざるを得なくなるのが、このお盆の8月15日と決まったものでした。

ところで日本には「晩夏」という言葉がありますが、これを辞書で調べると、「夏の終わり。夏の末」とあります。

言葉の意味としては至極当然のことですが、「バンカ」の響きがなぜか人の心をもの寂しいものにさせるのは、もしかしたら少年期に私のような夏休みの過ごし方をした日本人が多くいるからではないかと思ったりしています。

・・・そんなことないか?(笑!


一方私らの父や母の世代、さらには祖父母の世代にとっては、ようやくのこと終戦にこぎ着けることができた日という人も多くおられましょう。74年の歳月といえば、終戦時20歳の人なら今年94歳ということになります。

・・・この方々にとっては「バンカ」はどのように響くのでしょう?


激動の昭和から平成の御代になって30年が過ぎ、先の陛下がご高齢を理由にご退位を表明されました。新しい天皇がご即位され、時は令和の御代へ。そして今日、令和の御代初めての8月15日を迎えたということになります。



中村草田男は降りしきる雪の日に明治をふり返ったのでしたが、昭和は夏に、お盆の8月15日に晩夏の響きとともに思い起こすことになるのかも知れません。


皆さんはどのような8月15日を迎えておられますか?






◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村
  


Posted by 酒そば本舗店長 at 11:57Comments(0)一人言

2019年08月11日

人間80年の世に・・・。


ウエブトピックスより、日本の男性の平均寿命が80歳を超えたという話題。
日本人平均寿命「延びる余地」…男性初80歳超

信長が人間50年と「敦盛」を舞った時代から400年が過ぎ、平成の御世になって26年、名実ともに人間80年の時代になったことになります。

しかし、ほんの65年前には男女とも60歳を超えていなかったということですから、昭和の大戦があったからとはいえ、信長・秀吉の時代から昭和20年代半ばまで、人間50年、60年生きれれば儲けものという時代であったことが分かります。


平均寿命が80歳代になりさらに延びしろがあるということであれば、自分も80歳までは生きていれるかもしれないと淡い期待を抱いてしまうのが、煩悩にまみれた人間の性というもの。

よくよく考えてみると、日本の平均寿命が60年かかって60歳から80歳へと20歳延びたその時代を、私は生を受け今日まで生きてきたということになります。

残された人間80年の世を如何に生きるべきか、依然としてその術を知らぬ自分自身を振り返り、焦りとも諦めともつかぬ複雑な気持ちに苛まれています・・・。






◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村
  


Posted by 酒そば本舗店長 at 08:12Comments(0)一人言

2019年08月06日

「青春18きっぷ」片手に、普通列車に飛び乗った日


若者の間で人気のある「青春18きっぷ」。いかにも旅情を煽るネーミングが憎いですね。日々の生活に追われ、余裕のない中年オジサンにとっては、これほど甘酸っぱい郷愁を誘う言葉はありますまい。

「青春18きっぷ」片手に、普通列車に飛び乗り、一日でどれだけ遠くまで行けるかというようなことをやれるのは、やはり若者の特権といえるでしょう。

・・・できるものならあの日に帰りたい。


一日11850円で乗り放題というこのキップ、1枚の有効使用期間が1日だから、1日かけて遠くへ行けるだけ行ったなら、帰りは2枚目を購入して戻って来なければならない。ところが、行きと帰りの普通列車の運行や時間が違うので、必ずしも2日で帰って来られるとは限らない。そこがこういった旅のおもしろさでもありますね。

時間がたっぷりあっても金はない若者には、うってつけの「青春18きっぷ」ですが、金はあっても時間のないオジサン(実際は時間ばかりでなく金にも余裕のないオジサンも多いんですが・・・涙!)だって、そういう旅がしてみたいです。

そんなオジサンにおすすめなのは、「青春18きっぷ」を買ったつもりで、そして若きあのころに帰ったつもり(ここが一番肝心なところです)で、さらに隠れたベストセラーブックJR時刻表を1冊買い求めてきて、乗り継ぎ列車のダイヤを調べる「中年仮想18なりきりきっぷ」の旅。

・・・ということで私も時刻表を買ってきて、喜々として「中年仮想18なりきりきっぷ」の旅に挑戦してみたのでしたが。

ダイヤを繰ろうと時刻表を覗けば、あまりに文字がぎっしりと細かく書かれているので、近眼のメガネを外してもなかなか読み取りにくいというあまりに冷酷な現実に、オジサンはただただ愕然とするばかりなのでした。







◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村
  


Posted by 酒そば本舗店長 at 11:00Comments(0)一人言

2019年07月31日

鮎がナマズ?


好きな川魚を一つあげよといわれれば、断然アユ。
串に刺して炭火で塩焼きにして、ほくほくのところをタデ酢で食べる。こたえられませんね。今が旬の魚です。


アユは、漢字で書くと「鮎」。「年魚」「香魚」とも書きますね。ところが「鮎は、ナマズである」って言われたら、「そんなバカな」と誰しも笑ってしまいますよね。


歌人小池 光著 『うたの動物記』に、「そんなバカな」ことのからくりについてが書かれていました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

うたの動物記 [ 小池光 ]
価格:2916円(税込、送料無料) (2019/7/31時点)




冒頭いきなり、「鮎は、ナマズである」って、これは、誤植だろうと思いましたね。どう考えても「鮎はアユ」だろう?

ところが字引を引くと「鮎」は、「ナマズ。淡水魚の一。頭は平たく大きく、からだは丸くて長く、口辺に長いひげがある」とありますから、間違いなくナマズなのです。第二項に「アユ。淡水魚の一つ。年魚、香魚」とありますが、気のせいか申し訳程度に付け足してあるように感じてしまいます。

『伝説の神功皇后が、新羅の国に軍を送ろうとして、ことの成就を占うべく釣り糸を垂れた。そうしたらアユが釣れた・・・占う魚だから「鮎」である』

正確には「鮎」は漢字ではなく国字(日本で作られた漢字)というわけ。

では、「鯰」はどうかというと、「ナマズ。淡水魚の一種」とありますから、ややこしい。しかし、これも「鮎」(中国ではナマズ)の漢音読み「デン、ネン」の音を念にうつしかえた字とありますから、やはり本家本元の中国にはない漢字、国字ということなんでしょう。

「中国のレストランで鮎の塩焼きを注文するとナマズの塩焼きが出てくるおそれがある」って、小池先生に座布団1枚進呈いたしましょう。(笑!






◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村
  


Posted by 酒そば本舗店長 at 10:15Comments(0)一人言

2019年07月16日

「冬虫夏草」


突然ですが「冬虫夏草」ってご存じでしたか。私も朝鮮人参とかいった類の高価な漢方薬の一種ぐらいにしか承知していませんでした。それにしても冬の虫と夏の草とは不思議な名前をつけたものだと思いませんか?

モウセンゴケやハエトリソウのような食虫植物がいることは知っていましたが、昆虫に寄生する菌類がいたとは知りませんでした。

・・・「夏草冬濤」なら井上靖の小説の名前ですから、こちらの方はよく知っていますがね。


「冬虫夏草」、名前から想像するに、冬の間は昆虫であったはずが、夏になったら草(菌類)に化けたということなのでしょう。よくよく考えると恐ろしい名前ではありませんか。

これは人間で言えば水虫のようなものか?(笑!

人間ならかゆいのを我慢すればいいだけのことかもしれませんが、生きながらにして体が菌類の一部になってしまうなんて、この菌類にとりつかれた昆虫の最後こそ凄まじいの一言につきます。もっともそれを自然の山野から探し出してきて、百薬の長として高値で売り買いする人間も、凄まじさでは劣らぬ生き物に違いはないのでしょうけれど・・・。







◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村
  


Posted by 酒そば本舗店長 at 08:37Comments(0)一人言

2019年07月15日

梅雨入り宣言、梅雨明け宣言


気象庁の発表によれば、当地北陸富山の今年の梅雨入りは6月7日。今のところ梅雨明けが発表されているのは、沖縄と奄美地方のみ。北陸地方の梅雨明けはというと、昨年は7月9日ということでしたから、今年ならもう明けているということになります。昨年は大変な猛暑が続いた夏でしたからね、梅雨明けも早かったということなのでしょう。


ところでこの梅雨入り、梅雨明けの時期ですが、我々が肌で感じる実際の感覚と少しズレがあるように思えてなりません。今年についても、まだ本格的に雨が降りだしたという感覚がないまま梅雨入りになって、今日も朝からはな曇りではありますが、雨は降っていません。平年の梅雨明けは7月24日ということですが、そうすればあと10日余りの間にざぁーっと来るのでしょうかね。どうもずれているように思えてなりません。

その原因について考えてみたのですが、大きな要因として行政府の機構の問題が上げられるのではないかと、俄か気象予報士( ← 私のことです)は主張したい。


北陸四県(福井・石川・富山・新潟)の梅雨入り、梅雨明けは、新潟地方気象台で決めているそうですが、ここに少なからず違和感を覚えてしまうのです。

だいたい富山県人の感覚では、新潟は関東甲信越地方ということになってしまいます。北陸という範ちゅうでは、石川県、福井県、それに富山県を加えた3県。

お隣石川県の金沢へは車で1時間もかからず行けますが、新潟は3時間以上かかりますからね。西へ3時間行けば、京都・大阪に着きますもの。地理的にも遠いのが、そんな感覚の根底にあるのかもしれません。

別段新潟を疎遠にしているのではないのですよ。(笑!


日本人ほど季節の移り変わり、季節の歳時記を大切にする民族はいませんね。日々季節の移ろいとともに生き、喜怒哀楽を季節に重ねる。

そういう文化を育んできた土壌に思いやれば、梅雨入りと梅雨明け宣言については、各県の気象台がそれぞれ発表することにしたらどうだろう?

それと、「○○地方の梅雨入りは○月〇日ごろであった」というのは、ナシにして欲しい。

「北陸富山県地方の梅雨入りは○月〇日。梅雨明けは○月〇日」とはっきり宣言して、仮に外れたとしても、「あっ、ごめんなさい」でいいじゃないですか。・・・って、そんなわけにはいかないか?(爆笑!





◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村
  


Posted by 酒そば本舗店長 at 11:24Comments(0)一人言

2019年07月06日

オキシドールの思い出PART3


私らは、時の首相が「もはや戦後ではない」と言い、この国が高度経済成長の坂道をまっしぐらに登り始めたころに小学校に通った世代。学校給食で鯨肉を食べて大きくなった世代とも言えます。


そんな我われの世代に、「小学生のころ学校の保健室でお世話になった薬品は?」と問えば、「オキシドールと赤チン」と返ってくるに決まっています。

生傷の絶えなかった悪ガキ時代、これほどお世話になった薬はなかった。オキシドールを染ませたガーゼで傷口を拭くと、ジュワ・ジュワ~と泡が吹き出てきて、ちょっと滲みるんですよね。その滲みる痛みを「う~っ」と言ってこらえるのが病みつきになったくらいでした。(笑!

私の小学校6年間は、オキシドールとともにあったと言っても過言ではありません。


今そのオキシドールが学校の保健室から消えようとしているというニュース。消毒薬は却って傷の直りを悪くするというのが現代医学の常識となりつつあるというのです。

・・・驚きましたね。私の「う~っ」、あれはいったい何だったんだろうと思ってしまいます。


ウエブトピックスより、
保健室、消える消毒液 流水で洗う処置が主流に 外科医「傷の治り悪くする」

・・・なになに、流水で洗って「魔法の水」で消毒しましょうねですって?

「魔法の水」って何かというと、これがただの水道水だっていうのですから、オキシドールで「う~っ」の世代としては、そんな子供を騙すようなことを学校教育現場で実践していいのかと突っ込みを入れたくなるくらいです。(笑!


消毒薬は傷の治りを良くする上皮細胞まで破壊してしまうとお医者様がおっしゃるのであれば、そのとうりなのでしょうね。でも私たちは、保健室の先生にオキシドールを塗ってもらって、「う~っ」と言って、・・・そうしてこんなに成長したのですがね?

今日ドラックストアなどで手軽に買い求めることが出来る液体の消毒薬は、プラスチックの容器を指で軽く押すと、シュッ、シュッと薬が噴出してくるタイプが主流ですね。傷口に直接吹き付けることが出来てとても便利です。

確かにこの消毒薬にしても、どれだけ傷口にかけても滲みるということはありませんし、ジュワ~と泡が吹き出てくるということもありません。私なんぞは、本当に効いているのかと疑りたくなります。まさかこれも「魔法の水」っていうわけではないだろうな。(笑!



保健室の棚に仕舞われていたあの"茶色の瓶"が、懐かしく思い出されます。







◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村
  


Posted by 酒そば本舗店長 at 10:54Comments(0)一人言

2019年07月05日

「海の日」があって「山の日」があるなら、「川の日」があったっていいだろう・・・。


今日は国民の祝日について考えてみました。

7月の祝日は、7月15日(月)の「海の日」。海の恩恵に感謝し、海洋国日本の繁栄を願うという趣旨のもと制定された祝日だそうです。もともと7月20日だったものが、いわゆるハッピーマンデー法案で7月の第3月曜日に変更になった。

7月13、14、15日と3連休を利用して小旅行を予定しておられる方多くいらっしゃるのではないでしょうか。

海に感謝するのなら、山にも感謝しよう。8月11日に「山の日」が制定されて、祝日がなかった8月にも祝日ができた。しかし、こちらは8月11日に固定されています。・・・海は動けど山は動かず、というわけですな。(笑!

動かなくともたまたま今年の8月11日は日曜日ですから、翌日の月曜が振り替え休日ということになって、こちらの方も3連休ということになります。いや、8月10日の土曜日からお盆休暇を挟んで18日の日曜日まで、9連休という方もおられるかも知れません。10連休となった今年のゴールデンウィーク級の大型連休となりますね。


「海の日」があって「山の日」があるなら、「川の日」があったっていいだろう。祝日がいまだにない6月にでも設けたらどうかと思われた方、貴方はよほどの休みたがりだ。(笑!


貴方はどんな「海の日」を過ごされますか?どんな「山の日」を過ごす予定ですか?






◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村
  


Posted by 酒そば本舗店長 at 10:55Comments(0)一人言

2019年06月30日

「遊遊漢字学」が楽しみPART84「尾生の信」


毎週日曜日のお楽しみ、漢字学者阿辻哲次氏の日経連載「遊遊漢字学」
今週阿辻先生が取り上げたのは「尾生の信」について。あわせて「不見不散」という言葉についても。

正直に申し上げます。「尾生の信」も「不見不散」も初めて耳にしました。ただただ己の不明を恥じるのみです。

そこで早速調べてみました。

「尾生の信」とは、中国春秋時代魯の国の住人尾生高(びせい・こう)という男の逸話に由来する言葉。

一人の女と橋の下で会う約束を交わした男がいたと思ってください。男がいくら待っても女はなかなか現れなかった。そのうちに大雨で川が増水してきたが、その場を立ち去ろうとせず、橋げたにしがみついてまで女を待ち続け、ついに水死してしまったという哀れな男。それが尾生。

・・・女はいつの世も罪作りなものですな。(笑!

融通が利かず生真面目過ぎることのたとえにも、約束を必ず守ることのたとえにも使われるということです。

阿辻先生は、「尾生は『不見不散』を実践したのだから、模範的な人物として表彰されてもいい」だろうと最後におっしゃっておられるところをみれば、どうも後者の意味に重きをなしておられるようにお見受けしました。

きっと意中の女性を2時間でも3時間でも待ったという経験がおありなのに違いない・・・。(笑!


「不見不散」は現代の中国でも盛んに使われている言葉のようです。「見(あ)わざれば散せず」、直訳すれば「会うまでその場を離れない」、つまり「必ず来てね」という意味。

G20大阪サミットに出席した米国トランプ大統領は、その足で韓国へ行き板門店を訪れるのだとか。かの国の若き指導者と38度線で会うとか合わないとか取りざたされています。

さしずめトランプ大統領はお得意のツイッターで、かの指導者に「不見不散」のサインを送ったといったところでしょうか。


わが国はその昔、朝鮮半島を通して中国で発明された優れた表意文字漢字を国字として導入し発展してきました。ところがいわば漢字については先輩でもあった韓国では、後になってハングル文字があみ出され、近代になってこれを国字に定めて、漢字を捨ててしまったので、若い世代は漢字を読めも書けもしないということです。

米朝の橋渡しをしようと躍起の韓国の文在寅大統領は、漢字の知識はどのくらいおありなのでしょうか?

「『不見不散』だと?・・・何のことやらわからないスミダ?」にならなければいいのですが。


まあ、それよりも板門店が大雨でないことを祈りたいでものです。(爆笑!






◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村
  


Posted by 酒そば本舗店長 at 09:38Comments(0)一人言

2019年06月23日

「遊遊漢字学」が楽しみPART83「棋士」


趣味は何かと問われれば、無難なところで読書か。

あと上げるとすれば、将棋囲碁。ただし、腕前となると、将棋は「頭金流」。囲碁は「四線シチョウ」流。

将棋では、自玉の頭に金を置かれて初めて詰みに気づくといったレベル。囲碁に至っては、四線より内側では石がシチョウに取られているのに逃げ出してしまう。三線まで石を追われて初めて取られていることに気づき、あっということになる。(苦笑!

毎週日曜日のお楽しみ、漢字学者阿辻哲次氏の日経連載「遊遊漢字学」
今週阿辻先生が取り上げた漢字は「棋士」。

どうやら阿辻先生もなさるご様子とお見受けしました。腕前については、言及なさっておられないのは残念ではありますが、それは本日の本題ではありません。

囲碁と将棋のプロは、まったく違ったゲームであるのにどうしてどちらも「棋士」と呼ぶのかと、阿辻先生は投げかけておられます。

それは棋士の「棋」に「棊」という異体字があることがヒントだと。中国戦国時代までさかのぼると、当時すごろくに似たゲームがあって、盤と駒が木で作られていたから、それを「棊」と呼んだのだとか。今でいうボードゲームを総じて「棊」と呼んだということでしょうね。

やがてこの漢字が囲碁も表すようになったとき、「木」ではなく「石」を使っているゲームだから「碁」と表記するようになったが、依然として「碁」を打つプレイヤーのことは「棋士」と呼ばれたのだと。

ちなみに「棋」は当然としても、「棊」も「碁」も音は「キ」。たしかに「碁」は「ゴ」とも読めますが、囲碁の専門棋士を「碁士」と書いて区別したとしても、この時の読みは「キシ」になるそうです。

囲碁の専門棋士が争うタイトル戦に「棋聖」と「碁聖」というタイトルがあるが、この読みにしても、阿辻先生に言わせれば、どちらも「キセイ」と読むのが正しいと。

なるほどご専門が漢字ですから、「碁」の読みにも文字通りこだわりが深いというわけですな。

ところで、碁を打つとなると、阿辻先生の読みにはどのくらいのこだわりがあるのでしょうとお聞きしたいものですな。

まさか「四線シチョウ流」というようなことはありますまい。(笑!





◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村
  


Posted by 酒そば本舗店長 at 10:42Comments(0)一人言

2019年06月21日

「ラーメン」「チャーハン」「ギョーザ」の組み合わせの優劣を語るとき


昨日の昼食は久しぶりで外食。

食事というより無性にラーメンが食べたくなったと言った方がいいかも。皆さんもそういうことってありませんか?

そこで地元でも人気のラーメン専門店に入りました。オーソドックスに醤油ラーメンを注文して待つこと15分。



スープの色を見てわかるように、これはブラックラーメンですね。この店では塩ラーメンも人気で、私も何度か食べたことがありますが、この塩ラーメンの方が、一般の店でいうところの醤油ラーメンに近い感じですかね。どちらも美味い。


さて、ここで再び皆さんにお聞きしたいのですが、昼時にラーメン一杯だけでは物足りないと思われる方、いらっしゃいませんか?

学生の頃の昼飯といえば、学校の生協食堂の「ラーメン、ライス大」が定番でしたがね。(笑!

さすがにこの齢にもなれば、「ラーメン、ライス」というのはためらわれます。ところが、チャーハンとなるとなぜか別腹。そこで「ラーメン、半チャーハン」とか、「チャーハン、ラーメン小」なんてメニューに書いてあるお店、有難いですね。


ラーメンを注文してから、チャーハンも食べたくなってメニュー表で半チャーハンを探したのですが、これが書いてない。

ここで皆さんに三度おたずねいたします。ラーメンの他にもう一品追加で注文するとすれば、何ですか?

私の選んだのは、ギョーザでした。




「ギョーザとラーメン」の組み合わせも、「チャーハンとラーメン」の組み合わせに引けを取るようなことはないでしょうけど、私の場合は、断然「ギョーザ」には「ビール」と言いたい。(笑!


・・・というわけで、「ラーメン」「チャーハン」「ギョーザ」の組み合わせの優劣を語ろうとすると、いつも横合いから「ビール」が乱入して来るので、結論が出せないままなのです。(爆笑!




◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村
  


Posted by 酒そば本舗店長 at 11:26Comments(0)一人言