★今街で噂の★酒そばとはこんなそば 酒そばってこんなそば

通常そばを練るときには、水を使用するのですが、その水のかわりに「お酒」を使って練ったのが、 当店自慢の酒そばです!

お酒は富山で人気の地酒を使っています!
お酒の風味と香りが、 そば本来の風味と香りにからみあい、今までにないおいしいおそばができあがりました!

そば通、お酒通と呼ばれる方の中には、そばを食べ終わった後に
「残ったそばつゆに酒を少し足して飲む」のが最大の楽しみといいますよね。
まさしくお酒好きの方には、もう「たまりませ~ん!」っておいしさです♪

でも、お酒の苦手な方でもご安心くださいね! アルコール成分はそばを茹でた時にほとんど飛んじゃいますから、 お子様でも安心して食べられますよ!
(※但し、アルコールに弱い体質の方や小さなお子様はご注意ください。)


酒そばをゆでた後の蕎麦湯はえもいわれぬおいしさそばを茹でたあとのそば湯は ほのかなお酒の香りと旨味がでており、 それはそれはえもいわれぬおいしさ!
そばのお味から、香り、はたまたそば湯まで、 全てがたまらなぁ~いのが酒そばです♪

いつもの「そば」とは違う、ちょっとリッチなひと時を「酒そば」でお楽しみください♪


★これは珍しい!ひそかな噂を呼んでいる★こだわり酒そばこだわり酒そば

当店売れ筋NO1がこの「こだわり酒そば」です!


「こだわり酒そば」は、その名のとおり、
原材料にこだわり、厳選した、国産の原材料を使用しています!

そば畑■こだわり・その1:そば粉■
そば粉は、日本有数のそば処信州・安曇野(あずみの)産のそば粉を、 石臼にて、丁寧に、丁寧に、粗挽きしたものを使用しています。

北アルプス山麓長野県安曇野市一帯の地域は、 名水百選「安曇野わさび田湧水群」で知られる日本有数の名水の土地です。

清らかでミネラルが豊富な水によって、味も香りも素晴らしいそばが育まれます。


豊かな大地が育む小麦畑■こだわり・その2:製法
このそばの味と香りを最大限引き出すため、 製法にもこだわっています♪

そばの実を製粉する際、これまでの方法ですと、 機械製粉のためかなりの熱が発生し、 そば本来の香りが失われてしまいます。
昔ながらの石臼を使ってゆっくりと、丁寧に、丁寧に、挽くことによって、 そばの実の甘皮と呼ばれる部分をも一緒に挽きくるんだ、 そば本来の香り一杯の粗引きの「そば粉」にしています。

■こだわり・その3:小麦粉
小麦粉は北海道の大地が、育んだ小麦粉を使用しています!
北海道産小麦の特徴は、風味がよく、 その豊で広大な大陸同様、豊かな味わいを大切にし、そばの風味を最大限に生かす粉です。


富山県高岡市雨晴海岸より望む立山連峰■こだわり・その4:お酒
地元富山で人気の地酒を使用しています。

富山県は、三方を北アルプス立山連峰などの、山岳地帯に囲まれており、 中央には実り豊かな平野が広がっています。

富山湾、日本海へと開けている天然の巨大ダムともいえる山々からは、 一年を通じて豊かで、清らかな水が生まれるんです!
豊かな大地と清らかな水に育まれた米どころ富山は、日本でも有数の酒どころでもあります。

酒そば本舗の酒そばは、富山で人気の地酒を使用しています。

2010年01月31日

日本にいる謎の鳥


ウエブで見ました。「日本にいる謎の鳥」

・・・う~ん、うまい!座布団10枚!!


◆酒そば本舗トップページへ◆


**貴方の共感できる生き方がきっとある**
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ

このボタンを押すと、121カテゴリー、30万件以上のブログが参加している「にほんブログ村」に入れます

  


Posted by 酒そば本舗店長 at 13:05Comments(0)ユーモア

2010年01月30日

上手な演説の仕方


テレビ中継されていましたからご覧になられた方も多いと思います。鳩山首相の施政方針演説。大変な力の入れようでしたね。途中で声が裏返ったりして、大そうな熱の入りようでした。
「いのちを守りたい。いのちを守りたいと願うのです・・・」で始まる出だしは、おおよそ議事堂の論壇で発せられるものとは、毛色が違うような気もしました。


しかし、演説というものは、演説の内容と演説をぶつ弁士の常日頃の行いが合致していてこそ、聴く者の感動を呼び、説得力もあるというものです。


出だしがあのようなメルヘンチックな出だしですから、赤ん坊の頭の上につるしてグルグル回す玩具(メリーゴーランドというのでしょうか?)のように、言葉が私たちの頭上で空虚に回って通り過ぎていくだけのようではなかったか。

思わず「そんな大そうな・・・、自分の命は必死になって自分で守っていきますから・・・」と言ってしまいます。

演説の出だしとしては、奇をてらい過ぎていますね。興ざめです。0点!

効果満点、100点間違いなしの出だしを教えてあげましょう。

「資産を受け継ぎたい。資産を無税で受け継ぎたいと願うのです・・・」


その鳩山首相を陰で操ってしまうもう一人のお方なら、こう始めてください。

「献金を隠したい。献金を騒がれぬよう隠しておきたいと願うのです・・・」


議事堂が万来の拍手で揺れること間違いありません。



◆酒そば本舗トップページへ◆


**貴方の共感できる生き方がきっとある**
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ

このボタンを押すと、121カテゴリー、30万件以上のブログが参加している「にほんブログ村」に入れます

  


Posted by 酒そば本舗店長 at 15:40Comments(0)ユーモア

2010年01月30日

上手な演説の仕方


テレビ中継されていましたからご覧になられた方も多いと思います。鳩山首相の施政方針演説。大変な力の入れようでしたね。途中で声が裏返ったりして、大そうな熱の入りようでした。
「いのちを守りたい。いのちを守りたいと願うのです・・・」で始まる出だしは、おおよそ議事堂の論壇で発せられるものとは、毛色が違うような気もしました。


しかし、演説というものは、演説の内容と演説をぶつ弁士の常日頃の行いが合致していてこそ、聴く者の感動を呼び、説得力もあるというものです。


出だしがあのようなメルヘンチックな出だしですから、赤ん坊の頭の上につるしてグルグル回す玩具(メリーゴーランドというのでしょうか?)のように、言葉が私たちの頭上で空虚に回って通り過ぎていくだけのようではなかったか。

思わず「そんな大そうな・・・、自分の命は必死になって自分で守っていきますから・・・」と言ってしまいます。

演説の出だしとしては、奇をてらい過ぎていますね。興ざめです。0点!

効果満点、100点間違いなしの出だしを教えてあげましょう。

「資産を受け継ぎたい。資産を無税で受け継ぎたいと願うのです・・・」


その鳩山首相を陰で操ってしまうもう一人のお方なら、こう始めてください。

「献金を隠したい。献金を騒がれぬよう隠しておきたいと願うのです・・・」


議事堂が万来の拍手で揺れること間違いありません。



◆酒そば本舗トップページへ◆


**貴方の共感できる生き方がきっとある**
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ

このボタンを押すと、121カテゴリー、30万件以上のブログが参加している「にほんブログ村」に入れます

  


Posted by 酒そば本舗店長 at 15:40Comments(0)ユーモア

2010年01月29日

「ごめんください、めんください」



本日の更新、ズルします。
みなさん、そば屋のテーマソングご存知ですか?

・・・実は、私が勝手にテーマソングにしただけですから、誰もご存知ありません。
「NHKおかあさんといっしょ」より拝借しました。


「ごめんください、めんください」をお聞きください。



◆酒そば本舗トップページへ◆


**貴方の共感できる生き方がきっとある**
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ

このボタンを押すと、121カテゴリー、30万件以上のブログが参加している「にほんブログ村」に入れます

  


Posted by 酒そば本舗店長 at 12:23Comments(0)ユーモア

2010年01月28日

雲のカーテン


昨日は終日おだやかな天候に恵まれました。窓際の日の当たる場所はポカポカと暖かで、久しぶりに日向ぼっこなるものをしました。冬の間は厚い雲のカーテンに覆われて、ほとんど見ることのできない立山連峰が、一日中望めたというのはめったにあることではありません。

冬の立山連峰を望む


一転して今日は朝から冷たい雨が横殴りに降っていて、冬の北陸に逆戻り。まぁ、この雨が雪でないだけありがたいと思いますがね・・・。当然のことながら、立山連峰は雲のどん帳が厚く降りてしまって見ることはかないません。

雲のカーテンに覆われて立山連峰は望めません・・・。


ご覧の通り田んぼの雪は、大方融けてくれたようですが、駐車場に目をやりますと、年明け早々に降った雪の名残を見ることができます。

駐車場の雪の壁もずいぶん低くなりました。


この角度で2階から見下ろしても雪の壁で向うの道路が完全に隠れていましたから、2メートルは積み上げたことになりますでしょう。除雪した雪をこれだけ積み上げたのは、十数年ぶりのことです。天気予報によると、今週末から来週初めにかけてまた雪マーク。北陸特有の曇天を見上げては、お手柔らかに願いたいものだとつぶやいています。



◆酒そば本舗トップページへ◆


**貴方の共感できる生き方がきっとある**
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ

このボタンを押すと、121カテゴリー、30万件以上のブログが参加している「にほんブログ村」に入れます

  


Posted by 酒そば本舗店長 at 12:32Comments(0)今日あったこと

2010年01月28日

雲のカーテン


昨日は終日おだやかな天候に恵まれました。窓際の日の当たる場所はポカポカと暖かで、久しぶりに日向ぼっこなるものをしました。冬の間は厚い雲のカーテンに覆われて、ほとんど見ることのできない立山連峰が、一日中望めたというのはめったにあることではありません。

冬の立山連峰を望む


一転して今日は朝から冷たい雨が横殴りに降っていて、冬の北陸に逆戻り。まぁ、この雨が雪でないだけありがたいと思いますがね・・・。当然のことながら、立山連峰は雲のどん帳が厚く降りてしまって見ることはかないません。

雲のカーテンに覆われて立山連峰は望めません・・・。


ご覧の通り田んぼの雪は、大方融けてくれたようですが、駐車場に目をやりますと、年明け早々に降った雪の名残を見ることができます。

駐車場の雪の壁もずいぶん低くなりました。


この角度で2階から見下ろしても雪の壁で向うの道路が完全に隠れていましたから、2メートルは積み上げたことになりますでしょう。除雪した雪をこれだけ積み上げたのは、十数年ぶりのことです。天気予報によると、今週末から来週初めにかけてまた雪マーク。北陸特有の曇天を見上げては、お手柔らかに願いたいものだとつぶやいています。



◆酒そば本舗トップページへ◆


**貴方の共感できる生き方がきっとある**
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ

このボタンを押すと、121カテゴリー、30万件以上のブログが参加している「にほんブログ村」に入れます

  


Posted by 酒そば本舗店長 at 12:31Comments(0)今日あったこと

2010年01月27日

星の見方


「夜空を仰いで 数える星も

   君のいない砂浜は 寂しいぜ」

と加山雄三が歌ったように、ロマンチックこの上ない状況も、側らに恋する乙女がいればこそ、星は決して一人では見るものではないと思うのです。

火星が28日に最接近、観察に最適

地球のすぐ外側を回る兄弟星の火星が、地球の軌道に接近しているそうです。何でも今回は太陽が西に沈むとすぐ東の空に現われ、一晩中観測ができるのだとか。名前のごとく赤黒い光を投げかける星ですよね。星といえばキラッ、キラッと光るイメージを持ちますが、この星はさも気だるげにぼぉ~っと赤い光を回りににじませているかのよう。

「夜空を見上げると、月とシリウスの次に火星が明るく見える。ただ空を眺めるだけで済むのだから、是非外に出て見て欲しい」と専門家は奨めていますが、側らに肩を寄せ合う彼女がいればまだしも、一人仰ぐ夜空の彼方から投げかけてくる星の光は、己の孤独をより鮮明に照らしだすようで寂しさを募らせるばかりです。

皆さんは、冬の夜空に火星をいかに見られますか?



◆酒そば本舗トップページへ◆


**貴方の共感できる生き方がきっとある**
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ

このボタンを押すと、121カテゴリー、30万件以上のブログが参加している「にほんブログ村」に入れます

  


Posted by 酒そば本舗店長 at 15:46Comments(0)一人言

2010年01月26日

衣食足りても自由がなければ・・・・。


人はパンのみ生きるにあらずと西洋の賢者は言ったのでしたが、食わなければ生きていけないのが凡人の悲しさ。その食べ物も所変われば、品も変わろうというもの。そして人には好き嫌いがつきもの。さらに信じる宗教の教えには、口にしてはならぬものがあったりするから話は複雑になります。

中国で犬肉・猫肉の食用禁止へ

食の大国中国、おおよそ四足のもので口にしないのは、机くらいと言われていますね。かの国の国民の健啖ぶりには舌を巻きます。

動物愛護団体からすれば、犬猫を食うとは言語道断。中国人はペットを殺して食べる野蛮な国民。ついでに鯨を獲る日本人も負けず劣らず野蛮人となるんですが、私にいわせれば牛や豚ならいいのか、ガチョウに無理やり餌を食わせて、大きくさせた肝臓だけ取り出して舌づつみを打つのは、立派な食文化といえるのか?

土地土地、そこに暮す民族各々に食文化があり、慣習があり宗教を持つのだから、人間が人間を食わない限ぎり、牛を食おうが嫌おうが、豚を食おうが嫌おうが、魚を生で食おうが焼いて食おうが、咎めだてはできないだろう。

どこで線引きをするかで天と地ほども開きができる問題を 自分の国の食生活だけを基準に論ずるの愚を冒しているのが動物愛護団体といえないか?

当の中国国内の反響はというと、そんな法律が定まろうがうわべだけのことで、今までどおりうまい物をうまく食ってどこが悪いか、お国が定める法律は破るためにあるくらいの勢いとは、さすがに大人の国らしいと思いませんか。

そして、これは痛烈でしたね。
「『動物を大切にするより、まず人を大切にしろ』との意見が支配的」とは、返す言葉が出てきません。。。


好きな物は好きに食って来たように、言いたいことも好き勝手に言わせてくれとは。「衣食足りて礼節を知る」はずのこの国であっても、やはり西洋の賢者の言葉は当たっていたということか・・・。



◆酒そば本舗トップページへ◆


**貴方の共感できる生き方がきっとある**
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ

このボタンを押すと、121カテゴリー、30万件以上のブログが参加している「にほんブログ村」に入れます

  


Posted by 酒そば本舗店長 at 16:00Comments(0)ニュース・トッピックス

2010年01月25日

チンパンジーと幹事長


「そんな分かりきったことを・・・」と思われた方、多いのじゃないかと思います。

チンパンジー 自分の名前を認識 脳波実験で判明

犬だって名前をつけてかわいがってやれば、名前を読んだら、喜んで尾を振って飛びついて来ることぐらい知ってますよ。
トピックスを見ると、脳波を計測する装置を頭につけられ、おとなしくいかにも所在なげに座っているチンパンジーが写っていますが、こんなふうにまで人に従順に従うチンパンジーが、自分につけられた名前を判別できないわけがないでしょう。

まぁ、科学的に初めて証明されたということなんでしょう。

ミズキという名のチンパンジーに(1)「ミズキ」(2)仲間の名前(3)知らない名前(4)「ミズキ」という音に似た雑音を1.5秒間隔で順不同で繰り返し聞かせたところ、
「ミズキ」のときだけ、脳波に特定のパターンが表れたというのです。


ならば、この方の場合はどうだろう?

「ミズキ」を「ケンキン」に変えて聞かせてみて、脳波の反応を調べてみたら、きっと新しい科学的発見が見い出せるかもしれませんぞ。

「ケンキン(献金)」の次に「ゲンキン(現金)」と言って惑わしたり、「ミンシュトウ(民主党)」とか「カンジチョウ(幹事長)」なんて変化球を投げてみる。ずばり「ワイロ(賄賂)」なんていう危険球を内閣・・・じゃなかった、内角に投げてみるのも効果抜群じゃないか???


もっとも、この方は「ミズキ」のようにおとなしく座っていてはくれませんからね。同じ椅子でも座り心地が違うんでしょうか、幹事長の椅子にならずっと座っていたいんだそうです。




◆酒そば本舗トップページへ◆


**貴方の共感できる生き方がきっとある**
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ

このボタンを押すと、121カテゴリー、30万件以上のブログが参加している「にほんブログ村」に入れます

  


Posted by 酒そば本舗店長 at 14:55Comments(0)ニュース・トッピックス

2010年01月24日

妻恋村


ウエブトピックスより
群馬・嬬恋「ハグ」イベント 参加申し込みゼロで中止

1月31日が「あい(I) さい(妻)」、午後8時9分が「は(8)ぐ(9)」とは、なかなか捻ったものですが、氷点下に下がる気温までは気が回らなかった?

「つまごい」と読む村名にちなみ「愛妻」をテーマに地域おこしに取り組んでいる群馬県嬬恋村の冬の新イベント「愛妻の丘でハグしよう-極寒星空ハグ-」が、参加カップルの申し込みがゼロだったため中止の病むなきにいたったとはまことに残念。

今のドライな若者にしてみれば、そんな寒空で抱き合わなくても、もっと温かい部屋で肌を寄せ合いたいと思うのは仕方のないところか。

日本武尊(やまとたけるのみこと)が、海の神を鎮めるために入水した后をしのんだという故事にまでさかのぼることができるという群馬県吾妻郡嬬恋村。私があと20年も25年も若ければ、こんなロマンチックな名を冠する村に、我妻を誘っていたものを・・・と、このウエブトピックスを読んだのでありました。。。


◆酒そば本舗トップページへ◆


**貴方の共感できる生き方がきっとある**
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ

このボタンを押すと、121カテゴリー、30万件以上のブログが参加している「にほんブログ村」に入れます

  


Posted by 酒そば本舗店長 at 12:55Comments(0)ニュース・トッピックス

2010年01月23日

一風変わったベッドメーキング


紳士の国イギリスの話題。
離婚祝い用のギフトサービスを始めたのもイギリスのデパート業界なら、理想の彼女にめぐり合える確立を計算してみたのもイギリスの学者でした。
そして、俄かには信じがたいサービスをやり始めたというイギリスのホテルの話題。

ベッドに人のぬくもり、ホリデイ・インが新サービス

「客がベッドを使う前に、フリースのパジャマを着た従業員がベッドに入り温めておいてくれる」というサービスは、ベッドは確かに温かくなっているかもしれないけれど、寒気がするくらいに気持ち悪くはないか?他人のぬくもりの残る布団に入るのってよほどの無神経か、勇気の要る行為だとは思いませんか?

いったいそんなサービス、金を出して求める客なんかいるのだろうか?
いくら今年の冬が、日本を含めて北半球全体が厳しい冬を迎えたからといって、これを「革新的な」サービスというイギリス人の感覚、チョー寒いです。

・・・まぁ~、うら若き女性が布団が温まるまで添い寝をしてくれるというのなら話は別でしょうが。。。(←イエローカード!・・・笑!



◆酒そば本舗トップページへ◆


**貴方の共感できる生き方がきっとある**
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ

このボタンを押すと、121カテゴリー、30万件以上のブログが参加している「にほんブログ村」に入れます

  


Posted by 酒そば本舗店長 at 12:05Comments(0)ニュース・トッピックス

2010年01月22日

祭りとは・・・。


ウエブトピックスより
上げ馬神事 馬虐待?未成年に酒?三重県が適否調査へ
「上げ馬神事」といえば、少年が馬を駆って急斜面を一気に登る勇壮な祭り。テレビで見たことがあります。この神事に問題ありと三重県教育委員会が調査に踏み切ったのは、「馬を興奮させるため『つくる』と称してたたく習慣があるほか、興奮剤を与えている可能性がある。未成年者が飲酒して騎手を務めている疑いがある」ためとか。

長い歴史の中で人類の最大のパートナーといえば、それは馬。文字通り「人馬一体」となって歴史を切り開いてきたと言えるのではないか。
しかし馬にしてみれば、人に背を跨がれ、口にはハミを噛まされ、手綱を牽かれ、時として尻に鞭打たれるなんて、それはもう迷惑な話に違いない。
『つくる』とはどう言う行為なのか知りませんが、馬力を発揮させようとして人が馬体を「蹴る、叩く、打つ」たぐいの行為を指すのでしょう。そういった行為が馬を虐待しているというなら、人が馬に跨り馬の速さを競うことや、そりや荷車を引かせてきたことはどう言い繕えばいいのだろう。

端から「馬に急な坂道を駆け登らせるようなことを強要するのは止めよ」と主張するなら、まさに動物愛護の精神から分からないでもないが、『つくる』行為は動物虐待であるというのは、長い人と馬の歴史の中で人が馬にやってきた馬力を発揮させるための行為はどう説明したらいいのだろう。
犬猫をかわいい、かわいいといっては餌をやり、太らせているのは、蹴ったり叩いたり鞭打ったりしていないから、虐待とは言わないのか。


次に酒の問題。
それこそ神代の昔から、神事には酒は欠かせぬもの。酒は身を清め、邪気を払うなくてはならぬ大切な言わば道具と考えられてきた。おそらく昔は、一口あおってさっそうと馬に跨ったのだろう。
これも長い歴史の中で、いったい何人の人が、一口が二口三口になり勢いがつきすぎて祭りの最中に事故を起こし死んでいったことだろう。
現代では、未成年に限らず祭りの当事者に酒は禁物が当たり前。祭りの最中に未成年に飲酒の事実があるとすれば、教育委員会は文字通り教育的見地から、指導しなければならないのは当然のことでしょう。
しかし、お神酒(おみき)という言葉がそのうち消えてなくなるのではないかとの不安が付きまとうのは、寂しいことに違いありません。

差議長祭りは火祭りの一種だと思うのですが、書初めやお正月の札やお守りを火にくべて燃やすのは、環境保護の観点からやってはいけない、集まった書や札を燃やさずに不燃物として処理する自治体が多いと聞きます。

それにしても、このような神事と酒の関係に限らず、祭りというものが時代とともに様変わりして行くのは仕方ないにしても、当の神様はどうお思いになっておられるだろう。


県教委は「上げ馬神事は貴重な観光資源。健全に運営してほしい』と話しているとのことですが、この神事が観光資源であるからという前に、なぜ文化財に指定されているのか、祭りとは何か、根本にある意味をまず熟考してもらいたいものだと思った次第です。



◆酒そば本舗トップページへ◆


**貴方の共感できる生き方がきっとある**
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ

このボタンを押すと、121カテゴリー、30万件以上のブログが参加している「にほんブログ村」に入れます

  


Posted by 酒そば本舗店長 at 11:54Comments(0)ニュース・トッピックス

2010年01月21日

理想の恋人と出会える確立


昨日は、イギリス人の考えることは分からんと首を傾げた私でありましたが、その中で「イギリスでは2組に1組は離婚する」と書きましたが、正確ではありませんでした。「2組に1組は離婚する可能性が高い」に訂正させてください。・・・可能性が高いなどと言うのなら、別に2組に1組でなくてもすべてのカップルに離婚の可能性があると思うのですがね?

まぁ、ウエブトピックスにそう書かれていたということでご了承ください。
今日は、そのイギリスにまたまた変なことを考える学者がいたという話題。

1晩で理想の恋人と出会える確率は0.00034%=英経済学者

離婚するためには、何はさておき結婚しなければならないのは自明の理。結婚するには相手がいるだろう、誰だって理想の伴侶にめぐり会いたいのは同じこと。
しかしその確立が1晩0.00034だなんて、悲しすぎやしないか、わびしすぎやしないか?

一年かかっても0.124%、100年でやっと1割だから、100年もロンドンの街角に立てば、ひょっとすると理想の女性にめぐり会う可能性が出てくるかも知れないっていう数字だ。でもその時にはこの学者は131歳になっているから、ひょっとすると131歳で理想の恋人を射止めた男としてギネスブックに載るかもしれないぞ。

大体において、英ウォーリック大学で経済学の助手をするこの学者が、ロンドンの街角で彼女とめぐり会うか否かに、宇宙にどれくらいの地球外生命が分布するかを推定する「ドレイクの方程式」なるものを使わなければならないのかが分かりません。

そんなことを難しく考える頭デッカチだから、「素晴らしい関係を築けそうな女性は英国中で26人」なんてことになる。

驚いたことにそんな馬鹿げた論文(失礼!)を執筆後に、この学者の理想の条件を満たす恋人ができたというのだから、この論文がいかにいい加減なものであるかを自らの手で立証しているようなものでしょう。(笑!


そんな苦労をして見つけた理想の伴侶であっても、「2組に1組は離婚する可能性が高い」などと言われれば、この学者は「俺はいったい何を計算していたのだろう・・・。」とつぶやくに相違ありません。(爆笑!




◆酒そば本舗トップページへ◆


**貴方の共感できる生き方がきっとある**
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ

このボタンを押すと、121カテゴリー、30万件以上のブログが参加している「にほんブログ村」に入れます

  


Posted by 酒そば本舗店長 at 11:47Comments(0)ニュース・トッピックス

2010年01月20日

「離婚おめでとう!」って言えますか?


私も人生の往路を歩き始めて長い部類の人間に属するようになって久しいですから、「結婚祝い」や「誕生祝」は数多く差し上げたことはありますが、「離婚祝い」となるとちょっとありません。大体においてどうして「離婚」がお祝いに値することなのかが、そもそも分かりません。

「離婚祝い」に欲しい物のリスト作成、英百貨店が提案

イギリスでは、2組に1組は離婚するそうですから、それを商機と捉えた商魂のたくましさには頭が下がりますが、「お前百までわしゃ九十九まで、共に白髪が生えるまで」が、今でも夫婦の理想と考えている東洋の島国に住む者としては、同じ島国でもイギリス人の考えていることは理解しがたいです。

ちなみに世界各国の離婚率として、人口千人あたりの離婚件数で表したものが出ておりました。これをみると1位がロシアで5.30件。あとベラルーシ、アメリカ、ウクライナと続いています。イギリスは14位で2.58、日本は2.31で21位だから、イギリスと大差ないじゃないか。そうそう「共白髪」を自慢できたものじゃない。

数字だけで判断できるものではないかもしれませんが、日本もイギリスも離婚件数が変わらないなら、恐ろしいほどにデフレの渦に巻き込まれた日本の流通業界、特にデパート業界では売上の減少に歯止めがかからないと言われていますから、イギリスに倣って「結婚祝い」ビジネスが日本にも上陸するかも知れませんぞ。


「離婚おめでとう!」が、当たり前のように言われる日は、はたして来るのでしょうか?
・・・いやぁ~、世知辛い世の中になったものです。。。



◆酒そば本舗トップページへ◆


**貴方の共感できる生き方がきっとある**
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ

このボタンを押すと、121カテゴリー、30万件以上のブログが参加している「にほんブログ村」に入れます

  


Posted by 酒そば本舗店長 at 12:33Comments(0)ニュース・トッピックス

2010年01月19日

ねじれと偏り・・・。


ウエブトピックスより
ヒラメ・カレイ、目の偏りは脳のねじれから

「左ヒラメに右カレイ」は100%正しいのかといえば、答えは否。中には右に偏ったヒラメもいれば、左を見ているカレイもいるんだとか。

ところで皆さんは、干しカレイってご存知ですか?
小振りのカレイを一塩して干したもの。スーパーの塩乾物売場に並んでいます。私は一夜干し程度の生乾きのものが好きですね。軽く両面を炙って、熱々のところを食べると実においしい。1パック4~5枚が食卓に上がった中に、1匹目の向きが違ったカレイがいたことがありまし。家族でこれはヒラメじゃないか、いやカレイにもへそ曲がりがいて反対を向いているのがいるんだ・・・などと言い合ったことがありましたが、干しカレイのおいしさは右も左も同じでしたよ。(笑!

カレイとヒラメの正しい見分け方は、右や左などと言わなくても簡単で間違いのない方法があるのをご存知でしょうか?口の大きさとあごの形状を見れば、はっきりと区別できるんだそうです。

ずいぶん前になりますが、テレビの番組でやっていました。

ヒラメの食性は、砂地の海底近くを泳ぐ小魚。砂に潜っていて小魚が上を通り過ぎようとした時にパクリとやる。時に自分より大きな獲物を捕食するヒラメは、魚を捕らえるために瞬間的に大きな口をあけるから、あごが頑丈で大きい。一方カレイは、海底の砂の中に生息するイソメやゴカイなどの線虫を好んで食べる。線虫を吸い込むように食べるから、おちょぼ口であごが貧弱。

どちらかといえばヒラメは高級魚でしょう。肉厚で体形の大きな物は、おすし屋さんで一握り千円も取られることがある。淡白で透き通るような白身は、刺身が一番おいしい。

カレイは、ヒラメほど大きくないし、高くもないんじゃないかな?もっぱら煮付けがおいしい。ぷっくりとした肉が、骨からこぼっとはがれるように取れる。卵が入っていれば超ラッキー、煮汁のしみた卵の味は格別ですよね。

これほど人間の味覚を喜ばしてくれる魚、幼魚では真っすぐについていたものが、右や左に偏るのは脳がねじれるからだそうですが、人間様でも脳味噌の中がねじれちゃうと右や左に考え方が偏ったりするのは、カレイやヒラメと事情がよく似ているのかもしれません。




◆酒そば本舗トップページへ◆


**貴方の共感できる生き方がきっとある**
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ

このボタンを押すと、121カテゴリー、30万件以上のブログが参加している「にほんブログ村」に入れます

  


Posted by 酒そば本舗店長 at 12:37Comments(0)ニュース・トッピックス

2010年01月18日

小沢幹事長は日経の連載を読んでおられないのでしょうか?


昨日は今嵌まっている歴史小説作家上田秀人の「勘定吟味役異聞」シリーズを話題にしました。この小説の時代背景は、6代将軍家宣、7代家継のころ、家宣に重用された新井白石が重要な登場人物として出てまいります。

毎日の日経の楽しみの一つは、最終面の連載小説。辻原登の歴史小説「韃靼(だったん)の馬」が連載されています。江戸時代の朝鮮通信使から題材をとって、当時朝鮮外交の窓口となった対馬藩の現代流に言えば外交官阿比留克人(あびるかつんど)が主人公の話。この時代背景が、まさしく6代家宣のころに設定されています。そしてここでもやはり時の幕閣新井白石が出てまいります。通信使の「国書の宛名を大君から国王にせよ」という無理難題を対馬藩に命じたのが白石というわけ。

朝鮮通信使といえば、江戸時代徳川幕府と李朝朝鮮の間で取り交わされた国書を対馬藩が止むに止まれず改竄(かいざん)したことに端を発する後々のさまざまな事件を取り扱ったものが多くありますが、篠田達明の「馬上才(ばじょうさい)異聞」は、3代家光の時代の通信使を題材にしたものでしたね。

太閤秀吉による朝鮮出兵のあと冷え切った朝鮮と日本。幕府から交易再開の外交を命じられた対馬藩が取った止むに止まれぬ行動。それは朝鮮に対してひざまづき交易の再開を願う朝貢外交で、幕府には朝鮮が願い出て日本との交易再開を求めている態を繕うという驚きの内容。スタートを嘘で塗り固めたのだから、通信使がやって来るたびにその嘘がばれないように上塗りをしていかなければならないことになった。

しかしながら、対馬藩の英知のおかげで両国は交易により潤ったわけだから、これは嘘で塗り固められようとも、その嘘が綻びようとも後々まで両国とも名を捨て実を取ったことになりますね。結果良しというわけです。

こちらの方は、ずいぶん綻びてきたようですが、結果良しとなるのでしょうか?
<陸山会土地購入>虚偽記載疑惑


小沢幹事長にお聞きしたいと思うのですが、幹事長は日経を購読しておられないのでしょうか?政治・経済面には目を通すが、最終面の連載など読んでいる暇はないとおっしゃるのでしょうか?

ぜひ「韃靼の馬」を読んでいただきたいものだと思うのです。

「やましい事は一切ない」と言っておられるようですが、最初についた嘘のつじつまを合わせるのって、朝鮮通信使の例を見るまでもなく、ほとほと難しいと実感なさっておられるのではないかと推察しております。



◆酒そば本舗トップページへ◆


**貴方の共感できる生き方がきっとある**
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ

このボタンを押すと、121カテゴリー、30万件以上のブログが参加している「にほんブログ村」に入れます



  


Posted by 酒そば本舗店長 at 16:27Comments(0)一人言

2010年01月17日

「地の業火」


今読んでいる本「勘定吟味役異聞5 地の業火」

業火とは地獄の罪人を苦しめる猛火のことですから、これほど時代小説に適した副題はないでしょう。




第4部「相剋の渦」は、昨日夜なべして読破。
楽天ブックスに「相剋の渦」のカバー写真が載っていないので、主人公勘定吟味役水城聡四郎の剣を振るっている姿をお見せできないのが残念。

時は6代将軍家宣が逝去し、わずか5歳の幼君家継を擁立した幕府、家宣に懐刀として重用された新井白石の肝いりで勘定吟味役に抜擢された主人公水城聡四郎の活躍を痛快に描く時代小説がこの勘定吟味役異聞シリーズの第4弾、5弾。
幼君の守り役として老中をも壟断する権勢をほこる間部越前守詮房と、将軍学問役としてかろうじて幕かくに残った白石との確執、次期将軍を目指して暗躍する御三家筆頭尾張藩、そしてその尾張藩の藩主吉通の毒殺に端を発したお家騒動の裏側。

幼き7代将軍家継を巡り、混迷を深める幕府と御三家の争いは、ほんとうにこうだったのではないかと思える時代考証の的確さと、本業は歯科医でありながら、剣の達人ではないかと勘違いするほどに剣法に精通した筆者の筆の巧みさには、ほとほと感心させられます。



◆酒そば本舗トップページへ◆


**貴方の共感できる生き方がきっとある**
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ

このボタンを押すと、121カテゴリー、30万件以上のブログが参加している「にほんブログ村」に入れます

  


Posted by 酒そば本舗店長 at 16:34Comments(0)

2010年01月16日

電子レンジの思いもよらぬ使い方


今では各家庭の台所に必ず1台はあると言っても言い過ぎではない調理器具、電子レンジ。
これだけ普及したのは、便利な器具というばかりでなく、タイマーをセットして時間がきたら「チーン!」という音を出すようにしたことが大きな原因ではないかと思うのですが、いかが?
それが証拠に、この国ではもはや「電子レンジで暖めて来てよ」というよりも、「チンして来て」が一般的となってしまいましたでしょ。

英語ではマイクロウエーブレンジと言うそうですから、電子レンジというより電磁波レンジと言った方が的を得ている言い方だと思いますが。。。


本日の日経38面社会欄のこんな見出しが目に止まりました。
「マイクロ波照射 ロケットを発射」

「凹面鏡を利用しマイクロ波を一点に集めて照射すると、空気が瞬間的に約1万度までに加熱し、爆発的に膨張した空気がロケットを押し上げる仕組み」だそうです。

ロケットは膨大な燃料を必要とし、燃料を必要とすればするほど重量が重くなり、その分また燃料が必要になるという根本的に解決することのできない厄介な問題を背負った乗り物。
それが燃料の代わりに高出力の電子レンジを積めば、燃料が大幅に節約され、その分軽くなるからより多くの物資を宇宙空間に運べるというすぐれた科学技術。

「東京大学宇宙推進工学の小柴公也教授らのチームは、600キロワットのマイクロ波を照射して、126グラムのロケットを1.2メートルの高さまで跳ね上げさせることに成功した。今後20年以内に高度3万6000キロ静止軌道に焼く100キロの物を運べるまでに性能を高めたい」とあります。

・・・う~む、さすがは東大の先生、電子レンジでモノが温まるのだから、空気だって温めることができるだろうとは、宇宙推進工学を研究なさるだけあって目のつけどころが違いますな。

私なんぞは、もっぱら冷や飯食い専門ですから、飯と汁を(・・・・正直に告白します。それとたまに酒も・・・笑!)温めることしか思い浮かびません。。。(涙!





◆酒そば本舗トップページへ◆


**貴方の共感できる生き方がきっとある**
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ

このボタンを押すと、121カテゴリー、30万件以上のブログが参加している「にほんブログ村」に入れます

  


Posted by 酒そば本舗店長 at 13:10Comments(0)ニュース・トッピックス

2010年01月15日

こんな綱引きならしてみたい。。。


八百万の神がましますならば、祭りも八百万あっていいものなのかも知れません。

全国各地で西洋で言うところのフェステバル(祭り)が町おこしの主役として次々と企画され、地域活性化の切り札のように持てはやされて久しいです。
名の通ったものでは、「ヨサコイソーラン祭り」は皆さんよくご存知でしょう。しかしこれは、いってみれば集団による創作ダンスのコンテストですから、祭礼という意味での祭りからは程遠いでしょう。
当地でも、ついこの間「日本海鍋祭り」が行われましたが、これも大きな鍋で日本海の新鮮な幸を煮立て、熱々のところを庶民にふるまうというイベント。本来の祭りとは言えませんね。

本日のウエブトピックスより
近頃の町おこしらしからぬ町おこしを配信していました。

福俵引き 七福神が家人と綱引き

やはりこちらも地域おこしのため、四十数年前(一時中断)に始めたといいますから、比較的新しい祭りですよね。高塚愛宕地蔵尊の門前町だけあって、大分県日田市天瀬町高塚の住民の考えることは一味違っていた。

七福神と綱引きをするというのですから、これはめでたい。私なら、力任せに福俵ごと7人全員家の中に引き入れたなら、玄関の戸には栓をして、7人縄で縛って閉じ込めちゃう・・・(笑!

皆さんもきっとそうお思いになりませんか?


◆酒そば本舗トップページへ◆


**貴方の共感できる生き方がきっとある**
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ

このボタンを押すと、121カテゴリー、30万件以上のブログが参加している「にほんブログ村」に入れます

  


Posted by 酒そば本舗店長 at 12:39Comments(0)ニュース・トッピックス

2010年01月14日

潮時が狂うと・・・。


「にきた津に舟乗りせむと月待てば潮もかなひぬ今は漕ぎ出でな」と額田女王が読んだように、物事には何事にも潮時が大切。
潮流にあわせるように月も船先を照らし始めた、幸先の良い船出だと詠んだのでしょうか。

しかし、そうそう思ったように物事が進まないのが世の常。

日本列島を寒気団がすっぽり包んで、当地では今日未明より断続的に雪が降り続いています。
先週の雪の始末をやっとのことで終えたところに、この寒波。今朝起きると新雪が30センチ近く積もっていました。

どうも朝方になって雪足が強くなったようで、これだけの雪にもかかわらず、国道も市道も除雪車の出動はありませんでした。詳しい規則は知りませんが、定められ時刻(深夜0時とか1時とか聞いています)に決められた積雪量(20センチとか30センチとか聞いています)に達していなければ、除雪車の出動が見送られるのです。

私らにとって一番良いパターンは、その時刻に積雪量が規定に達し、それ以降は雪が止むというのがベスト。今日のようなパターンは、最悪というわけ。


私らが待ちこがれる除雪車は、月も潮もかなわなかったのでしょう、今朝は津の浦に繋がれたままで動こうとはしなかったようです。




◆酒そば本舗トップページへ◆


**貴方の共感できる生き方がきっとある**
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ

このボタンを押すと、121カテゴリー、30万件以上のブログが参加している「にほんブログ村」に入れます

  


Posted by 酒そば本舗店長 at 14:46Comments(0)今日あったこと