★今街で噂の★酒そばとはこんなそば 酒そばってこんなそば

通常そばを練るときには、水を使用するのですが、その水のかわりに「お酒」を使って練ったのが、 当店自慢の酒そばです!

お酒は富山で人気の地酒を使っています!
お酒の風味と香りが、 そば本来の風味と香りにからみあい、今までにないおいしいおそばができあがりました!

そば通、お酒通と呼ばれる方の中には、そばを食べ終わった後に
「残ったそばつゆに酒を少し足して飲む」のが最大の楽しみといいますよね。
まさしくお酒好きの方には、もう「たまりませ~ん!」っておいしさです♪

でも、お酒の苦手な方でもご安心くださいね! アルコール成分はそばを茹でた時にほとんど飛んじゃいますから、 お子様でも安心して食べられますよ!
(※但し、アルコールに弱い体質の方や小さなお子様はご注意ください。)


酒そばをゆでた後の蕎麦湯はえもいわれぬおいしさそばを茹でたあとのそば湯は ほのかなお酒の香りと旨味がでており、 それはそれはえもいわれぬおいしさ!
そばのお味から、香り、はたまたそば湯まで、 全てがたまらなぁ~いのが酒そばです♪

いつもの「そば」とは違う、ちょっとリッチなひと時を「酒そば」でお楽しみください♪


★これは珍しい!ひそかな噂を呼んでいる★こだわり酒そばこだわり酒そば

当店売れ筋NO1がこの「こだわり酒そば」です!


「こだわり酒そば」は、その名のとおり、
原材料にこだわり、厳選した、国産の原材料を使用しています!

そば畑■こだわり・その1:そば粉■
そば粉は、日本有数のそば処信州・安曇野(あずみの)産のそば粉を、 石臼にて、丁寧に、丁寧に、粗挽きしたものを使用しています。

北アルプス山麓長野県安曇野市一帯の地域は、 名水百選「安曇野わさび田湧水群」で知られる日本有数の名水の土地です。

清らかでミネラルが豊富な水によって、味も香りも素晴らしいそばが育まれます。


豊かな大地が育む小麦畑■こだわり・その2:製法
このそばの味と香りを最大限引き出すため、 製法にもこだわっています♪

そばの実を製粉する際、これまでの方法ですと、 機械製粉のためかなりの熱が発生し、 そば本来の香りが失われてしまいます。
昔ながらの石臼を使ってゆっくりと、丁寧に、丁寧に、挽くことによって、 そばの実の甘皮と呼ばれる部分をも一緒に挽きくるんだ、 そば本来の香り一杯の粗引きの「そば粉」にしています。

■こだわり・その3:小麦粉
小麦粉は北海道の大地が、育んだ小麦粉を使用しています!
北海道産小麦の特徴は、風味がよく、 その豊で広大な大陸同様、豊かな味わいを大切にし、そばの風味を最大限に生かす粉です。


富山県高岡市雨晴海岸より望む立山連峰■こだわり・その4:お酒
地元富山で人気の地酒を使用しています。

富山県は、三方を北アルプス立山連峰などの、山岳地帯に囲まれており、 中央には実り豊かな平野が広がっています。

富山湾、日本海へと開けている天然の巨大ダムともいえる山々からは、 一年を通じて豊かで、清らかな水が生まれるんです!
豊かな大地と清らかな水に育まれた米どころ富山は、日本でも有数の酒どころでもあります。

酒そば本舗の酒そばは、富山で人気の地酒を使用しています。

2009年06月12日

老舗の蕎麦屋さんPART4

さて、昨日、一昨日と話題にしております上野池之端の老舗の蕎麦屋さん

初日の夜は、時間遅く行ったために閉まっていた。翌日のお昼は、早く行き過ぎて暖簾がまだ出ていなかった。で仕方なく、文字通り"不忍池"の端を三四郎よろしく歩くこと30分。

三四郎よろしく不忍池を歩いてみた。。。


この時間すでに多くの方が、都会の中の緑を求めて集まっておられた。
・・・足元では、亀も集まっていた。甲羅干しをしてるのだな。

不忍池の亀が甲羅干しをしていた・・・。



己の内なる憂いには、あまりにも鈍いわが身を思えば、三四郎を装うには少なからず不自然であることに気づき、早々不忍池の散策を切り上げました。

そうだ、憂いより笑いだ!そういえば近くに鈴本があるはずと逆戻り。

上野鈴本演芸場本日の出演者です。


亡くなられた小さん師匠は、夜の部のとりを務める前にこの店に寄るのが常だったのだろうか。
私が座ったこのテーブルに師匠も腰掛けていたのかもしれない。扇子を箸のように見せてそばを食べるあの高座と同じ仕草で、師匠は居合わせた客にそばをすすってみせたのだろうな。

この店の店主が著わした本に書いてあった一節を思い出しながら、私も小さん師匠よろしくそばをすすってみたのでした。


そうそう、それから上野駅へダッシュで駆ける羽目になったことについては、結論を先にいいますと、セーフ!
上越新幹線MAXとき号は上野駅にもしっかり停車してくれました。上野発が12時18分。

蓮玉庵さんからは思っていたよりは近くて、大通りを一本渡ってアメ横の通りに入って線路沿いに早足で10分もかからずに行けました。なんだ、それならもう一枚すするんだったというのは欲張りというもの、結果上々の出来ではないですか。


そんなこんなで、今回の密かな目的「蓮玉庵のそばとお店の雰囲気を堪能する」は、十分すぎるほど達成され、満足のできる結果となったのは、喜ばしい限りでありました。






酒そば本舗トップページへ


このボタンを押すと、121カテゴリー、30万件以上のブログが参加している「にほんブログ村」に入れます
  


Posted by 酒そば本舗店長 at 13:00Comments(0)そば屋さん

2009年06月11日

老舗の蕎麦屋さんPART3

さて、昨日の続き・・・・。
私が電車に乗り遅れるのを覚悟してまで入ってみたかった老舗のお蕎麦屋さんとは、上野池之端の蓮玉庵。

上野池之端にある蓮玉庵の暖簾


開店の11時半丁度に再びお店に行くと、暖簾が出ておりました。暖簾をくぐると本日の最初の"お客様"が私でありました。

「いらっしゃいませ。何になさいますか?」

ここが問題、思案のしどころ。
本日のお昼のお薦めメニューが、2品店頭にもテーブルのお品書にも書いてありました。いづれも1000円と割安な料金になっているようでしたが・・・・、さりげなくこう言ってみた。
いつもこれに決めているのだと言わんばかりに、

「一枚お願いします。」


「ハイ、ありがとうございます。」と言った店員さんは、それが至極当たり前のことであるかのように奥でこう告げた。

「一枚お願いします。」

数分して私の前に出されたのが、これ!せいろ。これを食べてみたかったのです。

蓮玉庵のせいろもり


そば湯が入れてあるのは、銅製の瓶でした。

店主が著した本によると、このお店のそばは、やや太めの藪とありましたが、私の見たところ丁度よいかげんの太さでしたね。
これなら本に出てきた小さん師匠のまねをして、つゆをつけずにすすって食べても、腹をこわすこともないだろうと思うほどの太さでしたよ。

出されたそばをすすり終えるころ、次から次へとお客が入ってきて、たちまちのうちにテーブルがふさがってしまった。そのお客はというと、初老の夫婦連れ、ご婦人はしっとりとした着物姿。これも初老の上品な感じのご婦人方三人連れ。びしっと紺のスーツにネクタイ姿のビジネスマン、中年二人と若者一人の三人連れ。一見して常連と分かるご老人お一人。

もうこの雰囲気はなんとも言えず気持ちいい。こういうものがただでさえおいしいそばにプラスされるのだから、もり1枚630円は超々お得というもの。
電車に乗り遅れたっていいやと、もう一枚頼んじゃった。


蒸篭二枚に銅製の瓶に汲まれたそば湯をすっかり飲み干して、大満足と言いたいところでしたが、そのあとがどうも情けない。
時計を見ると12時10分前。上越新幹線MAXときが上野に停まることを願って、一目散に駆け出す羽目とあいなった次第です。


その顛末については、また明日お伝えしたいと思います。・・・お楽しみに♪








酒そば本舗トップページへ


このボタンを押すと、121カテゴリー、30万件以上のブログが参加している「にほんブログ村」に入れます
  


Posted by 酒そば本舗店長 at 15:27Comments(0)そば屋さん