★今街で噂の★酒そばとはこんなそば 酒そばってこんなそば

通常そばを練るときには、水を使用するのですが、その水のかわりに「お酒」を使って練ったのが、 当店自慢の酒そばです!

お酒は富山で人気の地酒を使っています!
お酒の風味と香りが、 そば本来の風味と香りにからみあい、今までにないおいしいおそばができあがりました!

そば通、お酒通と呼ばれる方の中には、そばを食べ終わった後に
「残ったそばつゆに酒を少し足して飲む」のが最大の楽しみといいますよね。
まさしくお酒好きの方には、もう「たまりませ~ん!」っておいしさです♪

でも、お酒の苦手な方でもご安心くださいね! アルコール成分はそばを茹でた時にほとんど飛んじゃいますから、 お子様でも安心して食べられますよ!
(※但し、アルコールに弱い体質の方や小さなお子様はご注意ください。)


酒そばをゆでた後の蕎麦湯はえもいわれぬおいしさそばを茹でたあとのそば湯は ほのかなお酒の香りと旨味がでており、 それはそれはえもいわれぬおいしさ!
そばのお味から、香り、はたまたそば湯まで、 全てがたまらなぁ~いのが酒そばです♪

いつもの「そば」とは違う、ちょっとリッチなひと時を「酒そば」でお楽しみください♪


★これは珍しい!ひそかな噂を呼んでいる★こだわり酒そばこだわり酒そば

当店売れ筋NO1がこの「こだわり酒そば」です!


「こだわり酒そば」は、その名のとおり、
原材料にこだわり、厳選した、国産の原材料を使用しています!

そば畑■こだわり・その1:そば粉■
そば粉は、日本有数のそば処信州・安曇野(あずみの)産のそば粉を、 石臼にて、丁寧に、丁寧に、粗挽きしたものを使用しています。

北アルプス山麓長野県安曇野市一帯の地域は、 名水百選「安曇野わさび田湧水群」で知られる日本有数の名水の土地です。

清らかでミネラルが豊富な水によって、味も香りも素晴らしいそばが育まれます。


豊かな大地が育む小麦畑■こだわり・その2:製法
このそばの味と香りを最大限引き出すため、 製法にもこだわっています♪

そばの実を製粉する際、これまでの方法ですと、 機械製粉のためかなりの熱が発生し、 そば本来の香りが失われてしまいます。
昔ながらの石臼を使ってゆっくりと、丁寧に、丁寧に、挽くことによって、 そばの実の甘皮と呼ばれる部分をも一緒に挽きくるんだ、 そば本来の香り一杯の粗引きの「そば粉」にしています。

■こだわり・その3:小麦粉
小麦粉は北海道の大地が、育んだ小麦粉を使用しています!
北海道産小麦の特徴は、風味がよく、 その豊で広大な大陸同様、豊かな味わいを大切にし、そばの風味を最大限に生かす粉です。


富山県高岡市雨晴海岸より望む立山連峰■こだわり・その4:お酒
地元富山で人気の地酒を使用しています。

富山県は、三方を北アルプス立山連峰などの、山岳地帯に囲まれており、 中央には実り豊かな平野が広がっています。

富山湾、日本海へと開けている天然の巨大ダムともいえる山々からは、 一年を通じて豊かで、清らかな水が生まれるんです!
豊かな大地と清らかな水に育まれた米どころ富山は、日本でも有数の酒どころでもあります。

酒そば本舗の酒そばは、富山で人気の地酒を使用しています。

2019年10月18日

ダイオウグソクムシって、脱皮するんだ!


三重県鳥羽市の鳥羽水族館から、1869日にわたってえさを食べなかったとして話題になったあのダイオウグソクムシが、脱皮をしたという話題。

ウエブトピックスより、
ダイオウグソクムシ脱皮確認 全部脱げたら…世界初快挙

まずダイオウグソクムシが、カニやエビのように脱皮をするってこと初めて知りました。

同時に配信されている写真には、確かに体の上部が白色で下部が茶色いのダンゴムシのような生物が写っています。どうも上部の白い部分が抜け殻で、ダンゴムシは尻のほうから脱皮をし始めて、今頭の部分を抜こうとしているようです。

脱皮をする生物は、外殻の皮にあたる部分が成長に伴って大きくならないために、窮屈になって皮を脱がなければならないと承知していますが、ダイオウグソクムシの脱皮では、これまでいづれも下半身だけの脱皮が観察されているだけということです。今回全身の脱皮が確認されれば、世界で最初ということなのだとか。

・・・ふ~む、不思議な生き物ですね。そうすると、上半身と下半身が均一に成長していないということになりませんか?

もしかしたら、1869日も食物を摂らずに生きていられる理由が、死亡した個体を解剖してみて、消化器官で微生物(植物性のプランクトン?)を繁殖させ、それを栄養源にしていたことがわかったということですから、そのユニークな食性にあるのかも知れないと、俄か海洋生物学者( ← 私のことです)は考えています。(笑!

光の届かぬ深海の暗闇で、ほとんど動こうともせずひっそりと暮らすダイオウグソクムシ。いったい生物ならいかなる種でも備えているはずの食うこと、寝ること、遺伝子を残そうとすること、いわゆる本能と呼ばれるもの三つが、ダイオウグソクムシには欠落しているように思えてなりません。

ただ、脱皮をしているということが確認されたということは、少なからず成長しているということだから、食欲という本能があるということは明らかです。

では睡眠は?遺伝子を残そうとすることは?

深海の海底でほとんどじっとしているというのなら、私に言わせれば寝ているも同じこと。運動に見合った睡眠という考え方をするなら、その量は少なくてもいいのかも知れないのではないかと思ったりしています。

さて、遺伝子を残そうとする本能ですが、生物である限りダイオウグソクムシにもあってしかるべきだと俄か海洋生物学者は、強い関心を抱いています。

鳥羽水族館では、ダイオウグソクムシの個体に番号を符って識別しているようですね。NO-23という個体番号があるということは、自然界を別としても少なくとも23匹ダイオウグソクムシがこの世に存在していたということになりますから、この23匹の存在は遺伝子を残そうとする本能の証明になるはずです。

自らの消化器官内でプランクトンを繁殖させているというユニークな食性が解明されたこと、脱皮という習性が確認されたことで、食欲という本能の謎は解けました。

遺伝子を残そうとする本能についても、脱皮と同じように、その行為をズバリ目にできないものかと思っております。

まあ、早い話が、「なんだ、ダイオウグソクムシもやることはちゃんとやっているじゃないか」と安心したいというわけです。(爆笑!




◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村
  


Posted by 酒そば本舗店長 at 10:03Comments(0)ニュース・トッピックス

2019年10月17日

発想力


あなたの発想力を問います。あなたは常識の奴隷になっていませんか?

あなたは常識の奴隷?「発想力」テスト10問、ぜひお試しあれ。


・・・正直に告白します。私は、問7しかできませんでした。

張り切ってトライしてみたのですがね、惨憺たる結果に己の頭の硬さを思い知らされました。ショックでしたね。

・・・そうですか。私は常識の奴隷になっていますか。


でも、これって逆の発想をすれば、私には常識があるってことですよね。逆の発想ができるってことは、それはそれで発想力があるってことじゃないか。(爆笑!






◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村
  


Posted by 酒そば本舗店長 at 11:46Comments(0)一人言

2019年10月16日

里から仰ぎ見る北アルプス立山連峰


本日の日の出。
時刻はスマホの記録を見ると、5時43分となっています。



厚く垂れこめた雲が、ちょうど舞台の緞帳のように見えませんか。上がっていく緞帳の隙間をうかがえば、北アルプス立山連峰の山肌が、陽光に白く輝いています。

それから20分あまりして、もう一度見てみると、当然のことながら緞帳は上がりきってしまっていた。



昇りくる太陽に雲の水蒸気も飛ばされてしまったようです。


秋の日早朝、里から仰ぎ見る北アルプス立山連峰の様子をお届けしました。




◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村
  


Posted by 酒そば本舗店長 at 10:47Comments(0)今日あったこと

2019年10月15日

感情は表に出すほうが健康的?


貴方は感情をストレートに出す方ですか、ぐっとこらえて冷静を装おう方ですか?

貴方がどちらのタイプかは別として、見た目カッコいいと思われるのは、ストレート派でしょうか、冷静派でしょうか?

私は冷静派がずっとカッコいいと思っていました。「角が取れて丸くなる」と先人の言葉にあるように、穏やかで円熟した人柄が理想と思っていましたが。たとえ心の中が煮えくり返っていても、そんなことは屁でもないと言わんばかりに平然と構えていれてこそ大人(たいじん)というものだと。

ところが、負の感情を押し殺そうとする人ほど高血圧や冠状動脈性心臓病、がん、腎臓損傷などの病気にかかりやすいことが研究により明らかになったということですが・・・。


ウエブトピックスより
怒りっぽい人の方が長生き?感情は表に出すほうが健康的


すでに故人となられましたが、この方の生き様はどうであったか?
将棋の米長永世棋聖は、自ら「さわやか流」と称する一方で、不利な局面になっても相手に容易に決め手を与えない粘着質な指しまわしは、「泥沼流」とも呼ばれていました。

この「さわやか流」と「泥沼流」について、自身生前にこのような主旨のことをおっしゃておられたのをテレビで見聞きしたことがあります。

「ボクは本来の性は陰湿で、ものごとにいつまでもネチネチとこだわり続ける"泥沼"タイプといえるかもしれません。しかしボク自身それがいやで、うわべは明るくて朗らかで"さわやか"を装っているんです」と。

米長さんの69歳の生涯は、現代では決して長生きとは言えないでしょうから、もしかしたら「泥沼流」をおし隠してきた「さわやか流」の生き方に、その原因があったといえるかも知れませんね。

でも米長さんのことです。たとえ早死にしようとも、「さわやか流」の一生を通したいとおっしゃったはずですし、そのとおり実践されましたね。

「男というもの辛いもの、顔で笑って、腹で泣く」、いつも辛い男に甘んじて生きて来たのは、フーテンの寅さんでしたね。もし寅さんが実在の人物なら、さぞかし早死したのではないかと思われる研究結果ですが、寅さんだってきっとこう言うはずです。

「それ(感情のままに振る舞う)を言っちゃ~、おしめぇ~よ」と。

激した感情をぐっとこらえて、何事もなかったように微笑む男の横顔こそ何にもまして魅力的だと思うのです。




◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村
  


Posted by 酒そば本舗店長 at 10:58Comments(0)ひとり言

2019年10月14日

そばとラグビー


趣味を一つ問われれば、当たり障りのないところで読書と答えることにしています。好きな作家と問われれば、井上靖阿川弘之。最近では浅田次郎上田秀人を少しばかり。

書き手はいずれも日本人。外国文学ということになると、高校の英語の副読本で「じゃじゃ馬ならし」や「老人と海」、「白鯨」などを原文で読まされたという(ただただ苦しい)だけの時代はありましたがね。(苦笑!

その後は今日にいたるまで、原文はもちろん訳文であっても外国文学などを読んだことはありませんが、有名な作家と作品の名前は、知識としては少しは知っている程度でしょうか。ですから、いつぞや東京のそば屋でそばをすすりながら、隣のテーブルから「月と6ペンス」という話声が聞こえた時も、ちゃんと反応できましたね。

日付を調べると2010年の6月のことでしたから、丸9年も前のことになります。実はつい先ごろ東京へ行く用事があって、宿を新橋のホテルに取ったのでしたが、夕食にぶらりと入ったそば屋が、その「月と6ペンス」のそば屋だということに、今になって気づいて驚いています。保存してある写真を見て間違いのないことを確認。

今回は天せいろを頼みましたが、これも間違いなく美味しかった。



ただ「いらっしゃいまし!」のおかみさんの姿は見られず、おそらく息子さん夫婦と思えるお二人が店を切り盛りしておられた。

今回の隣の席は、中年のサラリーマンの二人ずれでしたが、サマセット・モームではなく、聞き覚えのある旋律の歌が聞こえてまいりました。「ビクトリーロード・・・この道を・・・」という声がとぎれとぎれに聞こえましたから、はは~ん、これはワールドカップ・ラグビーだな。

・・・ふ~む、なるほど。そばをすすりながらとラグビーを熱く語る。これも一興と思った次第です。





◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村
  


Posted by 酒そば本舗店長 at 13:26Comments(0)今日あったこと

2019年10月13日

「遊遊漢字学」が楽しみPART94「尾篭」と「大根」


毎週日曜日のお楽しみ、漢字学者阿辻哲次氏の日経連載「遊遊漢字学」

本日の投稿は、「佳境(かきょう)」の由来となった中国晋の時代の画家・顧愷之(こがいし)のサトウキビの食べ方の解釈の訂正から始まっています。

原典には「甘蔗(かんしょ)を啖(くら)うに先に尾を食う」とあるそうで、この「尾」を先生は根元と解釈されたのでしたが、「尾より本に至る」という著述もあるので「尾」は「本」に対する末端、つまり先端にある穂先と解釈するべきと、訂正しておられます。

弘法も筆を誤ることがあるくらいですから、阿辻先生でも間違われることがあるようです。(笑!

さて今日は、我々も見慣れた漢字「尾」に関連する話。言うまでもなく「尾」は動物の尻尾を意味する漢字。ゆえに「尾」がつく熟語のほとんどは、「尻尾」「末端」という意味をもつなかにあって、「尾篭(びろう)」はいささか成りたちが違うという先生のご指摘。

まあ、私なんかは動物は尾っぽの近くにある器官から排泄物を出すから、そんなことを口にするとき、「尾篭な話で申し訳ありません」などと断わりを入れるのだろうと思ったりしますがね。

「尾籠」には、「きたならしいこと。汚らわしいこと」のほかに、「礼を失すること。無作法なこと」の意味があることを思えば、私の解釈は当たっていないといえましょう。ただただ「尾篭」なだけでありました。(苦笑!


そもそも古のわが国では、「おろかなこと、ばかげたこと」を「おこ(をこ)」といい、漢字では「烏滸(おこ)」と書いたのだとか。やがてこれを同じ訓読みで「尾籠(おこ)」とも書くようになり、それを音読みするにいたり「尾籠(びろう)」となったと阿辻先生は教えてくれています。

大きな根という意味から「おおね」という野菜が、漢字で「大根」と書かれ、「だいこん」と呼ばれるようになったのも、これと同じであるとも。


ふ~む、そうすれば、「尾籠」は中国から成句として渡来したものではなく、漢字がわが国に伝わって以降、日本人が作り出した熟語ということになりますね。

さすれば、「大根」といっても中国人に伝わらないように、中国人に「尾籠な話で申し訳ありません」などと断わりを入れても、彼らは日本人は時として訳の分からないことを話の冒頭に言うと思うに違いありません。

漢字の本家本元の中国人が理解できない漢字を使って優越感にひたれるというのは、ある意味魅力的といえなくもなさそうです。

しかし、そんなことで優越感にひたろうなんておろかでばかげたこと。甚だ礼を失していますし、無作法なことです。それこそ「尾籠」のそしりを受けかねません。





◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村
  


Posted by 酒そば本舗店長 at 09:02Comments(0)一人言

2019年10月12日

「上に立つ人は偉い」か?


赤ちゃんも、表彰台の順位のように、空間的に上に立つ人を「目上」の存在と感じているという研究報告が発表されたという話題。

ウエブトピックスより、
「上に立つ人は偉い」赤ちゃんも認識?

人間は集団で社会生活を営む生き物ですから、上下関係というのは避けて通れないということはよく認識しておりますが、はて、それがいつの時期から認識していたかとなると、思い出せませんね。

私が育った家のことを思うと、家には家長である私の祖父がいて、父がいて、祖母がいて、母がいて・・・。小学校に上がる前から、子ども心にもすでに祖父が一番偉いのだなと思っていたのは間違いないようです。

それが研究によれば、生後12~16カ月の赤ちゃんで、すでに上下関係を認識していることを実験により確認したというのです。もしかしたら、生まれつき身に付いている能力かも知れないというのですが・・・。

う~む、果してそうかな?


私らが幼いときは、祖父が偉い、父が偉いという環境で育ったから、今この歳になって、わが家では父たるこの私が一番偉い(ハズ)と思いたいのですが、どうもそうとはっきり言いきれないところが、何とも情けない。(苦笑!

どうも私の子どもたちは、私のことより妻の顔色をうかがっているように、私には見えて仕方がないのですが、わが家は例外なのでしょうかね。(涙!





◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村
  


Posted by 酒そば本舗店長 at 13:29Comments(0)ニュース・トッピックス

2019年10月11日

こんなラーメン食べました♪


10月9日・10日と東京へ行った時に撮った写真PART2。

今回はスケジュールに余裕がなく、東京の名所旧跡を訪れることが出来なかった。でも何かご紹介しなければということで、9日の晩遅く、ホテルを抜け出して食べに行ったラーメン。

これは博多ラーメンですね。



白濁したスープが特徴。カウンター越しに見える厨房の中に専用の大きな圧力釜がありましたから、これでスープを煮だすんだな。大変美味しいスープでした。

北陸人にとっても、豚骨スープは最近人気があり馴染みがありますが、どうも博多、熊本といった九州地方のラーメンの麺の細さはいいとしても、粉っぽさが残る固い食感の麺には違和感があります。最近では特に「バリ固」とかいう茹で方さえあるそうですが。


具材といえば当地ではネギ、チャーシュー、メンマと決まっている。これは具材というより薬味と呼んだ方がいいのでしょうか。紅ショウガに高菜、キクラゲっというのも珍しいですね。

替え玉というのも博多ラーメン店ならではシステムですね。若い方はみな替え玉を注文しておられましたが、私はパス。替えスープなら頼んでみたかったのですが、田舎者と白い目で見られそうな気がしたので、遠慮しました。(笑!

・・・ということで、スープ大満足、麺不満。具材にいたってはコメント不能といった東京は新橋の繁華街で食べた博多ラーメンでした。







◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村
  


Posted by 酒そば本舗店長 at 12:02Comments(0)今日あったこと

2019年10月10日

日経新連載「ミチクサ先生」が楽しみ♪


日経の連載小説が新しくなりましたね。伊集院静氏の手になる「ミチクサ先生」。「ミチクサ先生」とは、明治の文豪夏目漱石のことだということが、すでにわかっています。本日の連載が30回目になりますが、時は明治7年、養子に出された金之助少年(漱石)が当時新政府によって創設されたばかりの小学校に入学しようとしていたころのことが描かれています。

一昨日の第28回では、筆者はこの年明治5年12月3日を明治6年の1月1日にするという暦の改変と一日を24時時間にとする定時法の導入についても、触れています。

新暦の導入を聞いた町場の高利貸が、仰天してこう言ったと。

「これはまずい。ひと月分の利息
日経の連載小説が新しくなりましたね。伊集院静氏の手になる「ミチクサ先生」。

「ミチクサ先生」とは、明治の文豪夏目漱石のことだということが、すでにわかっています。本日の連載が30回目になりますが、時は明治7年、養子に出された金之助少年(漱石)が当時新政府によって創設されたばかりの小学校に入学しようとしていたころのことが描かれています。

一昨日の第28回では、筆者はこの年明治5年12月3日を明治6年の1月1日にするという暦の改変と一日を24時時間にとする定時法の導入についても、触れています。

新暦の導入を聞いた町場の高利貸が、仰天してこう言ったと。

「これはまずい。ひと月分の利息が消えちゃう」と。


明治5年の年の暮れに突然実施された改暦については、学制の制定や軍隊の創設、鉄道の施設など矢継ぎ早の政策を実施したことにより、新政府の財政は破綻寸前にまで追い込まれていて、急遽の策として編み出されたのが、太陰暦から太陽暦への突然の改暦であったという話をものの本で読んだことがあります。

たまたま翌年の明治6年が閏月のある年であったので、このタイミングで新暦に切り換えれば給与をはじめとする人件費などの経費が大幅に省略できると、当時の大蔵卿大隈重信が発案したものだと。

まあ、さぞかし町場の高利貸しは嘆いたことでしょうが、大隈重信はほくそ笑んだというわけですね。(笑!

また、月の満ち欠けを基準にひと月を定めた太陰暦では、毎月の15日は満月、晦日は新月ときまっているから、月の満ち欠けを見るだけで日にちを容易に知ることが出来た。これが新暦の太陽暦となると、日にちがよめぬということになり長年太陰暦に慣れ親しんできた当時の人々は、「晦日に月の出づれば、玉子の四角もあるべし」とおおいに嘆いたと。


一日を24時間とする定時法についても触れておきましょう。
現代の我々であれば、時計を見れば、今が何時かすぐにわかるというものですが、どうも当時の人々は1日を24等分したものが1時間、それをさらに60等分したものが1分という新しい時間の単位は、感覚的にも受け入れることが出来なかったらしい。

時代小説の名手・浅田次郎は、これを題材にした「遠い砲音」という短編のなかで、新政府の近衛歩兵師団砲兵中隊の士官の当惑振りを、おもしろおかしく、そして悲しく描いています。

「遅刻じゃあっ、急げ、遅刻じゃあっ」

「中隊長殿、時間は」

「11時と、ええ・・・50ミニウトか。いや、40」

「あと何ミニウトでござるかっ」

「ようわからん。ともかく急げ」


そういった激動の時代に幼年期を過ごした夏目金之助少年は、長じていかなる人間となっていくのか。漱石はどんな「ミチクサ」を歩んだというのでしょう。

伊集院静氏の手腕が待たれます。





◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村
が消えちゃう」と。


明治5年の年の暮れに突然実施された改暦については、学制の制定や軍隊の寸前にまで追い込まれていて、急遽の策として編み出されたのが、太陰暦から太陽暦への突然の改暦であったという話をものの本で読んだことがあります。

たまたま翌年の明治6年が閏月のある年であったので、このタイミングで新暦に切り換えれば給与をはじめとする人件費などの経費が大幅に省略できると、当時の大蔵卿大隈重信が発案したものだと。

さぞかし町場の高利貸しは嘆いたことでしょうが、大隈重信はほくそ笑んだというわけですね。(笑!

また、月の満ち欠けを基準にひと月を定めた太陰暦では、毎月の15日は満月、晦日は新月ときまっているから、月の満ち欠けを見れば日にちを容易に知ることが出来た。これが新暦の太陽暦となると、日にちがよめぬということになり長年太陰暦に慣れ親しんできた当時の人々は、「晦日に月の出づれば、玉子の四角もあるべし」とおおいに嘆いたと。


一日を24時間とする定時法についても触れておきましょう。
現代の我々であれば、時計を見れば、今が何時かすぐにわかるというものですが、どうも当時の人々は1日を24等分したものが1時間、それをさらに60等分したものが1分という新しい時間の単位は、感覚的にも受け入れることが出来なかったらしい。

時代小説の名手・浅田次郎は、これを題材にした「遠い砲音」という短編のなかで、新政府の近衛歩兵師団砲兵中隊の士官の当惑振りを、おもしろおかしく、そして悲しく描いています。

「遅刻じゃあっ、急げ、遅刻じゃあっ」

「中隊長殿、時間は」

「11時と、ええ・・・50ミニウトか。いや、40」

「あと何ミニウトでござるかっ」

「ようわからん。ともかく急げ」


そういった激動の時代に幼年期を過ごした夏目金之助少年は、長じていかなる人間となっていくのか。漱石はどんな「ミチクサ」を歩んだというのでしょう。

伊集院静氏の手腕が待たれます。





◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村
  


Posted by 酒そば本舗店長 at 10:33Comments(0)

2019年10月07日

「隠そう下半身」


日本人はお風呂が大好きな民族と言われています。ひとつは国土が温帯モンスーン気候帯にあって、一年を通して比較的に湿度が高いことが理由に挙げられます。また、日本人の清潔好きも理由といえるかもしれません。

かく言う私も、毎日の入浴が唯一の楽しみ。近頃は「日本全国温泉巡り○△」などという入浴剤がドラックストアなどで安く売られていますから、これを使わぬ手はない。日替わりで「今日は箱根、明日は別府」などと温泉宿に行ったような気になっております。(涙!


ところで、入浴する時って、日本人なら誰でも裸になりますよね。浴場ではタオルで無防備な前を隠すとしても、湯に浸かるときはタオルを湯の中に入れないのがエチケットというものです。



ウエブトピックスより、
「隠そう下半身」…混浴露天風呂悩ませる「全裸客」

岡山県の真庭市にある男女混浴露天風呂でその名を知られた「砂湯」で、このほど男性用湯あみ着の導入を検討しているという話題です。その理由が前を隠さない男性入浴客が後を絶たないからだというのですが。

平成24年からは、タオルや水着などで下半身を隠すことがルール化されたそうですが、まあ、混浴ということを前提に考えれば、女性なら湯あみ着か水着を着用するのはありとしても、それを男性まで強いるというのは、私ならそこまでして温泉に浸かりたくありませんね。

無防備な前を他の入浴客(特に女性)の面前にさらけ出すというのは、私ならためらわれますけど、本人は一向に気にとめないから始末が悪いのかも知れません。28年からは、「隠そう下半身」と書いた看板が、周辺の駐車場や路上、脱衣場に掲示されるようになったそうですが、笑ってしまいます。っていうより、せっかくの温泉気分が台無しではありませんか。

それなら、混浴はやめて男女別々に仕切ったがよろしかろう。見えただの、見られただの、私ならそんな雑念のわかない男風呂にゆっくりと手足を伸ばし、名湯・砂湯を堪能したいものです。

湯原温泉郷観光協会の皆さん、「隠そう下半身」などという無粋な看板は撤去されたら如何か?




◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村
  


Posted by 酒そば本舗店長 at 12:14Comments(0)ニュース・トッピックス

2019年10月06日

「遊遊漢字学」が楽しみPART93「温(たず)ねる」


「論語読みの論語知らず」とは、知識があっても実践の伴わない者の愚かさにつて言及した名言ですが、まあ、私などから言わせたら、「論語を読めるだけいいではないか」と思ってしまいます。

論語を読めないから、当然知らない。知らなければ実践できない。凡夫ここまで極めけりといったところでしょうな。(涙!


毎週日曜日のお楽しみ、漢字学者阿辻哲次氏の日経連載「遊遊漢字学」

本日阿辻先生が取り上げた漢字は「温(たず)ねる」。


いかに凡夫を極めたといえども、「温故知新」という有名な言葉なら耳にしたことも目にしたこともあります。ただ、実践しているとは言いがたいですが・・・。(笑!

小学校6年のときだったでしょうか、習字の時間にこれを何度も書かされたものでしたね。この時習字の先生は、この有名な言葉をバランスよくきれいに書くことについては教えてくれたようでしたが、今思えばどうしてその意味について語ってくれなかったのかと、残念に思います。

教えてくれていたなら、私の人生はもっと違ったものになっていたかもしれないと。・・・そんなことはないか?(苦笑!


そもそも「温」は、音で「おん」。訓では「あたた(める)」。「たずねる」と読ませるのは、論語に出て来るこの有名な熟語を読むときだけでしょう。

「温」は、「さんずい」に「日」と「皿」と書きますね。旧字では「日」は「囚」と書き、「囚」は加熱された容器内に湯気がいきわたっているさまを表している。つまり「皿」に盛ってある「冷めた食品を湯気で温めなおす」の意を表しているのだと。ここから意味が広がって「温」を「あたためる」という意味で使うようになったと、阿辻先生は教えてくれています。


ふ~む、このように説明してもらえれば、「論語読めずの論語知らず」にも「温故知新」の大切さが伝わって来ますね。

いささかこの歳になっては遅すぎの感は否めないとしても、論語は「過則勿憚改(過ちては改むるに憚ること勿かれ)」とも教えていますから、実践してみようかしら。




◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村
  


Posted by 酒そば本舗店長 at 08:44Comments(0)一人言

2019年10月05日

W杯ラグビー日本のナショナルチームの選手を見て


日本で開催されているワールドカップ(W杯)ラグビー、日本はロシア、そして今大会優勝候補とも目されているアイルランドを連破し、今日サモアと対戦しますね。

・・・と、いかにもラグビーに精通しているようなもの言いをしていますが、実のところ私は、4年前のワールドカップで日本が南アフリカに勝ち、みんなが「五郎丸、五郎丸」と騒ぎし出したあたりから、急遽ラグビーファンの仲間入りをした見せかけのファン。

点数の入り方についても、ルールについてもまったくよくわかっておりません。でもとにかく今夜のサモア戦は、しっかり応援したいと思っております。(笑!


ところでテレビで放映される試合を見ていて、「おや!?」と思ったのは私だけでしょうか?

今回の日本のナショナルチームの選手の顔立ちや肌の色を見ると、明らかに外国人とわかる選手が多くいるのに驚きます。まあ、国籍は日本ということなのでしょうが、これって本当に日本の代表チームなんだろうかと。


今年のプロ野球ペナントリーグ、セリーグは原巨人がリーグ優勝を果たしましたが、リーグ開幕当初から投手にしろ野手にしろいわゆる外国人助っ人と呼ばれる選手の名が、日々目まぐるしく変わりましたね。

たくさんの外国人助っ人を抱え、状態の良い選手をその都度試合に投入するという原采配が、今年の勝利の要因といえるかも知れません。

してみれば野球でそうであるように、ラグビーでも外国人の力なくしては、厳しい勝負の世界は勝ち抜けないということか?


ウエブトピックスより、これは4年前のW杯の記事になりますが・・・。

ラグビーW杯、日本代表の活躍に思う 外国人受け入れ、発想の転換も必要


"古い日本人の感覚だと、「国民」になれるかどうかは「国」が決めることで、個人が国を選ぶことは基本的には難しいと思いがちだ。だが、先進国を中心とする多くの民主主義国家では、個人が国を選ぶのが当たり前になりつつある。自分の能力を発揮できる国や地域を自らの意思で選ぶ、あるいは自分の能力を必要としてくれる社会へと移り住む「自由」があると考えるのだ。スポーツの世界ではそれが顕著に現れているに過ぎない。"

何と今や、個人が国を選ぶ時代になったと!

"日本を愛する外国人に日本で暮らす自由と権利を認めていくことが、今こそ必要"というトピックスの論旨に、目からウロコが剥がれる思いがしました。






◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村
  


Posted by 酒そば本舗店長 at 12:42Comments(0)一人言

2019年10月04日

歳をとりたくなければ「腹7分目」ですと。


人は誰でもおぎゃ~と生れ落ちたその瞬間から、老・病・死を背負うて生きる運命にあるのは、今さら言うに及びませんが、普段からそのような意識を持って日々を過ごしているという人はなかなかおられないのではないでしょうか。

人生をマラソンにたとえるならば中間地点を折り返して復路を走ることになって久しい我が身、私も出来るものならば最後の瞬間まで健康でありたいと願う者の一人です。病にもかかりたくないのは当然のことですし、老け込みたくない、若い肉体を維持したいと常々思っているのですが。

書店でこんな本を目にしました。




「歳をとりたくなければ『腹7分目』カロリー制限を」ですと。

「腹八分目に医者要らず」よりさらに一分目控えなければいけないということに衝撃を隠せないでいます。(笑!

ところでサーチュイン遺伝子って耳慣れない専門用語が出て来ますが、人ならだれでも持っている遺伝子だとか。この遺伝子のスイッチが入っているかいないかで肉体の若さを保てるかどうかが決まると聞けば、どうすればスイッチが入るのかぜひ教えてもらいたいもの。

生命体は飢餓の恐れが出てくると、繁殖できるタイミングが整うまで生殖力を温存しようとする。つまり、老化を遅らせ、寿命をできるだけ延ばして、健康を維持させようとサーチュイン遺伝子のスイッチが入るという説明は、わかり易いといえばわかり易いですが。

そもそも人の大脳皮質の古い部分にある本能と呼ばれるものは、「寝ること」(Nと略す)、「食うこと」(K)、そして自分の「DNAを残そうとすること」(D)ですよね。

つまりこういうことか。Nを一定としたとき、K ⤵ ならば D ⤴ の状態にするのがサーチュイン遺伝子だと。


そこで自分自身を振り返ってみると、(D)について言えばお粗末ながらも、なんとか形だけは残せたようではあります。まあ、チャンスがあればという気も未だにないわけでもありませんが・・・。( ← イエローカード!・・・笑!

仕事に追われる日々のことを思えば、削るとすれば「寝ること」しか残されていませんから、ストレスは溜まる一方。そこでつい「食うこと」で本能を満たそうとしたということだろうか、結果がぶざまな下腹に反映されるということになる。

これを記号で表せば、N ⤵ かつ D ⤵(笑!)ならば、K ⤴ 状態。


さて貴方の大脳皮質は、はたして「K ⤵」を受け入れてくれますか?






◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村
  


Posted by 酒そば本舗店長 at 11:06Comments(0)どうしても分からないこと

2019年10月03日

こんなラーメン食べました♪


昨日食べたラーメン。
お昼時に昼食を食べっはぐれて、ふと気づくと午後2時半。

こんな時皆さんはどうされますか?弁当が用意してあれば別でしょうが、しっかり昼食を取りますか?

まあこんな時は大概、軽くうどんかそばをすすろうかということになりますが、なぜか昨日はラーメンが食べたくなった。ちょうど通り合わせたところにラーメン屋さんの看板が見えてきて、駐車場には車が2~3台。無意識のうちにハンドルを切っていました。





店に入っていざ注文する段になって、こってり系の背油ラーメンが売りの店だということが判明。しかも、背油の量は客の希望に応じて、「多め、少なめ自在に対応します」だと。「初めての方は少なめがお奨め」とも書いてある。

・・・ならばと、素直に「少なめ」でお願いしました。(笑!

待つこと10分あまり、出されたラーメンを見て、これで少なめなのかと目を疑りましたね。スープにはごらんのとおりこってりと背油がかけてある。

恐る恐るレンゲでスープを少しすくって飲んでみると、意外やこれがあっさりとのどを通るではないか。次に麺はと箸をたぐれば、これがやや太めのちぢれ麵。

もうこうなれば品などかなぐり捨てて、ズルズル、ズルッとすすり込むしかありませんね。半熟の卵を頬張り、箸で摘まめぬ位にとろとろに煮てあるチャーシューをパクリ。

う~む、背油ラーメンにこってりと嵌りそう。(笑!


初めての背油ラーメン、税込み850円。ご馳走様でした♪次回は初心者ではありませんからね。背油多めにしてみようっと。(笑!





◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村
  


Posted by 酒そば本舗店長 at 12:39Comments(0)今日あったこと

2019年10月02日

キャッシュレス還元2%の恩恵を受けました♪


9月も終わり10月ともなると、「いよいよ秋も深まった」と感じられる方も多かろうと思いますが、今年に限って言えば、「消費税が10%に上がった」とこぼした方多かったかもしれませんね。

昨日夕方のニュースでも、どの局も消費税増税からみの特集を組んでいましたね。ある局では街の声として、増税前に日用品の買いだめをしたという人や、いや食料品は8%据え置きだし、キャッシュレスで買い物をすれば、2%とか5%とか還元があるので、買い急ぎする必要などなかったという人を紹介していましたが、このキャッシュレス還元制度については、知っている人は知っているが、知らないでいる人も結構おられるのだなという思いを抱きながら、ニュースを見ておりました。

・・・実を言えば、私も知らないでいた人、正確に言えばよく理解できずにいた人のひとりです。(苦笑!

今日コンビニに行って買い物をして、普段見ることなどなかったレシートを見て驚きました。あえて実名を出して書きますが、そのコンビニとは、セブンイレブン。

以前より私は店員に進められて、ナナコカードを作り2千円程度チャージしながら、買い物の度にこのカードを利用してたのでしたが。


このキャッシュレス還元制度については、以前から店を利用する度にナナコを使用すれば還元の対象になるのかとレジで問い合わせをして来たのでしたが、そのたびにわかりませんとか、まだ何も聞いていませんとかいう店員の返事でした。それらしい返事を返してくれたのは、期限が迫った9月も末の29日のこと。それもチャージするだけのカードは対象にならない。スマホのアプリで決済すれば還元されるはずですが、何%なのかは店によって違うのでわからないというなんともすっきりしない返事。

そんなことがあっての今日、セブンの店でナナコで決済したら、レシートにキャッシュレス還元2%と書かれた欄があり、買い物金額からそれを差し引いた引いた金額がナナコの残高より引き落とされていました。

このお店は本部直営ではなくて、フランチャイズのオーナーさんが経営する店のようです。同じセブンでも大企業ではなく個人営業店ということで、この店のオーナーは国にキャッシュレス還元制度の対象店の申請をされていたのでしょうかね?


皆さん、はいかがでしょうや?この国のキャッシュレス還元制度、どうもわかりずらくありません?

はっきりわかること、それは消費税が10%に上がったということ。(涙!





◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村
  


Posted by 酒そば本舗店長 at 12:29Comments(0)今日あったこと

2019年10月01日

秋の日のつるべ落とし


秋分の日も過ぎて1週間余りにもなると、秋の日のつるべ落としというごとく、日の短さがより実感されますね。

秋分の日の前日9月22日に撮った日の出。



これは8月27日に同じアングルから撮ったもの。



こうやって2枚の写真を比較すると、日の出の位置の移る様子がよくわかります。日の出の位置が、写真の左側から右側(北側から南側)へ移動しています。

今日は10月1日。写真を取り損ねましたが、秋分の日から1週間余り経っていますから、今日の日の出は、おそらく写真の中央を流れる用水路の延長線上にある山(剣岳)の右側の稜線から顔を出していることでしょう。



◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村
  


Posted by 酒そば本舗店長 at 08:18Comments(0)今日あったこと

2019年09月30日

こーひ好きの皆sンに問う


コーヒーを喫茶店で飲めば、店にもよりますが一杯500円はしますね。まあ30分なり1時間なりの場所代と考えられないこともありません。ところが一杯2000円ともなるとどうでしょう?一杯500円で1時間なら、2000円だから4時間ねばるというわけにもいきません。

大手コーヒーチェーン店が、一杯1998円のコーヒーの販売を開始するということですが。

パナマ産の「アウロマール ゲイシャ」という種類の高級コーヒー豆を使用するのだそうです。私はといえば、高級豆といえば、ルーマウンテンぐらいしか思い浮かびませんね。ああ、そういえばジャコウネコの糞の中から未消化の豆を拾い出して焙煎するという「コピ・ルアク」という豆もありましたね。私はせいぜいブルーマウンテンまでなら飲んだことがありますがね。

「アウロマール ゲイシャ」は、「ジャスミンのような香りとパッションフルーツのような風味が楽しめる」ということですが、それは果してコーヒーの香りと風味といえるのだろうか?パッションフルーツを摘みながら、ジャスミンティーを飲めばいいのになどと言うのは、貧乏人のひがみというものでしょうか?(笑!

「コピ・ルアク」も当然のことながら飲んだことなどありません。やはり香りがちがうのでしょうね。まさか豆が隠れていたところに由来する"香り"がするということはないと思いますが・・・。( ← イエローカード!


ところで私は、先日大手コンビニ・チェーン店の店頭で販売するコーヒーを初めて飲みました。・・・正直に告白します。私は発売以来かねがね飲んでみたいと思いながらも、店頭でどうオーダーして、どう器械を操作するのかが不安で、店内に陳列してある缶コーヒーで我慢していた口です。(苦笑!

発売されるや爆発的にヒットし、今や不動の人気商品になったという挽き立て入れ立てで100円というコーヒー。この豆はどこ産の豆なのでしょうか。


味、香り、風味とも洒落た喫茶店で飲むコーヒーとなんら遜色がありません。カップに入れて喫茶店に持って行き、場所代300円払っても100円お釣が来るというものです。( ← レッドカード!


う~む、一杯2000円のコーヒーを飲んでみたいような気もしますが、コンビニの挽き立て入れたてコーヒー20杯分ですからね。

さて、コーヒー好きの皆さんは、普段どのようなコーヒーを飲んでおられますか?




◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村
  


Posted by 酒そば本舗店長 at 12:49Comments(0)ひとり言

2019年09月29日

「遊遊漢字学」が楽しみPART92「企鵝(きが)」


毎週日曜日のお楽しみ、漢字学者阿辻哲次氏の日経連載「遊遊漢字学」

本日阿辻先生は、私どもになじみの深い鳥の名前について取り上げておられます。

まず皆さん「企鵝」ってご存知ですか?・・・って、その前に読めますか?「企」は「き」と音で読むとして、「鵝」は普段目にしない漢字です。これも音でよむとすれば、「が」か「ちょう」としか読めませんね。

まず「企」から。「企」は「くわだ(てる)」と訓で読めることはよくご存じだと思いますが、「つまだつ」(つま先で立つこと)とも読めるとは知りませんでした。

そもそも「企」は、人がかかとをあげ、つま先立って遠くを眺めている様子を表す象形文字といわれれば、なるほどと納得も出来ますね。

次に「鵝」。これは「がちょう」のことだといわれれば、これも納得。(笑!

では、つま先立って遠くを望むような恰好をした「がちょう」のような鳥って何だということになります。

その答えは「ペンギン」。中国にはペンギンは生息していませんから、いつの時代か知りませんが、連れられて来たペンギンを見た中国人が、「企鵝(きが)」と書いて「ペンギン」と読ませた。まあ、古の中国人の発想の豊かさには、いつものことながら感心させられます。

ちなみにペンギンは、「人鳥(じんちょう)」とも書きますね。なるほど言われてみれば、人間ってたえずつま先立って、遠くを窺い知ろうと焦っている生き物といえるかも知れませんね。

今度動物園へ行ったら、ペンギンに聞いてみようと思います。つま先立って窺い望先に何が見えるかと。






◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村
  


Posted by 酒そば本舗店長 at 08:40Comments(0)一人言

2019年09月28日

ツベルクリンとBCG


ほんの一昔前までは、結核と言えば死の病と言われました。治療法といえば、滋養をつけて病に打ち勝つ体力をつけるしかなかった。幸いなことに私らはペニシリン、ストレプトマイシンに代表される抗生物質が発見された以降に生まれ育った世代ですので、その恐怖を知ることもありませんが、人類と結核の付き合いは遥か昔人類発祥の時代から続いてきたということです。

ウエブニュースより
結核菌、初期人類を追ってアフリカから拡大 研究


今はどうか知りませんが、私らが小学生の頃には、年に一度ツベルクリン反応検査というのがあって、腕の内側に薬を注射して赤く腫れ上がるかどうか調べる検査がありました。赤く腫れ上がった箇所の大きさを測って、小さいとBCGという注射を打たなくてはならない。それがいやで、検査直前に腫れ上がった部分を叩いたりこすったりして大きく見せるようにしていたものです。

今思い起こせば、なんとまあ浅はかなことをしていたものだと呆れるばかりですが、幸いなことにたまたま私には抗体がすでにあったということでしょう。以来この歳まで結核でペニシリンやストレプトマイシンのお世話にならなくて済んだのは、ただただ幸いなことであったというしかありません。

7万年の歴史を持つ結核菌というニュースに、一人の少年が犯した浅はかで危険な行為を思い出したのでした。たかだか50年前のことですが・・・。





◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村
  


Posted by 酒そば本舗店長 at 07:58Comments(0)ニュース・トッピックス

2019年09月27日

秋の夜長に選んだ2冊


仕事に追われ日々時間に余裕のない生活を強いられている現代人にとって、1年365日どこをとっても1日は24時間と決まっております。
秋分の日も過ぎれば、昼夜の長さは完全に逆転し、まさに秋の日はつるべ落とし、夕方5時を過ぎれば辺りはもう薄暗くなっているのに気づき、思わず仕事の手を早めるという人も多いのではないでしょうか。

では昔の人はどうかというと、当時の時間の単位は文字どおり「時(とき)または刻(とき)」、一時(いっとき)が現代の単位で約2時間ということになります。今約2時間と言ったのには訳があって、昔の時間は昼と夜で長さが伸び縮みしていたがために、はっきりと2時間と言い切ることができなかったのです。

「旧暦はくらしの羅針盤」(小林弦彦著 生活人新書)に詳しく書かれております。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

旧暦はくらしの羅針盤 [ 小林弦彦 ]
価格:734円(税込、送料無料) (2016/9/27時点)





すなわち、昼は昼で日の出から日の入りまでを6分割したものを一時(いっとき)とし、夜は日が暮れてから翌日日が昇るまでを6分割していたから、これからの季節昼より夜の一時の方がはるかに長くなるというわけ。反対に夏になれば、昼の一時が断然長くなる。「秋の夜長」や「春眠暁を覚えず」の例えは、こういった背景があって出たものだということが推察されます。

文明の力・電気の恩恵を受けている現代と違って、昔は日が落ちれば月夜でもない限り夜は真っ暗。ろうそくや行燈の油などは、当時は超高級品であったがために、夜になればそれこそ寝るだけ。せいぜい囲炉裏端で囲炉裏の火をたよりに、細々と夜なべ仕事をするくらいだったことが想像されます。

季節はまさに「読書の秋」。「灯火親しむ候」とは、まさにこれからの季節を言うのでしょうが、二宮金次郎の例えを引くまでもなく、昔の人は本を読むにも時間に物理的な制約があったことがうかがい知れますし、そもそも本を手に入れること自体並大抵のことではなっかたことを思えば、現代に生きる我々は何と幸せなことかと思うのです。


週末の土・日、秋の夜長に選んだ2冊。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

夜の足音 短篇時代小説選 (角川文庫) [ 松本清張 ]
価格:561円(税込、送料無料) (2019/9/27時点)




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

蔵の中 短篇時代小説選 (角川文庫) [ 松本清張 ]
価格:604円(税込、送料無料) (2019/9/27時点)




松本清張の初期の作品。短編の時代小説が収められた文庫本。短編だから一話二話読んで眠くなったら寝ればいい。(笑い!





◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村
  


Posted by 酒そば本舗店長 at 10:28Comments(0)