★今街で噂の★酒そばとはこんなそば 酒そばってこんなそば

通常そばを練るときには、水を使用するのですが、その水のかわりに「お酒」を使って練ったのが、 当店自慢の酒そばです!

お酒は富山で人気の地酒を使っています!
お酒の風味と香りが、 そば本来の風味と香りにからみあい、今までにないおいしいおそばができあがりました!

そば通、お酒通と呼ばれる方の中には、そばを食べ終わった後に
「残ったそばつゆに酒を少し足して飲む」のが最大の楽しみといいますよね。
まさしくお酒好きの方には、もう「たまりませ~ん!」っておいしさです♪

でも、お酒の苦手な方でもご安心くださいね! アルコール成分はそばを茹でた時にほとんど飛んじゃいますから、 お子様でも安心して食べられますよ!
(※但し、アルコールに弱い体質の方や小さなお子様はご注意ください。)


酒そばをゆでた後の蕎麦湯はえもいわれぬおいしさそばを茹でたあとのそば湯は ほのかなお酒の香りと旨味がでており、 それはそれはえもいわれぬおいしさ!
そばのお味から、香り、はたまたそば湯まで、 全てがたまらなぁ~いのが酒そばです♪

いつもの「そば」とは違う、ちょっとリッチなひと時を「酒そば」でお楽しみください♪


★これは珍しい!ひそかな噂を呼んでいる★こだわり酒そばこだわり酒そば

当店売れ筋NO1がこの「こだわり酒そば」です!


「こだわり酒そば」は、その名のとおり、
原材料にこだわり、厳選した、国産の原材料を使用しています!

そば畑■こだわり・その1:そば粉■
そば粉は、日本有数のそば処信州・安曇野(あずみの)産のそば粉を、 石臼にて、丁寧に、丁寧に、粗挽きしたものを使用しています。

北アルプス山麓長野県安曇野市一帯の地域は、 名水百選「安曇野わさび田湧水群」で知られる日本有数の名水の土地です。

清らかでミネラルが豊富な水によって、味も香りも素晴らしいそばが育まれます。


豊かな大地が育む小麦畑■こだわり・その2:製法
このそばの味と香りを最大限引き出すため、 製法にもこだわっています♪

そばの実を製粉する際、これまでの方法ですと、 機械製粉のためかなりの熱が発生し、 そば本来の香りが失われてしまいます。
昔ながらの石臼を使ってゆっくりと、丁寧に、丁寧に、挽くことによって、 そばの実の甘皮と呼ばれる部分をも一緒に挽きくるんだ、 そば本来の香り一杯の粗引きの「そば粉」にしています。

■こだわり・その3:小麦粉
小麦粉は北海道の大地が、育んだ小麦粉を使用しています!
北海道産小麦の特徴は、風味がよく、 その豊で広大な大陸同様、豊かな味わいを大切にし、そばの風味を最大限に生かす粉です。


富山県高岡市雨晴海岸より望む立山連峰■こだわり・その4:お酒
地元富山で人気の地酒を使用しています。

富山県は、三方を北アルプス立山連峰などの、山岳地帯に囲まれており、 中央には実り豊かな平野が広がっています。

富山湾、日本海へと開けている天然の巨大ダムともいえる山々からは、 一年を通じて豊かで、清らかな水が生まれるんです!
豊かな大地と清らかな水に育まれた米どころ富山は、日本でも有数の酒どころでもあります。

酒そば本舗の酒そばは、富山で人気の地酒を使用しています。

2020年02月24日

「2024年問題」


突然ですが皆さん「2024年問題」ってご存知ですか?

昨日の日経5面総合欄の「風見鶏」、「2024年問題と日本」という見出しが目にとまりました。


えっ?・・・2024年になると何か問題が起こるというのでしょうか?

ついコンピューターの「2000年問題」を思い起こしてしまいます。コンピュータのソフトが年を下二桁で打ち込んあるゆえに、1999年から2000年になると、コンピューターが正しく動作しなくなるのではないかと世界中が大騒ぎをしたのでした。まあ、結果は泰山鼓動してなんとやらということに落ち着き、安堵したのでしたが。

あの当時はコンピューターといえばオフコンが主流でしたし、インターネットというものもなかった。今日では普段我われが気軽に使用するパソコンでさえ、当時のオフコンをはるかに凌駕する性能を有していますし、通信も5Gになろうという時代です。

きっと、急速に発展したコンピューターとインターネット、そして通信といった領域に重大な問題が内包されているに違いないと、私なんぞは考えてしまいますがね。

ところがさに非ず。「2024年問題」とは、世界の指導者が代替わりをする年、それが2024年ということを問題だと提起しているのでした。

いわく今アメリカのトランプ大統領、中国の習近平主席、ロシアのプーチン大統領といった個性的な指導者によって、かろうじてパワーバランスが保たれているものが、各国で指導者の代替わりが確実となる2024年以降、世界情勢は大きくバランスを崩すことになりかねなのではないか。日本の指導者は、安倍首相継続という声もささやかれている中、ポスト安部(菅官房長官、岸田政調会長、茂木外務大臣、河野防衛大臣の名があげてありました)の動向は・・・云々といった趣旨でした。


2024年といえば、2020年から4年後ということになりますね。東京の次のオリンピックが開催される年ではありませんか。

新型コロナウィルスによる感染の収束が見えてこない状況の中、当地北陸富山でも北陸へのツアー旅行に参加していた70歳代の女性が感染者であることが判明しました。当地(富山県高岡市)でも、この女性と濃厚接触したと思われる5人の人に検査を実施したと報道され、上を下への大騒ぎとなっております。

このまま感染の拡大に歯止めがきかないということであれば、東京オリンピックの開催も難しいということになりはしまいか?

中止か延期か、延期ということならいつまで延ばすのか?半年先か1年先か?いや2024年まで4年待とうということになるのであれば、これはまさしく「2024年問題」ということになりますね。

・・・そうならないことを切に祈っています。




◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村
  


Posted by 酒そば本舗店長 at 14:41Comments(0)ニュース・トッピックス

2020年02月24日

「2024年問題」


突然ですが皆さん「2024年問題」ってご存知ですか?

昨日の日経5面総合欄の「風見鶏」、「2024年問題と日本」という見出しが目にとまりました。


えっ?・・・2024年になると何か問題が起こるというのでしょうか?

ついコンピューターの「2000年問題」を思い起こしてしまいます。コンピュータのソフトが年を下二桁で打ち込んあるゆえに、1999年から2000年になると、コンピューターが正しく動作しなくなるのではないかと世界中が大騒ぎをしたのでした。まあ、結果は泰山鼓動してなんとやらということに落ち着き、安堵したのでしたが。

あの当時はコンピューターといえばオフコンが主流でしたし、インターネットというものもなかった。今日では普段我われが気軽に使用するパソコンでさえ、当時のオフコンをはるかに凌駕する性能を有していますし、通信も5Gになろうという時代です。

きっと、急速に発展したコンピューターとインターネット、そして通信といった領域に重大な問題が内包されているに違いないと、私なんぞは考えてしまいますがね。

ところがさに非ず。「2024年問題」とは、世界の指導者が代替わりをする年、それが2024年ということを問題だと提起しているのでした。

いわく今アメリカのトランプ大統領、中国の習近平主席、ロシアのプーチン大統領といった個性的な指導者によって、かろうじてパワーバランスが保たれているものが、各国で指導者の代替わりが確実となる2024年以降、世界情勢は大きくバランスを崩すことになりかねなのではないか。日本の指導者は、安倍首相継続という声もささやかれている中、ポスト安部(菅官房長官、岸田政調会長、茂木外務大臣、河野防衛大臣の名があげてありました)の動向は・・・云々といった趣旨でした。


2024年といえば、2020年から4年後ということになりますね。東京の次のオリンピックが開催される年ではありませんか。

新型コロナウィルスによる感染の収束が見えてこない状況の中、当地北陸富山でも北陸へのツアー旅行に参加していた70歳代の女性が感染者であることが判明しました。当地(富山県高岡市)でも、この女性と濃厚接触したと思われる5人の人に検査を実施したと報道され、上を下への大騒ぎとなっております。

このまま感染の拡大に歯止めがきかないということであれば、東京オリンピックの開催も難しいということになりはしまいか?

中止か延期か、延期ということならいつまで延ばすのか?半年先か1年先か?いや2024年まで4年待とうということになるのであれば、これはまさしく「2024年問題」ということになりますね。

・・・そうならないことを切に祈っています。




◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村
  


Posted by 酒そば本舗店長 at 14:41Comments(0)ニュース・トッピックス

2020年02月23日

遊遊漢字学」が楽しみPART111「夜郎自大」


毎週日曜日のお楽しみ、漢字学者阿辻哲次氏の日経連載「遊遊漢字学」

今週阿辻先生は、中国前漢の武帝の時代に司馬遷によって編纂された中国の歴史書『史記』より、「夜郎自大」ということばを題材にされておられます。

「夜郎自大」とはあまり見慣れぬ言葉ですね。「夜郎みずからを大とす」と読むのだということですが、その意味は「井の中の蛙大海を知らず」と同義だと聞けば、私なんぞは、ほぉ~、そんな言葉が中国にあったのかと思ってしまいます。

「夜郎」とは前漢時代に中国西南地方にあったとされる国の名。2000年以上も後の世の、しかも大陸から海を隔てた東方の島国にまで、不名誉な名を伝え残すことになった「夜郎」にしてみれば、司馬遷をさぞかし恨めしく思うことでしょう。(笑!

漢の武帝の領土拡大政策により、「身毒」(インド)へ通じる道を探すため西南地方へ使者として派遣された王然干(おうぜんう)が、滇(てん)という国まで来たときに、滇王が「ところで漢とわが国とでは、どちらが大きいのだろうか」と王然干にたずねたと。さらに夜郎国まで進むと、そこでも同じことを尋ねられたことが「夜郎自大」の由来であると阿辻先生は教えてくれています。


高校の漢文の時間に、副読本として「十八史略要解」という何とも難しい本を読ませた漢文の先生がいたことを思い出しますな。漢字ばかり並べられた何と読みどう解釈するのかさっぱりわからぬ本で、ずいぶん難義したものです。

その「十八史略」にもやはり王然干と滇や夜郎国の話しが出て来るのではないかと想像しています。

今思えばもう少ししっかり読んでおくのだったなということになりましょうが、そのころは蛙どころかオタマジャクシでしたからね。大海の存在を知らぬのは、滇王や夜郎国王と同列かそれ以下であったということになりましょう。





◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村
  


Posted by 酒そば本舗店長 at 08:35Comments(0)ひとり言

2020年02月21日

「LHC」


突然ですが「LHC」って何のことだかご存知ですか?

はて、「LCC」なら格安航空会社のことだし、「LED」なら発光ダイオードを利用した照明器具のことだということぐらいは知っていますが。

ああ、善玉コレステロールのことか?待てよ、それだったら「LDL」ではなかったか。野菜を摂らなくっちゃ。・・・ってそんなことを言おうとしているのではなかった。

正解は「大型ハドロン衝突加速器」のことでした。「ハドロン」って何だよなどと言わないでくださいね。(笑!


ウエブトピックスより、
LHCがフル稼働し始めれば、科学者たちは暗黒物質(ダークマター)や暗黒エネルギーの解明に一歩近づくことだろう


「LHC」はご存知なくとも「ヒッグス粒子」ならお聞きになったことはあるでしょう。イギリスの理論物理学者ヒッグス博士が存在を予言した「物質に重さを生じさせる粒子」とかだったでしょ。2012年にこの「LHC」を使って光の速度近くまで加速させた陽子を衝突させたときに発生する粒子の中からその存在が確認されたと書けば、「LHC」は科学の最先端の現場で使われている大型加速器のことだと理解できます。

「LHC」は2008年に稼動した当初、設計どおりの出力が出せないというトラブルがあったものの、実験を優先するために出力を落としたまま実験を続けたのだとか。そんな環境であっても「ヒッグス粒子」は観測可能な範囲にあったのは幸でしたね。

この「LHC」を2年もの歳月をかけて修理し、陽子の衝突エネルギーを8兆電子ボルトから13兆電子ボルトまでに引き上げるようにした。それで今度は何を探すのかといえば「超対称性粒子」を探そうというのです。

・・・「超対称性粒子」?今度は漢字で書かれているとはいうものの、まったくどういう粒子なのか見えて来ませんね。(苦笑!

「超対称性粒子」もヒッグス粒子同様に、理論的に予言されているもののまだ発見されていない粒子で、パワーアップした「LHC」による実験で見つかる可能性があると期待されているとか。

さらに記事を読み進めますと、素粒子物理学の世界では、この世の成り立ちを電子やクォークなど17種類の素粒子で説明できるのだとか。もし「超対称性粒子」が発見されれば、画期的なことであると。


・・・はて、この世は男と女から成り立っているのではなかったか?(笑!

もっとも近頃は男でもない女でもないという一群の存在も確認されているようですが、これをどう捉えどう説明すればいいか?今までにはなかった新しい理論が求められるということなのでしょう。

科学者にとっては、この世に起きている森羅万象を正しく説明するためには、理論的に導き出せる新しい素粒子の存在を何としても確認したいということなのでしょう。

私なら、私を受け入れてくれる異性の存在を確認できればと思うだけですが・・。(爆笑!





◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村
  


Posted by 酒そば本舗店長 at 10:25Comments(0)ひとり言

2020年02月20日

「炒(チャア)」の極意


かって日本では、「男子厨房に入るべからず」などと言われていましたが、今そのようなことを口にすれば、すぐに「男女共同参画」などという言葉が当たり前のように返って来る時代となりました。男女がよきパートナーとしてお互いに尊重しあい、性別にかかわらず、様々な生活の場面で一人ひとりの個性や能力を十分に発揮できる社会の実現が叫ばれて久しいです。

私の家内などは「あたしゃ、おさんどんか!?」などと、しばしば口説くところをみれば、わが家では依然として共同参画はなされていないということになるのでしょうか。

そこで「男子厨房に入るべし」と、台所に立つこともあるのです。まあ、そんなときはだいたい女房殿が留守のときですが・・・。(苦笑!

冷蔵庫の中を覗いてみる。え~と、豚のバラ肉があるな。おっ、モヤシもある。あとキャベツとネギか・・・ということで、これらの具材を適当に刻んで、フライパンで炒めるというのがきわめて順当な選択ということになるのです。豚肉の野菜炒めですな。(笑!


ところで本場の中国料理の特徴は、油で炒める「炒(チャア)」にありますね。

野菜炒めこそ「炒(チャア)」という調理法がぴったりの料理だと思いませんか。日本料理には湯通しという調理法こそありますが、油通しということはあまり聞きません。それは煮る、炊くという調理法が主で炒めるという調理法には馴染みがなかったからかもしれません。同じ野菜を使ったとしても、日本料理なら土鍋でしんなりと煮て、味噌で味をととのえるということになるのでしょう。。

仏教しかり、漢字しかり、律令制度しかり。歴史をひも解くまでもなく、古来より日本人は大陸の文化を積極的に取り入れて来たはずなのに、どうして「炒(チャア)」という料理法は取り入れようとしなかったのだろう。

中国料理が今日のように広く普及したのは、戦後になってからのこと。わずか70年足らずですから、そうすれば日本人は2000年の長きにわたって、中国料理の代表とも言える「野菜炒め」を食べそこねてきたと言えるかも知れませんね。

そんな取り止めのないことを思い浮かべながら、フライパンを振っていたからでしょうか。レンジの回りはこぼれた野菜で油まみれ。う~む、「炒(チャア)」の極意を極めるのは、なかなかに難しいようです。(笑!

・・・さて、どうしたものか。女房殿がご帰還あそばす前に、証拠隠滅をはからねば。(涙!







◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村
  


Posted by 酒そば本舗店長 at 11:03Comments(0)今日あったこと

2020年02月19日

毛髪の意外な働き


まったく不可思議なのは、生物の体の仕組みと言えましょう。

日経ウエブニュースより、毛は免疫のスイッチ?


哺乳動物の毛には、皮膚から微生物などが入り込む危険を察知すると侵入者と戦う免疫細胞を呼び集める働きがあるということですが、まるで毛髪が意志を持った生き物のようではありませんか。

免疫細胞を呼び寄せるケモカインという物質を作り出すですって?

う~む、生物とまでいかなくても、毛髪が微生物に対して昆虫の触覚のような働きをするようにも思えてきますよね。


ならば尚のこと、お気の毒に思えて来ることが一つあります。

これでは毛髪の薄い人は、まるで救われないではありませんか!?(笑!


免疫細胞を呼び寄せるというケモカインの働きを、新型コロナウィルスの感染予防に応用できないものでしょうかね?




◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村
  


Posted by 酒そば本舗店長 at 07:36Comments(0)ニュース・トッピックス

2020年02月18日

雪国・北陸富山の面目


今冬ずいぶん遅れてやって来たと言うべきか、いや立春も過ぎて半月も経とうとしているから今春と言うべきか、いささか言葉に迷う今朝の雪です。

天気予報によれば、本日18日の夕方までに西日本から東日本の日本海側では平野部でもかなりの降雪が予想されるということですが。


当地北陸富山では、今冬平野部でもようやく積雪を見たのは、2月になって節分も過ぎてからの6日のこと。そして今朝が2度目というわけです。

里に初めて積雪を見た6日の雪で、富山県は山間部でも雪不足のため開催が危ぶまれていた冬季国体(富山県南砺市がメイン会場)を予定通りに開催するこを宣言したのでしたが、そのあと昨日までのポカポカ陽気。大会運営関係者は連日ダンプカーで雪を運び込み必死で会場の整備に努めたということでしたが、これでようやく一安心というところでしょうか。

まあ、何とか雪国・北陸富山の面目が立ったというわけです。





◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村
  


Posted by 酒そば本舗店長 at 10:13Comments(0)今日あったこと

2020年02月17日

遊遊漢字学」が楽しみPART110「ケモノヘンを持たぬ動物」


毎週日曜日のお楽しみ、漢字学者阿辻哲次氏の日経連載「遊遊漢字学」。今回の講座はいつもと違って、「ケモノヘンを持たぬ動物」という題になっています。

冒頭「馬や象や羊にはどうしてケモノヘンがつかないの?」という小学生の質問が紹介されています。これは中国語学を専攻している大学院生でもなかなか思いつかない質の高い質問だと、阿辻先生もおっしゃっていますが、私はこの「遊遊漢字学」を毎週逃さず読んで勉強してきましたからね。その答えはすぐにわかりました。

「馬」や「犬」「象」「羊」は、人々の日常生活に密接に関わって来た動物で、身近に接して来たはずですから、象形文字として漢字があみ出された初期の段階ですでに存在したはず。一方「ケモノヘン(犭)」のつく動物は、人々の生活に密着してはおらず、それこそ動物は自然界にあまたおりますから、「犭」で動物をであることを表し、その動物の呼び名を音として表記して両者の組み合わせて表したというわけですね。

ところで我々は、「犭」は「ケモノヘン」と呼ぶことに何の疑いも持ちませんが、「犭」は「犬」がヘンになったものだということ、ご存知でしたか?いわば「イヌヘン」というわけです。

もともとは「犬」に関することを表したものに限って「犭」が使われていたものが、「犬」以外の動物一般も意味する漢字の部首として使われれうようになったのだと。


世界に類をみない優れた表意文字漢字であればこそ、「猫」「猿」と書かれれば我々は一目それが動物を表しているとわかります。ところで今回阿辻先生は「獺」という漢字も動物を表していると紹介されていますが、「獺」っていかなる動物か私にはわかりませんでした。(涙!

しかし、まあ、これを「カワウソ」と読める人、阿辻先生ぐらいのものじゃないかな。(笑!




◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村
  


Posted by 酒そば本舗店長 at 16:43Comments(0)ひとり言

2020年02月16日

日経新連載「ミチクサ先生」が楽しみ♪ PART6


日経連載の伊集院 静氏による「ミチクサ先生」は、今日が第154回目。

若き日の漱石の日々を伊集院氏は「ミチクサ」と呼んでいますが、今日まで連載を読んできて、なるほどなと思います。

若き日の漱石が歩んだ「ミチクサ」については、これはやはりどうしても正岡子規との親交抜きでは語れないのは言うまでもありませんね。伊集院氏もこの二人の天才の若き日の交友に、これまで多く紙面を費やしています。

ところで俳句ということであれば、日本人なら松尾芭蕉を知らぬ人はいませんね。同じく与謝蕪村も同様でしょう。時代が新しくなって明治期ということであれば、どうしても正岡子規をあげぬわけにはいきません。

芭蕉といえば「古池や蛙飛び込む水の音」、蕪村なら「菜の花や月は東に日は西に」の句が名前と一緒に浮かんで来るように、子規であれば「柿食えば鐘が鳴るなり法隆寺」ということになります。

今日の「ミチクサ先生」は、この子規の名を永遠たらしめた「柿食えば鐘が鳴るなり法隆寺」の発句の場面がみごとに描写されていました。

この時すでに子規は結核菌によって体の奥深くまで蝕まれていて、おそらく子規も自分には残された時間が限られていることがわかっていたのでしょう。東京でやらねばならぬことがあると、母親や妹、そして漱石の必死の説得にも応じず、帰郷し療養していた故郷松山(漱石は松山中学の教師としてこの地に赴任していた)を発っています。

その途中、神戸、大阪、奈良、京都と旅をしている子規。旅といってもこの当時は、どうしても道中歩くということになってしまう。腰の痛みのために旅を続けることが出来なくなった子規は、奈良で宿を取り数日逗留することにした。

伊集院氏は、子規が発句したのはその宿の一室で所望した御所柿を口にしたときのことであると、このように描写しています。


美味い、と子規が声をあげた時、釣鐘を打ったような音色が聞こえた。

「どこの鐘ぞな?」

「東大寺ですね」

「ふぅ~ん」


調べてみると、子規が故郷から奈良、京都を旅して東京へ向かったのは明治28年のこと。明治25年に日本新聞社に入社し、日清戦争の従軍記者として中国に赴いたのが前年の27年のこと。日本へ帰って来るときの船中で、激しい吐血をしたことは、おそらく子規の手記に残されていたからでしょう。「ミチクサ先生」でも書かれていましたし、「坂の上の雲」でも描写されていました。

すでにこの時子規の体を蝕む結核菌は肺はおろか脊髄にまで達していて、カリエスを発症していたために、歩くことも困難になりつつあったことが想像されます。

いわば、自分に残された生を見極めた時に発句したのが、かの句であったということになるのでしょう。


ところで「ミチクサ先生」の連載は2月20日で終了し、新連載が始まるということです。伊集院氏が突然の病で倒れられ、執筆が困難と報じられていますから、若き日の漱石の「ミチクサ」が途中のまま終了するのは残念の極みですが、子規の最後を見送ることになる「ミチクサ先生」を見ずにすむのは、なんとなくほっとした心持ちではあります。

伊集院静氏が健康を一日でも早く回復されることを心より祈念してやみません。




◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村
  


Posted by 酒そば本舗店長 at 09:06Comments(0)

2020年02月15日

めんの起源は4000年前?


普段何気に食べているうどんやそばに代表される麺ですが、いったい人類はいつから麺を食べるようになったかご存知ですか?

ウエブトピックスより、「めんの起源は4000年前?」

中国北西部の新石器時代後期の遺跡から発掘された土器の中から、約4000年前のめんが発見されたのです。

めんの起源については、中国、イタリア、アラブなどいろいろ諸説があって、はっきりしてなかったそうですが、これでようやく終止符が打たれるのじゃないでしょうか。どうも、中国に旗が上がりそうですね。

それにしても、スゴイ!!

イネ科の作物キビから作られているめんだそうです。
しかも直径約3ミリだというのですから、今のめんと比べても少々細いですね。

やはり4000年前でも、めんは細い方がいいとか、固ゆでにしてくれとか、コシが効いていないぞとか、こだわりのグルメ人がいたのに違いないと、これを読んで直感しましたね。

4000年前の人もめんを食べていた!

めんに携わっている者としては、なぜかしらうれしくなってくるのです。





◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村
  


Posted by 酒そば本舗店長 at 11:48Comments(0)ニュース・トッピックス

2020年02月14日

北アルプス立山連峰の夜明け


本日2月14日の夜明け。
北アルプス立山連峰のたたずまいを時系列に3枚の撮りました。


6時21分。白々と夜が明けて来るというのはこのことを指すのでしょうね。



6時27分。突然に東の空がオレンジ色に染まりだした。太陽は北アルプスの向こう側にあって、間もなく顔をのぞかせようとしているところなのでしょう。



6時35分。陽が"昇りきった"のでしょう。



太陽は雲間に隠れ、毒々しいほどにオレンジ色にそまった空はもはや見られません。・・・今気づいたのですが、この場合、陽が北アルプスを"登りきった"と表現しても良さそうですね。(笑!






◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村
  


Posted by 酒そば本舗店長 at 08:32Comments(0)今日あったこと

2020年02月13日

山はやはり里から仰ぎ見るものでしょう・・・。


昨日撮った北アルプス立山連峰のたたずまい。スマホの記録を見ると午後1時5分とあります。



今年はまったく雪の降らない異常な冬と言われますが、それはあくまで里に雪が降らないということで、ご覧のように3000メートル級の山々が連なる立山連峰はさすがに真っ白。ただ写真中央の用水路の延長線上にある剣岳にかぎり、雪が積もっていないように見えるのは不思議だとお思いになりませんか?

剣岳の右側の稜線に連なる立山(台形状の山)はこんもりと雪を冠っています。同じ3000m級の標高だというのに、剣岳は青く地肌が露出しているように見えますでしょう。

子どものころより見慣れた冬山のたたずまいですが、どうしてなのか不思議でした。以前地元立山町出身の冬の北アルプスにも何度も登ったことがあるという山岳ガイドの方のご講演を聞く機会があり、そのときにこのことについて質問したことがあります。すると、それはやはり立山に比べて剣岳は雪が少ないからだろうという至極当たり前な答えが返って来て、拍子抜けしたことがありました。

説明によれば、同じ量の雪は降っているのだろうけれど、見てのとおり立山は頂が平坦で里から望むことが出来るこちら側の斜面もなだらかなのに比べて、剣岳の斜面は垂直といってもいいくらいの急峻である。故に降った雪が斜面から谷に滑り落ちて、里からは多く積もっているようには見えないのだと。

冬の剣岳にアタックしたことは何度かあるが、一度天候に恵まれず早月尾根で雪洞を掘ってビバークしたことがある。そのときは丸1日半外に出られなかったそうで、3日目に何とか天候が回復したので、登頂を断念して下山したということです。そのときは腰どころか胸まで潜る新雪の中、ラッセルしてようやく麓まで帰って来たのだと。

確かに里からは雪が少ないように見えるが、実際に行ってごらんなさい。どれだけ雪が積もっているかわかりますよと、笑っておられました。


う~、ブルブルッ。とんでもありません。

山は里から仰ぎ見るもの。厳冬の立山や剣岳に登ろうという人の気持ち、私には到底理解できません。





◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村
  


Posted by 酒そば本舗店長 at 07:54Comments(0)今日あったこと

2020年02月12日

じっとおとなしく様子をうかがうしかないのでしょうか・・・。


今冬の暖冬についてはもはや疑う余地もありません。

雪国であるあるはずの当地北陸富山でも、立春も過ぎてからようやく申し訳なさそうに里にも降雪を見た程度。山間では少しまとまった積雪があってそのおかげで富山県で予定されていた冬季国体スキー競技開催の見通しが立ったと関係者は安堵しているようですが。

あれは2年前のことでした。1月と2月に一晩1メートル級の積雪に見舞われ、ただただ空を見上げるしかなかった。当地北陸が雪国であることを久しぶりに思い知らされたのでした。

北陸道と国道8号線が通行が雪で遮られ、特に福井県下では除雪が追いつかず1週間以上にもわたって8号線状に車が立ち往生し、福井県知事が優先して除雪をするために不必要な外出は避けるよう、企業にも休業を呼び掛けたのは、ちょうど一昨年の今ごろのことでした。

この時はその前の12月初旬に降った雪がそのまま寝雪になり、2月の時点で1メート弱雪が残っていた。私もこの齢までこのような雪のない年は経験がありませんね。まったく異常としか思えません。

世間では新型コロナウイルスによる肺炎の蔓延に歯止めがかからない、このままでは世界中に広がりパンデミックの恐れも覚悟しなければならないという関係者もいるとかで、今年は思わず何かと不安の先行する年初めとなりました。


じっとおとなしく様子をうかがうしかないのでしょうか・・・。





◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村
  


Posted by 酒そば本舗店長 at 09:30Comments(0)ひとり言

2020年02月11日

忌み言葉


皆さんは、忌み言葉ということをご存知でしょうか。

私も、井沢元彦さんの逆説の日本史を読んではじめて知ったことですが、日本人は無意識のうちにこの忌み言葉の文化にどっぷりはまっているというのです。

分かりやすい例をあげれば、歴代の天皇のことを当時の人はどのように呼んだのか?

その答えは、声に発するのさえ恐れ多くて○○天皇などとは決して呼ばなかったと言うのです。呼ぶことさえ忌み嫌うべきことであったのです。後に書物などで○○天皇と著してあるのは、必ずその天皇が崩御してからのことであったと井沢さんは言っておられます。

・・・ナルホド、NHK大河ドラマなどを見ると、ごくごくお側の者だけが「お上」と袖で口をふさぐように発し、それに対して、「みは~であるぞ」などと自分のことを「み」と言わせているのは、時代考証に合致したものなのかなと思います。

また憤死など非業の死を余儀なくされた人物の祟りを非常に恐れたゆえに、社(やしろ)を造り神と崇め、その人物の霊を鎮めようとしたと。菅原道真を祀る北野天満宮しかり、古くは出雲大社の巨大な社殿しかり。

靖国問題をヒステリックなほどに騒ぎ立てる中国と韓国の指導者は、2000年もの昔から培ってきた来た日本人固有の祟りを恐れ、汚れを忌み嫌う文化を正しく理解しているとは思えません。


さて前書きが長くなりました。「蕎麦考」(永友 大 著)よりそばと忌み言葉に関連することをご紹介しましょう。

かって宮中では「そば」も忌み言葉であったと言ったら、読者の皆さんはさぞかし驚かれることでしょう。
sobanomi.jpg

その理由は、そばの実の形にあります。そばの実はエジプトのピラミッドを目一杯に小さくした形、そう三角錐の形状をしているのです。その三稜をもった三角(みかど)が帝(みかど)に通じるために、

「今宵の夕餉はそば粥なぞを・・・」

などと女官が言おうものなら一大事で、神社仏閣に帝の安泰を願って祈祷をしなくてはならない、ってなことにきっとなるんでしょう。


sobanohatomi.jpg

では、どう呼んだか?幸いそばの葉の形が葵の葉に似ていることから、「そば」を「あおい」と呼んだというのですから、う~んと唸ったきり、言葉を失います。



ひょっとすると、葵の紋(徳川幕府)を食べちゃうと言う隠れた意味もあるのかなと思ったりもするのです。さて、果たして本当に "お上" は、「みは葵粥を所望じゃ・・・」などとおっしゃたのでしょうか?

一方、今のようにそばを細く切って食べるようになったのは、江戸時代の初めといいますから、江戸は将軍の街、町人は誰にはばかることなく気軽に

「おぉ~ぅ!そば食っていきなっ!!」

「そいつはありがてぇ~!ごちになっていくぜぃ~!!」

なんて言ったんでしょうね。


下々の身の上といたしましては、江戸の庶民に軍配を上げたくなるのは、仕方のないところでありましょうか。









◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村
  


Posted by 酒そば本舗店長 at 12:22Comments(0)そばの雑学

2020年02月10日

バレンタインデー


今月2月の14日は、言わずと知れたバレンタインデー。

確かに商業主義にほだされていると言えるかもしれませんが、チョコレートをもらえれば私なんかは素直にうれしいです。(苦笑!

しかし、世の中にはいろんな人がいるものですね。こんなトピックスを読みちょっと驚いています。そもそもこんな団体があったとは知りませんでした。

ウエブトピックスより、
「革命的非モテ同盟(革非同)」 バレンタインデー粉砕デモ


・・・ふ~む、「革命的非モテ同盟」ですか。革命とモテナイことにどんな関連があるというのでしょう?「恋愛資本主義」という言葉も初耳なら、「街中でイチャつくのはテロ行為」というのも理解しがたい論理。


やれダサいだの、やれウザいだの、あげくの果てにはクサいだの、日ごろ散々の言われようの我らオジサン族でありますが、それでもバレンタインデーに、女性からチョコレートの一粒でももらえたら、素直に喜ぶオジサンでありたいと思ったことでした。

さて、そのひと粒ですが、今年はもらえるものやらもらえないものやら・・・。(爆笑!




◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村
  


Posted by 酒そば本舗店長 at 09:03Comments(0)ニュース・トッピックス

2020年02月09日

「遊遊漢字学」が楽しみPART109「四字熟語」


日本は中国より伝わった漢字を国語として採用し、その漢字から独自に編み出したひらかなとカタカナを組み合わせて表現する、漢字かな交じり文という優れた文字体系を編み出した国です。

漢字四文字からなる「四字熟語」については、普段よく目にしたり自ら用いたりしていますが、ほとんどの四字熟語は前と後の二文字ずつにわけて解釈するように作られているということ、ご存知でしたか?

毎週日曜日のお楽しみ、漢字学者阿辻哲次氏の日経連載「遊遊漢字学」。今日の講座はいつもと違って、我われが普段用いる四字熟語の構成について書かれていました。

なるほど、そういわれてみれば、四字熟語は個々に意味を持つ前後二つの熟語が合わさって一つの意味をなしていますよね。その例として阿辻先生がお示しになったのは、「四面楚歌」と「臥薪嘗胆」。「四面」が「楚歌」の状態で、回りを敵に取り囲まれ孤立していることを表し、「臥薪」したり「嘗胆」したりして敗戦の恥をすすぎ仇を討たんと決意するというわけですな。

ところが何事にも例外があるもので、その例として「一衣帯水」と「五里霧中」をあげておられます。「一衣帯水」は、「一」「衣帯」「水」で意味をなしている熟語であり、「五里霧中」は、「五里」「霧」「中」の塊として意味を持つと。

・・・正直に申し上げます。「五里霧中」なら承知しておりましたが、「一衣帯水」って、初めて目にする言葉です。どういう意味なのかまったく想像もつきません。文字どおり五里先まで深い霧に閉ざされて手探りの状態ですな。(苦笑!


いったい四時熟語ってどのくらいあるものかと調べてみたところ、9241語あるとありました。

冒頭私は、四字熟語は「普段よく目にし、自ら使うこともある」と書きましたが、9000余もある熟語の内、いったいいくつぐらいその意味を承知して「目にし、自ら使うこともある」のだろうかと、自らの薄学を深く恥じ入っています。

願わくば「遊遊漢字学」で少しでも漢字の知識を深めることが出来ればと、思いを新たにしているところです。

まあ、これを「困知勉行」というのでしょうかね。(苦笑!






◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村
  


Posted by 酒そば本舗店長 at 10:15Comments(0)一人言

2020年02月08日

DHA


人は何よりも健康が一番。健康な生活は、まず日々の食事からといいます。肉中心の欧米型の食事から、魚中心の日本食が見直されて久しいですね。とりわけ青魚に含まれる油成分が、血液をサラサラにするとかで注目されています。

というわけで、私も肉よりも魚を積極的に摂るように心がけています。しかし、そうそう毎食魚ばかり食べているわけにもいきませんから、最近はサプリメントを購入して夕食の後に飲んだりしています。

盛んに宣伝していますから、皆さんもよくご存じでしょ。「DHA&EPA ナントカ・・・」というヤツですよ。

私の記憶が間違っていなければ、確かDHAは血液をサラサラにするばかりではなく、頭脳に良いと言いませんでしたか?・・・正直に告白します。私も「人の名前がすぐ出て来ないとか、物忘れが気になり出した中高年世代にオススメ」といったうたい文句の広告を見て、サプリメントを購入した一人です。(笑!

その青魚に含まれる油成分に関する新たな研究結果が報告されたという話題。

ウエブトピックスより
イワシやサバ…青魚がヒトの”恐怖記憶”を消す?

DHAやEPAはオメガ3系の多価不飽和脂肪酸というのですか・・・。それが脳内に多くあれば恐怖心を消すと。さしずめオメガ3系の多価不飽和脂肪酸に怖いものなしといったところか。

なるほど、この歳になって来ると何ごとも行動にためらいが出てしまいがちなのは、行動の先に待ちうける結果に恐怖心を抱いてしまうということが大きな要素の一つなのかも知れませんね。

それならなおのこと、せっせとサプリメントを飲まなくては。(笑!

しかし待てよ、「”恐怖記憶”を消す」って、恐怖心も記憶ということ?強烈な恐怖心ですら消してしまうのなら、人の名前なんぞすぐに忘れて当然だ。(笑!

誰にだって忘れてしまいたい記憶はありますね。その一方忘れてしまっては困る記憶も多くあるはず。私の飲んでいるサプリメントが忘れたいものと、忘れてはいけないものとを峻別して効いてくれたらいいのですがね。・・・無理か!?(爆笑!








◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村
  


Posted by 酒そば本舗店長 at 08:14Comments(0)ニュース・トッピックス

2020年02月07日

卵巣がんは、父親から娘に遺伝する?


卵巣がんは、父親から娘に遺伝する可能性があるとの研究結果がこのほど初めて発表されたということですが・・・。

ウエブトピックスより、
卵巣がんリスク遺伝子、父親から受け継ぐ可能性明らかに


んっ!?・・・どうしてそんなことが起こるのだ?

母親から受け継ぐというのならわかるのですが、男にどうして卵巣があるんだと突っ込みたくなります。ところがよくよく記事を読んでみると、男には卵巣はなくとも、その男の母親には卵巣があるでしょっていうことでした。(笑!

すなわち父方の祖母に卵巣がんを患った履歴を持つ娘は、卵巣がんに罹患するリスクが高いということでした。


・・・なんだ、そういうことか。男は単にその遺伝子を母親から娘へパスするリレー走者のような役割を担うだけと思えば、安堵もできるというものです。しかし、そのような時限爆弾のようなものを知らずのうちとはいえ娘に背負わせるなんて、男とはなんとも罪深い生き物ではありませんか。


私の父方、母方の祖母はともに85歳以上存命しましたが、卵巣がんということはなかった。ともに脳血管系の障害が原因で命を失っています。母方の叔母に一人卵巣がんで命を失った人がいますが、母親は今も元気にしていてその気配は見受けられません。

こう考えると、私は卵巣がんのリスク遺伝子は運んでいないようにも思われるのですが、遺伝子などというものは、数えきれないほどあると言いますからね。私が受け継いだ遺伝子の中に、そのような危険な因子が含まれているということは、大いに考えられることです。

私にできることといえば、時限爆弾のセットボタンが、私の代だけでなく子どもや孫の代になっても押されることがないことをただただ祈るのみです。







◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村
  


Posted by 酒そば本舗店長 at 14:48Comments(0)ニュース・トッピックス

2020年02月06日

今冬初めての積雪を見ました・・・。


昨日一日中振っていた雨が夕方からみぞれ交じりになり、日が変わるころには雪になったのでしょう。今朝起きてみると、一面の雪。当地北陸富山では、今冬初めての積雪を見ました。



今冬と言っても立春も過ぎてすでに三日経っていますからね。気分はすっかり春のつもりでいましたから、これはなごり雪とでも云うのでしょうか。あるいは忘れ雪とでも言うのでしょうか。春になってから申し訳なさそうに降った雪には、何とも言いようのない思いでいます。

とは言え、春も弥生三月になって卒業式が各学校で行われるころや、ややもすれば4月桜の花も咲こうかという入学式のころになって、降雪を見るということも珍しくないのが当地北陸富山ですから、平野部で立春を迎えるまで降雪はおろか雪を見ないという今年の冬は、異常と言うべきなのでしょう。




◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村
  


Posted by 酒そば本舗店長 at 08:10Comments(0)

2020年02月05日

昆虫は人類の食糧事情を破壊するのか救うのか?


アフリカ北東部でバッタが大量に発生し、各国は対応に苦慮しているという報道。
産業を農業に依存している国が多い中、食料不足と相まって経済にも打撃を被ると、ソマリアでは2日、非常事態を宣言したということです。

ウエブトピックスより、
バッタ襲来で国家非常事態宣言 ソマリア、食糧難の恐れ

ただでさえ食糧事情に悩んでいる地域に限って、どうしてこのような自然の猛威が発生するのだろうと思ってしまいます。

ところが一方で、近い将来人類の食糧事情を救う手立ては唯一昆虫にあるということも言われていますね。

ウエブトピックスより、
昆虫食、アフリカで進む技術革新 味も結構いけるんです

人間が食べるはずであった農作物が収穫直前にバッタに食べつくされてしまえば、味がいけるいけないなどは二の次、バッタを捕まえて食べるしかないということになるのでしょうか?

昆虫は人類の食糧事情を破壊するのか救うのか?

考えさせられるアフリカからの二つのトピックスです。





◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村
  


Posted by 酒そば本舗店長 at 10:07Comments(0)ニュース・トッピックス