★今街で噂の★酒そばとはこんなそば 酒そばってこんなそば

通常そばを練るときには、水を使用するのですが、その水のかわりに「お酒」を使って練ったのが、 当店自慢の酒そばです!

お酒は富山で人気の地酒を使っています!
お酒の風味と香りが、 そば本来の風味と香りにからみあい、今までにないおいしいおそばができあがりました!

そば通、お酒通と呼ばれる方の中には、そばを食べ終わった後に
「残ったそばつゆに酒を少し足して飲む」のが最大の楽しみといいますよね。
まさしくお酒好きの方には、もう「たまりませ~ん!」っておいしさです♪

でも、お酒の苦手な方でもご安心くださいね! アルコール成分はそばを茹でた時にほとんど飛んじゃいますから、 お子様でも安心して食べられますよ!
(※但し、アルコールに弱い体質の方や小さなお子様はご注意ください。)


酒そばをゆでた後の蕎麦湯はえもいわれぬおいしさそばを茹でたあとのそば湯は ほのかなお酒の香りと旨味がでており、 それはそれはえもいわれぬおいしさ!
そばのお味から、香り、はたまたそば湯まで、 全てがたまらなぁ~いのが酒そばです♪

いつもの「そば」とは違う、ちょっとリッチなひと時を「酒そば」でお楽しみください♪


★これは珍しい!ひそかな噂を呼んでいる★こだわり酒そばこだわり酒そば

当店売れ筋NO1がこの「こだわり酒そば」です!


「こだわり酒そば」は、その名のとおり、
原材料にこだわり、厳選した、国産の原材料を使用しています!

そば畑■こだわり・その1:そば粉■
そば粉は、日本有数のそば処信州・安曇野(あずみの)産のそば粉を、 石臼にて、丁寧に、丁寧に、粗挽きしたものを使用しています。

北アルプス山麓長野県安曇野市一帯の地域は、 名水百選「安曇野わさび田湧水群」で知られる日本有数の名水の土地です。

清らかでミネラルが豊富な水によって、味も香りも素晴らしいそばが育まれます。


豊かな大地が育む小麦畑■こだわり・その2:製法
このそばの味と香りを最大限引き出すため、 製法にもこだわっています♪

そばの実を製粉する際、これまでの方法ですと、 機械製粉のためかなりの熱が発生し、 そば本来の香りが失われてしまいます。
昔ながらの石臼を使ってゆっくりと、丁寧に、丁寧に、挽くことによって、 そばの実の甘皮と呼ばれる部分をも一緒に挽きくるんだ、 そば本来の香り一杯の粗引きの「そば粉」にしています。

■こだわり・その3:小麦粉
小麦粉は北海道の大地が、育んだ小麦粉を使用しています!
北海道産小麦の特徴は、風味がよく、 その豊で広大な大陸同様、豊かな味わいを大切にし、そばの風味を最大限に生かす粉です。


富山県高岡市雨晴海岸より望む立山連峰■こだわり・その4:お酒
地元富山で人気の地酒を使用しています。

富山県は、三方を北アルプス立山連峰などの、山岳地帯に囲まれており、 中央には実り豊かな平野が広がっています。

富山湾、日本海へと開けている天然の巨大ダムともいえる山々からは、 一年を通じて豊かで、清らかな水が生まれるんです!
豊かな大地と清らかな水に育まれた米どころ富山は、日本でも有数の酒どころでもあります。

酒そば本舗の酒そばは、富山で人気の地酒を使用しています。

2018年02月07日

カンバック、背番号「55」


立春も過ぎたというのに、またしてもすっぽり雪におおわれた状態の当地北陸富山です。

春の気配すら感じさせぬ厳しい寒さが続いていますが、久しぶりでこの方のお姿を目にすることができ、ほのぼのと心が温まりました。

まさに球春を呼び寄せてくれる千両役者です。


スポーツニュースより、松井氏 巨人・岡本をマンツーマン指導

ほ~、この方が臨時コーチとして巨人宮崎キャンプに来ておいでだとは知りませんでした。


配信されている写真を見ると、身に着けたジャージの胸には「GAIANTS」と書かれていますね。永遠のジャイアンツファン、永遠の松井ファンを自認する私です。たとえジャージであったとしても、背中にはぜひ「55」と書かれてあって欲しいものです。(笑!

臨時コーチなどといわずに、ぜひ背番号「55」と書かれた正式なユニフォームを着て、東京ドームのグランドに立つお姿を見せてください。


頑張れ、松井!

いつでもどこでも永遠にあなたを応援しています。






◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村
  


Posted by 酒そば本舗店長 at 11:39Comments(0)

2016年05月25日

頑張れ、猫ひろし!ニャー!


リオ五輪リンピック出場の夢が叶えばいいですね。この方、猫ひろしさん。ずっと応援していました。


ウエブニュースより、
猫ひろし、リオ五輪出場決定と現地報道

今月カンボジアで行われた2016リオ五輪・カンボジア代表選考大会で優勝した実績は、文句なしと言えましょう。問題は国籍。4年前もロンドン五輪・男子マラソン代表として選ばれながらも国籍の問題で出場が叶わなかった。

しかし、それ以後もカンボジア人としてカンボジア国内に留まりトレーニングを重ねてきた。カンボジア陸連は代表に推そうというのだから、あとは国際陸連が彼の国籍をカンボジア人と認めてくれればというこになる。


国籍の難しい規定はわかりませんが、血の出るような厳しいトレーニングを積んだ上で、まじめに出よう、出たいという者は出してやればいいじゃないか。かのクーベルタン男爵は、言ったではありませんか。オリンピックは参加することに意味があると。

同時に配信されている猫ひろしさんの写真、これは代表選考レース終了直後に撮ったものでしょうか、さわやかに引き締まった笑顔が写っていますが、これはお笑い芸人というよりアスリートの顔ですね。

猫ひろしさんにはぜひ夢を叶えてもらいたいものです。

頑張れ、猫ひろし!リオ五輪では見事42.195キロを完走し、ゴールを「ニャー!」と切って欲しいです。




◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ



  


Posted by 酒そば本舗店長 at 09:14Comments(0)

2016年02月04日

盟友


ショッキングなニュースが世間を驚かせています。

プロ野球界で一名を馳せたスラッガーの引退後の人生を狂わしたものは、いったい何だったのだろうか。


ウエブトピックスより、
KKコンビの桑田氏が心境語る 「人生でもう一度逆転満塁弾を」

「もう少し僕が(意見を)言い続けた方がよかったのかな」

高校時代から彼の盟友として活躍した野球評論家の桑田真澄氏の言葉だけに、聞くものの胸に重く突き刺さるものがあります。


「(今後の)自分の人生できれいな放物線を描く逆転満塁本塁打を打ってほしい」

桑田氏の悲痛な思いが盟友の心に届くことを節に祈っています。





◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ

  


Posted by 酒そば本舗店長 at 15:10Comments(0)

2015年10月23日

永遠の松井ファンです!PART5


プロ野球日本シリーズが今週末より始まります。永遠のジャイアンツファンを自認する私としましては、すでに今シーズンは終了しているといってもいいので、ヤクルトにもソフトバンクにも両方頑張って欲しいものですな。(笑!

それより未だにジャイアンツの次期監督が決まらないというのはどうしたものだろうと気を揉んでいたら、こんなトピックスが目に入りました。

ウエブトピックスより、
松井氏 来季ヤ軍打撃コーチ就任は望まず 米メディア報じる

えっ、ヤンキースの打撃コーチに乞われていたんですか!?・・・で、それを断わるだろうと。

永遠の松井ファンをも自認する私としては、複雑な思いですな。丁度メジャー挑戦を表明して現役時代にヤンキースに移籍したときと同じような心境です。あの時は「行かないでくれよ」だったのですが、今は「どうして戻って来ないのか」の違いこそありますがね。

ヤンキースの打撃コーチ、ヘッドコーチ、監督なんて道が見え隠れするような書き方までしてあるところをみると、また日本とメジャーの板ばさみということになるんじゃないのか?

でも本人が打撃コーチ就任を望んでいないというのであれば、古巣のジャイアンツのことを考えてのことかとも取れるのですが・・・。

私としては背番号「55」の雄姿を東京ドームで見たいようでもあり、ヤンキースタジアムでも見たいような気もしないでもありません。まあ、ほんとうに気の病むことです。




◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ

  


Posted by 酒そば本舗店長 at 13:28Comments(0)

2015年08月06日

「暗い波濤」 上・下


作家の阿川弘之氏の訃報に接し、激動の昭和を知る良識の人をまた一人失ったの思いを強くしています。

ウエブニュースより、作家の阿川弘之氏が死去 文化勲章受章者

氏の書籍に最初に出会ったのは、40年以上も前、私が大学1年生のとき。書店の店頭に積まれていた上下2巻からなる単行本。「暗い波濤 」(上)(下)は、私の読書暦の原点ともいえる作品です。



書評については専門家にお任せするとして、絶望的な国情の中で青春期を迎えられた氏にとって、当時この国に「海軍」があったことは幸なことであったと言えるのではないか。

"目端が利いてスマートでウイットに富んだジョークを忘れぬ"一生を貫かれた氏に、言葉には表せぬ強い憧れに似た感情を抱かずにはおられません。

阿川弘之氏のご冥福を心よりお祈りいたします。




◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ


  


Posted by 酒そば本舗店長 at 12:16Comments(0)

2015年02月24日

頑張れ、猫ひろし!


日曜日の9時から民放で放映されていましたから、私もスタートの号砲からずっと視聴していました。東京マラソン。
ボストンマラソンのゴール付近で起きたテロによる爆発事件や、中東で日本人ジャーナリストが殺害される事件があったばかりのことでしたから、厳重な警戒態勢が敷かれた中での大会が注目を浴びたようです。

たくさんのお巡りさんがマイクとカメラを装着していっしょに走っている姿が写っていましたが、皆さんはどのようにお感じになられましたか?

お巡りさんもご苦労なことだと思う反面、これだけの脚力のあるお巡りさんを動員することができる警視庁って、凄い組織だなと感心したりしたのは、私だけではないと思ったりしています。

まあ、お巡りさんにも目はいきましたが、私が一番注目したランナーはこの方、猫ひろし。今回も出場し自己新記録のタイムでゴールインしたということです。


ウエブトピックスより
猫ひろしさん「猫の日」に自己記録更新-東京マラソン終え歓喜の「ニャー」


2月22日が猫の日だということ知りませんでした。「2」をニャーと読めとは少々無理があるような気がします。まだ犬の日なら「1」を「ワン」と読めないこともないですが・・・。(後で調べてみたら、11月1日は犬の日だということを知り驚いています。)

そんな犬猫の鳴き声のことより、マラソンにかける猫ひろしさん(37歳)の姿勢。マラソンを始めたのは30歳のときというのですから、7年で2時間半で走れるようになるって並大抵のことではないと思うのですが・・・。もっともマラソンの経験はなかったといいながらも、いきなりフルマラソンを走った2010年の東京マラソンで3時間を切るタイムで完走できたというのですから、心肺機能が生まれつき強固なのでしょうね。

いや強固なのは心肺機能だけでなく、仕事の合間をみて毎日トレーニングを欠かさないという意志も桁外れに違いありません。それは「マラソンには、まぐれも奇跡もにゃい!走った距離は裏切らにゃい!」という言葉によく表れていますね。

まぐれや奇跡でいいタイムが出るものではない。日々どれだけ努力を積んだか、努力が結果につながるのだと言っています。本当に頭が下がります。


頑張れ、猫ひろし!

リオオリンピック、いやその次の東京オリンピックでもあなたの雄姿を見れることを願っています。ニャー!





◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ

  


Posted by 酒そば本舗店長 at 12:14Comments(0)

2014年07月26日

老中とお呼びしましょうか、麻生副総理?


歯に衣を着せぬ直言で何かと物議を呼ぶこともしばしばおありの麻生副総理兼財務大臣。AKB48を例えに「せーのでまとまる」ことが大切とおっしゃったばかりでしたが、今度は田村厚生労働大臣が苦心に苦心を重ねて考えついた案をバッサリ切り捨てた。

ウエブニュースより
「熟年高齢者」案バッサリ 麻生財務相「言葉遊びに興味はない」

いわく「・・・昔は偉い方を老中とか言ったのであって、若年と言い換えたからって、私の感性には響かない」ですと。

そもそも75歳以上の高齢者全員と、65~74歳で障害のある者を対象とする、他の医療保険とは独立した医療保険制度を導入した際に、高齢者を60~74歳までを前期、75歳以上を後期としたことが事の発端でしたね。「後期高齢者」という言葉の響きが悪いと言うことで、優れた医療保険制度そのものも悪者呼ばわりされることになってしまったいわくつきの役人言葉でした。

所管の田村厚生労働大臣のお気持ちもよく分かりますが、麻生副総理は1940年のお生まれだそうですから、御歳74歳、そうすればあと1年で後期高齢者にお成りになる。昔は老中と言ったではないかと反発したくなるお気持ちも分かります。

ならば、麻生老中兼財務大臣とお呼びしましょうかね。(笑!


人間50年と言われたその昔、60歳・70歳と年齢を重ねた年寄りの存在こそ貴重で、経験に裏付けされた見識の高さが老中という言葉を生んだのでしょう。今は平均寿命80歳・85歳の平成の御世ですからね。どうしたものでしょう?

ところで麻生副総理のご様子を窺うかぎり、いたってご健康のようですし、「せーのでまとまると一流品」という仲間も大勢いらっしゃる。老中はおろか大老も狙おうかという勢いさえ感じさせますが・・・。


くれぐれも「老害」などと後ろ指を刺されぬようご注意が肝要かと要らぬ心配をしています。




◆酒そば本舗トップページへ◆


**貴方の共感できる生き方がきっとある**
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ

  


Posted by 酒そば本舗店長 at 15:58Comments(0)

2014年07月23日

「せーのでまとまる」ことが大切・・・?


ご自身首相の経験者でありながら、副首相として安倍内閣を支える麻生太郎財務大臣。首相のときは支持率の低迷からついに脱却できませんでしたが、副首相となられてから人気が上がるというのはどういう風の吹き回しか?

口は災いの元とは言うものの、それを恐れるそぶりも見せぬのがこの方の魅力。歯に衣を着せぬストレートな物言いにその秘密があるのかもしれません。


ウエブニュースより
麻生副総理がAKBで「日本の底力」を指摘

「AKBにはひとりでは一級品はいないが、まとまったら一番いい」ですと。麻生副総理は漫画やアニメばかりでなく、芸能関係にもずいぶんお詳しいようですね。

AKBって、AKB48というくらいだから、メンバーは48人いるんでしょ?私なんぞは48人全部同じ顔に見えますがね。(笑!

なるほど、48人同じに見えるということは、一級品はいないという証でもあるということですか。


「ものづくりを中心とした景気回復や雇用の創出で経済再生や地方活性化を実現していくべきだ」なんて、政治家ならみんな口を揃えて言うこと。AKBと同じじゃないか。十把一からげ、みんな同じ顔ですな。


・・・なに、なに、「せーのでまとまる」ことが大切ですって?


はは~ん、それで麻生派などと称してみんなで一緒にまとまろうとなさっているんですかね?一級品がいない辛さですな。(大爆笑!





◆酒そば本舗トップページへ◆


**貴方の共感できる生き方がきっとある**
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ


  


Posted by 酒そば本舗店長 at 08:45Comments(0)

2014年07月12日

スプリット・フィンガー・ファストボール


「好事魔多し」といいます。今シーズン鳴り物入りで大リーグの名門ニューヨーク・ヤンキースに移籍した田中将広投手。これまでリーグトップの12勝をあげ、名門チームの大黒柱として目覚しい活躍をしていたのでしたが・・・。

ウエブトピックスより、
スプリット投げすぎ影響? 田中将、右肘靱帯の部分断裂で長期離脱も

スプリット(スプリット・フィンガー・ファストボール)を投げすぎたと報じられていますが、はたしてそうかな?

スプリットっていわゆるフォーク・ボールのことでしょ?マー君クラスの投手であれば、少年野球時代から見よう見真似で投げていたでしょうし、本格的にピッチャーをやり始めたという高校生の時には、すでに高速スライダーとフォークを習得していたはずです。楽天時代の7年間を合わせると数え切れない数になると思うのですがね。

昨年の日本シリーズ、第6戦に先発しながら翌日の第7戦にリリーフとしてマウンドに上がったマー君を思い出してください。すべてはこのような起用方法にに行き着くように私には思えるのですが、監督から「投げてくれ」と言われれば、「投げれません」とは言えないのがマー君のよいところでもあり、結果悪いところでもあったということでしょう。

チームを通じて発表した田中投手のコメントによれば、

「これも長い野球人生の一部であると受け止めています」「しっかりと自分の身体と向き合い、一日でも早く復帰できるように努めたい」

と、今回の怪我を冷静に受け止めてようとしているのが分かります。

ここは本人が言っているように冷静になるのが何よりも肝心。あまりにも急いで階段を上りすぎたの反省と、別に階段を踏み外して転げ落ちたわけではない、次のステップに登るために踊り場で足慣らしをしているくらいに考えて欲しいですね。

ここは天が与えてくれた安息日と心得て、体調復帰に努めて欲しいものです。


がんばれ、マー君!必殺のスプリットをまた見せてほしいです。




◆酒そば本舗トップページへ◆


**貴方の共感できる生き方がきっとある**
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ


  


Posted by 酒そば本舗店長 at 11:42Comments(0)

2014年06月09日

オバマ大統領とジョン・ウェイン


第2次世界大戦のヨーロッパ戦線の命運を決定づけたといわれる連合軍によるノルマンディー上陸作戦。戦後生まれの我々は歴史の教科書と映画「The Longest Day」で知るのみ。日本では「地上最大の作戦」と訳されていますね。

アメリカ人が大好きな言葉、「正義」と「強さ」を演じさせたら、この人の右に出るものはいないといわれたジョン・ウェインが上陸部隊の指揮官を演じていました。

上陸作戦が成功し橋頭堡が確保された海岸にやって来たジョン・ウェインが、ほっとして葉巻を吸おうとしたシーン。口には作戦が発動される前からずっとくわえていた葉巻があって、濡れてベタベタになっているというカット。

まさかオバマ米大統領は、「正義」に満ちた「強い」アメリカをジョン・ウェインに倣って演じようとしたわけではないでしょうね。


ノルマンディー上陸作戦70周年の記念式典に参加したオバマ大統領が、式典中にガムを噛んでいたと非難を受けているという話題。

ウエブトピックスより
式典中ガム「恥知らず」…オバマ氏に批判相次ぐ

この人ほど世界中の人の視線が集まる人はオバマ大統領をおいて他にはいませんね。ご本人もそのことは十分すぎるほど承知しているはず。上手の手から水が漏れたとしか言いようがありません。

さてオバマ大統領はこの痛恨の失態を今後いかなる作戦で挽回しようというのでしょうか?残された日はけっして長くありません。



◆酒そば本舗トップページへ◆


**貴方の共感できる生き方がきっとある**
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ

  


Posted by 酒そば本舗店長 at 11:14Comments(0)

2014年05月25日

永遠の松井ファンに変わりはありません!


今シーズン初めてのプロ野球の話題。

永遠のジャイアンツファンとしましては、なかなか調子の波に乗り切れないチーム状況に一抹の不安を抱かずにはおれません。投手陣、野手陣ともにこのままの状況であれば、日本一奪還はおろかペナント制覇さえ危ぶまれます。

鳴り物入りでキューバの主砲を入れたりしたものの、今のところパットした活躍も見られないのはどうしたことか。そんなことなら、この人を現役復帰させてチームに合流させた方がよかったと思うくらいです。

ウエブトピックスより
松井氏が本塁打 野球殿堂の記念OB戦


永遠の松井ファンとしましては、同時に配信されている写真を見るかぎり、現役時代と変わらぬスイングに見えますがね・・・。

この角度からバットを振り切った状態の背に「55」がこのように見えるとき、ボールは高々と舞い上がりライトスタンドに吸い込まれていくのでした。

ヤンキースのピンストライクのユニフォームの「55」もいいですが、ジャイアンツのユニフォームの「55」も早く見せて欲しいものです。まあ、現役復帰は叶わないとしても、松井氏のジャイアンツ復帰を願ってやみません。


あらためて声高らかに宣言したいです。いつでもどこでも永遠の松井ファンに変わりはありません。




◆酒そば本舗トップページへ◆


**貴方の共感できる生き方がきっとある**
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ

  


Posted by 酒そば本舗店長 at 12:44Comments(0)

2012年12月29日

永遠の松井ファンであることに変りはありません!



巨人で10年、大リーグで10年今さら言うまでもなく日米を代表する希代のホームランバッター松井選手の現役引退のニュース、永遠の松井ファンを自認する私としては正直あまり触れたくないというのが本音ですが、やはり一人の松井ファンとして、この話題に触れておかなければならないような気もするのです。


彼が日米の野球ファンを魅了してやまないのは、彼のプレーヤーとしての超一流の資質もさることながら、プレーヤーである前に一人の人間としても、我々を惹きつけるものに溢れているからと言えそうです。

自分の持つ稀有の資質に決して奢ることなく、常に謙虚で周囲の人を気遣うもの言いや振る舞いは、並の人間にはとても真似のできないことですよね。それでいて茶目っ気溢れる言動を見せてくれるところもあります。そんなときは決まって話し言葉の最後に「・・・へっへっ!」と笑って、照れ隠しをするのが常でした。

「苦しみやつらさこそが、生きている証しではないでしょうか。僕は、生きる力とは、成功を続ける力ではなく、失敗や困難を乗り越える力だと考えます。・・・へっへっ。。。」


松井秀喜、私は今までずっとそうであったように、これからも、いつでもどこでも永遠の松井ファンであり続けることを宣言します。


◆酒そば本舗トップページへ◆


**貴方の共感できる生き方がきっとある**
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ


  


Posted by 酒そば本舗店長 at 13:03Comments(0)

2012年12月18日

801回目の投了


趣味をひとつあげよと言われれば、将棋と答えたい。

腕前はと聞かれれば、王手飛車がかかった局面で飛車を逃げる手段を必死で考えるという絵に描いたようなヘボ。自玉の頭に金を置かれて初めて詰んでいることに気づくという自称「頭金流」です。

ですから私の場合は趣味といってもゲームとしての将棋を指すことより、書籍やテレビなど通じて専門棋士の人となりに接するのが好きという将棋ファンといった方がいいかもしれません。

私を熱烈な将棋ファンにした専門棋士、米長邦雄永世棋聖がなくなられたという報に接し、驚きに耐えません。前立腺がんを患っておられると聞いていましたが、普段テレビなどで拝見していましたから、快方に向かっているものとばかり思っていました。

ウエブニュースより
米長邦雄さん死去:ブログに「遺言」

米長さんのブログはお気に入りに入れて、しばしば拝見していましたが、そのブログに人生の終局について自ら書き込んでいらしたという米長流の"遺言"は、見過ごしていて存じ上げませんでした。

左手に持った扇子を膝の上に立てて、その上に右手の肘をついて頬杖をするようにして盤上を見つめる米長永世棋聖の対局姿を見るのが好きでした。・・・もうあのお姿は見れなくなったのですね。

大きな声で「負けました」と投了を告げるのも米長流でしたね。通算成績は1103勝800敗1持将棋ということだそうですが、そうすれば800回大きな声で終局を告げたということになります。801回目の投了の意思表示が人生の終局となったわけですが、もしかしたら人生の終局でも大きなお声を発せられたかも知れません。

専門棋士は終局のあと必ず一局をふり返って感想戦を行うそうですから、米長さんもきっと天国で人生の感想戦を行っておられることでしょう。

米長さんのことです。ひょっとして「あそこで前立腺がんとは、読みになかった・・・」などと冗談半分にぼやいておられるかもしれませんね。


ご冥福をお祈りします。



◆酒そば本舗トップページへ◆


**貴方の共感できる生き方がきっとある**
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ

  


Posted by 酒そば本舗店長 at 16:03Comments(0)

2012年10月05日

「鈴木△」の意味分かりますか?


本日の日経最終面文化欄は、新語アナリストの亀井肇さんの投稿『浮いては沈む新語追う』が載っています。亀井さんといえば、確かNHKラジオ第1放送の「当世キーワード」に出演しておられる方ですよね。最近は時間帯の関係で聞く機会がなくなりましたが、以前は車に乗りながら毎日亀井さんの解説に耳を傾けるのを楽しみにしていました。

新語ってそうそう出て来るものではあるまいと、聞く方のネタ切れの心配をよそに、毎日4~5つの新語を次から次へ紹介し続けておられますね。亀井さんはどうやって情報収集をなさっているのだろうと常々疑問に思っていましが、本日のコラムを読んで納得しました。

毎日数種類の新聞を目を皿のようにして読み、文字を見つめ、昨日までなかった言葉を捜すという作業を43年間休まずやって来られたとうことですから、ただただ脱帽の一語に尽きます。

私などに言わせれば、どうしてまたそんな根の詰まるようなことを好んでなさるのだろうかと思ってしまうのですが、亀井さんおっしゃるには、

「膨大な言葉を見つめ、背後にある時代を読み取る。そんな作業が溜まらなく好きになった。今ではすっかり"言葉オタク"だ」と。


さすがの亀井さんも判読に苦しんだという現代の若者のネット言葉が紹介されていましたので、皆さんもその意味をお考え下さい。

人名のあとに「△」がついている造語、たとえば人名が鈴木さんなら、「鈴木△」となります。佐藤さんなら「佐藤△」のごとく・・・。はたしてこの造語(新語?)はどういう意味を持つと思いますか?

「△」は見たままの「三角形」のことですが、「さんかっけー」と読むんだそうです。
ですから「鈴木△」なら「鈴木さんかっけー」となり、「鈴木さん、かっこいい」という意味を持つということになるんだとか。

・・・もうこれは降参、とてもついて行けませんね。(笑!


最後に最新のノートから3語紹介してありました。

「秋バテ」「クリームパン足」「ウシャヒディ」

意味についての解説は書かれていませんでしたので、朝からずっと考えているのですが、「秋バテ」は何んとか想像できますが、あとの2つはさっぱり分かりません。

皆さんはいかがでしょうか?



◆酒そば本舗トップページへ◆


**貴方の共感できる生き方がきっとある**
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ


  


Posted by 酒そば本舗店長 at 11:28Comments(0)

2012年07月27日

バッテイングセンターの魅力に取りつかれた男


本日の日経最終面文化欄、フリーライターの吉岡雅史さんの投稿がおもしろい。

なんと吉岡さん、国内外のバッティングセンター800箇所以上を訪れ、バットを振るって来たというのです。日本だけではすまず、現在アメリカのバッティングセンターを制覇中ということですから、まったく恐れ入りますね。

1996年より全国行脚をスタートし、98年の2月28日千葉県佐倉市の店で全国制覇を達成したということです。ちなみに2月28日は長嶋茂雄さんの誕生日だということですから、吉岡さんもご多分にもれず"ミスター"のファンなんだな・・・。(永遠の長嶋ファンを自認する私でさえも、ミスターの誕生日は知りませんでしたよ。)

ところで私が住む片田舎の町でさえ、私の知る限り3軒のバッティングセンターがありますよ。私はこのうちの1軒にだけ入店したことがありますが、そこそこバットに球は当たったものの、翌日から1週間筋肉痛に悩まされました。私の打席の隣で、大振りをしていた人が吉岡さんだったのかもしれませんね。(笑!

吉岡さんは、230キロの速球を繰り出すマシンのある店や、ホームランを打つと1000円貰える店、同じくホームランを打つと王貞治さんがホームランを打ったときのラジオ実況が流れる店など、北は北海道名寄市から南は沖縄の石垣島まで776店でバットを振って来た方だから、筋肉痛というようなことはないですよね。

しかし、紙面に掲載されているアメリカニューヨーク州のバッティングセンターでバットを構えている吉岡さんの写真を見る限り、私らと変らない素人っぽい構えに見えますがね・・・。(吉岡さん、ゴメンナサイ!・・・笑!)

お金も時間も体力もかかると吉岡さんご自身おっしゃっておられますが、私なんぞはその3つとも全てがネックになってとてもできるものではありません。そんな我らが中年族の希望の星、吉岡雅史さんには、ぜひ頑張っていただいてアメリカ50州も全制覇してもらいたいものです。


フレ~(文字どおり、振れ)、フレ~(振れ)、吉岡!

吉岡雅史さんに拍手喝采を送りたいと思います。



◆酒そば本舗トップページへ◆


**貴方の共感できる生き方がきっとある**
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ




  


Posted by 酒そば本舗店長 at 11:22Comments(0)

2012年07月03日

名コーチと名監督の関係


プロ野球セリーグ・ペナントリーグ、快調に首位を走っていたドラゴンズ。一方スタートのつまずきから低迷を抜け出せないでいたジャイアンツでしたが、交流戦をきっかけにまき直しをはかり、気づいてみれば、首位に2ゲーム差と肉薄。

オールスターを控えた前半戦の天王山ともいえる首位と2位のチームの直接対決は、ジャイアンツが3連勝でドラゴンズを下し、首位を奪還しました。

素人目にも両チームの投手力の差が出たのは明らか。ドラゴンズはどうしてエース吉見を温存したのかと不思議に思っていたら、当のドラゴンズの高木監督も同じ思いであったというのですから、ちょっと驚きました。

ウエブトピックスより
73歳権藤コーチが70歳高木監督に説教…中日

選手起用に関しては監督が絶対の権限を持っているのがプロ野球というものでしょう。監督がこのピッチャーでいくと言えば、投手コーチは従うものとばかり思っていましたが、少なくともドラゴンズではそうでなかった。

中日・権藤博投手コーチ御歳73歳。98年にあの横浜を日本一に導いた監督だっただけのことはありますね。投手起用に不満を漏らしたばかりか、結果を出せなかった先発投手3人をけなした高木監督に対し、次のように言って諭したというではありませんか。

「野球は動けば負け。巨人がライバルだと言っても(トータルの)勝ち星で戦っている」

「かばってくれるはずの味方に怒られるほど、つらいことはない。何十年もコーチをやってて、怒って選手が良くなった試しはない」

人生の甘いも酸いも、勝負の機微も知り尽くした名コーチと言えましょう。


一方の高木守道監督、御歳70歳。「批判とかではなく、選手やコーチには仕事をしてもらわないと。仕事をしなければコーチにだって怒るよ」と、強く勝利を追い求めるからこその発言だったと素直に釈明したというのですから、こちらも大物。

そもそも投手起用に関しては、初めから権藤コーチに全てを任せていた節が感じ取れますが、コーチを信頼して全てを任せるというようなことは、口でこそそのように言えても、実践となると並の監督の器ではなかなかできぬことです。

今回は監督・コーチの間で交わしていたに違いない暗黙の了解を若干フライングしたことを素直に認め、コーチの進言にこれを諾として聞き入れた。度量の大きさを示してくれた高木監督です。


恐るべし中日ドラゴンズ、恐るべし権藤博投手コーチと高木守道監督。

永遠のジャイアンツファンとしては、首位奪還に浮かれてはおれません。



◆酒そば本舗トップページへ◆


**貴方の共感できる生き方がきっとある**
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ


  


Posted by 酒そば本舗店長 at 12:18Comments(0)

2012年01月09日

松井頑張れ!永遠の松井ファンです2012バージョンPART1


シーズンオフを賑わすストーブリーグ、年が明けても行く先が決まらない米メジャーリーグ松井秀喜選手に、思わぬ形で注目が集まることになったという報道。

松井、ヤ軍復帰急浮上 ポサダ引退、不在のDH候補に

永遠の松井ファン、そして永遠のジャイアンツファンを自認する私でありますが、そういえば昨シーズンは、春先からシーズン終了まで松井のこともジャイアンツのことも一度も話題にしなかったような気がします。国内では連続リーグ3位に終わったジャイアンツ、海の向こうでは活躍する機会も少なくシーズン最低の成績で終わった松井と、言わずもがなの残念な年でありました。

もし松井が再びニューヨークに戻り、ピンストライプのユニフォームを着るようなことがあれば、ワールドシリーズ優勝、そしてワールドシリーズ最優秀選手に輝いた2009年の再来を心から期待するものです。国内でもジャイアンツがリーグ優勝と日本一に輝いた年でもありますね。

振り返ればあの年、あのシーズン、海の向こうとこちら側で二兎を追って二兎を得るという古来よりの格言を覆す快挙を成し遂げることができたのでした。

夢よもう一度・・・。

松井頑張れ!いつでもどこでも永遠に貴方を応援しています。

そしてジャイアンツ頑張れ!再び声高らかに永遠のジャイアンツファンであることを(恥じらいもなく・・・笑!)宣言します。



◆酒そば本舗トップページへ◆


**貴方の共感できる生き方がきっとある**
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ

  


Posted by 酒そば本舗店長 at 15:41Comments(0)

2011年12月29日

人生の厚みPART3


プロゴルファーの杉原輝雄さんがお亡くなりになられたというニュースに接しました。がんに侵されながらも現役を続けておられたということも、何度か報じられていたので承知していました。
伝統ある中日クラウンズトーナメントに連続51回出場なさったという驚異的な記録は、"伝説"として永遠に語り継がれることでしょう。

杉原さんについては、ずいぶん前に一度話題にしたことがあったと思ったので調べてみましたら、2009年の中日クラウンズトーナメント第50回大会に出場し、予選落ちに終わった時の杉原さんの手記の驚異的な内容について取上げておりました。

「年はとっているけどこんなもんじゃないぞ。51回目となる来年は体を立て直し、汚名を返上したい」

この言葉どおりにがんと闘いながらも、翌2010年の51回大会も出場されたのでしたが、今年2011年は治療に専念することを余儀なくされたのでした。杉原さんの胸のうちを思うとき、私ごときにも熱いものがこみ上げて来るのを禁じえません。

杉原プロ、お疲れ様でした。ゆっくりお休み下さい。・・・・といっても、きっと天国でスイングの練習に余念のないことでしょうけれど。

これぞプロ、プロ中のプロ、偉大なプロゴルファー杉原輝雄さんの死を悼みます。




◆酒そば本舗トップページへ◆


**貴方の共感できる生き方がきっとある**
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ

  


Posted by 酒そば本舗店長 at 13:08Comments(0)

2011年01月29日

9割9分9厘8毛の絶望


毎週土曜日の日経は、NIKKEI PULUS 1 が別折込で付いて来ます。私はこれをオマケの日と呼んで歓迎しています。中でも毎月最終土曜日には「食の履歴書」が掲載されるので、とりわけ楽しみにしています。

「体に刻んだ勝負勘」「劇的スパートの原動力」「恩師との食卓、『適正量見』極めるテスト」

今日掲載されたこのコーナーの見出しですが、これだけを見て誰の「食の履歴書」か分かる方、相当の陸上競技ファンと言えますね。

それでは書き出しの部分をヒントにして、もう一度考えてみてください。

ラスト400メートルでは世界に敵なしと言われた爆発的なスパート力。・・・今なお「日本史上最強」と呼ばれ続ける。劇的なレース展開でライバルをことごとく退けた原動力は、食生活の中で鍛錬を重ね、体に刻み込まれた的確な"勘"から生まれていた。

もうお分かりでしょうか。今日は元マラソンランナー瀬古俊彦さんの「食の履歴書」でした。

実際の紙面には、瀬古さんの大きな顔写真が載っているので、すぐこの方だと分かるのですが、往年の街道を疾走する瀬古さんとはかなりイメージが違っているので、少々驚きます。

・・・はっきり言って、お年を取られた。(笑!

やはり月日は、世界最強ランナーをしても年相応の風貌に変えてしまうものなのですね。それに太られた。(私と同じです。。。再び、笑!
それに、メガネをかけておられる。老眼鏡か?(これまた私と同じです。。再々笑!

マラソンに限らずスポーツ選手は体が資本ですから、食事が大切であることは素人にも想像がつきますが、どちらかといえばマラソン選手が、そんなにガツガツ食事を摂っているものだとは知りませんでした。

見出しの「恩師との食卓」とは、大学時代住みこみで厳しい教えを受けたという中村清監督(当時)のこと。中村さんは、燃えるような情熱を持って練習に取り組むことの大切さをこのようにして部員に説いたというのですから、圧巻です。

中村氏は、突然土の塊がついた草をむしり取り、「これを食ったら世界一になれると言われたら、私は食える。練習も同じで、素直にハイと言ってできなければ強くなれない。」そしてその草を食べ終わるやいなや、「瀬古、マラソンをやれ。君なら世界一になれる。」当時中距離が得意種目で、1500メートルをやろうと決めていた瀬古さんでしたが、思わず「ハイ」と即答してしまったと。

練習場に立つ中村氏の足元に雑草が生えていなかったら、世界の瀬古は生まれていなかった。。。


中距離は「素質7割、練習3割」で勝てるが、マラソンは「素質2割、練習8割」とは、瀬古さんの言葉だけにいかにも説得力があるように聞こえますが、あの瀬古の素質をしても2割とは、何と非情ではありませんか。


嗚呼、素質2毛もない上に、練習0割の我は、如何にせん・・・!




◆酒そば本舗トップページへ◆


**貴方の共感できる生き方がきっとある**
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ

  


Posted by 酒そば本舗店長 at 15:11Comments(0)

2010年04月14日

(新)永遠の松井ファンです!PART2


永遠の松井ファンを誰はばかることなく公言してやまぬ私としましては、これほどうれしいトピックスの配信はありません。
朝から何度記事を読み直し、赤いユニホームの背番号55の画像をうっとり眺めていることだろう。

凱旋にNY総立ち!松井秀、感動の世界一リング

松井については、ヤンキース時代に「永遠の松井ファンです!」シリーズで、何度も取り上げてきましたが、PART14~15ぐらいまでいったでしょうか?番号を覚えるのが面倒になったので、「(新)永遠の松井ファンです!」としたくらいです。

当然のことながら、昨年「私が選ぶ2009MVP」でも松井以外の名前は思い浮かびませんでした。

松井の魅力については、何度も言っていますが、超一流のプレーヤーである前に超一流の人間であるということ。絶えず回りの人の気持ちを思いやり、自分を表に出すということがありません。頭脳も明晰ですね。

今日配信されているトピックス、ビジターとしてはじめて訪れたヤンキースタジアム、練習前の記者からの質問の応対にもそれがよく読み取れます。

移籍の最大の要因となった左翼の守備問題、記者からヤ軍は判断を誤ったのではと問われると、「僕自身はまだできると思うが、ヤンキースの事情もあった。理解はしている」と答えている。

ヤ軍と自分の見解の違いは認めるものの、自分の主張を聞き入れてくれず放出したヤ軍にむしろ理解という言葉使いを用いて配慮さえ示している。エライ!器の度量が違うと思いませんか?

新ヤ軍打線の印象を問われると「去年までいた日本人がいなくなったけど、相変わらず強いなという印象ですね」と冗談を交えた。ジョークの国アメリカでも、これは場外ホームラン級だ。う~ん、座布団10枚!


ニューヨークだろうが、ロサンゼルスだろうが、ユニホームにストライプがあろうがなかろうが、松井がんばれ!
いつでもどこでも永遠に貴方を応援しています!



◆酒そば本舗トップページへ◆


**貴方の共感できる生き方がきっとある**
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ


  


Posted by 酒そば本舗店長 at 12:07Comments(0)

2009年12月31日

私が選ぶMVP2009は、やはりこの人・・・。


今年一年を振り返って・・・。

今年アメリカで新しく就任した大統領は、国民に「Yes, We can !」と訴えて、その助動詞の持つ意味のとおりを実現しましたね。日本語では、「きっとできる!」というように訳されていると思うのですが、さまざまな思い、夢、望みを抱くのは我々凡人も同じだとしても、果たしてその思いが実現するかというと、残念ながら否という場合が多いのではないか。夢かなわず、途中で挫折してしまう人の何と多きことが。


今年、心に秘めた自分の夢、目標を実現した人物を一人あげよといわれたら、7年がかりで大きな夢を手にした努力の人、松井秀喜、この人を揚げずにはおけません。

「チャンピオンリングがほしくてメジャーリーグに行ったので、7年間は長かったけど、いい1年になりました。MVPは運がよかったという感じ」

松井だけでなく、松井ファンにとっても・・・当然のことながら永遠の松井ファンを自称する私にとっても・・・、長い7年でありました。それだけにチャンピオンリングを手にし、MVPを獲得した彼に送られた「MVP」コールと「マツイ」コールは、何度聞いてもいい。


さらにこのコメントの後半の部分「・・・MVPは運がよかった」というのが、松井の人間性を如実にあらわしている。これがもし、イチローだったら、運がよかったというだろうか?


さて、去就が注目された今シーズンオフ、松井はヤンキース残留を強く望んでいたのだろう。
「ニューヨークが好きだし、ヤンキースが好き」と言った松井のことばに嘘はないと思う。

それだけに、松井の中にも球団に裏切られたという思いが、決してなかったはいえないのじゃないか。愚痴の一つも出そうなもんだ。しかし、そんなことはおくびにも出さないのが松井流。

「自分が身につけているものすべてをエンゼルスの勝利のために出し切りたい。目標はヤンキースにいたときと変わらない」

過去に縛られることなく、新しいチームで自分のプレーに徹することしか考えていない。


そんな松井に惚れるのは、何も日本人に限ったことではない。白人であれ、黒人であれ、超一流選手、超一流人間に対して抱く思いは同じ。

寄せられたファンの声

ニューヨークだろうが、ロサンゼルスだろうが、ユニホームにストライプがあろうがなかろうが、松井がんばれ!
いつでもどこでも永遠に貴方を応援しています!



◆酒そば本舗トップページへ◆


**貴方の共感できる生き方がきっとある**
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ

このボタンを押すと、121カテゴリー、30万件以上のブログが参加している「にほんブログ村」に入れます

  


Posted by 酒そば本舗店長 at 08:28Comments(0)

2009年12月22日

ケイコク・・・!


ウエブトッピックスの思わぬ見出しに、「えっ!ほんとう?」と思われた方多いのじゃないでしょうか?
プーチン露首相、柔道の代表チーム参加を提案

大統領を退かれてからもう8年になるそうですが、意気盛んなことですね。
サンクトペテルブルクの体育学校で開催された柔道の特別授業に参加し、若者をバッタバッタと投げ飛ばし、ロシアの代表チームに参加しても良いと語られたそうです。

「関係者は、プーチン氏の柔道の技術を称賛し、勝たせるために手加減したという見方を否定。学校長も『勝者の心理を持つ人だ』とコメントした」そうですから、恐れ入ります。

・・・がしかし、ほんとうか?

手加減もさることながら、学校長はこう言いたかったのをオブラートで包んだのじゃないかな?

「勝者への執着心を持つ人だ」と。。。

プーチンさんについては、かってこんな話題で書いたことを思い出しました。

「大切なことは、すべて柔道から学んだ」とご本人は言っておられましたが、そうしたら、大統領を退いたというものの、新任の大統領を関節に決めて身動きできないようにしたり、更にそれだけでは満足ができず、次の大統領選出馬に色目を流したりするのも、柔道で学んだの?

ナショナルチームに参加しようというのも選挙のための人気取りか?これも柔道で学んだというのか?・・・???


これはもう、「シドウ」や「チュウイ」どころの騒ぎじゃない。「ケイコク(警告)」だ。
あれ?柔道に「ケイコク」ってあったっけな?

プーチンさん、「ケイコク」は柔道で学びましたか?



◆酒そば本舗トップページへ◆


**貴方の共感できる生き方がきっとある**
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ

このボタンを押すと、121カテゴリー、30万件以上のブログが参加している「にほんブログ村」に入れます


  


Posted by 酒そば本舗店長 at 15:20Comments(0)

2009年12月19日

「六日の菖蒲、十日の菊」


「証文の出し遅れ」とは、まさにこのこと。

ヤンキース、今さら松井に未練…GM「出来るなら待って欲しかった」

「松井は特別な選手。どこにいっても永遠にヤンキースの一員。出来るなら(ヤンキースからのオファーを)待って欲しかった」とは、六日に菖蒲をめで、十日に菊を賛するようなもの、お間抜けぶりに、あいた口がふさがりません。

今度は一転、マツイ残留が既成方針であったかのような口ぶり。名前がキャッシュマンだけに、現金(キャッシュ)な男だ。


ところで、本日の日経の10面を見ましたか!?
コマツが10面全部を使って広告を掲載しておりました。

松井がMVPのトロフィーを胸にして、右手の帽子を大きくあげてファンの声援に応えている写真をバックに、日本語と英語がこんなふうに書かれていました。

「共に歩んだ、すべてを誇りに。」

「Thank you, New York, for all your support.」


現金(キャッシュ)男は、日本には、こんなふうに松井がどこに行こうが、変わらず応援するファンが多くいるということを知らないらしい。

現に永遠の松井ファンを自称する最も強烈な男(私のこと)がここにいます!
いいですか!永遠ですよ!


松井がんばれ!
いつでもどこでも永遠に貴方を応援しています!


(「永遠の松井ファンです!」シリーズは、これまでPART1~PARTいくつにまでいったのか分からぬほど書いてきましたので、今日の「六日の菖蒲、十日の菊」を(新)永遠の松井ファンです!PART1として、松井選手同様新しくスタートしたいと思います。PART2、3・・・をどうかお楽しみに。。。)



◆酒そば本舗トップページへ◆


**貴方の共感できる生き方がきっとある**
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ

このボタンを押すと、121カテゴリー、30万件以上のブログが参加している「にほんブログ村」に入れます

  


Posted by 酒そば本舗店長 at 11:53Comments(0)

2009年11月09日

(新)永遠の松井ファンです!


今日も松井について書きます。
何ゆえにに松井が好きか!?
何ゆえに永遠の松井ファンを公言するのか!?

まず謙虚であること。
超一流の選手でありながら、絶えずチーム、チームメイトのことを考えて行動したり、ものを言ったりしていますね。決して驕った言動はしない。取材記者に対しても、我々野球ファンに対しても同じスタンスですよね。
超一流選手の前に、人間的にも超一流であることの証です。

次に絶えず挑戦を忘れない姿勢。
少年野球時代は当然のことながら、これだけのスタープレーヤーになっても止むことがありませんね。

巷間騒がれている来期のヤンキースとの契約について、私はワールドシリーズでの活躍を担保に契約交渉をすれば、単年度の契約でならなんとかDH選手として残留がはかれるのじゃないかと思っていた。

ところが、松井は違っていた!!

「契約年数、年俸も大事だが、それ以上に『外野手として挑戦させてくれるか』が、譲れないポイントだ」

これは球団が言っていることじゃないんです。松井自らの口から発せられた言葉なんです!

松井秀、「DH・代打」専門ならヤ軍と決別も


「あくまで守備をやるんだ、という気持ちは一時も薄れたことはないです。今はできないけど、ひざがよくなれば必ずやる」

「選手というのは打って、走って、守るのが基本なんです」

膝の故障は必ず克服して、守備にもつける選手として必ず復活するから、挑戦させてくれる意志は球団にあるのか言っている。


こんなすごいこと自分に課す選手いますか!?
松井にはきっと内にひめた自信があってのことだと思うのです。

・・・そうだ!松井ならきっとやれるに違いない。
ヤンキースタジアムの外野を軽快に走る松井の姿が目に浮かびます。

この際、私からも球団に言っておきます。
もし球団が松井との契約をしないとすれば、あとで大きな後悔をすることになりますぞ!


がんばれ松井!いつでも、どこでも、永遠に貴方を応援しています!


◆酒そば本舗トップページへ◆


**貴方の共感できる生き方がきっとある**
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ

このボタンを押すと、121カテゴリー、30万件以上のブログが参加している「にほんブログ村」に入れます

  


Posted by 酒そば本舗店長 at 15:59Comments(0)

2009年11月02日

「棚から本マグロ」・・・とは!


あきらめました~、貴方のことはぁ~♪
もう~、電話も~、かけない~♪

厭世的な雰囲気を漂わせながら、マイナーの調べに乗って歌われる「かもめはかもめ」、シンガーソングライターの中島みゆきさんの数多くの歌のなかでも、なぜか記憶に残る好きな歌です。

その中島みゆきさんに、秋の褒章で紫綬褒章が受章されるというニュースを新聞で知りました。今日の日経社会面には、特別に3段抜きで囲って中島みゆきさんのカメラ目線のポーズをとった写真と、コメントが紹介されております。

このコメントが通常こういった類いの受賞のコメントとしては、まずないと思われるユニークなもの。堅苦しくかしこまらずに、茶目っ気たっぷりのコメントに、この人の才能が作曲や作詞ばかりに限られたものでないことを伺い知ることができますね。

あまりにもシャレたコメントなので、全文紹介しておきたいと思います。

「思いがけずうれしいことの表現に『棚からぼたもち』と申しますが、今の私の気持ちは、ぼたもちどころではございません。『棚から本マグロ』。これくらいの驚きでございます。」

「ふつう、何かをいただけそうな場合には、たちどころに受け取るのは少々はしたないので、まあ二度くらいは辞退して、それでもとおっしゃるなら頂戴するのが奥ゆかしいのでございましょうが、このたびのような褒章になりますと、到底『ふつう』ではないことですので、辞退なんかしたら二度と機会はないかもと思い、即座に『いただきます!』とお返事してしまいました。」


う~ん、お見事!

私からは、紫綬褒章というようなたいそうな賞はとても差し上げられませんが、座布団10枚差し上げますから、どうぞ中島みゆきさん、二度や三度ご辞退なさっても何度でもお薦めしますから、ご安心してお受け取りください。(笑!




◆酒そば本舗トップページへ◆


**貴方の共感できる生き方がきっとある**
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ

このボタンを押すと、121カテゴリー、30万件以上のブログが参加している「にほんブログ村」に入れます

  


Posted by 酒そば本舗店長 at 14:34Comments(0)

2009年10月13日

帰ってきたジュンイチロー・・・??


ご無沙汰しておりました。我らが小泉元総理。今度は声優デビューというトピックスには驚きました。

小泉元首相がウルトラ声優に

さすが変人と呼ばれたことだけはあります。今度はウルトラジュンイチローですか。。。

「ウルトラマンというのはね、子供・親・そのまた親というか、親子3代に渡って楽しめるんですよね。だからここまで長く続いて、人気がある。そういう人々の憧れというか希望、そういうものに少しでも近づけるような声を意識して演じたつもりです」

・・・なるほど、親子3代ですか。人気があるから長く続くと。

人気のあるのは、ウルトラマンだけじゃないんだよ。ウルトラマンは親子3代だが、神奈川11区は4代だよと言いたかったのかも知れませんね。

祖父・小泉又次郎(衆議院議員)、父・小泉純也(衆議院議員)、本人小泉純一郎(内閣総理大臣)、次男・小泉進次郎(衆議院議員)と4人並んじゃいます。


あっ、そうそう。ウルトラマンシリーズには、「帰ってきたウルトラマン」というのがあったでしょ。「帰ってきたジュンイチロー」ならウルトラマン以上の人気間違いなしだ。

鳩山さんも宇宙人といわれていることだし、今度の参議院選挙、宇宙人対決してみたらどう?・・・ダメか??(笑!



◆酒そば本舗トップページへ◆


**貴方の共感できる生き方がきっとある**
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ

このボタンを押すと、121カテゴリー、30万件以上のブログが参加している「にほんブログ村」に入れます

  


Posted by 酒そば本舗店長 at 11:19Comments(0)

2009年09月25日

決して見くびったりしません!少々ビビルだけです。


永遠のジャイアンツファンと自ら宣言していながら、リーグ3連覇を決めたことをすぐに取り上げなかったということは、甚だ恥じ入るべきことだと深く反省しております。

昨日こともあろうに、国語のお勉強などとしゃれ込んだがために一日遅れてしまったと、今さらながら言い訳をしても、一度こぼれた水は器にはもどりません。

さて、・・・遅ればせながら、とにかく原ジャイアンツリーグ3連覇達成おめでとう!そして、ありがとう!


・・・と、こう言った舌の根も乾かないうちに、この人の話題を取り上げるのは、ジャイアンツファンとしていかがなものかと思いながらも、どうしても気になってしょうがないのです。



「本当の戦い、準備にかかる」落合脚本CSドラマ

『落合監督はプレーオフ制導入について、2005年オフの段階では「何のために146試合(当時)もやっているんだ。それが無駄になる」と異議を唱えていた。ところがCSが初めて実施された07年には2位通過で3位阪神、リーグ優勝の巨人を破り、日本シリーズでも日本ハムを下し日本一に。昨季も3位通過から2位阪神を倒して巨人と再戦したが退けられた。つまり落合監督はセ・リーグでCSの経験が最も豊富な指揮官なのだ。』

・・・なるほど、CSの経験が最も豊富な監督と聞けば、心穏やかではありません。

「この状態が(CSが始まるまで)3週間続くと思うか。見くびるな」

ほかでもない落合監督の言葉だけに、スゴミが効いていますよね。正直ビビリます。


永遠のジャイアンツとしては、リーグ優勝におごることなく、かりそめにも「落合竜」を見くびることなどなく、ましてやビビルことなど決してなく、CSを戦い、勝ち抜いてもらいたいと切に祈るのみです。




◆酒そば本舗トップページへ◆


このボタンを押すと、121カテゴリー、30万件以上のブログが参加している「にほんブログ村」に入れます

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ


  


Posted by 酒そば本舗店長 at 13:26Comments(0)

2009年09月19日

悍馬(かんば)の鼻息


さて、政権交代が実現し意気揚々と船出した鳩山内閣、閣僚の顔ぶれが待たれると書いたのは、この人がどんなポストに就くのか少々気になったから。

この人とは、亀井静香国民新党代表。

本日の日経を見ますと、「新閣僚に聞く」に上段に藤井財務相、下段に亀井郵政・金融相が写真付きで載っておりますね。
ウエブニュースでも配信されています。
【新閣僚に聞く】亀井静香郵政改革・金融相 郵政すみ分け気にせず

記者の質問は、当然のことながら話題を呼んでいる債務の返済を猶予する制度(モラトリアム)について。
何しろ亀井金融相の発言で、銀行・金融株が売られたくらいですからね。

「やりますよ。・・・貸し手(銀行)が困っている時は税金で救う。借り手が困っているときはには返済を猶予する。当たり前の話だ」

聞いている方が却って心配になるほどに、至極すっきり、はっきり、ストレートのご発言。この件に関して藤井財務相が慎重な姿勢を示していることについても

「おれがやることに財務相が口を挟むのか。そう言っておけ」

また、超売れっ子タレント級の原口総務相との役割分担について聞かれると、

「鳩山首相からは『郵政関係は亀井さんが全責任を持って一元的にやってくれ』と言われた。二元行政はしない」

と、こちらの方も押しまくり。

「悍馬(かんば)の鼻息」も気おされる勢いの亀井郵政・金融相。鳩山首相の手綱さばきやいかにといったところですが、果たして「汗馬(かんば)の労」を拾うことができるやいなや、目が離せません。



◆酒そば本舗トップページへ◆


このボタンを押すと、121カテゴリー、30万件以上のブログが参加している「にほんブログ村」に入れます

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ


  


Posted by 酒そば本舗店長 at 12:49Comments(0)

2009年09月15日

伝説のヒーロー


昨日よりイチロー選手の話題でもちきりです。
先ずは、9年連続200本安打達成おめでとう!

本日の日経コラム「春秋」にも取り上げられておりましたね、イチローのこと。
書き出しが、昨今のラーメン屋の味の潮流を嘆く文章で始まっていたので、今時のラーメン屋の軽薄で画一的な味への批判かと思って、それはそれなりに私にも納得できることなので、読み進めていくと、これがイチローの野球に対する姿勢をいうための前段であった。

いわく「しょうゆ、みそ、塩という型にはまったメニューでは、ほかの店と違いは出せない。まず考えるのが味の強さだろう。『ガツン』『ドカン』といった宣伝文句とともに目新しい味が次々登場する。その場の達成感は高まるが、人気が続くとは限らない。」

これと対自して、「・・・イチロー選手は『型』の人だ。同じ道順で運転し、同じ練習をこなし、・・・神経質なまでに型を守ることで、未踏の領域を切り開いてきた。」

なるほど、文章とはこのように書くものか。感心することしきり。


さて、イチローに戻って、小学校6年の作文に「ぼくの夢は一流のプロ野球選手になることです」と書いていたことが紹介されています。これも余人には真似のできぬ驚くべきことでしょうけれど、なるほど、イチローであればさもありなんと、極自然に納得してしまいますよね。
しかし、そのあとの文章を読んで、絶句してしまいました。

「・・・しかも『必ずなれる』と断言している。理由は、友達と遊ぶ時間がないほど練習をしているから。


・・・!!

イチローは、小学生のころから、このときすでにイチローであったのか!?


昨日のNHKニュース、マリナーズの本拠地シアトルからの中継で、ファンの一人が

「Ichiro is legend!」

と叫んでいましたが、・・・・まさしく伝説のそれも桁外れのヒーロー間違いありません。



◆酒そば本舗トップページへ◆


このボタンを押すと、121カテゴリー、30万件以上のブログが参加している「にほんブログ村」に入れます

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ




  


Posted by 酒そば本舗店長 at 16:00Comments(0)

2009年05月27日

野口博士についてPART2

あまりにも悔しいので、昨日の続き
「三つ子の魂百まで」といいますが、小学生のころに読んだ伝記の影響は恐ろしいものがあるということを認識させられた次第です。とにもかくにも世界の専門家のあいだでは、野口英世博士の研究については評価が低いという意外な事実に驚かされた昨日でありました。

それどころか、同じ細菌学者のコッホがノーベル生理学・医学賞をもらっているのに、野口にはなぜ授与されなかったのか、また、シュバイツアーに平和賞を与えられたことを思えば、野口にも同じものが与えられていてよかったはずだ、これは白人による人種偏見ではないのか・・・などと思っていたのですから。。。

コッホが追いかけたもの、炭疽菌、結核菌、コレラ菌は、文字通りの「菌」で目に見ることができた。一方野口が追いかけた病原体は、小児マヒ、狂犬病、黄熱病・・・病原体と書かざるを得ないところが野口ファンとしてひじょうに辛いところで、ここにコッホと野口に下された評価の差があるのだろう。
野口が追いかけていた病原体は、すべてウイルス。後にその存在が別の研究者により発見された。
細菌がフットボールの大きさだとすれば、ウイルスは、ごま粒くらいの大きさ、当時の光学顕微鏡ではウイルスを捕らえることはできない。野口は見えないものを見ようとしていた・・・。。。

では、シュバイツアーも野口も身をなげうってアフリカで病に苦しむ人々を救おうとしたではないか!

これも簡潔に違いを言ってしまえば、シュバイツアーは求道のための医療。野口は研究の一環としての医療。
平和賞の性質からすれば、求道に軍配が揚がるのは当然といえば当然。研究分野は別の部門で賞が用意してありますということなのだろう。


小学2年だったか3年だったか、誰でも一度は胸をときめかせて読んだことがあるであろうあの偉人伝。以来40年、なんだか心にわだかまりを消せないままでいます。


酒そば本舗トップページへ


このボタンを押すと、121カテゴリー、30万件以上のブログが参加している「にほんブログ村」に入れます
  


Posted by 酒そば本舗店長 at 15:09Comments(0)