★今街で噂の★酒そばとはこんなそば 酒そばってこんなそば

通常そばを練るときには、水を使用するのですが、その水のかわりに「お酒」を使って練ったのが、 当店自慢の酒そばです!

お酒は富山で人気の地酒を使っています!
お酒の風味と香りが、 そば本来の風味と香りにからみあい、今までにないおいしいおそばができあがりました!

そば通、お酒通と呼ばれる方の中には、そばを食べ終わった後に
「残ったそばつゆに酒を少し足して飲む」のが最大の楽しみといいますよね。
まさしくお酒好きの方には、もう「たまりませ~ん!」っておいしさです♪

でも、お酒の苦手な方でもご安心くださいね! アルコール成分はそばを茹でた時にほとんど飛んじゃいますから、 お子様でも安心して食べられますよ!
(※但し、アルコールに弱い体質の方や小さなお子様はご注意ください。)


酒そばをゆでた後の蕎麦湯はえもいわれぬおいしさそばを茹でたあとのそば湯は ほのかなお酒の香りと旨味がでており、 それはそれはえもいわれぬおいしさ!
そばのお味から、香り、はたまたそば湯まで、 全てがたまらなぁ~いのが酒そばです♪

いつもの「そば」とは違う、ちょっとリッチなひと時を「酒そば」でお楽しみください♪


★これは珍しい!ひそかな噂を呼んでいる★こだわり酒そばこだわり酒そば

当店売れ筋NO1がこの「こだわり酒そば」です!


「こだわり酒そば」は、その名のとおり、
原材料にこだわり、厳選した、国産の原材料を使用しています!

そば畑■こだわり・その1:そば粉■
そば粉は、日本有数のそば処信州・安曇野(あずみの)産のそば粉を、 石臼にて、丁寧に、丁寧に、粗挽きしたものを使用しています。

北アルプス山麓長野県安曇野市一帯の地域は、 名水百選「安曇野わさび田湧水群」で知られる日本有数の名水の土地です。

清らかでミネラルが豊富な水によって、味も香りも素晴らしいそばが育まれます。


豊かな大地が育む小麦畑■こだわり・その2:製法
このそばの味と香りを最大限引き出すため、 製法にもこだわっています♪

そばの実を製粉する際、これまでの方法ですと、 機械製粉のためかなりの熱が発生し、 そば本来の香りが失われてしまいます。
昔ながらの石臼を使ってゆっくりと、丁寧に、丁寧に、挽くことによって、 そばの実の甘皮と呼ばれる部分をも一緒に挽きくるんだ、 そば本来の香り一杯の粗引きの「そば粉」にしています。

■こだわり・その3:小麦粉
小麦粉は北海道の大地が、育んだ小麦粉を使用しています!
北海道産小麦の特徴は、風味がよく、 その豊で広大な大陸同様、豊かな味わいを大切にし、そばの風味を最大限に生かす粉です。


富山県高岡市雨晴海岸より望む立山連峰■こだわり・その4:お酒
地元富山で人気の地酒を使用しています。

富山県は、三方を北アルプス立山連峰などの、山岳地帯に囲まれており、 中央には実り豊かな平野が広がっています。

富山湾、日本海へと開けている天然の巨大ダムともいえる山々からは、 一年を通じて豊かで、清らかな水が生まれるんです!
豊かな大地と清らかな水に育まれた米どころ富山は、日本でも有数の酒どころでもあります。

酒そば本舗の酒そばは、富山で人気の地酒を使用しています。

2018年06月16日

"あげたいそば"ってご存知ですか?



好んで食べる食べないは別にして、"たい焼き"を知らぬ人はいないでしょう。では"あげたい"はご存知か?

どなたも「はて?」と首を傾げてしまうのじゃないでしょうか。

さらにその"あげたい"をそばの上にのせた"あげたいたい"そばともなれば、もう間違いなく「なんじゃ、それ!?」となるでしょう。

真相は青森県五所川原市の新名物そばなのでした。


青森県五所川原市の観光物産館立佞武多(たちねぷた)の館に行けば食べれます。

掲載されている写真を見ると、まさしくそばの上に"たい焼き"がのっているではありませんか。具材は"たい焼き"の他に刻みネギしか見当たりませんから、これは当地でいうところの"かけそば"に"たい焼き"をのせたそば以外の何ものでもありませんね。

"たい焼き"を油で揚げたという"あげたい"は、おそらく中には"たい焼き"同様に餡がたっぷり詰まっているのだろうな。油で揚げてあるから、皮の表面はパリッとしているかもしれませんね。それがそばつゆを吸って、少しふやけたところをパクリ。中から餡がジュワリ。そこでズルズルッとそばをすすれば、口中に広がるは餡の甘さとだしの効いたそばつゆが融合したと思われる、何とも表現の仕様に戸惑う味と香り・・・。


う~む、恐るべし、青森県五所川原市の観光物産館立佞武多(たちねぷた)の館。当地からは青森は遠いので、早速たい焼きを買ってきて家でやってみましょう。中に詰める餡は少なめにして焼いてもらいましょうかね。(笑!






◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村
  


Posted by 酒そば本舗店長 at 12:12Comments(0)そばの食べ方

2017年11月23日

東西の境界について


うどんやそばに欠かせぬ具材といえば、ネギ。ネギがお嫌いな方は当然「ネギ抜きで」などとおっしゃるのでしょうが、私に言わせればネギ抜きのうどんやそばは、もはやうどんでもそばでもありませんね。

そのネギですが、皆さんの地域ではネギの白い部分を食べますか、それとも青い部分を食べますか、あるいは両方でしょうか?

麺類の薬味ということであれば、一般に東日本は「白ネギ」、西日本は「青ネギ」といわれていますが、それでは東西の境界はどこにあるのか?

白ネギ、青ネギの不思議な地域分布を探ると、それぞれの地域の風土に根付いた食文化の違いが垣間見れて、ひじょうに面白いですね。


ウエブトピックスより、東西対決の境界は? 白・青ねぎの分布の謎

同時に配信されている地図に引かれた境界線は、まさしく私の住んでいる地域(富山県高岡市)の上を走っています。東へ行けば白ネギ、西へ行けば青ネギということですが、当地では概ね白7割、青3割で混ざった刻みネギを使用しているようです。

過日大阪で食べたうどんのネギが100%青ネギだったことに違和感を覚えたところをみれば、私の感覚は関東ということになるのかも知れません。

それに加えて出汁に使われる醤油の色(濃い口か薄口か)と、何をベースに出汁をとるか(昆布か鰹節か)も考慮すると、この東西の境界線が微妙に入り組んで複雑になるようですが、当地に限って言えば、ネギは白青混合、出汁も昆布と鰹節混合、出汁の色も東京のように濃くはないけど、京都、大阪のように薄くはないという、文字通り東西の中間ということになります。

どうしてこのような結果になるのか?やはり東西の文化の中間点だからということなのでしょうか。

皆さんの地方では、どのような出汁をお使いか?昆布、鰹節?アゴ出汁というのもあるようですが・・・。出汁の色は薄口、濃い口?そしてネギは白、青、あるいは混合?








◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村
  


Posted by 酒そば本舗店長 at 10:14Comments(0)そばの食べ方

2017年07月28日

上に乗せる具材を変えるだけで・・・。


当地北陸富山はまだ梅雨も明けぬというのに、連日猛暑に見舞われています。

正確には猛暑というより、猛湿?・・・こんな言葉は日本語にはないと思いますが、とにかく異常に蒸し暑い。

北陸地方は少し北に位置する分だけ、梅雨前線が太平洋高気圧に押し上げられるのが遅れる関係で、ともすれば8月に入っても梅雨が明けぬという年があっても珍しくないのです。いっこうに梅雨明け宣言を発しない気象台が恨めしく思えて来る昨日、今日です。

連日続く蒸し暑さについつい水を飲み過ぎるせいもあるのでしょうか、少々食傷気味です。

こんな時は、さっぱりとした冷やしそばが食欲を後押ししてくれますね。昨日食べた冷しそば。



左は山芋のサク切と大葉の千切、右側はミョウガの千切と韃靼そばの若芽(スプラウト)。赤く見えるのがそばの赤すねとも呼ばれる若芽の茎です。


そばの上に乗せる具材を変えるだけで、手軽に違った風味を楽しむことができるのも、冷やしそばの特徴ですね。


今年の夏も冷やしそばのお世話にならずには、乗り越せそうもありません。





◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村
  


Posted by 酒そば本舗店長 at 10:07Comments(0)そばの食べ方

2017年07月01日

納豆とオクラのネバネバ冷しそば


例年より遅れて梅雨入りした当地北陸地方、この様子では今年は空梅雨かとも言われていましたが、本日未明からのこの大雨は、そんな不安を一度に流し去って、逆に洪水の心配を懸念させます。

ただいま富山県地方全域に大雨洪水警報が発令されています。


激しい雨の心配もさることながら、この異常な蒸し暑さはどうしたことか。梅雨入りが宣言されても、カラカラ陽気が続いていたせいでしょうか、べっとりとまとわりつくような湿気に、体が上手く対応できないでるようです。

昨夜一晩でいっぺんに梅雨になったかの印象で、この蒸し暑さに少々食傷気味です。


こんな時は、さっぱりとした冷やしそばが食欲を後押ししてくれますね。今日お昼に食べた冷しそば、納豆とオクラのネバネバで蒸し暑さを撃退しようというわけです。





とろ~り温泉卵と刻みネギもたっぷり入れて、かけそば用のつゆを冷たく冷やしたものをたっぷりとかけるのがいいですね。


今年の夏も冷やしそばのお世話にならずには、乗り越せそうもありません。





◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村
  


Posted by 酒そば本舗店長 at 11:17Comments(0)そばの食べ方