★今街で噂の★酒そばとはこんなそば 酒そばってこんなそば

通常そばを練るときには、水を使用するのですが、その水のかわりに「お酒」を使って練ったのが、 当店自慢の酒そばです!

お酒は富山で人気の地酒を使っています!
お酒の風味と香りが、 そば本来の風味と香りにからみあい、今までにないおいしいおそばができあがりました!

そば通、お酒通と呼ばれる方の中には、そばを食べ終わった後に
「残ったそばつゆに酒を少し足して飲む」のが最大の楽しみといいますよね。
まさしくお酒好きの方には、もう「たまりませ~ん!」っておいしさです♪

でも、お酒の苦手な方でもご安心くださいね! アルコール成分はそばを茹でた時にほとんど飛んじゃいますから、 お子様でも安心して食べられますよ!
(※但し、アルコールに弱い体質の方や小さなお子様はご注意ください。)


酒そばをゆでた後の蕎麦湯はえもいわれぬおいしさそばを茹でたあとのそば湯は ほのかなお酒の香りと旨味がでており、 それはそれはえもいわれぬおいしさ!
そばのお味から、香り、はたまたそば湯まで、 全てがたまらなぁ~いのが酒そばです♪

いつもの「そば」とは違う、ちょっとリッチなひと時を「酒そば」でお楽しみください♪


★これは珍しい!ひそかな噂を呼んでいる★こだわり酒そばこだわり酒そば

当店売れ筋NO1がこの「こだわり酒そば」です!


「こだわり酒そば」は、その名のとおり、
原材料にこだわり、厳選した、国産の原材料を使用しています!

そば畑■こだわり・その1:そば粉■
そば粉は、日本有数のそば処信州・安曇野(あずみの)産のそば粉を、 石臼にて、丁寧に、丁寧に、粗挽きしたものを使用しています。

北アルプス山麓長野県安曇野市一帯の地域は、 名水百選「安曇野わさび田湧水群」で知られる日本有数の名水の土地です。

清らかでミネラルが豊富な水によって、味も香りも素晴らしいそばが育まれます。


豊かな大地が育む小麦畑■こだわり・その2:製法
このそばの味と香りを最大限引き出すため、 製法にもこだわっています♪

そばの実を製粉する際、これまでの方法ですと、 機械製粉のためかなりの熱が発生し、 そば本来の香りが失われてしまいます。
昔ながらの石臼を使ってゆっくりと、丁寧に、丁寧に、挽くことによって、 そばの実の甘皮と呼ばれる部分をも一緒に挽きくるんだ、 そば本来の香り一杯の粗引きの「そば粉」にしています。

■こだわり・その3:小麦粉
小麦粉は北海道の大地が、育んだ小麦粉を使用しています!
北海道産小麦の特徴は、風味がよく、 その豊で広大な大陸同様、豊かな味わいを大切にし、そばの風味を最大限に生かす粉です。


富山県高岡市雨晴海岸より望む立山連峰■こだわり・その4:お酒
地元富山で人気の地酒を使用しています。

富山県は、三方を北アルプス立山連峰などの、山岳地帯に囲まれており、 中央には実り豊かな平野が広がっています。

富山湾、日本海へと開けている天然の巨大ダムともいえる山々からは、 一年を通じて豊かで、清らかな水が生まれるんです!
豊かな大地と清らかな水に育まれた米どころ富山は、日本でも有数の酒どころでもあります。

酒そば本舗の酒そばは、富山で人気の地酒を使用しています。

2011年07月25日

時を告げる可憐な花


会社の社屋の玄関脇の生け垣に咲いた花。小さなピンクの花をつけました。

3時に咲く花


数年前にプランターで育てた「3時に咲く花」。そのプランターの土を生け垣に捨てたのですが、きっと種が残っていたのでしょう。以後毎年春になると芽を出してきて、初夏から晩秋まで次から次へ花をつけるようです。今午前3時半ですが名前のとおり満開。日が沈むと花を閉じます。

芽を出した直後は雑草と区別がつかないので、今年は春先に結構摘んでしまったので、数株しか成長しませんでしたが、一株で十分な量の種を撒き散らすので、この分では来年も咲くこと間違いありませんね。



◆酒そば本舗トップページへ◆


**貴方の共感できる生き方がきっとある**
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ

  


Posted by 酒そば本舗店長 at 15:43Comments(0)3時に咲く花

2010年09月27日

花に虫はつきものとはいえ・・・。


この花の種を手にしたのは、3年前の正月のこと。新年会の余興のビンゴゲームの景品にもらった花の缶詰に、土と一緒に種が3粒ついていたのです。

正式な植物名は、スベリヒユ科ハゼラン属「ハゼラン」というのだそうですが、別名の「3時に咲く花」の方が覚えやすいし、親しみやすい。

夏の花だということですが、最初はもらった缶詰にそのまま種を1月の内に蒔いてしまったのでしたが、缶詰からプランターに移して、室内で育てたせいか2月の上旬には早くも開花しました。

そのプランターの土を社屋の玄関脇の生け垣に捨てたら、翌年その生け垣で大繁殖。今年もたくさん花をつけてくれたのでした。
9月も終わろうというのに、まだ花をつける株がありますから、春3月から秋彼岸過ぎまで楽しめる草木といえましょう。

その3時に咲く花に虫が付いているではありませんか!

3時に咲く花に虫がついた!


尺取虫のように身を折ったり伸ばしたりして、先端の花を探している。どうも花の花弁を食べているようです。よく目を凝らしたらすぐ隣の幹にももう一匹。

器用に隣の幹に移ろうとしている。


身を横に曲げて隣の幹に移ろうとしていますが、その幹には別の一匹がいるぞ!

おそらく蛾の幼虫だと思うのですが、いつの間にか卵を産み付けていったのでしょう。
しかし、その蛾はこの花が3時に咲く花だと知って産み付けていったのだろうか?

私が観察するところによっると、この花は3時半に花が開き、6時前には閉じてしまいます。
一日一回、食事の制限時間が2時間半ってこと知っていたら、他の草木に卵を産みつけたことだろうにとバカなことを思ったりしています。(笑!



◆酒そば本舗トップページへ◆


**貴方の共感できる生き方がきっとある**
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ

  


Posted by 酒そば本舗店長 at 11:36Comments(0)3時に咲く花

2010年07月29日

毎年お馴染みとなった花が咲きました・・・。


まずはこの画像、いつの世も草花の可憐な姿は人の心を和ませてくれるものです。

3時に咲く花(5時になって咲きました)


社屋の生垣に咲いたこの花は、「3時に咲く花」。なぜか午後陽が傾きだすようになると開花し、陽が沈むころには花を閉じてしまう。

昨日の5時少し前にまだ花を広げていたので、パチリ。

思えばこの花との出会いは、2007年の正月。新年会の余興の景品にもらった花の缶詰に、この花の種が5粒ほど入っていたのでした。

それが年ごとに増えていって、植える鉢がなくなったので、いつだったか鉢の土を生垣に捨てたところ、土の中に種が残っていたのでしょう、生垣で大繁殖。

毎年春先になると小さな芽を出すのですが、雑草と上手に見分けができないので、いつもむしりとられる運命。ところが草むしりの手から逃れる幸運な芽が必ずあって、この写真のように成長してしまえば、これは雑草ではないぞと素人目にも分かる。
その幸運な株が花をつけ結実し、あたり一面に種をまき散らし、翌年発芽成長しまた花を咲かせる。それを私が見つけ写真に撮るといった繰り返しが4年続いたわけです。

面白い名前のついた花だったので、ついついこんな実験もしてみたのでした。

本当に3時に花が咲くのだろうか?

日本のJRの運行のようなわけにはいきませんが、東南アジアや中南米の鉄道時刻よりよほど正確、大方3時過ぎには間違いなく咲きますね。(笑!

今年もこの株から種がまき散らされ、来年また私を楽しませてくれるに違いありません。



◆酒そば本舗トップページへ◆


**貴方の共感できる生き方がきっとある**
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ

  


Posted by 酒そば本舗店長 at 12:25Comments(0)3時に咲く花