★今街で噂の★酒そばとはこんなそば 酒そばってこんなそば

通常そばを練るときには、水を使用するのですが、その水のかわりに「お酒」を使って練ったのが、 当店自慢の酒そばです!

お酒は富山で人気の地酒を使っています!
お酒の風味と香りが、 そば本来の風味と香りにからみあい、今までにないおいしいおそばができあがりました!

そば通、お酒通と呼ばれる方の中には、そばを食べ終わった後に
「残ったそばつゆに酒を少し足して飲む」のが最大の楽しみといいますよね。
まさしくお酒好きの方には、もう「たまりませ~ん!」っておいしさです♪

でも、お酒の苦手な方でもご安心くださいね! アルコール成分はそばを茹でた時にほとんど飛んじゃいますから、 お子様でも安心して食べられますよ!
(※但し、アルコールに弱い体質の方や小さなお子様はご注意ください。)


酒そばをゆでた後の蕎麦湯はえもいわれぬおいしさそばを茹でたあとのそば湯は ほのかなお酒の香りと旨味がでており、 それはそれはえもいわれぬおいしさ!
そばのお味から、香り、はたまたそば湯まで、 全てがたまらなぁ~いのが酒そばです♪

いつもの「そば」とは違う、ちょっとリッチなひと時を「酒そば」でお楽しみください♪


★これは珍しい!ひそかな噂を呼んでいる★こだわり酒そばこだわり酒そば

当店売れ筋NO1がこの「こだわり酒そば」です!


「こだわり酒そば」は、その名のとおり、
原材料にこだわり、厳選した、国産の原材料を使用しています!

そば畑■こだわり・その1:そば粉■
そば粉は、日本有数のそば処信州・安曇野(あずみの)産のそば粉を、 石臼にて、丁寧に、丁寧に、粗挽きしたものを使用しています。

北アルプス山麓長野県安曇野市一帯の地域は、 名水百選「安曇野わさび田湧水群」で知られる日本有数の名水の土地です。

清らかでミネラルが豊富な水によって、味も香りも素晴らしいそばが育まれます。


豊かな大地が育む小麦畑■こだわり・その2:製法
このそばの味と香りを最大限引き出すため、 製法にもこだわっています♪

そばの実を製粉する際、これまでの方法ですと、 機械製粉のためかなりの熱が発生し、 そば本来の香りが失われてしまいます。
昔ながらの石臼を使ってゆっくりと、丁寧に、丁寧に、挽くことによって、 そばの実の甘皮と呼ばれる部分をも一緒に挽きくるんだ、 そば本来の香り一杯の粗引きの「そば粉」にしています。

■こだわり・その3:小麦粉
小麦粉は北海道の大地が、育んだ小麦粉を使用しています!
北海道産小麦の特徴は、風味がよく、 その豊で広大な大陸同様、豊かな味わいを大切にし、そばの風味を最大限に生かす粉です。


富山県高岡市雨晴海岸より望む立山連峰■こだわり・その4:お酒
地元富山で人気の地酒を使用しています。

富山県は、三方を北アルプス立山連峰などの、山岳地帯に囲まれており、 中央には実り豊かな平野が広がっています。

富山湾、日本海へと開けている天然の巨大ダムともいえる山々からは、 一年を通じて豊かで、清らかな水が生まれるんです!
豊かな大地と清らかな水に育まれた米どころ富山は、日本でも有数の酒どころでもあります。

酒そば本舗の酒そばは、富山で人気の地酒を使用しています。

2022年06月04日

ヤマボウシ


今をさかのぼること1000年余り、この国に初めて院政を敷き、40数年にわたって権力を欲しいままにしたといわれる白河法皇。その法皇をもってすら意のままにならないものが、「賀茂川の水、双六の賽の目、そして叡山の山法師」であったと、平家物語は伝えています。

季節の草木。

ヤマボウシ.jpg


これはヤマボウシ。草花というより花木と呼んだ方がいいでしょう。背丈7~8メートルにもなる大木もあります。ついこの間まで青々とした葉っぱでおおわれていた枝先が真っ白に変わっています。葉っぱの上に帽子を載せるようにして花を咲かせることから、ヤマボウシと名がつけられたのでしょうか。ヤマボウシのボウシは帽子と考えるのが自然です。

ところがヤマボウシは山法師とも書けますね。

比叡山にもきっとこの時期ヤマボウシが盛んに花を咲かせたに違いないでしょう。叡山の僧兵が頭に巻いたという白い頭巾のことを考えると、ヤマボウシは山法師から来ているのかとも思えて来ます。


ヤマボウシは、山帽子?それとも山法師?

この時期ヤマボウシが白い花を咲かせているのを見ると、恐れ多いことですが私は決まって白河法皇の名を思い浮かべるのです。





◆酒そば本舗トップページへ◆

酒そば本舗トップページへ


**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村



FC2ブログランキング



人気ブログランキング


PINGOO!カテゴリノンジャンル
PINGOO! ノンジャンル

  


Posted by 酒そば本舗店長 at 07:44Comments(0)草花

2022年05月23日

季節の花一葉


庭に咲いていた花一葉。この花の名前はなんというのだろう?



青紫の花からすると、これはキキョウかな?

花弁は確かに5枚あるようですが、花弁の元でつながっていませんから、キキョウではないような気もします。開花の時期にしても、キキョウにしたら少し早いような気もしますが・・・。




◆酒そば本舗トップページへ◆

酒そば本舗トップページへ


**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村



FC2ブログランキング



人気ブログランキング


PINGOO!カテゴリノンジャンル
PINGOO! ノンジャンル

  


Posted by 酒そば本舗店長 at 07:51Comments(0)草花

2022年05月09日

季節の花 一葉 PART2


一昨日市内の公園の遊歩道を散策した時に撮った花。マメ科の植物のように見えますが・・・。



草花の名前については、とんと知識のない私です。植えてある草木には名札がつけてあるはずなのに、どこを探してもなかった。よって名もなき花。(笑!




◆酒そば本舗トップページへ◆

酒そば本舗トップページへ


**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村



FC2ブログランキング



人気ブログランキング


PINGOO!カテゴリノンジャンル
PINGOO! ノンジャンル




  


Posted by 酒そば本舗店長 at 06:49Comments(0)草花

2022年05月01日

サツキかツツジか?


「いづれがアヤメかカキツバタ」は、甲乙つけがたい、どちらも優れているという時に本来使う言葉ですが、最近ではよく似ていて区別がつかないと言う意味でも使うようです。

アヤメやカキツバタはもう少し先、梅雨に入ろうかという頃の花。それよりより一足早く例年5月中旬過ぎから下旬にかけて開花するこの花も、区別し難い素人泣かせの花です。これはサツキでしょうか?ツツジでしょうか?拙宅の"猫の額"に植えられているのですが、ご主人様はそれがなんという名前なのか知りません。


いづれがサツキかツツジ?


白い花をつける株もあれば赤紫、薄ピンクの株もあり、さらに同じ株に白とピンクが揃って咲くものまであり、花弁の大きさも大きいのもあれば小さいのもあったり。・・・よく分かりません。

まあサツキであれツツジであれいずれにしても言えることは、「いづれがアヤメかカキツバタ」の本来の意味がそうであるように、人心を和ませてくれる甲乙つけがたい美しい花であることに変わりはありません。





◆酒そば本舗トップページへ◆

酒そば本舗トップページへ


**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村



FC2ブログランキング



人気ブログランキング


PINGOO!カテゴリノンジャンル
PINGOO! ノンジャンル

  


Posted by 酒そば本舗店長 at 07:55Comments(0)草花

2022年04月11日

季節の花一葉


季節の花を一葉お届けしましょう。

今が盛りのスズランスイセン。7~8年前になりましょうか、会社の建屋の生垣の縁に一株芽を出した可憐な白い花。おそらく鳥が種を運んできたのでしょう。それから毎年この時期になると決まって花をつける。



毎年株が少しずつ増えて、今年は5~6株はありますでしょうか。咲き誇っているという感じがしますね。





◆酒そば本舗トップページへ◆

酒そば本舗トップページへ


**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村



FC2ブログランキング



人気ブログランキング


PINGOO!カテゴリノンジャンル
PINGOO! ノンジャンル

  


Posted by 酒そば本舗店長 at 07:47Comments(0)草花

2022年03月20日

白いから白椿


今朝庭に咲いていた白椿の花をアップで撮りました。



今私は白椿と言ったものの、これがほんとうに椿なのか、椿の仲間なのか、よく分かりません。さざんかはこんな大きな花弁をつけないと思いますが・・・。それに椿ならもう少し早い時期に花をつけるような気がします。まだ蕾の状態のものもありましたから、これから花をつけるということになれば、遅咲きの椿ということになるのかもしれませんね。

いや待てよ、「木へんに春」と書いて「椿」というからには、文字通り春になって咲く花で正解ということでしょう。



この花ははたして白椿でよいのでしょうか?白がつくことはだけは間違いありませんが・・・。(笑!





◆酒そば本舗トップページへ◆

酒そば本舗トップページへ


**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村



FC2ブログランキング



人気ブログランキング


PINGOO!カテゴリノンジャンル
PINGOO! ノンジャンル

  


Posted by 酒そば本舗店長 at 07:09Comments(0)草花

2021年11月02日

菊花展を鑑賞して来ました。


古より花といえば桜と相場は決まったものですが、季節はまさに秋本番ですから、菊花と答えても風流の道に背いているとはいえないでしょう。

春と秋を代表するこの二つの花を国花に指定していることからも、日本人の美に対する優れたセンスが伺い知れようというものです。


市内中心部にある公園へ散歩がてらに出かけたら、ちょうど菊花展が開催されていましたのた。

菊花展


1本の茎から枝分かれさせたこの作りは、いったい何連花をつけているのかと驚くばかりの大作ですね。


・・・菊の香りに酔いしれた一時を過したことでした。





◆酒そば本舗トップページへ◆

酒そば本舗トップページへ


**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村



FC2ブログランキング



人気ブログランキング


PINGOO!カテゴリノンジャンル
PINGOO! ノンジャンル

  


Posted by 酒そば本舗店長 at 07:53Comments(0)草花

2021年10月31日

南天


会社社屋の建屋の淵に僅かばかり作った生垣に茂ったこの植物は、言わずと知れた南天。

213


数年前から細い小枝が植わっているのには気づいていましたが、面倒に任せて放っておいたら、いつの間にやらこんなに大きくなってしまった。きっと鳥が南天の実を運んできたのでしょう。植えた覚えはありませんからね。


澄み渡る秋空に映える真っ赤な南天の実。実が生るには植物は花をつけなければなりませんが、南天の開花時期が6月~7月だということをご存じの人は少ないのじゃないか?花よりも特徴的な赤い実を楽しむ数少ない観葉植物の一つです。


晩秋のこの時期この南天の赤い実を見ると、冬の到来が近いことを実感させます。

当地北陸富山は、これから冬支度が始まろうとしています。






◆酒そば本舗トップページへ◆

酒そば本舗トップページへ


**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村



FC2ブログランキング



人気ブログランキング


PINGOO!カテゴリノンジャンル
PINGOO! ノンジャンル

  


Posted by 酒そば本舗店長 at 08:05Comments(0)草花

2021年09月15日

"名も知らぬ花"


季節の草花一葉。昨日、拙宅の"猫の額"の一隅に繫茂するこの花に気づきました。



確か昨年は生えていなかったはずです。別段この一角に種をまいた記憶もありませんし、このように鮮やかな紫の花であれば、記憶に残っていてもよさそうなものです。きっと鳥が種子を運んできたのでしょうね。

植物の名前にはまったく暗いので、文字通り"名も知らぬ花"ということになりますでしょうか。







◆酒そば本舗トップページへ◆

酒そば本舗トップページへ


**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村



FC2ブログランキング



人気ブログランキング


PINGOO!カテゴリノンジャンル
PINGOO! ノンジャンル

  


Posted by 酒そば本舗店長 at 06:52Comments(0)草花

2021年06月12日

「紅一点」


当地北陸富山では、いまだ梅雨入り宣言がされないまま、ここ数日真夏を思わせる暑い日が続きます。

今朝の空模様は、一転花曇り。雨こそは落ちていませんが、蒸し暑い陽気となりました。


昨日の夕方のローカルテレビの天気予報、お天気キャスターが季節の花として、ザクロをあげていました。

ニュースキャスターとお天気キャスターが話した次なる会話。


「皆さん、『紅一点』ということば、ご存知ですよね」

「 多くの男性の中にただ一人いる女性のことを指すことばでしょ」

「はい、古い中国の詩に『万緑叢中 (そうちゅう) 紅一点』という一節があるのだそうです。見渡す限りの緑の草むらの中に、赤い花が一つだけ咲いているという意味だそうですが、この赤い花こそ今の時期に咲くザクロだったんです・・・」

「・・・!!」


「・・・!!」は、私の発した絶句です。(笑!



・・・正直に申し上げます。私は、ザクロと聞けば、もっぱら秋になる実の方は承知していましたが、その花がこの梅雨の季節に赤い花をつけるということ、まったく知りませんでした。

「紅一点」の由来についても、同様であります。


今日では女性の社会進出は当然のことと誰でも認識するようになりましたが、そのようなことが叶わなかった昔、「紅一点」はこのような背景が生んだことばといえそうです。

なにしろ「女」という字は、ひざまづいて両手を前に組み合わせている人間をかたどった象形文字に由来しているというのですから。


してみれば、「紅一点」という表現も差別用語として慎まなければならないという時代がやって来るのかもしれませんね。





◆酒そば本舗トップページへ◆

酒そば本舗トップページへ


**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村



FC2ブログランキング



人気ブログランキング


PINGOO!カテゴリノンジャンル
PINGOO! ノンジャンル









  


Posted by 酒そば本舗店長 at 11:50Comments(0)草花

2021年05月31日

季節の花一葉 まなこつぶれば なつかしい・・・。


季節の花一葉。

朝出勤してみると誰が持ってきてくれたのだろう。休憩室のテーブルの上に活けてありました。これはミズバショウ?



日本人なら「ミズバショウ」は、唱歌・「夏の思い出」とセットで記憶している植物。


夏が来~れば 思い出す はるかな尾瀬 遠い空 ♪

霧の中に 浮びくる やさしい影 野の小路 ♪

みず芭蕉の花が 咲いている ♪

・・・・・


あれは中学1年のときではなかったか。学級対抗の合唱コンクールの課題曲で練習させられました。

ミズバショウの白い大きな花に見える部分は、花弁ではなく花苞(かほう)。植物学的に花にあたるのは、中央に芯のように伸びた部分。よく見ると小さな花が集まって一本の柱を形成しているのがわかる。


実はこのミズバショウの花のつくりについても、その時学級担任の先生から教わったのでした。今思えば、国語の先生だったのに理科と音楽にも情熱を傾けてくれたのだなと。(笑!

私たちの学級は1学年9クラスありましたが、見事コンクールで1位を取ったのでした。


・・・・・

まなこつぶれば なつかしい はるかな尾瀬 遠い空♪






◆酒そば本舗トップページへ◆

酒そば本舗トップページへ


**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村



FC2ブログランキング



人気ブログランキング


PINGOO!カテゴリノンジャンル
PINGOO! ノンジャンル

  


Posted by 酒そば本舗店長 at 14:21Comments(0)草花

2021年05月24日

この花は?


昨日細かい雨が降る中、市内の公園に出かけてみたのでしたが、遊歩道の脇の一角に群生していた白い花。



マメ科の植物のように見えますが・・・。草花の名前については、とんと知識のない私です。植えてある草木には名札がつけてあるはずなのに、どこを探してもなかった。よって名もなき花。(笑!





◆酒そば本舗トップページへ◆

酒そば本舗トップページへ


**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村



FC2ブログランキング



人気ブログランキング


PINGOO!カテゴリノンジャンル
PINGOO! ノンジャンル

  


Posted by 酒そば本舗店長 at 07:18Comments(0)草花

2021年05月19日

「いづれがアヤメかカキツバタ」


「いづれがアヤメかカキツバタ」は、本来「甲乙つけがたい、どちらも優れている」という意味あいをもつ言葉ですが、「最近ではよく似ていて区別がつかないもの」という意味にも解釈されているようです。

アヤメやカキツバタはちょうど今頃、梅雨に入ろうかという頃に咲き出す花。それよりより一足早い時期に開花するこの花も、区別し難い素人泣かせの花です。



これはサツキでしょうか?ツツジでしょうか?

白い花をつける株もあれば赤紫、薄ピンクの株もあり、さらに同じ株に白とピンクが揃って咲くものまであり、花弁の大きさも大きいのもあれば小さいのもあったり・・・、よく分かりません。

どちらかといえば白は早咲き、赤は遅咲き、よくできたものでピンクはその中間と、色合い通りに花をつけるようです。


まあサツキであれツツジであれいづれにしても言えることは、「いづれがアヤメかカキツバタ」の本来の意味がそうであるように、人心を和ませてくれる甲乙つけがたい美しい花であることに変わりはありませんね。





◆酒そば本舗トップページへ◆

酒そば本舗トップページへ


**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村



FC2ブログランキング



人気ブログランキング


PINGOO!カテゴリノンジャンル
PINGOO! ノンジャンル

  


Posted by 酒そば本舗店長 at 07:40Comments(0)草花

2021年05月12日

季節の草花 三葉


季節の草花 三葉。

温かい穏やかな陽気に誘われて、公園へ行っては写真を撮りまくっています。今や私のスマホはフォン(電話)というよりカメラ。(笑!

とは言うものの、草花についての知識がまったく乏しいのが悔やまれるところです。これは何という名の花か?



見たところ上と下の写真に写った色違いの花は同じ種類のように思われます。



少し離れた別の一角に咲いていたこちらの花も、花弁の形状が少し異なっているようですが、同種類か親戚筋の種類かもしれません。



花弁の色が白、黄に紫の斑紋が薄くついていて、とりわけ目を惹きます。写真を撮ろうという人が私を含めて2~3人。「これは何という花ですか」と尋ねてみたのですが、皆さん私と同類項。「きれいだから撮っているのだけれど、何という名前でしょうね」と顔を見合わせて苦笑い。


草花の名前ってなかなか覚えられないものですね。








◆酒そば本舗トップページへ◆

酒そば本舗トップページへ


**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村



FC2ブログランキング



人気ブログランキング


PINGOO!カテゴリノンジャンル
PINGOO! ノンジャンル

  


Posted by 酒そば本舗店長 at 09:18Comments(0)草花

2021年05月11日

ヤマボウシは「山帽子」か「山法師」か?PART2


公園で撮って来た写真一葉。



これはヤマボウシ。葉っぱの上に開く白い(薄ピンクの種もある)花弁が特徴です。

ヤマボウシは山帽子か山法師かというのが、俄か植物学者( ← 私のことです)のかねてよりの疑問でした。葉っぱの上に咲く花が帽子のようだと捉えれば「山帽子」。叡山の法師が頭に巻いた白頭巾とすれば「山法師」というわけです。


昨日かってに名前を付けた仏舎利草(ぶっしゃりそう)こそ、でたらめな名をつけてと専門家からおりを受けそうですが、「山帽子」にしても「山法師」にしても、これはどちらにもそれなりの立派な根拠があろうというものです。


しばらくお留守にしていた公園の散策。久しぶりに公園を訪れ散策することおおよそ30分。新しく整備されていた園内の表示板の1枚にはっきり書かれておりました。ヤマボウシは「山法師」だと。




・・・なになに、「頭伏花序を僧兵の頭に見たて、また白い総包片を頭巾に見立てたもの」ですと。

「頭伏花序」「総包片」とは耳慣れぬことばです。おそらく「頭伏花序」とは中央の果実のこと。「総包片」とは素人流に言えば「花」のことでしょう。

ヤマボウシは、7月の初旬ともなると「総包片」をすっかり落としてしまい、この「花序」が毒々しいくらいに赤く熟れてきます。山法師が頭巾を取ったら赤ら顔だったって、叡山の法師は恥ずかしがり屋だったのでしょうか。(笑!

「果実が食用となる」とも書いてありますね。改めて言われなくとも、私はすでにこの果実を食べたことがあります。(笑!

その味は「渋くも苦くもないけれど、甘くもない。スカスカの青りんご」って感じでした。


今を遡ること1000有余年、かの白川上皇が「わが意のままにならぬもの、加茂河の水、双六の賽、叡山の山法師」とお嘆きになられたほど勝手きわまる乱暴な強訴を繰り返したという比叡山の山法師。

叡山の僧兵が、頭巾を取ったらヤマボウシの実のように真っ赤でしたというのであれば、歴史も変わっていたに違いありません。






◆酒そば本舗トップページへ◆

酒そば本舗トップページへ


**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村



FC2ブログランキング



人気ブログランキング


PINGOO!カテゴリノンジャンル
PINGOO! ノンジャンル

  


Posted by 酒そば本舗店長 at 08:39Comments(0)草花

2021年05月10日

仏舎利草(ぶっしゃりそう)


公園を散策していて気づいたた大発見、バラとサクラが親戚であったことについて、周りの人にも聞いてみたのですが、皆さん答えは同じ。「えっ、そんなわけないだろう。マジで!?」と目を剥きます。

私の中では、長い航海の末にアメリカ大陸を発見した時のコロンブスやかくあらんというくらいの発見であります。

・・・で、今度はバスコダ・ガマの喜望峰にあやからんと、また公園に出かけてみたのでしたが。

遊歩道の脇にこんな草木が花をつけていました。この一角に群生していました。




サクラやバラならすぐに名前も出て来ましょうが、残念ながらこの花の名前はまったく私の知識の外。よ~く見みてから瞑目することしばし。そしたら目の奥に仏舎利塔が浮かんできたではありませんか。

そこでこのように名づけてみましたが、いかがでしょう?

仏舎利草(ぶっしゃりそう)




◆酒そば本舗トップページへ◆

酒そば本舗トップページへ


**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村



FC2ブログランキング



人気ブログランキング


PINGOO!カテゴリノンジャンル
PINGOO! ノンジャンル

  


Posted by 酒そば本舗店長 at 13:18Comments(0)草花

2021年05月08日

バラとサクラ


日本人に「花は?」と聞けば、10人に9人は「サクラ」と答えるとしたもの。これが西欧人となると、「バラ」と答えるそうですね。

日欧で親しまれているその2種類の植物が実は親類であったと言えば、今度は10人中10人が、「えっ?」と聞き直すのではないか?


私の住む富山県高岡市には、市の中心部に「高岡おとぎの森公園」という大きな公園が整備されています。その公園の遊歩道を散策していて、こんな表示がしてあるのに気づきました。

桜がバラ科であったとは、意外です・・・。


そこで帰って来てから調べてみると、サクラは「バラ科モモ亜科スモモ属(サクラ属)」、バラは「バラ科バラ族」とありましたから、バラが本家、サクラは分家ということになるのでしょうか?


広い園内には立派なバラ園も整備されています。今年はサクラもそうでしたが、どの草花も例年より1週間から10日ていど早く開花しているようです。バラ園ではバラの花を楽しもうという多くの人で賑わっていました。

公園の中のバラ園から


ところで皆さんはバラの見ごろが年に3回あるってことご存知でしたか?



植物の複雑な進化については、私の知識のはるかに及ばぬところですが、それでも俄か植物学者(← 私のことです)は、不思議に思うのです。


いったいサクラは、その長い進化の過程でいつ茎に生えている棘を捨て、太い幹を作ることを選んだのだろうか。開花の時期も年3回から1回に減らすことにしたのはなぜだろうかと。





◆酒そば本舗トップページへ◆

酒そば本舗トップページへ


**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村



FC2ブログランキング



人気ブログランキング


PINGOO!カテゴリノンジャンル
PINGOO! ノンジャンル




  


Posted by 酒そば本舗店長 at 08:10Comments(0)草花

2021年04月09日

4月の花


春になれば一斉に芽吹き、花をつける自然の草花。とはいっても開花時期が種によって早い遅いがあるのが自然の摂理。だからこそ人は次々といろんな花を愛でることができるというものです。

私は植物についてはまったく知識が乏しいのですが、誰でもご存じの春の植物でその開花時期を追ってみました。

まず日本人なら何といっても桜。

桜.jpg


我が家の直ぐ向いにある小学校の校庭に植えられている桜の古木。創立147年、この地に移ってから100年近くになろうという学校ですから、この桜は100年の年輪を刻んで来たことになります。

その桜と相前後して花をつけるのが、わが家のモクレン。

2016040213420000.jpg


桜より早く開花する年もあれば、桜が散り始めるころに咲き揃う年もある。


梅は咲いたか 桜はまだかいな
柳ヤァなよなよ 風しだい
山吹や浮気で 色ばっかり
しょんがいな


昔より花柳界の粋なお姐さんを花にたとえ、いっこうにその気になってくれぬと気を揉む旦那衆の気持ちを歌ったなかなかに艶っぽい端唄の文句には、どうしたわけかモクレンは出て来ませんね。

・・・してみれば、モクレンは色気のない野暮ったいお姐さんということになるのでしょうか。(笑!


その端唄に歌われているように、梅は桜より早く花をつけるとしたものですが、わが家の"猫の額"の白梅はご主人様に似てかなりの晩生。今年は桜が散り始めようというころになってもこの勢いです。




そしてスズランスイセン。桜が散って名残り惜しい気持ちに浸っていると、それを癒すかのようにこのように可憐な姿を見せてくれるので、私の好きな草木の一つです。



4月の花四葉ご紹介しました。





◆酒そば本舗トップページへ◆

酒そば本舗トップページへ


**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村



FC2ブログランキング



人気ブログランキング


PINGOO!カテゴリノンジャンル
PINGOO! ノンジャンル

  


Posted by 酒そば本舗店長 at 10:18Comments(0)草花

2021年04月04日

スズランスイセン


当地北陸富山の桜は、満開を過ぎちらほら散り始めたといったところでしょうか。

一方こちらは、今が盛りのスズランスイセン。

7~8年前になりましょうか、会社の建屋の生垣の縁に一株芽を出した可憐な白い花。おそらく鳥が種を運んできたのでしょう。それから毎年この時期になると決まって花をつける。



毎年株が少しずつ増えて、今年は5~6株はありますでしょうか。咲き誇っているという感じがしますね。

タイミングよくこんな可憐な姿をとらえることができました。



朝露に光るスズランスイセン、まるで小さな電球に明かりが灯ったかのようです。




◆酒そば本舗トップページへ◆

酒そば本舗トップページへ


**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村



FC2ブログランキング



人気ブログランキング


PINGOO!カテゴリノンジャンル
PINGOO! ノンジャンル

  


Posted by 酒そば本舗店長 at 08:24Comments(0)草花

2020年06月15日

梅雨と立ち葵


当地北陸富山は経度からみれば日本列島のほぼ中央に位置するというものの、北に位置する分だけ緯度が高く、梅雨も他の地域に比べると遅くやって来て、その分遅れて明けるのが通年です。

気象庁の発表によれば、今年の当地の梅雨入りは6月11日。九州北部(山口県を含む)、関東甲信、東北南部とそろって同じ日に梅雨入りというのは、ちょっと珍しい。例年より早く北陸に梅雨がやって来たのか、九州北部や関東甲信が遅れたのか?(笑!


当地では梅雨入りが宣言された11日より13日まで、激しい雨が降り続き、富山県地方には大雨洪水警報が発令されました。休み明けの今日ようやく小休止。雲の合間から射す陽ざしが目に眩しいです。

そんな梅雨の合間に目を楽しまさせてくれる季節の花、一葉。




これは立ち葵。名前にあるようにすっくと真っ直ぐに伸びた茎が特徴です。別名梅雨葵と呼ばれているように、梅雨が始まるころに根元の方から花を付けはじめ、梅雨が終わるころに先の方の花も開くといわれています。

写真を見ると立ち葵は手前の田んぼの畔際に生えていますが、農道一本はさんだ奥には麦畑が黄金色に色づいています。

田んぼに植えられたばかりの早苗にとっては、これからの湿潤で温暖な梅雨の季節は成長に欠かせませんが、麦にとっては麦秋を迎えての長雨は大敵。この麦畑も梅雨の晴れ間を見計って、早々に刈り入れしなければなりませんね。

私が梅雨空に撮ったこの立ち葵は、梅雨が始まったばかりだというのに、かなり株の上の方まで花を咲かせている。

きっと奥の麦畑が主張する麦秋に惑わされて、もう秋というなら急いで花を咲かせなければなどと勘違いしたのでしょうかね。(笑!





◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村
  


Posted by 酒そば本舗店長 at 10:51Comments(0)草花

2020年05月10日

「いづれがアヤメかカキツバタ」


「いづれがアヤメかカキツバタ」は、甲乙つけがたい、どちらも優れているという時に本来使う言葉ですが、最近ではよく似ていて区別がつかないと言う意味でも使うようです。

アヤメやカキツバタはもう少し先、梅雨に入ろうかという頃の花。それよりより一足早く例年5月中旬過ぎから下旬にかけて開花するこの花も、区別し難い素人泣かせの花です。これはサツキでしょうか?ツツジでしょうか?

いづれがサツキかツツジ?


白い花をつける株もあれば赤紫、薄ピンクの株もあり、さらに同じ株に白とピンクが揃って咲くものまであり、花弁の大きさも大きいのもあれば小さいのもあったり。・・・よく分かりません。

まあサツキであれツツジであれいずれにしても言えることは、「いづれがアヤメかカキツバタ」の本来の意味がそうであるように、人心を和ませてくれる甲乙つけがたい美しい花であることに変わりはありませんね。

今年は例年になく春の訪れの早かった年でした。梅や桜もそうであったように、1週間から10日ほど早く花をつけてくれたようです。





◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村
  


Posted by 酒そば本舗店長 at 09:28Comments(0)草花

2020年04月07日

季節の花二葉


季節の花を二葉お届けしましょう。

今が盛りのスズランスイセン。7~8年前になりましょうか、会社の建屋の生垣の縁に一株芽を出した可憐な白い花。おそらく鳥が種を運んできたのでしょう。それから毎年この時期になると決まって花をつける。



毎年株が少しずつ増えて、今年は5~6株はありますでしょうか。咲き誇っているという感じがしますね。

一方こちらは、拙宅の"猫の額"に植わっているモクレン。例年サクラの開花と相前後して花をつけてくれます



2週間ほど前に撮った写真ですから、今はすっかり散ってしまいました。今年はどういうわけかわずか三つしか開花しませんでした。

思いもよらぬ厄介者の到来によって人々の心が暗く沈みがちな今年の春。モクレンは予測していたのでしょうか・・・。




◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村
  


Posted by 酒そば本舗店長 at 11:53Comments(0)草花

2019年12月17日

寒椿と南天の実


季節の草木、ニ葉。

これは寒椿でしょうか。今朝家を出るとき、前庭に咲く深紅の花に気づきました。

寒椿



これはご存じ、南天。南天の実の色も寒椿に負けず劣らず赤いですね。

南天の美


会社の植え込みを占拠せんばかりにに鈴生りになっていますが、これは初めから植えたものではなく、おそらく鳥が落としていった種が発芽したのでしょう。植え込みの邪魔になるので何度も切ったのでしたが、根っこまで取り除くことが出来なかったので、しばらくすると切り株の渕からまたはえて来るのです。

しまいにはこちらが文字通り"根負け"してしまい、こんなにたくさんの実をつけるまでになってしまった。(苦笑!


寒椿にしろ南天にしろ、一番厳しい季節に生を昇華させようとする草木が選ぶ色が深紅というのは偶然だろうかなどと思っています。




◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村
  


Posted by 酒そば本舗店長 at 10:53Comments(0)草花

2019年10月25日

コスモス


季節の花、ご存じコスモス。

コスモスの群生



薄紅のコスモスが~ 秋の日の~♪
何気ない陽だまりに~ 揺れている~♪

・・・と、嫁ぐ日を間近にした娘の母を思う心情を詩に表したのは、さだまさし。山口百恵が歌い、大ヒットした「秋桜(コスモス)」の歌い出しの歌詞ですが、日本人なら歌もさることながら、この花を知らぬ人はいないでしょう。

桜の花弁に似た花を秋につけることから「秋桜」と呼ばれるようになったこの草木は、花に比べて茎がずいぶん細いですね。葉にいたってはさらに線のように細く、細い茎の先端につける花の大きさをよりいっそう際立たせます。重心が上の方にあるので、ちょっとした風にもゆらゆら体を揺らすことになります。

コスモスの花言葉を調べてみると、花の色によって少し違うようですが、総じて「謙虚」「調和」「乙女の真心」とありました。

いかにも日本人が好む言葉ですね。




◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村
  


Posted by 酒そば本舗店長 at 12:41Comments(0)草花

2019年06月22日

芳香を発しないユリがあるってことご存知か?


季節の花一葉。



花にはまったく無案内の私でも、この花ならユリだろうとすぐわかります。ただ、以前ラベンダーと思しき花にまったく香りがなかったように、このユリも鼻を近づけても匂いが感じられません。

ユリは香りが強いので、病人の見舞いには適さない花だと言われているくらいなのに、そうすればこれはユリではないのだろうか?

そこで調べてみたら、ユリの中でも匂いのない種類もあって、手前の赤黒い色をした花は、「ランディーニ」という種類ではないかと思われます。「ランディーニ」は香りを持たないとも書かれていましたから。黄色い花をつけた方も、赤黒い方と花の大きさも形状も同じで香りもしませんから、色違いの「ランディーニ」ではないかと勝手に判断しています。

芳香を発しないユリがあるってこと、初めて知りました。






◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村
  


Posted by 酒そば本舗店長 at 11:07Comments(0)草花

2019年06月15日

街中にバラ園を発見


普段私は車で移動することがほとんどで、街中を歩くことは滅多にありません。しかも毎日通勤する道は決まっているため、朝夕見慣れた風景を見て走ることになります。

昨日夕方から会合があり、久しぶりに家に車を置いて歩いて会合場所になっている料理屋へ出かけました。普段通ることのない一方通行になっている街中の狭い小路を歩いていたら、垣根越しにバラの鉢がずらりと並べられている民家に出くわしました。

街中にバラ園を発見


垣根を覆いつくすように茂ったバラは、すべて鉢植え。15~16鉢の大きな鉢から枝が幾重にも伸びています。これだけのバラの世話をするのはさぞかし大変だろうと感心すること仕切り。


たまにはいつもと違った道を歩いてみるものだと思った次第。バラの花は年に3回楽しめるといいますが、梅雨前の5月下旬~6月上旬が、花に勢いもあって一番見ごろのようです。

6月中旬の今になってもこれだけの花を咲かせているというのは、最初の盛りからは遅いし、次の盛りにしては早すぎるような気がしますが、それはこの家の方がしっかり手入れをなさっているという証とも言えましょう。

秋10月になったら、またこの小路を歩いてみようと思っています。







◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村
  


Posted by 酒そば本舗店長 at 09:29Comments(0)草花

2019年05月18日

バラとサクラの秘密


日本人に「花は?」と聞けば、10人に9人は「サクラ」と答えるもの。これが西欧人となると、「バラ」と答えるそうですね。

日欧で親しまれているその2種類の植物が実は親類であったと言えば、10人中10人が、「えっ?」と聞き直すのではないか?


朝方より降り続いていた小雨がやんだ合間を見計らって、散歩がてらに公園を散策してまいりました。市の中心部にありながらも、これだけ大きくて立派な公園が整備されているのは、ありがたいことです。

コースにはこのような花に囲まれた回廊が200mほども続いていたりします。どうです?なかなかに素敵なウォーキングコースでしょう。

マイウォーキングコース


公園内の遊歩道を歩いていて、こんな表示がしてあるのに気づきました。

桜がバラ科であったとは、意外です・・・。


そこで帰って来てから調べてみると、サクラは「バラ科モモ亜科スモモ属(サクラ属)」、バラは「バラ科バラ族」とありましたから、バラが本家、サクラは分家ということになるのでしょうか?


広い園内には立派なバラ園も整備されていて、見ごろを迎えたバラの花を見ようと多くの人で賑わっています。

公園の中のバラ園から


ところで皆さんはバラの見ごろが年に3回あるってことご存知でしたか?

今年は気温が低い日が続いたので、見ごろはもう少しあとになりそうです


植物の複雑な進化については、私の知識のはるかに及ばぬところですが、それども俄か植物学者(← 私のことです)は、不思議に思うのです。


いったいサクラは、その長い進化の過程でいつ茎に生えている棘を捨て、太い幹を作ることを選んだのだろうか。開花の時期も年3回から1回に減らすことにしたのはなぜだろうかと。





◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村
  


Posted by 酒そば本舗店長 at 11:28Comments(0)草花

2019年05月11日

白は早熟、赤は晩生。


季節の花、三葉。拙宅の "猫の額" で撮りました。

これはツツジ。もしかしたらサツキかも?



正直のところツツジとサツキの見分け方わかりません。でも色ならわかります。

こちらの赤い方は、まだ蕾がほころびていません。白は早熟、赤は晩生ということなのかしらん?



蛇足ながら、"猫の額"に咲く紅白のツツジのご主人様は、超晩生(おくて)でした。(笑!


次にこれは桔梗(キキョウ)ですか。濃い青紫の5片の花弁が特徴ですね。



しかし、これも自信がありません。

春の七草は、「セリ 、ナズナ、ゴギョウ 、ハコベラ 、ホトケノザ 、スズナ 、スズシロ」と覚えています。秋なら、「オミナエシ、ススキ、キキョウ、ナデシコ、フジバカマ、クズ」ではなかったか。

秋の七草の中にキキョウが入っているではありませんか。

そう思ってよく見直してみると、確かに花弁は5片ですが元がつながっていない。キキョウの花は5片の花弁が元から先の方までつながっていて、正五角形の形状をしていましたよね。


草花の名前って本当に難しくって、覚えられませんね。まあ今日のところは、白は早熟、赤は晩生ってことわかっただけでも良しとしましょうか。

ツツジに限らず、紅白の花をつける他の草花でも同様なことが言えるのじゃないかと、俄か植物学者( ← 私のことです)は思ったりするのですが、人間の早熟、晩生の見分け方は、依然として定かではありません。(爆笑!



◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村
  


Posted by 酒そば本舗店長 at 11:09Comments(0)草花

2019年04月16日

名も知らぬ花


拙宅の"猫の額"の隅に、ひっそりと咲いていた花。

背丈はわずか14~15センチあまり。梅の木の根元付近に一株だけ芽を出していたようです。花が咲くまで気づかなかった。

身をかがめ携帯を近づけるようにして、しかもズームにして接写。






これは何という種類の花なのか、花の名についてはまったく知識が乏しいので、"名も知らぬ花"ということにさせてください。






◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村
  


Posted by 酒そば本舗店長 at 11:27Comments(0)草花

2019年01月23日

人は季節を忘れても・・・。



温かい穏やかな正月を迎えることが出来た今冬。昨年の今ごろは深い雪に閉ざされ、毎日雪かきに追われていたことを思えば、夢のようです。

当地北陸富山では、この時期毎朝雪がどのくらい積もっているか恐る恐る玄関の戸を開けるのが常ですが、今年はためらわず短靴を履いて玄関を飛び出しています。

その玄関脇の植え込みに、寒椿の花が一輪開いているのに気づきました。

寒椿


温かい冬に人は季節を忘れても、自然は季節を忘れることなくこうやって寒椿に花をつけてくれるのですね。




◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村
  


Posted by 酒そば本舗店長 at 08:41Comments(0)草花