★今街で噂の★酒そばとはこんなそば 酒そばってこんなそば

通常そばを練るときには、水を使用するのですが、その水のかわりに「お酒」を使って練ったのが、 当店自慢の酒そばです!

お酒は富山で人気の地酒を使っています!
お酒の風味と香りが、 そば本来の風味と香りにからみあい、今までにないおいしいおそばができあがりました!

そば通、お酒通と呼ばれる方の中には、そばを食べ終わった後に
「残ったそばつゆに酒を少し足して飲む」のが最大の楽しみといいますよね。
まさしくお酒好きの方には、もう「たまりませ~ん!」っておいしさです♪

でも、お酒の苦手な方でもご安心くださいね! アルコール成分はそばを茹でた時にほとんど飛んじゃいますから、 お子様でも安心して食べられますよ!
(※但し、アルコールに弱い体質の方や小さなお子様はご注意ください。)


酒そばをゆでた後の蕎麦湯はえもいわれぬおいしさそばを茹でたあとのそば湯は ほのかなお酒の香りと旨味がでており、 それはそれはえもいわれぬおいしさ!
そばのお味から、香り、はたまたそば湯まで、 全てがたまらなぁ~いのが酒そばです♪

いつもの「そば」とは違う、ちょっとリッチなひと時を「酒そば」でお楽しみください♪


★これは珍しい!ひそかな噂を呼んでいる★こだわり酒そばこだわり酒そば

当店売れ筋NO1がこの「こだわり酒そば」です!


「こだわり酒そば」は、その名のとおり、
原材料にこだわり、厳選した、国産の原材料を使用しています!

そば畑■こだわり・その1:そば粉■
そば粉は、日本有数のそば処信州・安曇野(あずみの)産のそば粉を、 石臼にて、丁寧に、丁寧に、粗挽きしたものを使用しています。

北アルプス山麓長野県安曇野市一帯の地域は、 名水百選「安曇野わさび田湧水群」で知られる日本有数の名水の土地です。

清らかでミネラルが豊富な水によって、味も香りも素晴らしいそばが育まれます。


豊かな大地が育む小麦畑■こだわり・その2:製法
このそばの味と香りを最大限引き出すため、 製法にもこだわっています♪

そばの実を製粉する際、これまでの方法ですと、 機械製粉のためかなりの熱が発生し、 そば本来の香りが失われてしまいます。
昔ながらの石臼を使ってゆっくりと、丁寧に、丁寧に、挽くことによって、 そばの実の甘皮と呼ばれる部分をも一緒に挽きくるんだ、 そば本来の香り一杯の粗引きの「そば粉」にしています。

■こだわり・その3:小麦粉
小麦粉は北海道の大地が、育んだ小麦粉を使用しています!
北海道産小麦の特徴は、風味がよく、 その豊で広大な大陸同様、豊かな味わいを大切にし、そばの風味を最大限に生かす粉です。


富山県高岡市雨晴海岸より望む立山連峰■こだわり・その4:お酒
地元富山で人気の地酒を使用しています。

富山県は、三方を北アルプス立山連峰などの、山岳地帯に囲まれており、 中央には実り豊かな平野が広がっています。

富山湾、日本海へと開けている天然の巨大ダムともいえる山々からは、 一年を通じて豊かで、清らかな水が生まれるんです!
豊かな大地と清らかな水に育まれた米どころ富山は、日本でも有数の酒どころでもあります。

酒そば本舗の酒そばは、富山で人気の地酒を使用しています。

2018年05月24日

「茶摘(ちゃつみ)」


夏も近づく八十八夜
野にも山にも若葉が茂る

あれに見えるは茶摘じゃないか
あかねだすきに菅(すげ)の笠


日本の唱歌「茶摘(ちゃつみ)」です。

立春から数えて88日に当たる日が八十八夜、現代の暦では5月2日ごろになるということですが、旧暦では当然のことながらゴールデン・ウィークなどありませんから、現代人が休暇と称して旅行やバカンスに興じているとき、昔の人は野や山の風景を眺め、夏の到来に思いを馳せたということになりましょう。

茶摘は初夏の風物詩ということになりますね。


狭山茶で有名な埼玉県入間市では、八十八夜にあたる5月2日に「八十八夜新茶まつり」が行われているということです。

八十八夜新茶まつり=埼玉県入間市

同時に配信されている写真を見ると、市の庁舎のすぐ横に茶畑が作られているようですね。お茶の生産ばかりではなく、お茶そのものを狭山市の有力な観光資源として活用しようという市の力の入れようが見て取れます。

急須を知らない子どもが増えたと市長が挨拶の中で述べられたそうですが、なるほど、子どもならずともこの私でさえ、もっぱらペットボトル入りのお茶を利用していることを思えば、急須を知らぬ子どもを咎めることはできませんね。(苦笑!

急須を知らぬのなら、"あかねだすき"や"菅(すげ)の笠"を知らぬのも仕方のないことか。せめて「茶摘(ちゃつみ)」の唱歌で、お茶のことを学んで欲しいものですな。

日和つづきの今日此の頃を
心のどかに摘みつつ歌ふ

摘めよ摘め摘め摘まねばならぬ
摘まにや日本の茶にならぬ


今日家に帰ったら、急須でお茶を入れて、昔より受け継がれて来た日本の豊かな文化を新緑映える野山の香りと共に味わってみることにしましょう。




◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村
  


2018年05月21日

蛭(ヒル)


歌人小池光氏の著した「うたの動物記」より、夏の俳句を一句ご紹介します。こんな動物まで歌に詠んでしまう民族は日本人の他にいないのではないかと思えてきます。



その動物とは、「蛭(ヒル)。体を尺取虫のようにくねくね折り曲げて移動し、動物に吸い付いて血を吸うあのヒルである。


私らが子供のころは、農作業は今のように機械化されていなく、何事も文字通り手作業が主でした。農家の方は、つらい農作業もさることながら、水田に生息するヒルにも大変悩まされたことでした。それも農薬の普及により、今ではヒルを見ることもめったになくなりましたね。

血を吸われるのは蚊でさえもごめんこうむりたいのに、ぬめりのある体をくねくね折り曲げるように動き回り、蚊の何十倍もの口で吸い付くのですから、けっして気持ちのいい動物とはいえませんよね。

ところがこの嫌われものヒルは、有史以来人間と関わりが深かったというのですから驚きです。

「古事記の国生み神話では、女性であるイザナミノミコトが先に愛を告白してしまったがために『蛭子』が生まれ、これを葦船に入れて流してしまう。物語のはじまりから、忌み嫌われてきた」と書かれているところをみれば、ヒルは神代の昔から生息していて、恐れ多くもご神体に吸い付くこともあったのだろう。


我妹子(わぎもこ)が蛭の血を拭く蕗葉(ふきは)かな  松浦青々


もはやヒルの不気味さは微塵も感じさせませんね。我妹子の白いふくらはぎ、赤い鮮血、フキの葉の青、妖艶な美女のなまめかしさを演出するヒルです。

日本人の感性の豊かさが感じ取れる味わい深い一句と言えましょう。


ちなみにヒルは夏の季語であるということです。先の句は丁度今時分の時節に詠まれたものなのでしょう。





◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村
  


2018年05月19日

ヤモリ


お奨めの一冊、歌人小池 光著「うたの動物記」より、今日話題にする動物はヤモリ。



突然ですが、皆さんはヤモリとイモリの違がわかりますか?。
当然のことながら、ヤモリは爬虫類、イモリは両生類。生物の進化上両生類から進化して爬虫類が現れた。このくらいのことなら大概誰でも知っていますよね。でも、爬虫類と両生類の排尿の代謝の違いまでご存知の方は少ないのじゃないか?私も知りませんでした。

代謝により体内に発生したアンモニアを水溶性の尿素として体外に排出するのが両生類。爬虫類は不溶性の尿酸として糞とともに排出すると説明が書いてあったので驚きました。


これは俳句や短歌について書かれた本のはず。なのに「科学もの知り本」かと勘違いするほどです。難しい生物学的な分類上のことはさておき、イモリの腹は毒々しいほどに真っ赤、対してヤモリはさらさらと真っ白。

子供のころ夜ともなると明かりに誘われやってくる蛾を狙って、窓ガラスによくこのヤモリが現れたものでした。大きいものでも体調10センチほど、ピタリとガラスに貼りつくようにして、近づいてくる蛾をパクリと捕らえる。時にはヒタヒタと足をしのばせ自ら獲物に近づいていく。そんな様子を飽きもせず眺めていたものでした。

「家を守るから家守(ヤモリ)という。家を災難から守ってくれているのだから、決して殺してはだめですよ」と、祖母から何度も聞かされたものでした。

おおよそヘビ・トカゲに代表される爬虫類ほど、人から気持ち悪がられる動物はいないのではないか。湿ったうろこ状の皮膚、先の割れた細長い舌を口の先からチロチロ出し入れするさまは、決して気色のいいものではありません。ところが同じ爬虫類でも、ヤモリにかぎっては、皮膚もさらさら乾いた感じで、口の両端の上に離れて位置する大きな目玉はくるりとかわいい。蛾を捕食した後に口の端を舌で舐めるようなしぐさを見せたときなど、不二家のペコちゃんのようにさえ見えたりします。

最近ではいくらガラス戸の内側で待っていようとも、とんと姿を見せないヤモリはどこへ行ってしまったのだろう。


あっ、そうそう、肝心の歌についてご紹介するのを忘れていました。
さすがにヤモリは俳句には歌われていないようで、いづれも短歌が詠まれていました。


硝子戸に白く守宮(やもり)の腹が見ゆ 生きるしるしの手の皺が見ゆ  〔西村 尚〕

まさしく何時間も飽きることなくガラス窓の前にたたずんだ少年の日の私を思い出します。呼吸をするたび大きく息づく白い腹とピタリとガラスに貼りついた大きな指先の皺まではっきりと思い出すことができます。

ひったりと手をあて窓に貼りついて守宮(やもり)のごとく君を待つのだ  〔花山 周子〕

う~ん、ストーカーか!?(笑!
冗談はさておき、どうか愛しい人に己の存在を気づいて欲しいと願う小心な男の気持ちをヤモリの様子に上手く投影していますね。男はみな小心なんです。焦心の末に傷心するのも男というものなんです。「ひったり」という言葉にそれがよく表れているように思いませんか。


・・・ヤモリに少年の日の私を懐かしみ、また男の本質に思いを寄せたことでした。







◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村
  


2018年03月06日

どなたかツバキとサザンカの見分け方、教えてください。


今朝庭に咲いていた白ツバキの花をアップで撮りました。



今私は白ツバキと言ったものの、これがほんとうにツバキなのか、ツバキの仲間なのか、よく分かりません。サザンカはこんな大きな花弁をつけないと思いますが・・・。それにサザンカならもう少し早い時期に花をつけるような気がします。


かき根の かき根の 曲がり角~♪
たき火だ たき火だ 落葉炊き~♪
あ~たろうか あたろうよ~♪
北風ぴいぷう 吹いている~♪

さざんか さざんか 咲いた道~♪
たき火だ たき火だ 落葉炊き~♪
あ~たろうか あたろうよ~♪
しもやけお手てが もうかゆい ~♪


有名な童謡を思い起こすと、やはりさざんかは冬の花というイメージですよね。それにツバキは「木へんに春」と書いて「椿」ですから、文字通り春の花でしょう。

しかし、ついこの間まで「北風ぴいぷう 吹いている」どころか、雪にどっぷり埋もれていましたからね。遅咲きのサザンカということもあり得る。


この花はツバキなのか、サザンカなのか?

どなたかツバキとサザンカの見分け方、教えてください。まあ、頭に白がつくことはだけは間違いありませんが・・・。(笑!




◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村
  


2018年03月01日

「二十億光年の孤独」


無限に広がる宇宙には、文字通り星の数ほど恒星が存在し、その周りを惑星が回っているに違いない。太陽と地球のような恒星と惑星の組み合わせは、何も太陽系だけに限ったことではないだろう。ならば、地球上に生きる人類のような高等生物が存在してもおかしくない。

よしんば高等生物ならずとも、広い宇宙にはきっとどこかに何がしらかの生命体がいるはずだ。


このほど地球外生命の探査では、太陽系を超えて探す必要はないかもしれないという研究論文が二つ発表されたということです。

何と土星の衛星エンケラドスに、メタン菌生の生息の可能性があるというのです。

また、雨が10年に1度降るか降らないかの南米アタカマ砂漠(Atacama Desert)に生存する微小な細菌や微生物は、火星に同様の生命体が存在する可能性を示唆するという研究結果も発表されています。


どうも我々人類は寂しがりなのでしょうか、広い宇宙に友を求めたがるようです。

今私は、谷川修太朗の有名な詩を思い起こしています。確か高校1年の4月に買い求めた現代国語の参考書の冒頭に載っていました。


二十億光年の孤独

人類は小さな球の上で
眠り起きそして働き
ときどき火星に仲間を欲しがったりする
 
火星人は小さな球の上で
何をしてるか 僕は知らない
(或いは ネリリし キルルし ハララしているか)
しかしときどき地球に仲間を欲しがったりする
それはまったくたしかなことだ
 
万有引力とは
ひき合う孤独の力である
 
宇宙はひずんでいる
それ故みんなはもとめ合う
 
宇宙はどんどん膨らんでゆく
それ故みんなは不安である
 
二十億光年の孤独に
僕は思わずくしゃみをした


当時16歳を迎えようとしていた純真な青年( ← 私のことです)は、この詩が谷川修太朗17歳の時に作ったものであることを知り、大いに驚いたのでした。


冒頭にあげた二つの研究が正しいとすれば、我々の知らない生物体が、この宇宙のどこかで、(或いは ネリリし キルルし ハララしている)のかも知れません。


このとき二十億光年の孤独に思わずくしゃみをした17歳の谷川青年は、やがて米寿を迎えようとしておられるはず。半世紀以上経ってもいまだに宇宙に仲間を求める人類に、齢九十年の人生を歩んでこられた谷川翁は、いかなる思惟をめぐらしておられるのだろうか?







◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村
  


2017年05月17日

夏は来ぬ。


昨日は狭山茶で有名な埼玉県入間市からの話題、茶摘みの歌に触発されて、家に帰ってからペットボトル入りのお茶でなく、急須で入れたお茶を飲んだのでした。

当地北陸富山は米どころ、近頃では転作政策の影響で麦や大豆もずいぶん作られるようになりましたが、残念ながらお茶の木が栽培されているという話は聞きません。

子どものころより見慣れた風景は、5月の上旬ならば、代掻き。中旬になると田植え。


    

残念ながら、「あかねだすきに菅(すげ)の笠」 という「茶摘み」に歌われている光景は見た経験がありません。唱歌でいうならば、もっぱら「茶摘み」よりも「夏は来ぬ」といったところでしょうか。


卯の花の におう垣根に
ほととぎす 早も来 啼きて
忍び音もらす 夏は来ぬ

さみだれの 注ぐ山田に 
早乙女が 裳裾ぬらして
玉苗植うる 夏は来ぬ


立夏も過ぎてはや十日余り、当地の今日は朝から晴れ渡り、爽やかな日となりました。開け放った窓からの風は肌に心地よく当たります。


夏は来ぬ。

Summer has come.


英語でも日本語でも簡潔に言い表せますね。




◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村






  


2017年05月16日

「茶摘(ちゃつみ)」


夏も近づく八十八夜
野にも山にも若葉が茂る

あれに見えるは茶摘じゃないか
あかねだすきに菅(すげ)の笠


日本の唱歌「茶摘(ちゃつみ)」です。

立春から数えて88日に当たる日が八十八夜、現代の暦では5月2日ごろになるということですが、旧暦では当然のことながらゴールデン・ウィークなどありませんから、現代人が休暇と称して旅行やバカンスに興じているとき、昔の人は野や山の風景を眺め、夏の到来に思いを馳せたということになりましょう。

茶摘は初夏の風物詩ということになりますね。


狭山茶で有名な埼玉県入間市で「八十八夜新茶まつり」が行われたと、ウエブトピックスは伝えています。

八十八夜新茶まつり=埼玉県入間市


急須を知らない子どもが増えたと市長が挨拶の中で述べられたそうですが、なるほど、子どもならずともこの私でさえ、もっぱらペットボトル入りのお茶を利用していることを思えば、急須を知らぬ子どもを咎めることはできませんね。(苦笑!

急須を知らぬのなら、"あかねだすき"や"菅(すげ)の笠"を知らぬのも仕方のないことか。せめて「茶摘(ちゃつみ)」の唱歌で、お茶のことを学んで欲しいものですな。


日和つづきの今日此の頃を
心のどかに摘みつつ歌ふ

摘めよ摘め摘め摘まねばならぬ
摘まにや日本の茶にならぬ


今日家に帰ったら、急須でお茶を入れて、昔より受け継がれて来た日本の豊かな文化を新緑映える野山の香りと共に味わってみることにしましょう。





◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村








  


2017年04月01日

梅とモクレン


季節の花、2種。拙宅の"猫の額"に植わっている草木を撮りました。

今が盛りの白梅。



もう一つはまだ蕾も固いものの少しほころびかけた白モクレン。



今年の冬は雪も少なく暖かで、春の訪れの足音も早く聞けたようでしたが、どうやら3月下旬になって、もうひと息というところまで来て足踏みをしているようです。

昨年は4月4日に満開を迎えたモクレンでしたが、この様子ですと今年は少し遅れそう。

例年桜の開花と相前後して花を付けるわが家のモクレン、ちなみに一昨年は桜の満開と時を同じくして咲いてくれました。


梅は咲いたか 桜はまだかいな
柳はなよなよ 風しだい
山吹や浮気で 色ばっかり 、しょんがいな


昔より花柳界の粋なお姐さんを花にたとえ、いっこうにその気になってくれぬと気を揉む男の気持ちを歌ったなかなかに艶っぽい端唄の文句には、どうしたわけかモクレンは出て来ませんね。

・・・してみれば、モクレンは色気のない野暮ったいお姐さんということになるのでしょうか。(笑!




◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**


にほんブログ村

  


2017年03月17日

はたして肥満は地球を救うか?


肥満は、糖尿病や高血圧など生活習慣病をまねく原因となり人の健康に悪い影響を及ぼすことは、誰もが知るところですが、肥満の罪深きは、何も健康だけに限ったことではなさそうだという話題。

イギリスの大学の研究チームは、肥満は限られた地球の食料資源にとっても重大な脅威となりうると論文の中で主張しています。

・・・どちらかといえば縦より横方向に成長したと思われる体形を持つ身としては、なんだか申し訳ない思いを抱いてしまう論文のような気がしないでもありません。(笑!

ウエブトピックスより
「肥満は地球の脅威」=人口爆発に匹敵―英論文


なるほど考えてみれば、食糧不足はなにも人口増加だけに起因するものでなく、食べる量にも影響を受けるというのは、至極もっともなことです。

しかしこの論文の盲点は、「全ての国が米国並みの肥満者の割合になれば」と仮定していること。

考えてもみてください。世界中が肥満者で満ち溢れれば、生活習慣病がもとで命を縮める人が増えるということでもあります。すなわち肥満は、人口増加に抑制をかける要因でもあるという側面を見逃してはならないはず。



肥満は地球の脅威である反面、救いでもあると俄か科学者( ← 私のことです・・・笑!)は主張したい。すなわち「肥満は地球を救う」と。

蛇足ながら、この主張は私の体系とはなんら関係がないことを付け加えさせていただきます・・・。(爆笑!





◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
  


2017年03月08日

雛の節句も過ぎたというのに・・・。


弥生3月を迎えてウキウキ心を弾ませたのは少々早かったようです。

昨日の夕方よりみぞれ交じりの雪がちらほら舞い出したと思っていたら、今朝起きてみれば一面の銀世界。



雪国当地北陸富山では、例年このようなことが必ずあるというのに、少しばかり浮かれ過ぎていたのそしりは免れないようです。


ぬばたまの黒髪にほふ乙女らの
祝う日も過ぎ雪のふりける





◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
  


2017年02月09日

我もまた孑孑(けつけつ)たらん・・・。


「孑孑」という漢字ご存知だろうか?

子供の「子」の字の最後の画を跳ねて書いたものを二文字続けたことばになりますが、これを正しく読める方そういらっしゃらないのではないか。


「ぼうふら」と読むのだそうです。蚊の幼虫のことです。

「ぼうふら」、同じ字を重ねてどうして前後違う読みをするのかと思ったら、もともとは後の方の「孑」の最後の跳ねは、左側が突き出ていないのが「ふら」と読ませる本来の字なのだそうです。私のPCでは変換できませんでした。まるでハングル文字のようですな。

辞書をひくと、「けつけつ」と読ませて「孑孑たり」という形容動詞でつぎのような意味が書いてありました。

1 一人ぬきんでたさま。2 孤立するさま。3 小さいさま。こせこせしているさま。

そうすれば、「ぼうふら」は3の意味からきているのだなということがわかりますが、1と2の抜きん出た孤高の存在と言うのは、ある意味魅力的ですね。


歌人・小林 光 著『うたの動物記』に取り上げられていたのが、この「孑孑」。



意外やボウフラは俳句によく読まれているそうで、夏の季語になっているとは知りませんでした。


書かれていた3句をご紹介したいと思います。いづれも有名な俳人の手になるものです。

孑孑の蚊になる頃や何学士  子規

けふの日も棒ふり虫よ翌(あす)も又  一茶

我思ふままに孑孑うき沈み  虚子


私が感じるところ、時代は違えども日本の生んだ優れた俳人3人が3人とも、「孑孑たり」の1.2の意味を意識しているのではないか?

名は体を表すといいますが、子供の頃にそれほどまでに抜きん出ているのなら、蚊に変わったときはどれほどのものになっているのかと皮肉ったのが子規。

一茶は、2のほうに力点を置いたのではないか?孤高の我とボウフラを重ねて笑ってみせた。

我とは虚子でもありボウフラでもあるのか?浮き沈みするボウフラに存在を暗示させます。


そこで私も一首、恥を忍んで・・・。

我もまた孑孑(けつけつ)たらん
   人生の往路歩みて久しける身を







◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
  


2016年12月07日

夜明け前 PART2


冬を実感するのは、何も寒くなるから、雪が降ってくるからと限ったものではありませんね。

冬至を前にして今が一番日の短い時期、今朝7時少し前でこんな状態です。夜明け前の静寂が支配する一時こそ、冬の到来を感じさせるような気がします。




誰しも青春の多感な時期を過ごしたはずでしょう。
私にも確かにそんな時があった。よく口ずさんだこんな歌を思い出しました。
ずいぶん古い歌ですね。たしか私が高校生のころ耳にしたと思うのです。

それが岡林信康というフォークシンガーと知ったのは、ずいぶん後のことで、友達がギターをかき鳴らしながら、この歌を歌っていたのを聞いて、かっこいいなぁ~とうらやましく思ったものでした。




友よ 夜明け前の闇の中で
友よ 戦いの炎を燃やせ

夜明けは近い 夜明けは近い
友よこの闇の向こうには 友よ輝く明日がある


友よ 君の涙君の汗が
友よ報われるその日が来る

夜明けは近い 夜明けは近い
友よこの闇の向こうには 友よ輝く明日がある

    .
    .
    .
    .



人はこのような自然の神々しさに出会うとき、大きな感動を覚えずにはいられませんね。きっと誰しも闇の中を手探りで歩いているからなのでしょうか。   




◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
  


2016年09月28日

焼き接ぎ屋 夫婦喧嘩の角に立ち


お奨めの一冊、「お江戸でござる」(杉浦日向子著 新潮社)より。

物質文明にどっぷりと浸かった現代では見られぬ、当時の江戸市民の"心豊かな生活ぶり"を窺い知ることが出来るこんな江戸川柳が紹介されておりました。

【送料無料】お江戸でござる [ 杉浦日向子 ]

【送料無料】お江戸でござる [ 杉浦日向子 ]価格:515円(税込、送料込)




焼き接ぎ屋 夫婦喧嘩の角に立ち



茶碗が割れたからといって、捨ててしまうのが現代人。ところが、江戸人は、しっかり取っておいて「焼き接ぎ屋」がやって来るのを待つのです。

おそらくこんなやり取りが長屋の辻で交わされたのでしょうね。


「割れ物は、ないかぇ~、焼き接ぎ屋でござぁ~い」

「ちょいと、この茶碗接いでおくれっ!」

「あいよ、只今すぐに。・・・それにしても御かみさん、派手にやりやしたねぇ~」

「そうとも、ったく、うちの宿六ときたら。・・・イヤだねぇ~、何を言わせるんだい」



白玉粉と呼ばれた粉(今でいう水酸化カルシウム)にフノリと粘土を加えたもので、割れた瀬戸物を接着して、熱を加えて焼き接ぎ、元どおりに修正してくれるのが、「焼き接ぎ屋」さんというわけ。

商売上手の「焼き接ぎ屋」は、夫婦喧嘩のあとにやって来たというのが、先にあげた川柳だったのです。


なるほど、感性豊かな江戸人の生活は、『ゆ・た・か』に相違ありません。

私も叶うことならば、そんな長屋の角に立って、住人の様子を窺ってみたいものです・・・。




◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ

  


2016年09月17日

「そば通」と呼ばれるには・・・。


そば通(ソバツゥー)・・・なんていい響きでしょう。

私もいつかは、そのように呼ばれてみたいと思うのですが、かなわぬ思いに、そんな憧れにも似た『そば通の本』(サライ編集部 編 小学館文庫)を手にしました。




意外にもそばは俳句にも多く読まれていることを知りました。

そうか、そば通と呼ばれるには、文学にも精通しなければならなかったのか!



たくさんあげてあった俳句の中から、私にもそれが誰だか分かる人が読んだ句を抜粋します。


蕎麦はまた花でもてなす山路かな     芭蕉

落つる日のくくりて染まる蕎麦の茎    蕪村

我里はつきと仏とおれと蕎麦       一茶


さらに時代が新しくなって、

山越えて三島に近しそばの花       子規

帰り見れば蕎麦また白き稲みのる     漱石


・・・う~む、何となくそば通になれたような、なれないような??



われもまた通をよそほい喰う蕎麦の 
   ことのは長く短く切れにし





◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ

  


2016年08月28日

日の出を追って・・・。


今朝の日の出。時系列に撮った写真3枚。

朝4時半東の空が薄明るくなり、北アルプス立山連峰の稜線がシルエットのように浮かび上がって来ました。



待つこと15分余り。茜色に染まり出した雲が夜明け前の幻想的な一瞬を際立たせます。



さらに待つこと10分余り、今日の日の出は5時少し前。



写真の中央、用水路の延長線上にある山がアルピニストの憧れ、北アルプスの秀峰・剣岳。写真の向かって左側が北で富山湾の方角、右側が長野県境から岐阜県境に続く山岳地帯。日の出は、夏至から冬至、冬至から夏至へと、この屏風のようにそびえ立つ北アルプスの稜線を移動します。

春分の日と秋日の日には、剣岳の頂き付近から太陽が顔を出しますが、私の観測によれば年によって微妙に左右にずれます。地球の公転軌道が一定ではないということなのでしょうか?

まあ、わずか2年半か3年足らずの俄か天文学者( ← 私のことです・・・笑!)の観測ですから、正確ではないことを予めことわっておかなければなりません。


あかねさす日の昇りけるあと追えば
悠久のしじま 迫りくるなり


ところで日の出の観測といえば、私には小学生の時のほろ苦い経験を思い出すのですが、これはまた日をおいてご紹介したいと思います。




◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
  


2016年08月13日

コーヒールンバ♪


普段何気に飲むコーヒー、貴方は一日何杯飲みますか?

私らが子どものころは、コーヒーといえば、タバコや酒と同じように大人が飲む嗜好品で、褐色のただただ苦いだけの飲み物は、飲みすぎると胃をこわすだけでなく、カフェインによる中毒症状を引き起す不健康な飲み物というように思われていたものでしたが、昨今はコンビニの店頭で入れてくれる挽き立てのコーヒーが大ヒット商品になるほど、誰でも手軽に口にできる飲み物になりました。

そこには不健康といったイメージは微塵も感じさせませんが、事実コーヒーは体によいという報告がこのほど国立がん研究センターから公表されました。

ウエブトピックスより
コーヒー3~4杯で病死の危険が急減 国立がん研究センターなどが公表


そもそもコーヒーが飲まれるようになったのは13世紀に遡ることが出来るそうですが、元々は塞いだ気持ちをやわらげる効果を期待する薬として飲まれたのがコーヒーの起源だそうです。歌にもありますね。


昔アラブの偉い お坊さんが♪
恋を忘れた あわれな男に♪

しびれるような 香りいっぱいの♪
琥珀色した飲みものを教えてあげました♪

やがて心うきうき とっても不思議このムード♪
たちまち男は 若い娘に恋をした♪


・・・ナルホド、そうしてみればアラブの偉い坊さんは、確かに偉かったのだなと。(笑!

かく言う私も、今入れたてのコーヒーを飲みながら、この文章を打っています。私も多い日で1日3~4杯、1杯も飲まないという日はまずないようです。

そうすれば脳血管障害や呼吸器障害で死ぬ確立は、少しは回避できているのかなと喜ばしく思っています。

ただ「心うきうき」して「たちまち 若い娘に恋をした」という経験が皆目ないのは残念なことではあります。一度くらい「とっても不思議なムード」に浸ってみたいものだと。( ← イエローカード!・・・爆笑!





◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
  


2016年07月25日

夕顔の花


昨日の夕方帰宅の途中、かねてより気になっていた花を撮りました。
大人の手の平をかざしても余ろうかという大輪、これは夕顔でしょうか?

2016072509540000.jpg


夕顔といえば、高校の古文の時間を思い出しますね。源氏物語を読ませられたのは確か高校3年の時。丁度今ごろ、夏休みの補習授業の時間ではなかったか。ずいぶんと難儀したものでした。


心あてに それかとぞ見る 白露の
  光添へたる 夕顔の花

光源氏が従者に市井の家とみえる家の垣根に咲く夕顔の花を摘ませに行かせたところ、その家に住む女(夕顔の君)が文にしたため寄越した歌。

その歌に光源氏はこのように返している。

寄りてこそ それかとも見め たそかれに
  ほのぼの見つる 花の夕顔


古文の先生が言ったものでした。平安時代の貴族は、歌を詠めなければ色恋もかなわなかったと。

「それかとぞ見る」と「それかとも見め」の「見る」の活用形の違い、試験に出すからなとも。


貴方はあの光源氏の君でいらっしゃるのでしょ。白露に光り輝く夕顔の花のように美しく高貴でいらっしゃる。

実際に会って間近に寄ってみなければ、夕顔とはわからないものです。ボクと会ってくださいませんか。


先生は、「君たちもこのくらいのやり取りができてこそ、一人前というものだ。まだまだ青い。わっ、はっ、はっ!」と大笑したのでした。


青きよき かのころ偲ばる 夕顔の花




◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ

  


2016年07月09日

とうもろこし


この季節好きな食べ物を一つあげよと言われれば、迷わず"とうもろこし"と答えたい。

子供のころ家の畑(といっても猫の額ほどの家庭菜園)で、祖母が必ずとうもろこしを植えていた。それが実をつけるのは、夏休みに入るころであったろうか?

学校が休みになるのと、とうもろこしが食べられるのと、7月は一年で一番楽しみな月だったような気がします。

まったくお盆の前に「盆と正月が一緒くたにやって来る」ように感じたものです。(笑!

それが最近は農作物が一年中出回るようになり、季節感がまったく薄れてしまいました。今の子供たちは何を楽しみに7月を迎えるのだろう?


知り合いの方から、初物のとうもろこしをいただきました。早速茹でて食べることに。


とうもろこしがゆで上がりました。粗塩をふりかけて・・・。



近頃のとうもろこしは品種改良が進んで、粒も大きく揃っていて、しかも甘くて柔らかいですね。私の祖母の畑で採れたとうもろこしは、粒は小さく色も不揃いで固かった。虫食いの後もたくさんあった。


私が中学1年のとき亡くなった祖母は、やはりこのように塩ゆでにして私たち幼い兄弟にとうもろこしを与えてくれたのでした。祖母はとうもろこしを房から一粒二粒指で掘り起こして口に入れては、その年のとうもろこしの出来を探るのが常でしたが、決まってそれ以上食べようとはせず手にしたとうもろこしを半分に折って、それぞれを私たちに与えてくれたのでした。


ところでとうもろこしって、茹で上がりのアツアツを房ごとかぶりついてこそ美味しいもの。一粒ずつ実を掘り起こして口に入れたところで、何を食べているのかわからないですよね。

今私もあの時の祖母の年齢に近づいてようやくその訳がわかりました。祖母は歯の具合が悪くて房ごとかぶりつくことが出来なかったのだと。



もろこしの固さに祖母の偲ばるる







◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ

  


2016年06月16日

梅雨と麦秋 PART3


当地北陸では収穫の時期が梅雨と重なるため適さないと言われている小麦が、今年はなぜか多く作付けされているようです。

私が気にかけていたとおり梅雨の雨に穂先を濡らしてしまった小麦畑の他にも、ずいぶんこげ茶色をした麦畑が残っているのを見かけることができます。

車で通りがかりにコンバインがうなりを上げているのに気づき、車を脇に寄せて撮影しました。私が判断したように、やはり小麦も十分結実していたようです。

刈り入れ.jpg


畑の脇におられた農家の方に聞いてみました。

「これは小麦ですよね?落穂を写真に撮らせてもらってもいいですか?」

「ああ、いいよ。それにしてもよく小麦ってわかったね」

お許しを得たので、刈り入れの終わった畑の脇にこぼれている落穂を一つ拾わせてもらいました。

やはりこれも小麦ということでした



「これは何という小麦ですか?」

「いや~、何ていうたかの~。全部農協が引き取ってくれるっていうから、今年やってみたがよ。農協の人に聞いてみてくれろ」

「はぁッ?」

ちょっと私の思いとは違っていたのは、残念でもありました。(笑!

梅雨時期に収穫が重なることも聞いてみたかったのですが、忙しくしておられたのでそれ以上は聞けませんでした。きっと米と同じように、コンバインで収穫した後に乾燥機にかけるから、少しぐらい濡れていても差し支えないのかもしれませんね。

そこで一句、川柳で決めてみましょう。


現代は機械が決める麦の秋




◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ




  


2016年06月12日

梅雨と麦秋


立ち葵の季節感を狂わせたのではないかと指摘した麦畑ですが、未だに刈り入れされていないのが気になったので、様子を見に行ってきました。

小麦.jpg


何とこれは小麦ではありませんか。小麦の特徴である猫じゃらしのような穂先が見て取れますね。

以前撮っておいた大麦の写真と比べると、同じ麦でも大・小の違いがよく分かります。

大麦.jpg


大麦の方は穂先から延びるピント張った長いヒゲが特徴です。私は猫じゃらしが小麦、長いヒゲが大麦と覚えるようにしています。


米どころ当地北陸富山でも、国の転作を奨励する政策により、最近は米に替えて麦や大豆が植えられるようになりました。

当地は例年梅雨明けが遅く、梅雨入り前に刈り入れができる大麦こそ近年盛んに植えられるようになりましたが、大麦より約1か月収穫が遅れる小麦は、収穫期がちょうど梅雨の時期に重なり、北陸には適さない作物といわれています。

梅雨入りが近いというのに(当地では今日6月12日現在まだ梅雨入り宣言がされておりません)、麦畑がまだ刈り入れされていなかったのは、立ち葵を惑わそうとしたのではなく、梅雨空を気にしながら必死で実が熟するのを待っていたというわけ。


いま少し 晴れ間続けや 麦待てり




◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ


  


2016年05月02日

八十八夜


昨日5月1日は立春より数えて88日目にあたる「八十八夜」。

八十八夜といえば、日本人なら誰しもこの歌が口をついて出て来るでしょう。


夏も近づく八十八夜
野にも山にも若葉が茂る

あれに見えるは茶摘みじやないか
あかねだすきに菅(すげ)の笠


古来より八十八夜に摘んだ茶は上等なものとされているのだとか。また、この日にお茶を飲むと長生きするともいわれているのだそうです。

全国有数の抹茶の産地として知られる愛知県西尾市で1日、八十八夜恒例の「新茶の茶摘みセレモニー」があったという話題。

ウエブトピックスより、
八十八夜に新茶の茶摘み 愛知・西尾でセレモニー

同時に配信されている写真をアップにしてみると、なんと茶畑一面を遮光ネットが覆っているではありませんか。

一番茶の収穫前に20日ほど遮光ネットで覆うことで渋みが抑えられ、お茶の味がまろやかになるんだとは知りませんでした。

「茶摘み」の歌は、日本の初夏の山里の風景を詠んだものですが、昔なら里から望めた茶を摘む乙女の姿も、現代では見ることができないというのは、なんともさみしい限りですね。


それでも茶葉を摘む乙女の出で立ちは、歌にあるように昔と同じ紺がすりに茜色のたすき。

菅の傘は被っていないのは、遮光ネットが陽光を遮っているから必要ないのでしょうか?

それでも日本手拭いを姉さん被りにしている姿は、若き乙女のたしなみというものでしょう。「色の白さは七難を隠す」と言いますからね。(笑!


日和(ひより)つづきの今日このごろを
心のどかに摘みつつ歌ふ

摘めよ摘め摘め摘まねばならぬ
摘まにゃ日本の茶にならぬ


「八十八夜」を一日過ぎてしまいましたが、今日はコーヒーではなく日本茶をいただくとしましょうか。





◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ



  


2016年04月16日

擬態語が好きな日本人


TBS系列のテレビバラエティー番組「ニッポンの出番ですよ」は、外国人から見た日本の文化と日本人の思考について分かりやすく教えてくれる優れた番組です。

以前この番組では、日本人ほど擬態語を数多く使い分ける民族はいないということを取り上げていました。

たとえば食べ物の食感を「サクサク」とか「フワフワ」、あるいは「プリンプリン」などと表現されても、外国人にはそれがどう違うのかまったく理解できない。欧米にはそのような食感を表す擬態語がないということでした。

「シャキシャキ」「アツアツ」「トロトロ」「カリカリ」「モッチモチ」・・・食感を表現する擬態語などいくらでも出てきますね。これらの言葉が食べ物のどんな状態を指しているのか日本人には説明するまでもありませんが、外国人にはまったく意味が分からないというのです。

欧米にもスナック菓子があると思うのですが、湿気ってしまったクッキーなど美味しくないのは同じだろうと思うのですがね。焼き立てのクッキーを食べたとき、彼らはその美味しさをどう表現するのだろう?


突然ですが、鉛筆の芯の先が尖った状態のことをを皆さんはどのように表現しますか?

以前当地の地方紙が金沢大学の人間社会研究域の日本語学が専門の加藤和夫教授が行ったおもしろい調査について報じていました。加藤教授が学生らとともにJR北陸本線沿線の各駅で、世代別に鉛筆の芯の先が尖った状態のことをどのように表現するのか調べたところ、


石川県では「ケンケン」もしくは「ピンピン」、福井県では「ツンツン」と表現するのだそうです。

身近なものの表現の仕方なのに、同じ北陸でもこうも違うものかと驚きました。富山県西部の地方都市高岡市に住む私としては、お隣の石川県金沢市へは車で1時間もかからずに行けるのですが、「ケンケン」「ピンピン」などと言われても何のことかさっぱり見当もつきませんね。

鉛筆を持ちながら福井県流に「ツンツン」と言われれば、かろうじて尖っていることを言っているようだと分かるかもしれませんが・・・。



では、富山県ではどう言うか?

「ツクツク」と言います。いかにも尖っている様子を上手く表現していると思いませんか?

小学校に上がったばかりのころ、学校の先生がこう言ったことを今でもはっきり思い出すことができます。

「明日の国語の時間は、書き方の練習をしますから、鉛筆の先を"ツックツク"に削ってこられぇ~。」

私たちは何の違和感もなく先生の言われるままに、鉛筆の先を「ツックツク」にして行きましたね。実に素直な良い子だったものです。(笑!

ちなみに終わりの「・・・削ってこられぇ~」は、「・・・削って来なさい」という意味です。


お気づきかと思いますが、「ツクツク」より「ツックツク」の方がより尖った状態を強調しているようです。もっと尖った状態を表現したければ、「ツックンツクン」という言い方もあります。(笑!

生鮮魚介類が豊富な富山県では、とりわけ鮮魚が新鮮な状態であることを「キトキト」と表現しますが、もっと鮮度を強調したいときには「キットキト」と言うのもこれと同じことでしょう。

蛇足ですが、富山県では空港まで「富山きときと空港」と改名してしまうくらいですから、富山県民がいかに「キトキト」という言葉が好きか知れようというものです。(苦笑!


さて加藤先生に言わせれば、「ケンケン」も「ツンツン」も「ツクツク」も標準語ではないということだそうです。残念ながら肝心のその標準語については言及されていませんでした。鉛筆の芯の先が尖った状態のことを標準語では何と言うのだろう?

あなたの地方では、鉛筆の芯の先が尖った状態を何んと表現しますか?







◆酒そば本舗トップページへ◆


**貴方の共感できる生き方がきっとある**
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ

  


2016年02月29日

「春眠不覚暁」


お奨めの一冊
「旧暦はくらしの羅針盤」 (小林 弦彦著 日本放送出版協会)




昔日本では、時間が伸びたり縮んだりしたんです!

えっ!? そんなバカな??・・・、江戸時代の話でしょ?そんな昔に、日本にもアインシュタインのような天才がいたんですか?


ご存知アインシュタイン博士による相対性理論。絶対に変らぬものは光の速度だけで、時間は伸びたり縮んだりする。空間でさえ歪む。

まったく、理解不能な理論なんですがね。


江戸時代の時間の単位は、読んで字のごとく「時」(とき)。この「時」(とき)が、実は伸びたり縮んだりしたのです。

昔の人は、日の出とともに起き、日が沈むと活動をやめた。何しろ電気などというものがありませんからね。日が暮れたら、することといったら、だいたい寝るだけと言った方がいい。

そこで昼と夜とをそれぞれ六等分し、一日を十二分割して干支を割り振って時間を数えた。

春分の日と秋分の日ならば、昼と夜の時間が同じだから、一時(いっとき)は今の時間だと2時間。ところが、夏至だと日照時間が長いから、昼の時(とき)は、2時間より長くなります。その逆に冬至は、昼の時(とき)が短くなり、夜の時(とき)が長くなるというわけ。

当時の人の活動時間を明け六つ(午前6時)から暮れ六つ(午後6時)までと考えると、冬至では10時間56分ですが、夏至では15時間52分となりますから、同じ一時(いっとき)でも、夏至と冬至では50分余りの違いが生じることになります。

「春眠不覚暁」は、中国盛唐期を代表する詩人孟浩然の有名な五言絶句「春暁」の歌い出しの句ですが、これは夜が長い冬の生活に慣れた体が、春になって夜明けが早くなったことに対応できないでいる様を巧みに詠んだものですね。


また日本には、「お江戸日本橋七つ立ち~、初上り~♪」という有名な歌があります。

これは江戸から京へ行くのに、日本橋を明け六つ(午前6時ころ)前の七つ(午前4時ころ)に出立したことを歌っていますね。ですから、そのあとの歌詞を見ると、

「こちゃ高輪、夜明けてぇ~、提灯消すぅ~♪」

日本橋を提灯の明かりを頼りに出立して、品川の手前の高輪あたりで夜が明けたと言っているのです。日本橋から高輪まで夜道を約2時間かけて歩いたのでしょう。

恥ずかしながら、「旧暦はくらしの羅針盤」を読んで、この歌の意味がようやく分かりました。





◆酒そば本舗トップページへ◆


**貴方の共感できる生き方がきっとある**
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ


  


2016年02月20日

月明蕎麦花如雪


一昨日は唐代の三大詩人は、いずれ劣らぬ大酒飲みであったという話題を取り上げました。李白、杜甫、白楽天、三人共に数多くの酒の詩を残しているとか。その酒の詩から三人の酒の飲み方がわかるというのですから、興味深いですね。

そこで今日は、私の好きな漢詩を紹介させてください。少量の酒で陶然と酔うことが出来たという白楽天が蕎麦の花を詠んだ詩。私の知る限り、李白と杜甫には蕎麦を読み込んだ詩は見当たらないようです。しかし、これは私の乏しい知識のことですから、きっとあるに違いないと思っています。後世に名を残した大天才といわれた詩人が蕎麦を題材にした詩を残さないわけがないと思うのです。一度調べてみなければ・・・。

白楽天は月明に照らされた蕎麦の花をどのような気持ちで眺めたのでしょうか?


  月 独 村 霜
  明 出 南 草
  蕎 門 村 蒼  
  麦 前 北 蒼
  花 望 行 蟲  
  如 野 人 切
  雪 田 絶 切



  
最後の節は、
「月明らかにして蕎麦(きょうばく)の花雪の如し」
と読むんだそうです。
「きょうばく」の響きが、何とも心地よいですね。

この詩は、唐代の白楽天が長安より故郷に帰ったとき(811年)の作と伝えられています。
白楽天といえども人の子、郷里に帰った安心感・安堵感が行間にうかがえますね。その一方で、都での志が叶わぬままに郷里にもどった失望感が、詠わせた詩だともとれます。

今をさかのぼること1200年、白楽天は月明に照らされた蕎麦の花をどのような気持ちで眺めたのでしょうか?





◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ

  


2016年02月08日

神(かむ)からならし


今日はこれが北陸の冬とは思えないほどの天候に恵まれました。一点の曇りもなく北アルプス立山連峰をこのように仰ぐことが出来るのも、一冬にそうそうあることではありません。早速携帯でパチリ。

NO1.jpg


アップにすると一段と迫力がありますね。立山連峰が里に押し迫って来るかのように写ります。

NO1_up.jpg


その美しさ、神々しさの所以を古の歌人は「神(かむ)からならし」と詠んだのも、何となく分かるような気がしてくるではありませんか。




◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ

  


2016年01月05日

年明けうどん


突然ですが、皆さんは「年明けうどん」ってご存知ですか?

日本人なら「年越しそば」を知らぬ人はいないでしょうが、「年明けうどん」となるとご存じない人の方が多いのではないかと思います。


年明けうどんロゴ


さぬきうどんの本場、香川県の製麺業界が「年明けうどん」を提唱し始めて今年で早8回目の正月を迎えることになるそうですが、節分の「恵方巻き」の寿司のようにはなかなか全国には浸透できないでいるようです。

さぬきうどん振興協議会によれば、「年明けうどん」の定義は、『うどんは太くて長いことから、古来より長寿を祈る縁起ものとして食べられてきた。「年明けうどん」は、純白で清楚なうどんを年の初めに食べることにより、その年の人々の幸せを願うものである。「年明けうどん」は、元旦から1月15日までに食べるうどんのことで、赤い蒲鉾、海老の天ぷら、梅干、人参を入れたかき揚など、家庭で簡単に調理できる赤い食材をトッピングとして添えて食べる』となっているのだとか。


定義はどうであれ、よくよく考えてみると、年暮れにはさんざん年越しそばを食べろと腹いっぱいそばを食わせておいて、一晩寝て起きたら、今度はうどんを食べろとは、これほど麺屋に都合のいい手前勝手な話はありませんよね。

・・・手前勝手ついでに、もうひとつ付け加えさせてもらいたいと思います。

「年の瀬ラーメン」って、ご存知でしたか?


早い話が、年の瀬の12月も押し迫ったころから年明けにかけては、ラーメン食って、そば食って、うどんを食おうということ。餅なんぞ食べている暇はないんです。・・・餅屋さん、ごめんなさい。(笑!


そこで都々逸を一節

年の瀬にラーメンすすり、そばすすり、
明ければうどん めでたや正月
はじめつるつる(鶴鶴)、後はかめかめ(亀亀)

・・・お粗末でした。


今年一年、麺好きの皆様のご健康とご多幸をお祈りします。





◆酒そば本舗トップページへ◆


**貴方の共感できる生き方がきっとある**
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ

  


2015年12月01日

酒飲めば涙ながるるならはしの それも獨りの時にかぎれり


日が暮れて一人疲れた体を薄い布団に横たえるわびしさは格別なものがありますが、夕方一人さびしく食卓を囲むのも独り寝以上にわびしいものがありますね。その辛さから逃れるために傷心者はしばしば酒の力を借りることになるのですが、そうすればまあどうにか腹も満たし脳を麻痺させて眠りにつくことも出来るようではあります。

しかし、そんなことをせずとも鏡が1枚あればいいって、ご存知でしたか?


ウエブトピックスより
鏡見ながら食べると美味 名大研究、疑似的「共食」で

大学生と高齢者16人ずつを対象にポップコーンを食べさせて、鏡ありと鏡なしで実験をしたそうです。その結果は、「おいしい」「また食べたい」の評価が「鏡あり」の場合で明らかに高く、食べた量も多かった。しかも、大学生でも高齢者でも同じ傾向が確認されたということです。

研究者はこの結果を「他者と食べる『共食』環境を疑似的につくりだし、おいしさの感覚が刺激されているのではないか」と考えているとか。


・・・う~む、果たしてそうかな?

貴方はポップコーンを食べている自分の姿をまじまじと見たいですか?私ならポップコーンが酒であってもお断り願いたいですな。

美空ひばりは、酒を飲んでさえ断ち切れぬ未練を「飲んで棄てたい面影が♪ 飲めばグラスにまた浮かぶ♪」と歌い、この国の民を涙させましたが、鏡に映った醜い己の姿を見れば、酒を飲む気さえ失せてしまいそうです。ましてや、ポップコーンをや。

そもそもポップコーンなどというものは、鏡を見ながら一人ではなく、映画館でスクリーンを見ながら、隣の席のカップルに遠慮しつつ食べるものだろう。


「酒飲めば涙ながるるならはしの それも獨りの時にかぎれり」

かの若山牧水の歌を"疑似的「共食」"の研究者におくりたいものです。


さて、今宵も一人酒を飲みながら、鏡などではなく、内なる己を見つめ涙を流すとしましょうか。






◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ


  


2015年11月28日

月明蕎麦花如雪



今日は、私の好きな漢詩を紹介させてください。


   月 独 村 霜
   明 出 南 草
   蕎 門 村 蒼   
   麦 前 北 蒼
   花 望 行 蟲   
   如 野 人 切
   雪 田 絶 切


最後の節は、「月明らかにして蕎麦(きょうばく)の花雪の如し」と読むんだそうです。「きょうばく」の響きが、何とも心地よいですね。

この詩は、唐代の白楽天が長安より故郷に帰ったとき(811年)の作と伝えられています。白楽天といえども人の子、郷里に帰った安心感・安堵感が行間にうかがえますね。その一方で、都での志が叶わぬままに郷里にもどった失望感が、詠わせた詩だともとれます。

今をさかのぼること1200年、白楽天は月明に照らされた蕎麦の花をどのような気持ちで眺めたのでしょうか?






◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ

  


2015年08月18日

蛭(ヒル)まで歌に詠む日本人の感性


歌人小池光氏の著した「うたの動物記」より、夏の俳句を一句ご紹介します。こんな動物まで歌に詠んでしまう民族は日本人の他にいないのではないかと思えてきます。



本日取り上げる動物は、「蛭(ヒル)」。体を尺取虫のようにくねくね折り曲げて移動し、動物に吸い付いて血を吸うあのヒルである。


私らが子供のころは、農作業は今のように機械化されていなく、何事も文字通り手作業が主でした。農家の方は、つらい農作業もさることながら、水田に生息するヒルにも大変悩まされたことでした。それも農薬の普及により、今ではヒルを見ることもめったになくなりましたね。

血を吸われるのは蚊でさえもごめんこうむりたいのに、ぬめりのある体をくねくね折り曲げるように動き回り、蚊の何十倍もの口で吸い付くのですから、けっして気持ちのいい動物とはいえませんよね。

ところがこの嫌われものヒルは、有史以来人間と関わりが深かったというのですから驚きです。

「古事記の国生み神話では、女性であるイザナミノミコトが先に愛を告白してしまったがために『蛭子』が生まれ、これを葦船に入れて流してしまう。物語のはじまりから、忌み嫌われてきた」と書かれているところをみれば、ヒルは神代の昔から生息していて、恐れ多くもご神体に吸い付くこともあったのだろう。



小池先生が本著で紹介している歌から、

我妹子(わぎもこ)が蛭の血を拭く蕗葉(ふきは)かな  松浦青々


もはやヒルの不気味さは微塵も感じさせませんね。我妹子の白いふくらはぎ、赤い鮮血、フキの葉の青、妖艶な美女のなまめかしさを演出するヒルです。

日本人の感性の豊かさが感じ取れる味わい深い一句と言えましょう。


ちなみにヒルは夏の季語であるということです。





◆酒そば本舗トップページへ◆


**貴方の共感できる生き方がきっとある**
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ

  


2015年08月07日

鳴くはずもない動物の鳴き声


犬はワンワン、猫ならニャーニャー、馬ならヒヒーン。身近な動物の鳴き声なら知らぬ人はいませんね。ではタニシはどう鳴くかご存知か?

タニシって川に生息する巻貝のタニシです。私らが子どものころは、田んぼにもごろごろいましたね。そのタニシなんですが、タニシが鳴いたって話、未だかって聞いたことはありませんが。


「うたの動物記」(小池 光 著)より、俳句や短歌の世界では鳴くはずのない動物が鳴くという話題。




ではタニシはどう鳴くのか?

松山中学校教師時代、しきりに子規に句稿を送って批評を乞うていた漱石の句。

よく聞けば田螺(タニシ)鳴くなり鍋の中


永井荷風はこう詠んでいます。

しのび音も泥の中なる田螺哉


圧巻は北原白秋

かはづの啼くはころころ、田螺(タニシ)の啼くはころろよ
ころころ、ころろ、ころころ
萌え来(こ)よ、春の下(した)ん田(だ)

なんとタニシは、「ころろ」と鳴くのであった。


ちなみに「田螺鳴く」は春の季語。同じく「亀鳴く」も春の季語。「蚯蚓(ミミズ)鳴く」なら秋の季語。鳴かないものが鳴く三大季語なのだそうです。






◆酒そば本舗トップページへ◆


**貴方の共感できる生き方がきっとある**
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ