★今街で噂の★酒そばとはこんなそば 酒そばってこんなそば

通常そばを練るときには、水を使用するのですが、その水のかわりに「お酒」を使って練ったのが、 当店自慢の酒そばです!

お酒は富山で人気の地酒を使っています!
お酒の風味と香りが、 そば本来の風味と香りにからみあい、今までにないおいしいおそばができあがりました!

そば通、お酒通と呼ばれる方の中には、そばを食べ終わった後に
「残ったそばつゆに酒を少し足して飲む」のが最大の楽しみといいますよね。
まさしくお酒好きの方には、もう「たまりませ~ん!」っておいしさです♪

でも、お酒の苦手な方でもご安心くださいね! アルコール成分はそばを茹でた時にほとんど飛んじゃいますから、 お子様でも安心して食べられますよ!
(※但し、アルコールに弱い体質の方や小さなお子様はご注意ください。)


酒そばをゆでた後の蕎麦湯はえもいわれぬおいしさそばを茹でたあとのそば湯は ほのかなお酒の香りと旨味がでており、 それはそれはえもいわれぬおいしさ!
そばのお味から、香り、はたまたそば湯まで、 全てがたまらなぁ~いのが酒そばです♪

いつもの「そば」とは違う、ちょっとリッチなひと時を「酒そば」でお楽しみください♪


★これは珍しい!ひそかな噂を呼んでいる★こだわり酒そばこだわり酒そば

当店売れ筋NO1がこの「こだわり酒そば」です!


「こだわり酒そば」は、その名のとおり、
原材料にこだわり、厳選した、国産の原材料を使用しています!

そば畑■こだわり・その1:そば粉■
そば粉は、日本有数のそば処信州・安曇野(あずみの)産のそば粉を、 石臼にて、丁寧に、丁寧に、粗挽きしたものを使用しています。

北アルプス山麓長野県安曇野市一帯の地域は、 名水百選「安曇野わさび田湧水群」で知られる日本有数の名水の土地です。

清らかでミネラルが豊富な水によって、味も香りも素晴らしいそばが育まれます。


豊かな大地が育む小麦畑■こだわり・その2:製法
このそばの味と香りを最大限引き出すため、 製法にもこだわっています♪

そばの実を製粉する際、これまでの方法ですと、 機械製粉のためかなりの熱が発生し、 そば本来の香りが失われてしまいます。
昔ながらの石臼を使ってゆっくりと、丁寧に、丁寧に、挽くことによって、 そばの実の甘皮と呼ばれる部分をも一緒に挽きくるんだ、 そば本来の香り一杯の粗引きの「そば粉」にしています。

■こだわり・その3:小麦粉
小麦粉は北海道の大地が、育んだ小麦粉を使用しています!
北海道産小麦の特徴は、風味がよく、 その豊で広大な大陸同様、豊かな味わいを大切にし、そばの風味を最大限に生かす粉です。


富山県高岡市雨晴海岸より望む立山連峰■こだわり・その4:お酒
地元富山で人気の地酒を使用しています。

富山県は、三方を北アルプス立山連峰などの、山岳地帯に囲まれており、 中央には実り豊かな平野が広がっています。

富山湾、日本海へと開けている天然の巨大ダムともいえる山々からは、 一年を通じて豊かで、清らかな水が生まれるんです!
豊かな大地と清らかな水に育まれた米どころ富山は、日本でも有数の酒どころでもあります。

酒そば本舗の酒そばは、富山で人気の地酒を使用しています。

2019年02月11日

「雪合戦禁止法」


今冬最強の寒気団が日本列島上空に南下し、北海道では最低気温がマイナス30度を記録した観測地点もあったと報じられています。

この寒さのために首都圏でも積雪を見たとのことですが、交通機関も3連休の期間と重なったために、通勤通学の足が奪われるという大きな混乱が避けられたのは幸いでした。ただ連休を利用して行楽を計画していた人は、一部で飛行機や電車が止まったり遅れたりして、貧乏くじを引いたようですが。

当地北陸富山は雪国。5センチや10センチの降雪があったとしても、雪が降ったとは言いません。「降らなくてよかったね」が、朝の挨拶がわりになるくらいです。

ただ子供たちは、少しの雪でも大はしゃぎ。雪だるまを造ったり、雪合戦をしたりと、雪遊びに余念がありません。これだけは首都圏でも雪国の富山でも同じでしょう。

冬の雪遊び、中でも雪合戦は、わが国の子どもたちにとってはごく当たり前のことですが、これがアメリカとなると、少し事情が違っていたという話題。雪合戦が法律で禁止されていた州があったって、ご存知でしたか?

ウエブトピックスより、
約100年続いた「雪合戦禁止法」、9歳男児が弁舌で覆す 米コロラド州

アメリカ中西部コロラド州セベランスでは、子どもたちは雪合戦の楽しさを知らなかったということになりますね。

・・・何ゆえにそんな法律が制定されたのか?

まったく理解できませんが、その不条理な法律を9歳になるデーン・ベスト少年が覆した。セベランスの町の評議会の議員をこう言って説き伏せたというのです。

「現代の子どもには、外で遊ぶ理由が必要だ」

「研究では、屋外で過ごす時間が不足すると、肥満やADHD(注意欠陥多動性障害)、不安障害、うつ病などになる恐れがあると指摘されている」

「セベランスの子どもたちは、世界中の他の子どもたちと同じように雪合戦をする機会を欲しがっている」

まったくもってごもっとも。評議会は満場一致で条例改正を可決し、雪合戦は合法化されたそうです。


野次馬根性で言わせてもらえば、雪合戦を禁止するより、銃の所持を禁止しろよと言いたくなります。(笑!

議会を説得して、見事合法的に雪つぶてを投げる権利を勝ち取ったデーン・ベスト君には、ぜひ政治家を目指してもらいたいものですな。合衆国議会で銃の所持を禁止する法案をみごと通してもらいたいものです。




◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村


同じカテゴリー(ニュース・トッピックス)の記事
 はたして3万年前の航海は実証出来るか? (2019-06-19 09:27)
 日本一低い山、弁天山で山開き (2019-06-13 10:40)
 なぜ「ビールホールでビアを飲む」とは言わないのか? (2019-06-12 10:29)
 リスクとリターンの見極めが肝心 (2019-06-11 10:12)
 お隣の大国の将来は・・・。 (2019-06-10 12:23)
 蚊のメスは一度に何個卵を産むか? (2019-06-07 11:20)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。