★今街で噂の★酒そばとはこんなそば 酒そばってこんなそば

通常そばを練るときには、水を使用するのですが、その水のかわりに「お酒」を使って練ったのが、 当店自慢の酒そばです!

お酒は富山で人気の地酒を使っています!
お酒の風味と香りが、 そば本来の風味と香りにからみあい、今までにないおいしいおそばができあがりました!

そば通、お酒通と呼ばれる方の中には、そばを食べ終わった後に
「残ったそばつゆに酒を少し足して飲む」のが最大の楽しみといいますよね。
まさしくお酒好きの方には、もう「たまりませ~ん!」っておいしさです♪

でも、お酒の苦手な方でもご安心くださいね! アルコール成分はそばを茹でた時にほとんど飛んじゃいますから、 お子様でも安心して食べられますよ!
(※但し、アルコールに弱い体質の方や小さなお子様はご注意ください。)


酒そばをゆでた後の蕎麦湯はえもいわれぬおいしさそばを茹でたあとのそば湯は ほのかなお酒の香りと旨味がでており、 それはそれはえもいわれぬおいしさ!
そばのお味から、香り、はたまたそば湯まで、 全てがたまらなぁ~いのが酒そばです♪

いつもの「そば」とは違う、ちょっとリッチなひと時を「酒そば」でお楽しみください♪


★これは珍しい!ひそかな噂を呼んでいる★こだわり酒そばこだわり酒そば

当店売れ筋NO1がこの「こだわり酒そば」です!


「こだわり酒そば」は、その名のとおり、
原材料にこだわり、厳選した、国産の原材料を使用しています!

そば畑■こだわり・その1:そば粉■
そば粉は、日本有数のそば処信州・安曇野(あずみの)産のそば粉を、 石臼にて、丁寧に、丁寧に、粗挽きしたものを使用しています。

北アルプス山麓長野県安曇野市一帯の地域は、 名水百選「安曇野わさび田湧水群」で知られる日本有数の名水の土地です。

清らかでミネラルが豊富な水によって、味も香りも素晴らしいそばが育まれます。


豊かな大地が育む小麦畑■こだわり・その2:製法
このそばの味と香りを最大限引き出すため、 製法にもこだわっています♪

そばの実を製粉する際、これまでの方法ですと、 機械製粉のためかなりの熱が発生し、 そば本来の香りが失われてしまいます。
昔ながらの石臼を使ってゆっくりと、丁寧に、丁寧に、挽くことによって、 そばの実の甘皮と呼ばれる部分をも一緒に挽きくるんだ、 そば本来の香り一杯の粗引きの「そば粉」にしています。

■こだわり・その3:小麦粉
小麦粉は北海道の大地が、育んだ小麦粉を使用しています!
北海道産小麦の特徴は、風味がよく、 その豊で広大な大陸同様、豊かな味わいを大切にし、そばの風味を最大限に生かす粉です。


富山県高岡市雨晴海岸より望む立山連峰■こだわり・その4:お酒
地元富山で人気の地酒を使用しています。

富山県は、三方を北アルプス立山連峰などの、山岳地帯に囲まれており、 中央には実り豊かな平野が広がっています。

富山湾、日本海へと開けている天然の巨大ダムともいえる山々からは、 一年を通じて豊かで、清らかな水が生まれるんです!
豊かな大地と清らかな水に育まれた米どころ富山は、日本でも有数の酒どころでもあります。

酒そば本舗の酒そばは、富山で人気の地酒を使用しています。

2007年01月30日

アメリカと中国

今日の陽気は、まったくの春といってもいいくらいです。
ポカポカと暖かく、窓辺でひなたぼっこをするのにもってこい、気持ちよくてついつい居眠りしそうです。

寒の内にこのような立山連邦の姿を仰ぎ見ることができるのは、めったにあることではありません。
自分で写真をとりながら、これが真冬の今の姿でなく、早春3月下旬の写真じゃないかと目を疑るくらいです。

1月30日異常なくらいに暖かいです。これはすでに春です。



この陽気を素直に喜べないのは、「冬来たりなば・・・・」のことわざ通りに、春の到来を心待ちに待つにしては、本来なら厳しいはずの冬が寒を極めることなくだらだらとしているからだけでなく、やはりこの星の温暖化ということが不安として思い浮かぶからにほかなりません。


温室ガス抑制の世界的合意をまったく意に介さぬ大国について言及せざるをえません。

一国は、温室ガスが地球温暖化の原因であることを、非科学的であるの一言で無視し続け、ジャブジャブに石油を燃やし続ける正義を主張する国アメリカ。

アメリカの言う正義とは、自国の国益にかなうこと。アメリカの言う科学的とは、とてつもなく巨大なプロジェクトをぶち上げること。

そんなに大きな鏡を作らなくとも、背鏡で十分ですから、一度鏡に映った自分の姿をよく見てもらいたいものだと思うのです。


もう一国は、経済発展国は今まで温室ガス出し放題で経済発展を遂げてきたのだから、自国も経済発展を成し遂げるまでは、化石燃料を消費する権利があると主張し、石炭を燃やし続ける国、ご都合経済発展途上国中国。

省エネルギーという言葉は、やはり中国にもあり、努力しているのかと思わせる報道もあるのですが、達成できなかったとお得意の自己批判をしている党幹部のお二人の顔、笑っております。


大干ばつや大地の砂漠化、大型凶暴化したハリケーンによる深刻な大被害などを受けているのは、まさしくこの両国ではありませんか。




酒そば本舗ただ今セール中です!!



さ・ら・に!

【送料無料お試しセール】好評開催中です!!

モバイルはこちらから!
携帯電話からもご購入いただけます!!

こちらがモバイルの酒そば本舗入り口でございます!




Posted by 酒そば本舗店長 at 15:54│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。