★今街で噂の★酒そばとはこんなそば 酒そばってこんなそば

通常そばを練るときには、水を使用するのですが、その水のかわりに「お酒」を使って練ったのが、 当店自慢の酒そばです!

お酒は富山で人気の地酒を使っています!
お酒の風味と香りが、 そば本来の風味と香りにからみあい、今までにないおいしいおそばができあがりました!

そば通、お酒通と呼ばれる方の中には、そばを食べ終わった後に
「残ったそばつゆに酒を少し足して飲む」のが最大の楽しみといいますよね。
まさしくお酒好きの方には、もう「たまりませ~ん!」っておいしさです♪

でも、お酒の苦手な方でもご安心くださいね! アルコール成分はそばを茹でた時にほとんど飛んじゃいますから、 お子様でも安心して食べられますよ!
(※但し、アルコールに弱い体質の方や小さなお子様はご注意ください。)


酒そばをゆでた後の蕎麦湯はえもいわれぬおいしさそばを茹でたあとのそば湯は ほのかなお酒の香りと旨味がでており、 それはそれはえもいわれぬおいしさ!
そばのお味から、香り、はたまたそば湯まで、 全てがたまらなぁ~いのが酒そばです♪

いつもの「そば」とは違う、ちょっとリッチなひと時を「酒そば」でお楽しみください♪


★これは珍しい!ひそかな噂を呼んでいる★こだわり酒そばこだわり酒そば

当店売れ筋NO1がこの「こだわり酒そば」です!


「こだわり酒そば」は、その名のとおり、
原材料にこだわり、厳選した、国産の原材料を使用しています!

そば畑■こだわり・その1:そば粉■
そば粉は、日本有数のそば処信州・安曇野(あずみの)産のそば粉を、 石臼にて、丁寧に、丁寧に、粗挽きしたものを使用しています。

北アルプス山麓長野県安曇野市一帯の地域は、 名水百選「安曇野わさび田湧水群」で知られる日本有数の名水の土地です。

清らかでミネラルが豊富な水によって、味も香りも素晴らしいそばが育まれます。


豊かな大地が育む小麦畑■こだわり・その2:製法
このそばの味と香りを最大限引き出すため、 製法にもこだわっています♪

そばの実を製粉する際、これまでの方法ですと、 機械製粉のためかなりの熱が発生し、 そば本来の香りが失われてしまいます。
昔ながらの石臼を使ってゆっくりと、丁寧に、丁寧に、挽くことによって、 そばの実の甘皮と呼ばれる部分をも一緒に挽きくるんだ、 そば本来の香り一杯の粗引きの「そば粉」にしています。

■こだわり・その3:小麦粉
小麦粉は北海道の大地が、育んだ小麦粉を使用しています!
北海道産小麦の特徴は、風味がよく、 その豊で広大な大陸同様、豊かな味わいを大切にし、そばの風味を最大限に生かす粉です。


富山県高岡市雨晴海岸より望む立山連峰■こだわり・その4:お酒
地元富山で人気の地酒を使用しています。

富山県は、三方を北アルプス立山連峰などの、山岳地帯に囲まれており、 中央には実り豊かな平野が広がっています。

富山湾、日本海へと開けている天然の巨大ダムともいえる山々からは、 一年を通じて豊かで、清らかな水が生まれるんです!
豊かな大地と清らかな水に育まれた米どころ富山は、日本でも有数の酒どころでもあります。

酒そば本舗の酒そばは、富山で人気の地酒を使用しています。

2011年02月17日

線路は続くよどこまでも PART2


昨日は、姿消す「昭和の名列車」たちというウエブトピックスを読んで、「線路は続くよ、どこまでも」と題するつたない文を書いたのでしたが、ブログ愛好家には鉄道ファンが多いのでしょうか、ことの他多くの方にお読みいただいたようです。

さて昨日は特急の思い出として、北陸線の雷鳥号としらさぎ号、高山線のひだ号を取り上げましたが、いずれも北陸から関西、中京方面への列車になりますね。そこで今日は、当地から東京方面へ行く場合に利用した思い出の特急列車についても書いておきたいと思うのです。

今だと金沢始発の特急はくたか号に乗り、越後湯沢で上越新幹線Maxとき号に乗り換えれば、冨山から最速3時間半もかからずに行けるようになりましたから、随分便利になったものです。このはくたか号は、上越新幹線が開通する前にも、上野まで信越線経由(あるいは上越線だったかも知れない?)で一日2~3本走っていましたから、古株といえる特急になるでしょう。
しかし、特急とはいえ東京までの所要時間が5時間半~6時間程度かかったので、日中それだけの時間ただ座っているのも大変ですから、はくたかはあまり利用しませんでした。

当時の記憶をたどれば、東京へは夜行列車で行くものだと思い込んでいた節がある。


思い起こせば、もう40年前のことになります。
私が初めて東京へ行ったときに乗った列車が、この北陸号だったのです。初めての一人旅。一泊分の着替えに受験票と数冊の参考書を忍ばせたバックを抱え、心細い気持と一緒に北陸号の3段ベットの最上段に身を横たえたのでした。

そんな緊張感からか、列車が動きはじめてしばらくしてすぐ眠りについたようです。途中ガタンという大きな音と衝撃で目が覚めると、しばらく停車していた列車は前後逆に走り出した。あぁ、今長岡なんだなと思いながら、いつのまにか眠ってしまったのでしょう、よく朝終点の上野が近づき他の乗客が降りる支度をしだした気配に起こされて、慌てて寝台を下りたことを昨日のことのように思い起こすことが出来ます。


・・・そんなわけで私の一番思い入れのある特急列車は、寝台特急北陸号。この特急もすでにリタイヤして久しいですね。

当時は、こんな寂しい思いをさせる、こんな特急二度と乗りたくないと思ったものですがね、今となれば、あの北陸号のB寝台の最上段のベットがなつかしいです。(笑!


寝台特急北陸号は、根強い鉄道ファンの要望で特別に運行されることが今後あるかも知れませんね。その時にはぜひもう一度乗ってみたい特急です。

・・・しかし、あの時の青雲の志も高き紅顔の美少年は、どこへ行ってしまったのだろう。40年の歳月を振り返り、ただただ白髪混じりの頭髪を搔くのみです。



◆酒そば本舗トップページへ◆


**貴方の共感できる生き方がきっとある**
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ







同じカテゴリー(一人言)の記事
 手の次は指 (2018-11-14 11:16)
 インド人と韓国人 (2018-11-12 12:39)
 「遊遊漢字学」が楽しみ♪ PART58「鹿鳴館」 の由来 (2018-11-11 09:44)
 ノーベル賞について調べてみた。 (2018-11-10 12:00)
 「遊遊漢字学」が楽しみ♪ PART57「『杞憂」の裏に敗者の屈辱」 (2018-11-04 09:32)
 「亭主関白」考 (2018-11-01 09:41)

Posted by 酒そば本舗店長 at 13:07│Comments(0)一人言
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。