★今街で噂の★酒そばとはこんなそば 酒そばってこんなそば

通常そばを練るときには、水を使用するのですが、その水のかわりに「お酒」を使って練ったのが、 当店自慢の酒そばです!

お酒は富山で人気の地酒を使っています!
お酒の風味と香りが、 そば本来の風味と香りにからみあい、今までにないおいしいおそばができあがりました!

そば通、お酒通と呼ばれる方の中には、そばを食べ終わった後に
「残ったそばつゆに酒を少し足して飲む」のが最大の楽しみといいますよね。
まさしくお酒好きの方には、もう「たまりませ~ん!」っておいしさです♪

でも、お酒の苦手な方でもご安心くださいね! アルコール成分はそばを茹でた時にほとんど飛んじゃいますから、 お子様でも安心して食べられますよ!
(※但し、アルコールに弱い体質の方や小さなお子様はご注意ください。)


酒そばをゆでた後の蕎麦湯はえもいわれぬおいしさそばを茹でたあとのそば湯は ほのかなお酒の香りと旨味がでており、 それはそれはえもいわれぬおいしさ!
そばのお味から、香り、はたまたそば湯まで、 全てがたまらなぁ~いのが酒そばです♪

いつもの「そば」とは違う、ちょっとリッチなひと時を「酒そば」でお楽しみください♪


★これは珍しい!ひそかな噂を呼んでいる★こだわり酒そばこだわり酒そば

当店売れ筋NO1がこの「こだわり酒そば」です!


「こだわり酒そば」は、その名のとおり、
原材料にこだわり、厳選した、国産の原材料を使用しています!

そば畑■こだわり・その1:そば粉■
そば粉は、日本有数のそば処信州・安曇野(あずみの)産のそば粉を、 石臼にて、丁寧に、丁寧に、粗挽きしたものを使用しています。

北アルプス山麓長野県安曇野市一帯の地域は、 名水百選「安曇野わさび田湧水群」で知られる日本有数の名水の土地です。

清らかでミネラルが豊富な水によって、味も香りも素晴らしいそばが育まれます。


豊かな大地が育む小麦畑■こだわり・その2:製法
このそばの味と香りを最大限引き出すため、 製法にもこだわっています♪

そばの実を製粉する際、これまでの方法ですと、 機械製粉のためかなりの熱が発生し、 そば本来の香りが失われてしまいます。
昔ながらの石臼を使ってゆっくりと、丁寧に、丁寧に、挽くことによって、 そばの実の甘皮と呼ばれる部分をも一緒に挽きくるんだ、 そば本来の香り一杯の粗引きの「そば粉」にしています。

■こだわり・その3:小麦粉
小麦粉は北海道の大地が、育んだ小麦粉を使用しています!
北海道産小麦の特徴は、風味がよく、 その豊で広大な大陸同様、豊かな味わいを大切にし、そばの風味を最大限に生かす粉です。


富山県高岡市雨晴海岸より望む立山連峰■こだわり・その4:お酒
地元富山で人気の地酒を使用しています。

富山県は、三方を北アルプス立山連峰などの、山岳地帯に囲まれており、 中央には実り豊かな平野が広がっています。

富山湾、日本海へと開けている天然の巨大ダムともいえる山々からは、 一年を通じて豊かで、清らかな水が生まれるんです!
豊かな大地と清らかな水に育まれた米どころ富山は、日本でも有数の酒どころでもあります。

酒そば本舗の酒そばは、富山で人気の地酒を使用しています。

2011年02月10日

何かにつけて誇りたがる民族


「喫煙は百害あって一益なし」と言われて久しいですね。
コロンブスがアメリカ大陸を発見してから500年余り、タバコがヨーロッパ大陸に持ち帰られ、全世界に広まったと聞きます。

そのアメリカの最高指導者が、なかなか喫煙習慣から抜け出せず苦労をなさっていたとは知りませんでした。

ウエブトピックスより
オバマ大統領、禁煙成功=ミシェル夫人がお墨付き

オバマ大統領のことなら、「Yes, I can !」と言うまでもなく、簡単に禁煙できそうなものと思うのですが、実際は何度も禁煙を試みては、失敗を繰り返していたそうですね。

私はタバコを吸いませんので、禁煙の苦しみがいかほどのものなのか分かりませんが、何度も減量に挑戦しては、リバウンドの憂き目を味わっている身の上ですので、ダイエットの苦しみはよく承知しております。タバコと食い物の違いこそあれ、オバマさんに親しみすら感じますね。(・・・笑! 

さて、私が注目したのは、禁煙に成功しつつあるオバマ大統領ではなくて、そんな大統領のことを「誇りに思う」と広言したミシェル夫人の方。

何度も失敗を繰り返した挙句、今回ようやく禁煙に成功しつつある旦那って、それほど"誇れる"対象になるものだろうかと思ったのです。

実際のところミシェル夫人は、どう言ったのだろう? 
やはり、「I'm proud of him.」と言ったのだろうか?

「be proud of ~」は、誰もが習う慣用句ですが、これを日本語に訳すと必ず「~を誇りに思う」になってしまいますね。アメリカ人は、何かにつけて「be proud of ~」を連発するようですが、実際に話している当人(アメリカ人)は、本当に日本人の「誇る」という感覚で使っているのだろうかと思いたくなります。

「be proud of ~」には、もちろん「誇りに思う」の意味が第一義的にあるのでしょうが、アメリカ人が普段の会話で使うときには、「~と言う結果でよかった」、「~なのは幸いであった」という意味合いの方が強いのではないかと思うのですが、英語(米語)のご専門の方のご意見や如何に?

それともアメリカ人は、やはり自分の伴侶や両親、もちろん息子や娘も、さらには地域の学校やコミュニティー等々、何からなにまで誇りたがる民族なのだろうか?




◆酒そば本舗トップページへ◆


**貴方の共感できる生き方がきっとある**
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ



同じカテゴリー(ニュース・トッピックス)の記事
 飲酒が原因、年間300万人死亡・・・。 (2018-09-23 09:21)
 諸葛孔明の「木牛流馬」 (2018-09-20 11:38)
 ハシビロコウのお見合い作戦 (2018-09-18 11:01)
 人類と結核菌の歴史 (2018-09-15 11:11)
 富山)ベニズワイガニ初セリ 新湊漁港 (2018-09-06 12:11)
 太陽光発電と水素 (2018-09-03 11:05)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。