★今街で噂の★酒そばとはこんなそば 酒そばってこんなそば

通常そばを練るときには、水を使用するのですが、その水のかわりに「お酒」を使って練ったのが、 当店自慢の酒そばです!

お酒は富山で人気の地酒を使っています!
お酒の風味と香りが、 そば本来の風味と香りにからみあい、今までにないおいしいおそばができあがりました!

そば通、お酒通と呼ばれる方の中には、そばを食べ終わった後に
「残ったそばつゆに酒を少し足して飲む」のが最大の楽しみといいますよね。
まさしくお酒好きの方には、もう「たまりませ~ん!」っておいしさです♪

でも、お酒の苦手な方でもご安心くださいね! アルコール成分はそばを茹でた時にほとんど飛んじゃいますから、 お子様でも安心して食べられますよ!
(※但し、アルコールに弱い体質の方や小さなお子様はご注意ください。)


酒そばをゆでた後の蕎麦湯はえもいわれぬおいしさそばを茹でたあとのそば湯は ほのかなお酒の香りと旨味がでており、 それはそれはえもいわれぬおいしさ!
そばのお味から、香り、はたまたそば湯まで、 全てがたまらなぁ~いのが酒そばです♪

いつもの「そば」とは違う、ちょっとリッチなひと時を「酒そば」でお楽しみください♪


★これは珍しい!ひそかな噂を呼んでいる★こだわり酒そばこだわり酒そば

当店売れ筋NO1がこの「こだわり酒そば」です!


「こだわり酒そば」は、その名のとおり、
原材料にこだわり、厳選した、国産の原材料を使用しています!

そば畑■こだわり・その1:そば粉■
そば粉は、日本有数のそば処信州・安曇野(あずみの)産のそば粉を、 石臼にて、丁寧に、丁寧に、粗挽きしたものを使用しています。

北アルプス山麓長野県安曇野市一帯の地域は、 名水百選「安曇野わさび田湧水群」で知られる日本有数の名水の土地です。

清らかでミネラルが豊富な水によって、味も香りも素晴らしいそばが育まれます。


豊かな大地が育む小麦畑■こだわり・その2:製法
このそばの味と香りを最大限引き出すため、 製法にもこだわっています♪

そばの実を製粉する際、これまでの方法ですと、 機械製粉のためかなりの熱が発生し、 そば本来の香りが失われてしまいます。
昔ながらの石臼を使ってゆっくりと、丁寧に、丁寧に、挽くことによって、 そばの実の甘皮と呼ばれる部分をも一緒に挽きくるんだ、 そば本来の香り一杯の粗引きの「そば粉」にしています。

■こだわり・その3:小麦粉
小麦粉は北海道の大地が、育んだ小麦粉を使用しています!
北海道産小麦の特徴は、風味がよく、 その豊で広大な大陸同様、豊かな味わいを大切にし、そばの風味を最大限に生かす粉です。


富山県高岡市雨晴海岸より望む立山連峰■こだわり・その4:お酒
地元富山で人気の地酒を使用しています。

富山県は、三方を北アルプス立山連峰などの、山岳地帯に囲まれており、 中央には実り豊かな平野が広がっています。

富山湾、日本海へと開けている天然の巨大ダムともいえる山々からは、 一年を通じて豊かで、清らかな水が生まれるんです!
豊かな大地と清らかな水に育まれた米どころ富山は、日本でも有数の酒どころでもあります。

酒そば本舗の酒そばは、富山で人気の地酒を使用しています。

2011年01月25日

時代小説が好きPART27「等伯」


日経最終面文化欄の連載小説は、「韃靼の馬」が完了し、変わって安土桃山から江戸時代初期にかけて活躍した絵師長谷川等伯を描いた、時代小説「等伯」(安部竜太郎 著)の連載が開始されました。今日がその4回目。等伯が、能登七尾から越中富山まで船旅をする場面が描かれています。

兄武之丞の言うなりに七尾湾から塩や干し魚などを越中に運ぶ回船舟に隠れるようにして乗船する等伯、自分自身にさえその逃避行のような船旅の理由が分からないという書き出し、この物語の柱になるストーリー展開が匂ってきます。

長谷川等伯といえば、狩野永徳と並ぶ安土桃山時代の日本画の巨匠。人気テレビ番組「お宝何でも鑑定団」に鑑定に出される日本画の筆頭が、この長谷川等伯。でも残念なことに十中八九は贋作ということで、伸介の嘲笑と皮肉を浴びて依頼者がすごすご退散するんですよね。。。

その等伯が、能登は七尾の生まれであったとは知りませんでした。

初回より今日まで、能登半島、七尾、富山湾、関野(高岡)、氷見、魚津、岩瀬、笹津、神通川といった聞きなれた地名が出てまいります。能登半島のつけ根、富山県高岡市に住む者にとって、目をつむっていても地名の位置関係が頭に浮かんできて、それだけでもう話に誘い込まれてしまいます。


突然ですが、左手の親指をピンと伸ばして手の平を内側にして目の前に持ってきてみてください。

親指が能登半島、親指の内側から人差し指が富山湾の海岸線。人差し指の根元付近が蜃気楼で有名な魚津になります。親指の方に目を向ければ、第一関節内側付近にあるのが七尾湾、第二間接付近に氷見があり、当地高岡は、親指の付け根やや内側寄りになります。富山は手の平の中心より少し上の方。手の平の中央に走る知能線が丁度そのまま神通川になりますね。

その神通川の河口に位置する岩瀬浜から、川を遡り笹津までやって来たところで、今日の話が終わっています。笹津と言ったら随分上流になりますね。現代でも富山市岩瀬から笹津まで、車で小一時間はかかります。そこまで人足に舟を引かせて神通川を上ったと書かれていますから、昔はそれが物を運ぶ唯一の手段だったのでしょう。

安部竜太郎による「等伯」、西のぼるの挿絵が版画調に描かれていて、このタッチがこれまたいいですね。

日経の連載、今回もまた時代小説でした。・・・毎日が楽しみです。


◆酒そば本舗トップページへ◆


**貴方の共感できる生き方がきっとある**
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ



同じカテゴリー()の記事
 日経新連載「ミチクサ先生」が楽しみ♪ PART6 (2020-02-16 09:06)
 日経新連載「ミチクサ先生」が楽しみ♪ PART5 (2020-01-03 09:23)
 日経新連載「ミチクサ先生」が楽しみ♪ PART4 (2019-12-28 11:01)
 「世界ぐるっとひとり旅、一人メシ」 (2019-12-09 10:44)
 時代小説が好きPART164「うちの旦那が甘ちゃんで」 (2019-12-07 13:01)
 「殴り合う貴族たち」 (2019-11-19 09:44)

Posted by 酒そば本舗店長 at 15:54│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。