★今街で噂の★酒そばとはこんなそば 酒そばってこんなそば

通常そばを練るときには、水を使用するのですが、その水のかわりに「お酒」を使って練ったのが、 当店自慢の酒そばです!

お酒は富山で人気の地酒を使っています!
お酒の風味と香りが、 そば本来の風味と香りにからみあい、今までにないおいしいおそばができあがりました!

そば通、お酒通と呼ばれる方の中には、そばを食べ終わった後に
「残ったそばつゆに酒を少し足して飲む」のが最大の楽しみといいますよね。
まさしくお酒好きの方には、もう「たまりませ~ん!」っておいしさです♪

でも、お酒の苦手な方でもご安心くださいね! アルコール成分はそばを茹でた時にほとんど飛んじゃいますから、 お子様でも安心して食べられますよ!
(※但し、アルコールに弱い体質の方や小さなお子様はご注意ください。)


酒そばをゆでた後の蕎麦湯はえもいわれぬおいしさそばを茹でたあとのそば湯は ほのかなお酒の香りと旨味がでており、 それはそれはえもいわれぬおいしさ!
そばのお味から、香り、はたまたそば湯まで、 全てがたまらなぁ~いのが酒そばです♪

いつもの「そば」とは違う、ちょっとリッチなひと時を「酒そば」でお楽しみください♪


★これは珍しい!ひそかな噂を呼んでいる★こだわり酒そばこだわり酒そば

当店売れ筋NO1がこの「こだわり酒そば」です!


「こだわり酒そば」は、その名のとおり、
原材料にこだわり、厳選した、国産の原材料を使用しています!

そば畑■こだわり・その1:そば粉■
そば粉は、日本有数のそば処信州・安曇野(あずみの)産のそば粉を、 石臼にて、丁寧に、丁寧に、粗挽きしたものを使用しています。

北アルプス山麓長野県安曇野市一帯の地域は、 名水百選「安曇野わさび田湧水群」で知られる日本有数の名水の土地です。

清らかでミネラルが豊富な水によって、味も香りも素晴らしいそばが育まれます。


豊かな大地が育む小麦畑■こだわり・その2:製法
このそばの味と香りを最大限引き出すため、 製法にもこだわっています♪

そばの実を製粉する際、これまでの方法ですと、 機械製粉のためかなりの熱が発生し、 そば本来の香りが失われてしまいます。
昔ながらの石臼を使ってゆっくりと、丁寧に、丁寧に、挽くことによって、 そばの実の甘皮と呼ばれる部分をも一緒に挽きくるんだ、 そば本来の香り一杯の粗引きの「そば粉」にしています。

■こだわり・その3:小麦粉
小麦粉は北海道の大地が、育んだ小麦粉を使用しています!
北海道産小麦の特徴は、風味がよく、 その豊で広大な大陸同様、豊かな味わいを大切にし、そばの風味を最大限に生かす粉です。


富山県高岡市雨晴海岸より望む立山連峰■こだわり・その4:お酒
地元富山で人気の地酒を使用しています。

富山県は、三方を北アルプス立山連峰などの、山岳地帯に囲まれており、 中央には実り豊かな平野が広がっています。

富山湾、日本海へと開けている天然の巨大ダムともいえる山々からは、 一年を通じて豊かで、清らかな水が生まれるんです!
豊かな大地と清らかな水に育まれた米どころ富山は、日本でも有数の酒どころでもあります。

酒そば本舗の酒そばは、富山で人気の地酒を使用しています。

2010年06月23日

能登和倉温泉へ行ってまいりました!


昨日・今日と一泊二日で、能登は和倉温泉へ行ってまいりました。昨日の午後3時に当地高岡(富山県高岡市)を出発し、和倉温泉へ直行。高岡は能登半島のつけ根にある町。同じ富山県の氷見市を経由して、能登半島を富山湾に沿うように北上すること1時間半あまりで行くことができます。

和倉温泉といえば、連続30年「おもてなし日本一の宿」の加賀屋さんが有名ですが、昨日利用した旅館は「のと楽」さん。

どこの世界でも厳しい競争は同じこと、和倉温泉でも一泊二食付7800円というような低料金の温泉旅館がつい最近開業されたそうで、たいそう賑わっていると聞きました。
ところが、加賀屋さんでは逆に仲居さんはじめ従業員さんを増員し、よりいっそう充実したおもてなしサービスの徹底を図っておられるとか。前にもまして予約客でいっぱいと聞きました。
のと楽さんも、昨日はウィークデイだというのに、ご老人やご婦人の団体を乗せた観光バスが何台も横付けして、全館満室。4機あるエレベーターは、フル稼働。何度もスルーしていくので、仕方なく階段を使用しました。のと楽自慢の大浴場もまるで芋の子を洗うような状態で、驚きました。

おもてなし(料金も・・・笑!)ではダントツ加賀屋さんとしても、温泉風呂はのと楽さんといえましょう。苦味の強い透明な食塩泉がいくつもある工夫を凝らした湯船にとうとうとはられています。少し熱め、ぬるめ、露天風呂も2箇所、サウナのほかに低温スチーム風呂まであった。

温泉風呂にはゆっくり浸かりたいもの、人の少ない時間帯をねらって夜中の12時過ぎに浴場に行ったのでしたが、その時間でもご老人で結構いっぱいでした。
最近のお年寄りは、宵っぱりになったのでしょうか?・・・・(笑!


かぶす汁
おいしいご馳走と少々のお酒、それに少々込み合った温泉を楽しんで、また氷見経由で無事戻ることができました。

昼食には、氷見フィッシャマンズワーフ海鮮館に立ち寄り、名物の「かぶす鍋」に舌つつみ。「かぶす鍋」というのは、漁師さんが漁の後にその日上がった魚を鍋にして食べた浜料理のこと。この鍋で6人前。中に入っていた魚は、ワタリカニとすり身・・・あと何種類か入っていた魚の名前は分かりませんでしたが、いづれも白身でとてもおいしかった。



楽しいひと時を過ごせたことに感謝。



◆酒そば本舗トップページへ◆


**貴方の共感できる生き方がきっとある**
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ



同じカテゴリー(今日あったこと)の記事
 「醤油のラーメンするあるよ」 (2022-08-15 08:44)
 青いイガ栗 (2022-08-09 08:38)
 ・・・ワイルドだろ~? (2022-08-01 08:08)
 ナイス・アイディア!アサガオの苗木の花写真 (2022-07-17 06:18)
 鮎づくし (2022-07-15 08:15)
 ネギがなければ・・・。 (2022-07-07 08:02)

Posted by 酒そば本舗店長 at 15:38│Comments(0)今日あったこと
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。