★今街で噂の★酒そばとはこんなそば 酒そばってこんなそば

通常そばを練るときには、水を使用するのですが、その水のかわりに「お酒」を使って練ったのが、 当店自慢の酒そばです!

お酒は富山で人気の地酒を使っています!
お酒の風味と香りが、 そば本来の風味と香りにからみあい、今までにないおいしいおそばができあがりました!

そば通、お酒通と呼ばれる方の中には、そばを食べ終わった後に
「残ったそばつゆに酒を少し足して飲む」のが最大の楽しみといいますよね。
まさしくお酒好きの方には、もう「たまりませ~ん!」っておいしさです♪

でも、お酒の苦手な方でもご安心くださいね! アルコール成分はそばを茹でた時にほとんど飛んじゃいますから、 お子様でも安心して食べられますよ!
(※但し、アルコールに弱い体質の方や小さなお子様はご注意ください。)


酒そばをゆでた後の蕎麦湯はえもいわれぬおいしさそばを茹でたあとのそば湯は ほのかなお酒の香りと旨味がでており、 それはそれはえもいわれぬおいしさ!
そばのお味から、香り、はたまたそば湯まで、 全てがたまらなぁ~いのが酒そばです♪

いつもの「そば」とは違う、ちょっとリッチなひと時を「酒そば」でお楽しみください♪


★これは珍しい!ひそかな噂を呼んでいる★こだわり酒そばこだわり酒そば

当店売れ筋NO1がこの「こだわり酒そば」です!


「こだわり酒そば」は、その名のとおり、
原材料にこだわり、厳選した、国産の原材料を使用しています!

そば畑■こだわり・その1:そば粉■
そば粉は、日本有数のそば処信州・安曇野(あずみの)産のそば粉を、 石臼にて、丁寧に、丁寧に、粗挽きしたものを使用しています。

北アルプス山麓長野県安曇野市一帯の地域は、 名水百選「安曇野わさび田湧水群」で知られる日本有数の名水の土地です。

清らかでミネラルが豊富な水によって、味も香りも素晴らしいそばが育まれます。


豊かな大地が育む小麦畑■こだわり・その2:製法
このそばの味と香りを最大限引き出すため、 製法にもこだわっています♪

そばの実を製粉する際、これまでの方法ですと、 機械製粉のためかなりの熱が発生し、 そば本来の香りが失われてしまいます。
昔ながらの石臼を使ってゆっくりと、丁寧に、丁寧に、挽くことによって、 そばの実の甘皮と呼ばれる部分をも一緒に挽きくるんだ、 そば本来の香り一杯の粗引きの「そば粉」にしています。

■こだわり・その3:小麦粉
小麦粉は北海道の大地が、育んだ小麦粉を使用しています!
北海道産小麦の特徴は、風味がよく、 その豊で広大な大陸同様、豊かな味わいを大切にし、そばの風味を最大限に生かす粉です。


富山県高岡市雨晴海岸より望む立山連峰■こだわり・その4:お酒
地元富山で人気の地酒を使用しています。

富山県は、三方を北アルプス立山連峰などの、山岳地帯に囲まれており、 中央には実り豊かな平野が広がっています。

富山湾、日本海へと開けている天然の巨大ダムともいえる山々からは、 一年を通じて豊かで、清らかな水が生まれるんです!
豊かな大地と清らかな水に育まれた米どころ富山は、日本でも有数の酒どころでもあります。

酒そば本舗の酒そばは、富山で人気の地酒を使用しています。

2010年06月12日

「新しい酒は新しい革袋に盛れ」


遅ればせながら、この国の首相交代について触れておきたいと思います。

かって小泉元首相が、「総理大臣ほど割に合わないものはない。一日中追っかけまわされて、気の休む暇もない。うまくやって当たり前、ちょっとでもしくじれば、ボロクソ。首相になりたいという者の気が知れぬ」というような趣旨の発言を政権の終盤にされたことがあったと記憶しています。
なるほど小泉さんに限らずともどなたでも、なろうとした時とやめようとした(やめさせられる)時の世間の反応の違いには、納得のできないところもあるに違いないと思いますね。

鳩山前首相、自ら約束した5月末が近づくにつれて、「沖縄普天間基地問題」と「政治と金」の問題で、辞任せよの大合唱。いよいよ万策尽きて辞任すると言ったら、一転して政権投げ出しは無責任とまた批判の嵐。

何か言えば、また叩かれる。恒例の退陣の記者会見をしなかったのは、唯一の腹いせか。ならば、私が鳩山前首相の気持ちを代弁してあげましょう。

「言いたい放題、書き放題、世の中に政治記者ほど信じられない者はない。・・・信じれるのは、母親だけ・・・。」(笑!


さて、代わって首相になられた菅新首相。
公開されている資産をみても、前首相とは3桁も違うし、母親を信じている節も見られません。鳩山さんとごいっしょに退陣された「政治は数、数は力、力は金」の幹事長に、「ご自身のためにも、党のためにも、しばらくお静かになさっていたほうがいい」という言葉を贈られたそうですが、はたしてこれは吉と出るか凶と出るか、一抹の不安は拭い切れません。
「Yes we 菅!」というように、簡単にはいかないような気がしないでもありません。

しかしながら、今回の首相就任、さぞかし地元では祝賀行事で盛り上がっているかと思うと、いたって覚めているとか。「もともと地元に利益をもたらそうと頑張る人じゃない。知名度が上がったら、ますます遠くなった」と地元民。(9日付新聞)
地元利益誘導型の議員でなくてもずっと選ばれているのが、この菅首相ということです。

このような議員が各選挙区で立候補し、選ばれていくようなことになれば、この国の政治の展望は明るいものになるのではないか・・・。菅首相就任に、そのような新しい機運がわずかながらも感じ取ることができるのは、正直うれしいことです。

折角のこの機運です。古来より「新しい酒は新しい革袋に盛れ」と言いますから、ここは酢のようになった酒が残っている古い酒樽に、新酒を注ぎ足すような愚だけは避けてもらいたいものだと思うのです。



◆酒そば本舗トップページへ◆


**貴方の共感できる生き方がきっとある**
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ



同じカテゴリー(ひとり言)の記事
 毛は免疫のスイッチ? (2018-11-13 10:47)
 普段何気に飲むコーヒー、貴方は一日何杯飲みますか?PART2 (2018-11-05 10:39)
 発想力と常識力 (2018-10-18 09:24)
 「男の立つ瀬」PART2 (2018-10-12 10:21)
 「遊遊漢字学」が楽しみ♪ PART53「『酒』弁護の冗句」 (2018-10-07 09:03)
 江戸は「お江戸」というのに、東京は「お東京」と言わないのは何故か? (2018-10-01 10:15)

Posted by 酒そば本舗店長 at 13:30│Comments(0)ひとり言
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。