★今街で噂の★酒そばとはこんなそば 酒そばってこんなそば

通常そばを練るときには、水を使用するのですが、その水のかわりに「お酒」を使って練ったのが、 当店自慢の酒そばです!

お酒は富山で人気の地酒を使っています!
お酒の風味と香りが、 そば本来の風味と香りにからみあい、今までにないおいしいおそばができあがりました!

そば通、お酒通と呼ばれる方の中には、そばを食べ終わった後に
「残ったそばつゆに酒を少し足して飲む」のが最大の楽しみといいますよね。
まさしくお酒好きの方には、もう「たまりませ~ん!」っておいしさです♪

でも、お酒の苦手な方でもご安心くださいね! アルコール成分はそばを茹でた時にほとんど飛んじゃいますから、 お子様でも安心して食べられますよ!
(※但し、アルコールに弱い体質の方や小さなお子様はご注意ください。)


酒そばをゆでた後の蕎麦湯はえもいわれぬおいしさそばを茹でたあとのそば湯は ほのかなお酒の香りと旨味がでており、 それはそれはえもいわれぬおいしさ!
そばのお味から、香り、はたまたそば湯まで、 全てがたまらなぁ~いのが酒そばです♪

いつもの「そば」とは違う、ちょっとリッチなひと時を「酒そば」でお楽しみください♪


★これは珍しい!ひそかな噂を呼んでいる★こだわり酒そばこだわり酒そば

当店売れ筋NO1がこの「こだわり酒そば」です!


「こだわり酒そば」は、その名のとおり、
原材料にこだわり、厳選した、国産の原材料を使用しています!

そば畑■こだわり・その1:そば粉■
そば粉は、日本有数のそば処信州・安曇野(あずみの)産のそば粉を、 石臼にて、丁寧に、丁寧に、粗挽きしたものを使用しています。

北アルプス山麓長野県安曇野市一帯の地域は、 名水百選「安曇野わさび田湧水群」で知られる日本有数の名水の土地です。

清らかでミネラルが豊富な水によって、味も香りも素晴らしいそばが育まれます。


豊かな大地が育む小麦畑■こだわり・その2:製法
このそばの味と香りを最大限引き出すため、 製法にもこだわっています♪

そばの実を製粉する際、これまでの方法ですと、 機械製粉のためかなりの熱が発生し、 そば本来の香りが失われてしまいます。
昔ながらの石臼を使ってゆっくりと、丁寧に、丁寧に、挽くことによって、 そばの実の甘皮と呼ばれる部分をも一緒に挽きくるんだ、 そば本来の香り一杯の粗引きの「そば粉」にしています。

■こだわり・その3:小麦粉
小麦粉は北海道の大地が、育んだ小麦粉を使用しています!
北海道産小麦の特徴は、風味がよく、 その豊で広大な大陸同様、豊かな味わいを大切にし、そばの風味を最大限に生かす粉です。


富山県高岡市雨晴海岸より望む立山連峰■こだわり・その4:お酒
地元富山で人気の地酒を使用しています。

富山県は、三方を北アルプス立山連峰などの、山岳地帯に囲まれており、 中央には実り豊かな平野が広がっています。

富山湾、日本海へと開けている天然の巨大ダムともいえる山々からは、 一年を通じて豊かで、清らかな水が生まれるんです!
豊かな大地と清らかな水に育まれた米どころ富山は、日本でも有数の酒どころでもあります。

酒そば本舗の酒そばは、富山で人気の地酒を使用しています。

2022年04月06日

蕎麦屋のお品書きからPART2


昨日は蕎麦屋のお品書きから月見そばを取り上げました。
今日は「天ぷら」。

私は時の宰相がもはや戦後ではないと言い、この国が高度経済成長の坂をいっきに駆け昇ろうとしていたころ小学校に通った世代ですが、そのころ日本にやって来た外国人は、皆「フジヤマ、テンプラ、ゲイシャガール」と口を揃えて言ったものです。

今は「ソバ、スシ、アニメマンガ」になるのだそうですが、アニメマンガはさておき、寿司やそばをおいしいと思ってくれるのは、うれしい限りです。

あっ、話題がそれてしまいました。外国人が日本と聞けば何を連想するかを取り上げているのではありませんでした。蕎麦屋のお品書きについて調べているのでした。話を「天ぷらそば」に戻します。

さて日本と聞けば「天ぷら」と外国人が答えるように、天ぷらは日本独特の食べ物に違いありません。しかし、その歴史をたどると、意外に新しい食べ物であることがわかります。

天ぷらが食べられるようになったのは、江戸時代になってから。家康が鷹狩に出た折の昼食に、当時上方(大阪)で流行り出した天ぷらを食べたという記録が残っています。ちなみにこの時に家康が食べた天ぷらは鯛を揚げたもの。あまりの美味しさにあの家康としたことが食べ過ぎて腹を下し、それから床につきがちの生活を余儀なくされたということです。

ところでそばが今日のように細く切られて食べられるようになったのも、江戸時代の始めころのこと。当時は「そば切り」と呼ばれ、江戸の街で大流行したそうです。
「そば」と「天ぷら」、奇しくも千両役者二人がそろって舞台に上がって脚光を浴びたかのようではありませんか。

しかし、あくまでそばはそば、天ぷらは天ぷらというように、別々に食べられていた。なぜかと言えば、当時の蕎麦屋にしても天ぷら屋にしても、店は屋台を担いでの出店。屋台の限られたスペースで、そばをゆでてだしを取り、別の七輪の火で天ぷらも揚げて、それに酒をくれなんていう客には、酒の燗もつけなければならない。おやじひとりで切り盛りする屋台の蕎麦屋では、とてもできない相談というわけです。

ですから、天ぷらそばが食べられるようになったのは、蕎麦屋が店舗を構えて商いをするようになってからのこと。江戸時代の終わりころのことといいますから、「天ぷらそば」は、そばの中でもずいぶん新しい食べ物ということになるのです。





◆酒そば本舗トップページへ◆

酒そば本舗トップページへ


**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村



FC2ブログランキング



人気ブログランキング


PINGOO!カテゴリノンジャンル
PINGOO! ノンジャンル



同じカテゴリー(そばの雑学)の記事
 そばと落語PART2「そば羽織」 (2022-05-03 09:45)
 「二八そば」 (2022-04-26 06:34)
 蕎麦屋のお品書きからPART6 (2022-04-16 08:10)
 蕎麦屋のお品書きからPART5 (2022-04-10 07:34)
 蕎麦屋のお品書きからPART4 (2022-04-09 06:57)
 蕎麦屋のお品書きからPART3 (2022-04-08 09:07)

Posted by 酒そば本舗店長 at 11:22│Comments(0)そばの雑学
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。