★今街で噂の★酒そばとはこんなそば 酒そばってこんなそば

通常そばを練るときには、水を使用するのですが、その水のかわりに「お酒」を使って練ったのが、 当店自慢の酒そばです!

お酒は富山で人気の地酒を使っています!
お酒の風味と香りが、 そば本来の風味と香りにからみあい、今までにないおいしいおそばができあがりました!

そば通、お酒通と呼ばれる方の中には、そばを食べ終わった後に
「残ったそばつゆに酒を少し足して飲む」のが最大の楽しみといいますよね。
まさしくお酒好きの方には、もう「たまりませ~ん!」っておいしさです♪

でも、お酒の苦手な方でもご安心くださいね! アルコール成分はそばを茹でた時にほとんど飛んじゃいますから、 お子様でも安心して食べられますよ!
(※但し、アルコールに弱い体質の方や小さなお子様はご注意ください。)


酒そばをゆでた後の蕎麦湯はえもいわれぬおいしさそばを茹でたあとのそば湯は ほのかなお酒の香りと旨味がでており、 それはそれはえもいわれぬおいしさ!
そばのお味から、香り、はたまたそば湯まで、 全てがたまらなぁ~いのが酒そばです♪

いつもの「そば」とは違う、ちょっとリッチなひと時を「酒そば」でお楽しみください♪


★これは珍しい!ひそかな噂を呼んでいる★こだわり酒そばこだわり酒そば

当店売れ筋NO1がこの「こだわり酒そば」です!


「こだわり酒そば」は、その名のとおり、
原材料にこだわり、厳選した、国産の原材料を使用しています!

そば畑■こだわり・その1:そば粉■
そば粉は、日本有数のそば処信州・安曇野(あずみの)産のそば粉を、 石臼にて、丁寧に、丁寧に、粗挽きしたものを使用しています。

北アルプス山麓長野県安曇野市一帯の地域は、 名水百選「安曇野わさび田湧水群」で知られる日本有数の名水の土地です。

清らかでミネラルが豊富な水によって、味も香りも素晴らしいそばが育まれます。


豊かな大地が育む小麦畑■こだわり・その2:製法
このそばの味と香りを最大限引き出すため、 製法にもこだわっています♪

そばの実を製粉する際、これまでの方法ですと、 機械製粉のためかなりの熱が発生し、 そば本来の香りが失われてしまいます。
昔ながらの石臼を使ってゆっくりと、丁寧に、丁寧に、挽くことによって、 そばの実の甘皮と呼ばれる部分をも一緒に挽きくるんだ、 そば本来の香り一杯の粗引きの「そば粉」にしています。

■こだわり・その3:小麦粉
小麦粉は北海道の大地が、育んだ小麦粉を使用しています!
北海道産小麦の特徴は、風味がよく、 その豊で広大な大陸同様、豊かな味わいを大切にし、そばの風味を最大限に生かす粉です。


富山県高岡市雨晴海岸より望む立山連峰■こだわり・その4:お酒
地元富山で人気の地酒を使用しています。

富山県は、三方を北アルプス立山連峰などの、山岳地帯に囲まれており、 中央には実り豊かな平野が広がっています。

富山湾、日本海へと開けている天然の巨大ダムともいえる山々からは、 一年を通じて豊かで、清らかな水が生まれるんです!
豊かな大地と清らかな水に育まれた米どころ富山は、日本でも有数の酒どころでもあります。

酒そば本舗の酒そばは、富山で人気の地酒を使用しています。

2019年10月05日

W杯ラグビー日本のナショナルチームの選手を見て


日本で開催されているワールドカップ(W杯)ラグビー、日本はロシア、そして今大会優勝候補とも目されているアイルランドを連破し、今日サモアと対戦しますね。

・・・と、いかにもラグビーに精通しているようなもの言いをしていますが、実のところ私は、4年前のワールドカップで日本が南アフリカに勝ち、みんなが「五郎丸、五郎丸」と騒ぎし出したあたりから、急遽ラグビーファンの仲間入りをした見せかけのファン。

点数の入り方についても、ルールについてもまったくよくわかっておりません。でもとにかく今夜のサモア戦は、しっかり応援したいと思っております。(笑!


ところでテレビで放映される試合を見ていて、「おや!?」と思ったのは私だけでしょうか?

今回の日本のナショナルチームの選手の顔立ちや肌の色を見ると、明らかに外国人とわかる選手が多くいるのに驚きます。まあ、国籍は日本ということなのでしょうが、これって本当に日本の代表チームなんだろうかと。


今年のプロ野球ペナントリーグ、セリーグは原巨人がリーグ優勝を果たしましたが、リーグ開幕当初から投手にしろ野手にしろいわゆる外国人助っ人と呼ばれる選手の名が、日々目まぐるしく変わりましたね。

たくさんの外国人助っ人を抱え、状態の良い選手をその都度試合に投入するという原采配が、今年の勝利の要因といえるかも知れません。

してみれば野球でそうであるように、ラグビーでも外国人の力なくしては、厳しい勝負の世界は勝ち抜けないということか?


ウエブトピックスより、これは4年前のW杯の記事になりますが・・・。

ラグビーW杯、日本代表の活躍に思う 外国人受け入れ、発想の転換も必要


"古い日本人の感覚だと、「国民」になれるかどうかは「国」が決めることで、個人が国を選ぶことは基本的には難しいと思いがちだ。だが、先進国を中心とする多くの民主主義国家では、個人が国を選ぶのが当たり前になりつつある。自分の能力を発揮できる国や地域を自らの意思で選ぶ、あるいは自分の能力を必要としてくれる社会へと移り住む「自由」があると考えるのだ。スポーツの世界ではそれが顕著に現れているに過ぎない。"

何と今や、個人が国を選ぶ時代になったと!

"日本を愛する外国人に日本で暮らす自由と権利を認めていくことが、今こそ必要"というトピックスの論旨に、目からウロコが剥がれる思いがしました。






◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村


同じカテゴリー(一人言)の記事
 「北日本」ってどこ? (2019-12-03 12:32)
 「遊遊漢字学」が楽しみPART99「卯飲」 (2019-12-01 10:08)
 「全国アホ・バカ分布考」より、『ダラなこと』。 (2019-11-28 10:21)
 「少しぐらい雪降るがくらい我慢せんなんまい」 (2019-11-26 11:07)
 「遊遊漢字学」が楽しみPART98「汽車」と「電車」 (2019-11-24 09:53)
 潤いのある人生のためとはいえ・・・。 (2019-11-23 10:53)

Posted by 酒そば本舗店長 at 12:42│Comments(0)一人言
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。