★今街で噂の★酒そばとはこんなそば 酒そばってこんなそば

通常そばを練るときには、水を使用するのですが、その水のかわりに「お酒」を使って練ったのが、 当店自慢の酒そばです!

お酒は富山で人気の地酒を使っています!
お酒の風味と香りが、 そば本来の風味と香りにからみあい、今までにないおいしいおそばができあがりました!

そば通、お酒通と呼ばれる方の中には、そばを食べ終わった後に
「残ったそばつゆに酒を少し足して飲む」のが最大の楽しみといいますよね。
まさしくお酒好きの方には、もう「たまりませ~ん!」っておいしさです♪

でも、お酒の苦手な方でもご安心くださいね! アルコール成分はそばを茹でた時にほとんど飛んじゃいますから、 お子様でも安心して食べられますよ!
(※但し、アルコールに弱い体質の方や小さなお子様はご注意ください。)


酒そばをゆでた後の蕎麦湯はえもいわれぬおいしさそばを茹でたあとのそば湯は ほのかなお酒の香りと旨味がでており、 それはそれはえもいわれぬおいしさ!
そばのお味から、香り、はたまたそば湯まで、 全てがたまらなぁ~いのが酒そばです♪

いつもの「そば」とは違う、ちょっとリッチなひと時を「酒そば」でお楽しみください♪


★これは珍しい!ひそかな噂を呼んでいる★こだわり酒そばこだわり酒そば

当店売れ筋NO1がこの「こだわり酒そば」です!


「こだわり酒そば」は、その名のとおり、
原材料にこだわり、厳選した、国産の原材料を使用しています!

そば畑■こだわり・その1:そば粉■
そば粉は、日本有数のそば処信州・安曇野(あずみの)産のそば粉を、 石臼にて、丁寧に、丁寧に、粗挽きしたものを使用しています。

北アルプス山麓長野県安曇野市一帯の地域は、 名水百選「安曇野わさび田湧水群」で知られる日本有数の名水の土地です。

清らかでミネラルが豊富な水によって、味も香りも素晴らしいそばが育まれます。


豊かな大地が育む小麦畑■こだわり・その2:製法
このそばの味と香りを最大限引き出すため、 製法にもこだわっています♪

そばの実を製粉する際、これまでの方法ですと、 機械製粉のためかなりの熱が発生し、 そば本来の香りが失われてしまいます。
昔ながらの石臼を使ってゆっくりと、丁寧に、丁寧に、挽くことによって、 そばの実の甘皮と呼ばれる部分をも一緒に挽きくるんだ、 そば本来の香り一杯の粗引きの「そば粉」にしています。

■こだわり・その3:小麦粉
小麦粉は北海道の大地が、育んだ小麦粉を使用しています!
北海道産小麦の特徴は、風味がよく、 その豊で広大な大陸同様、豊かな味わいを大切にし、そばの風味を最大限に生かす粉です。


富山県高岡市雨晴海岸より望む立山連峰■こだわり・その4:お酒
地元富山で人気の地酒を使用しています。

富山県は、三方を北アルプス立山連峰などの、山岳地帯に囲まれており、 中央には実り豊かな平野が広がっています。

富山湾、日本海へと開けている天然の巨大ダムともいえる山々からは、 一年を通じて豊かで、清らかな水が生まれるんです!
豊かな大地と清らかな水に育まれた米どころ富山は、日本でも有数の酒どころでもあります。

酒そば本舗の酒そばは、富山で人気の地酒を使用しています。

2019年09月25日

小泉環境大臣は何を食べればよかったのか?


次の次、もしかしたら次だってありうると目されている若き政治家小泉進次郎環境大臣が、ニューヨークの国連本部で開かれた環境関連の会合で「政治にはさまざまな問題があって時に退屈だが、気候変動のような大きな問題への取り組みは、楽しく、かっこよく、そしてセクシーでもあるべきだ」と発言したことが話題になりました。

私はセクシー発言の中身よりも、まず環境問題の関係者ばかりでなくマスコミを入れたフリートークの場で、通訳を間に入れずに、しかも原稿なしで英語で発言なさっていることに驚きました。

現代のジャーナリストの間では、セクシーということばが我々が承知している本来とは違った意味で使われるということも、今回の小泉発言で初めて知ったのでしたが。

さらには「政治にはさまざまな問題があって時に退屈だ」とシレッとおっしゃったところ、これはお父様の小泉純一郎元総理を彷彿させます。いや、もしかしたらお父様以上かもしれません。

国連という大舞台で、各国の代表団やマスコミを前にして、自分の考えを原稿なしの英語で臆せずしゃべれるということに、まず彼の政治家としての非凡さを見ることが出来ますね。


そのセクシー発言から間を置かず、その次に「ステーキは毎日でも食べたい」とおっしゃり、ステーキ店に足を運ばれたことが、またマスコミに大きく取り上げられているようです。

っていうか、こちらの方は、水ジャーナリストでアクアスフィア・水教育研究所代表の橋本淳司氏「小泉環境相がステーキを食べたことの何が問題か」という投稿記事が発端のようではありますが。

橋本淳司氏はこの中で、「気候変動対策を議論する会議に出席する環境大臣が『ステーキを食べる』ことが非難を浴びた」と一方的に書いておられますが、私が見たところ小泉さんがステーキを食べたことを非難したという記事は、橋本淳司氏の記事の投稿前にはそんなに見られなかったと思いますが。

今日水資源が極めて深刻な状況にあるという橋本氏のご意見はよくわかりますが、いかに環境大臣だからとはいえ、小泉大臣が公の場でステーキを食べたのは配慮に欠けるという論法は、いささか乱暴すぎるように思われます。

橋本氏の論理に従えば、小泉大臣は、牛肉や豚肉ばかりでなく、小麦、大豆、トウモロコシなどあらゆる農産物、畜産物を口にすることは出来なくなる。

アメリカ人はステーキが大好き、小泉大臣にしてみれば、それこそ所管外のことではありますが、日米農産物交渉のことも念頭にあったのでしょう。ここでステーキをペロリと平らげて見せれば、アメリカ人は泣いて喜ぶのではないかと考えられてのことだったのではないか?いかにも小泉流です。

トランプ大統領であれ、習近平国家主席であれ、日本に来て「まず寿司が食いたい」と言って、中トロを頬張ったとしたらどうだろう?日本人としては、彼らに好感を抱きこそすれ、マグロ資源の枯渇の問題に配慮が足りないなどとはまず言いますまい。

アメリカという場所柄をわきまえた、小泉氏ならではの巧みな演出と考えるべきでしょう。



◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村


同じカテゴリー(ニュース・トッピックス)の記事
 「大腸がんになりたくなかったら、歳を取らないことです」 (2019-12-06 10:07)
 給食にコウバコカニとはうらやましい・・・。 (2019-12-05 10:30)
 せめて「ベニズワイガ二」は庶民の味方であって欲しい・・・。 (2019-11-27 10:04)
 ベニズワイガニとフクラギ派です。 (2019-11-21 12:33)
 新国立競技場の聖火台はどうなった? (2019-11-20 11:47)
 「異種交配」ということばご存知か? (2019-11-12 09:23)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。