★今街で噂の★酒そばとはこんなそば 酒そばってこんなそば

通常そばを練るときには、水を使用するのですが、その水のかわりに「お酒」を使って練ったのが、 当店自慢の酒そばです!

お酒は富山で人気の地酒を使っています!
お酒の風味と香りが、 そば本来の風味と香りにからみあい、今までにないおいしいおそばができあがりました!

そば通、お酒通と呼ばれる方の中には、そばを食べ終わった後に
「残ったそばつゆに酒を少し足して飲む」のが最大の楽しみといいますよね。
まさしくお酒好きの方には、もう「たまりませ~ん!」っておいしさです♪

でも、お酒の苦手な方でもご安心くださいね! アルコール成分はそばを茹でた時にほとんど飛んじゃいますから、 お子様でも安心して食べられますよ!
(※但し、アルコールに弱い体質の方や小さなお子様はご注意ください。)


酒そばをゆでた後の蕎麦湯はえもいわれぬおいしさそばを茹でたあとのそば湯は ほのかなお酒の香りと旨味がでており、 それはそれはえもいわれぬおいしさ!
そばのお味から、香り、はたまたそば湯まで、 全てがたまらなぁ~いのが酒そばです♪

いつもの「そば」とは違う、ちょっとリッチなひと時を「酒そば」でお楽しみください♪


★これは珍しい!ひそかな噂を呼んでいる★こだわり酒そばこだわり酒そば

当店売れ筋NO1がこの「こだわり酒そば」です!


「こだわり酒そば」は、その名のとおり、
原材料にこだわり、厳選した、国産の原材料を使用しています!

そば畑■こだわり・その1:そば粉■
そば粉は、日本有数のそば処信州・安曇野(あずみの)産のそば粉を、 石臼にて、丁寧に、丁寧に、粗挽きしたものを使用しています。

北アルプス山麓長野県安曇野市一帯の地域は、 名水百選「安曇野わさび田湧水群」で知られる日本有数の名水の土地です。

清らかでミネラルが豊富な水によって、味も香りも素晴らしいそばが育まれます。


豊かな大地が育む小麦畑■こだわり・その2:製法
このそばの味と香りを最大限引き出すため、 製法にもこだわっています♪

そばの実を製粉する際、これまでの方法ですと、 機械製粉のためかなりの熱が発生し、 そば本来の香りが失われてしまいます。
昔ながらの石臼を使ってゆっくりと、丁寧に、丁寧に、挽くことによって、 そばの実の甘皮と呼ばれる部分をも一緒に挽きくるんだ、 そば本来の香り一杯の粗引きの「そば粉」にしています。

■こだわり・その3:小麦粉
小麦粉は北海道の大地が、育んだ小麦粉を使用しています!
北海道産小麦の特徴は、風味がよく、 その豊で広大な大陸同様、豊かな味わいを大切にし、そばの風味を最大限に生かす粉です。


富山県高岡市雨晴海岸より望む立山連峰■こだわり・その4:お酒
地元富山で人気の地酒を使用しています。

富山県は、三方を北アルプス立山連峰などの、山岳地帯に囲まれており、 中央には実り豊かな平野が広がっています。

富山湾、日本海へと開けている天然の巨大ダムともいえる山々からは、 一年を通じて豊かで、清らかな水が生まれるんです!
豊かな大地と清らかな水に育まれた米どころ富山は、日本でも有数の酒どころでもあります。

酒そば本舗の酒そばは、富山で人気の地酒を使用しています。

2019年09月22日

「遊遊漢字学」が楽しみPART91「佳境」


毎週日曜日のお楽しみ、漢字学者阿辻哲次氏の日経連載「遊遊漢字学」

本日阿辻先生が取り上げた漢字は「佳境(かきょう)」。

まず本題に入る前に、皆さんは食事のときに、好きなものから先に食べますか、嫌いなものを先にして、好きなものを後から食べますか?


「佳境」とは、言うまでもなく「物語、演劇などが興味深い場面にさしかかり、大いに興味が増して来る」ことを指すことば。テレビのバラエティー番組のMCを務めるビートたけしが、「さあ、いよいよ盛り上がってまいりましたっ!」と言って視聴者の笑いを誘うのは、まさしくこの「佳境に入る」ことを指していますね。

「佳境」の由来は、中国晋の時代の画家・顧愷之(こがいし)の奇行にまで遡ることが出来ると阿辻先生は教えてくれています。

晋書の文苑伝には、当時の人が愷之の並外れた才能を「愷之に三絶あり。才絶、画絶、痴絶なり」と評価したという記述が残っているのだとか。

ここでいう「絶」とは、並外れた才能という意味で、「痴絶」とは並外れた馬鹿さ加減ぐらいの意。俗に天才と馬鹿は紙一重というように、芸術家には一般人とはかけ離れた奇行が多くみられることは、古今東西を問いませんね。

甘蔗(さとうきび)をいつも根元の方からかじって食べる顧愷之に、どうしてそのような食べ方をするのかと人が尋ねたところ、こうすれば「漸(ようやく)く佳境に入る」と愷之は答えたのだとか。

私はサトウキビを食べたことはありませんので想像するだけですが、おそらく根元に近いところは繊維質で甘みも薄くてあまり美味しくはないのだと思います。柔らかくてジューシーな先の方を食するのが、中国晋の時代でも常識とされていたのではないか?

まあ、しかし、サトウキビのかじり方に由来とする「佳境に入る」という熟語が、1600年以上も経った、しかも海を隔てた極東の島国で残っているというのは、驚き以外の何物でもありません。


さて冒頭にあげた食べ物の食べ方、私は好きなものを後に残しておく「佳境」派ということになりましょうか。(笑!





◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村


同じカテゴリー(一人言)の記事
 「幽霊が出るという官邸」の真相 (2020-02-26 10:45)
 「遊遊漢字学」が楽しみPART109「四字熟語」 (2020-02-09 10:15)
 どんど焼き (2020-01-31 11:17)
 線虫の驚くべき能力 (2020-01-14 11:14)
 酒の力を借りて・・・。 (2020-01-13 10:26)
 「遊遊漢字学」が楽しみPART105「吃」 (2020-01-12 09:06)

Posted by 酒そば本舗店長 at 08:40│Comments(0)一人言
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。