★今街で噂の★酒そばとはこんなそば 酒そばってこんなそば

通常そばを練るときには、水を使用するのですが、その水のかわりに「お酒」を使って練ったのが、 当店自慢の酒そばです!

お酒は富山で人気の地酒を使っています!
お酒の風味と香りが、 そば本来の風味と香りにからみあい、今までにないおいしいおそばができあがりました!

そば通、お酒通と呼ばれる方の中には、そばを食べ終わった後に
「残ったそばつゆに酒を少し足して飲む」のが最大の楽しみといいますよね。
まさしくお酒好きの方には、もう「たまりませ~ん!」っておいしさです♪

でも、お酒の苦手な方でもご安心くださいね! アルコール成分はそばを茹でた時にほとんど飛んじゃいますから、 お子様でも安心して食べられますよ!
(※但し、アルコールに弱い体質の方や小さなお子様はご注意ください。)


酒そばをゆでた後の蕎麦湯はえもいわれぬおいしさそばを茹でたあとのそば湯は ほのかなお酒の香りと旨味がでており、 それはそれはえもいわれぬおいしさ!
そばのお味から、香り、はたまたそば湯まで、 全てがたまらなぁ~いのが酒そばです♪

いつもの「そば」とは違う、ちょっとリッチなひと時を「酒そば」でお楽しみください♪


★これは珍しい!ひそかな噂を呼んでいる★こだわり酒そばこだわり酒そば

当店売れ筋NO1がこの「こだわり酒そば」です!


「こだわり酒そば」は、その名のとおり、
原材料にこだわり、厳選した、国産の原材料を使用しています!

そば畑■こだわり・その1:そば粉■
そば粉は、日本有数のそば処信州・安曇野(あずみの)産のそば粉を、 石臼にて、丁寧に、丁寧に、粗挽きしたものを使用しています。

北アルプス山麓長野県安曇野市一帯の地域は、 名水百選「安曇野わさび田湧水群」で知られる日本有数の名水の土地です。

清らかでミネラルが豊富な水によって、味も香りも素晴らしいそばが育まれます。


豊かな大地が育む小麦畑■こだわり・その2:製法
このそばの味と香りを最大限引き出すため、 製法にもこだわっています♪

そばの実を製粉する際、これまでの方法ですと、 機械製粉のためかなりの熱が発生し、 そば本来の香りが失われてしまいます。
昔ながらの石臼を使ってゆっくりと、丁寧に、丁寧に、挽くことによって、 そばの実の甘皮と呼ばれる部分をも一緒に挽きくるんだ、 そば本来の香り一杯の粗引きの「そば粉」にしています。

■こだわり・その3:小麦粉
小麦粉は北海道の大地が、育んだ小麦粉を使用しています!
北海道産小麦の特徴は、風味がよく、 その豊で広大な大陸同様、豊かな味わいを大切にし、そばの風味を最大限に生かす粉です。


富山県高岡市雨晴海岸より望む立山連峰■こだわり・その4:お酒
地元富山で人気の地酒を使用しています。

富山県は、三方を北アルプス立山連峰などの、山岳地帯に囲まれており、 中央には実り豊かな平野が広がっています。

富山湾、日本海へと開けている天然の巨大ダムともいえる山々からは、 一年を通じて豊かで、清らかな水が生まれるんです!
豊かな大地と清らかな水に育まれた米どころ富山は、日本でも有数の酒どころでもあります。

酒そば本舗の酒そばは、富山で人気の地酒を使用しています。

2019年06月10日

お隣の大国の将来は・・・。


お隣の大国・中国の結婚事情。

ウエブトピックスより
離婚率が7年連続で増加、「中国式離婚」を救う道は?―中国メディア

少々古い話題ではありますが、中国の2011年1~3月の離婚件数は46万5000組、離婚率は14.6%に達し、7年連続で増加したということです。

先進国の離婚率は一般に高いと言われていますが、中国もその仲間入りをしたということなのでしょうか?14.5%っていくら何でも多いような気がしますが・・・。

日本や欧米先進国では、離婚率を人口1000人当たりの離婚件数で算出していますが、この14.5という数字は、単純に一定期間内の離婚件数を結婚件数で除した数字のようです。


まあその数字が大きいか小さいかは別として、私が驚いたのは、中国では「離婚式」なるものも結婚式同様に盛大に行われるらしいということ。

同時に配信されている写真をみると、元旦那と思われる男がマイクを握って熱唱しているかたわらで、結婚式の時に着たと思われる白いドレスに身を包み、シャンパングラスを逆さまに掲げているかっての新婦が写っています。

これはきっと中国式のカンペー(乾杯)をやった直後に違いない。カミサンはかなりいける口だったことがうかがい知れますが、まさかカミサンの酒癖が離婚の原因だったというのじゃないだろうな?

私なんぞは、式の性質上、こんなに盛り上がっていいものかと思ってしまいますが・・・。


ところでかって結婚式に招待された人たちは、離婚式にも招待されるのだろうか?招待されたとしたら、いったいどんな服装で会場へ行ったらいいのか?ネクタイは白にするのだろうか?まさか黒というわけにはいかないだろう。やはり祝儀(・・・お祝いというのもおかしい気がする)袋にいくらかのお金を包んだりするのかな?


今や経済でも軍事でも自他ともに認めるお隣の大国、中国。歴史、文化の面では超大国であることは言うに及びませんが、離婚式で盛り上がる現代の中国の若者世代を見るにつけ、この国の将来が危ぶまれてなりません。




◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村


同じカテゴリー(ニュース・トッピックス)の記事
 「上に立つ人は偉い」か? (2019-10-12 13:29)
 「隠そう下半身」 (2019-10-07 12:14)
 ツベルクリンとBCG (2019-09-28 07:58)
 お身ぬぐい (2019-09-26 11:56)
 小泉環境大臣は何を食べればよかったのか? (2019-09-25 09:03)
 人の色覚が発達しているのはなぜか? (2019-09-24 10:04)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。