★今街で噂の★酒そばとはこんなそば 酒そばってこんなそば

通常そばを練るときには、水を使用するのですが、その水のかわりに「お酒」を使って練ったのが、 当店自慢の酒そばです!

お酒は富山で人気の地酒を使っています!
お酒の風味と香りが、 そば本来の風味と香りにからみあい、今までにないおいしいおそばができあがりました!

そば通、お酒通と呼ばれる方の中には、そばを食べ終わった後に
「残ったそばつゆに酒を少し足して飲む」のが最大の楽しみといいますよね。
まさしくお酒好きの方には、もう「たまりませ~ん!」っておいしさです♪

でも、お酒の苦手な方でもご安心くださいね! アルコール成分はそばを茹でた時にほとんど飛んじゃいますから、 お子様でも安心して食べられますよ!
(※但し、アルコールに弱い体質の方や小さなお子様はご注意ください。)


酒そばをゆでた後の蕎麦湯はえもいわれぬおいしさそばを茹でたあとのそば湯は ほのかなお酒の香りと旨味がでており、 それはそれはえもいわれぬおいしさ!
そばのお味から、香り、はたまたそば湯まで、 全てがたまらなぁ~いのが酒そばです♪

いつもの「そば」とは違う、ちょっとリッチなひと時を「酒そば」でお楽しみください♪


★これは珍しい!ひそかな噂を呼んでいる★こだわり酒そばこだわり酒そば

当店売れ筋NO1がこの「こだわり酒そば」です!


「こだわり酒そば」は、その名のとおり、
原材料にこだわり、厳選した、国産の原材料を使用しています!

そば畑■こだわり・その1:そば粉■
そば粉は、日本有数のそば処信州・安曇野(あずみの)産のそば粉を、 石臼にて、丁寧に、丁寧に、粗挽きしたものを使用しています。

北アルプス山麓長野県安曇野市一帯の地域は、 名水百選「安曇野わさび田湧水群」で知られる日本有数の名水の土地です。

清らかでミネラルが豊富な水によって、味も香りも素晴らしいそばが育まれます。


豊かな大地が育む小麦畑■こだわり・その2:製法
このそばの味と香りを最大限引き出すため、 製法にもこだわっています♪

そばの実を製粉する際、これまでの方法ですと、 機械製粉のためかなりの熱が発生し、 そば本来の香りが失われてしまいます。
昔ながらの石臼を使ってゆっくりと、丁寧に、丁寧に、挽くことによって、 そばの実の甘皮と呼ばれる部分をも一緒に挽きくるんだ、 そば本来の香り一杯の粗引きの「そば粉」にしています。

■こだわり・その3:小麦粉
小麦粉は北海道の大地が、育んだ小麦粉を使用しています!
北海道産小麦の特徴は、風味がよく、 その豊で広大な大陸同様、豊かな味わいを大切にし、そばの風味を最大限に生かす粉です。


富山県高岡市雨晴海岸より望む立山連峰■こだわり・その4:お酒
地元富山で人気の地酒を使用しています。

富山県は、三方を北アルプス立山連峰などの、山岳地帯に囲まれており、 中央には実り豊かな平野が広がっています。

富山湾、日本海へと開けている天然の巨大ダムともいえる山々からは、 一年を通じて豊かで、清らかな水が生まれるんです!
豊かな大地と清らかな水に育まれた米どころ富山は、日本でも有数の酒どころでもあります。

酒そば本舗の酒そばは、富山で人気の地酒を使用しています。

2019年04月22日

オキシドール


突然ですが、皆さんはオキシドールという薬品の名前を一度はお聞きになったことあるでしょう。傷口を消毒するのに使われる薬に用いられていますね。傷口に塗るとジュワーと細かな泡が吹き出てきて、ちょっと滲みるお馴染みの消毒薬です。

私なんぞはどうしても小学生のころを思い出してしまいます。悪ガキには生傷がつきもの、私の両の膝の擦り傷は6年間一度も乾いたためしはなかったように記憶しています。グランドで転んでは膝を擦りむき、保健室で傷の手当をしてもらうのが日課でしたから。

このとき保健室の先生が、戸棚から出してきたのがこのオキシドール。無色透明な薬品で、光を遮るために茶色のビンに入れられていました。商品名はオキシフルと書かれていたように記憶しています。

悪ガキのころお世話になったこの消毒液が、なんと乳がんの治療薬として脚光を浴びているという話題。


ウエブトピックスより、オキシドールで乳がん治療

生傷の絶えなかった悪ガキもやがて中学生となり、理科の時間に水は水素と酸素から出来ており、酸素が一個多く結合したものは過酸化水素といって、消毒薬に使われているオキドールのことだと習ったときの驚きは、今までの私の人生で一、二を争うものだと言っても決して過言ではありません。

水はH2Oと表し、過酸化水素をH22と表すと先生が黒板に書いたとき、悪ガキは思わずつぶやいたのでした。

「おぉ~、なるほど酸素(O)が1個多い」と。(笑!

悪ガキが化学の不思議のとりこになった瞬間です。高校に進んだ悪ガキは、化学の時間に過酸化水素は不安定で、光などで直ぐ水と酸素に分解してしまうと習ったものです。少し長じた悪ガキは再びつぶやいたのでした。

「ははぁ~ん、なるほどそれで茶色のビンに入れられているのだな」と。

さらに長じて大学へ進んだ悪ガキは、分解して酸素を出しやすい過酸化水素の性質を利用して、実験で酸化剤として使用したりするようにまでなれたのでしたが、社会人になってから、過酸化水素には発ガン作用があるので、食品などに使用してはいけないという規制を国が定めるにいたり、大きく失望したものです。しかし、化学を学んだ者の端くれとして、次のような疑問をずっと抱き続けて来ました。

十分な濃度を保ったまま直接人体に投入するなら話は別だが、食品の加工に使ったとしても体内に取り込む前に食品中で直ぐに水と酸素に分解してしまう過酸化水素が、どうして有害なのだろうと。

そのオキシドールを十分な濃度を保ったまま人体に注射するとは、目が点になりそう。


記事によれば、オキシドールとオキシドールを患部にとどまらせるヒアルロン酸をいっしょに、がんの病巣に直接注射するということです。毒をもって毒を制すとは古来より言われてきた金言ですが、発がん物質(オキシドール)をもってがんを制するという発想がすばらしいですよね。オキシドールが正常細胞に有害なら、がん細胞にとっても有害だろうと。


はるか昔少年のころ私を化学に目覚めさせてくれたあのオキシドールが、今日医療現場の最先端で乳がんの治療に貢献していることを知り、とり止めのない感慨に浸らずにおれませんでした。


1回数百円の注射計5回分で済むという新しい治療法が、乳がんだけに限らずあらゆる部位のがんに応用されることを祈っています。







◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村


同じカテゴリー(ひとり言)の記事
 「山の日」に思う。 (2022-08-11 09:54)
 かき氷 (2022-08-10 09:10)
 「仮想水」ってご存知か? (2022-08-06 08:33)
 決勝戦にふさわしい大熱戦 (2022-07-30 09:31)
 ウナギとドジョウ (2022-07-28 07:56)
 「冬虫夏草」 (2022-07-22 10:23)

Posted by 酒そば本舗店長 at 11:37│Comments(0)ひとり言
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。