★今街で噂の★酒そばとはこんなそば 酒そばってこんなそば

通常そばを練るときには、水を使用するのですが、その水のかわりに「お酒」を使って練ったのが、 当店自慢の酒そばです!

お酒は富山で人気の地酒を使っています!
お酒の風味と香りが、 そば本来の風味と香りにからみあい、今までにないおいしいおそばができあがりました!

そば通、お酒通と呼ばれる方の中には、そばを食べ終わった後に
「残ったそばつゆに酒を少し足して飲む」のが最大の楽しみといいますよね。
まさしくお酒好きの方には、もう「たまりませ~ん!」っておいしさです♪

でも、お酒の苦手な方でもご安心くださいね! アルコール成分はそばを茹でた時にほとんど飛んじゃいますから、 お子様でも安心して食べられますよ!
(※但し、アルコールに弱い体質の方や小さなお子様はご注意ください。)


酒そばをゆでた後の蕎麦湯はえもいわれぬおいしさそばを茹でたあとのそば湯は ほのかなお酒の香りと旨味がでており、 それはそれはえもいわれぬおいしさ!
そばのお味から、香り、はたまたそば湯まで、 全てがたまらなぁ~いのが酒そばです♪

いつもの「そば」とは違う、ちょっとリッチなひと時を「酒そば」でお楽しみください♪


★これは珍しい!ひそかな噂を呼んでいる★こだわり酒そばこだわり酒そば

当店売れ筋NO1がこの「こだわり酒そば」です!


「こだわり酒そば」は、その名のとおり、
原材料にこだわり、厳選した、国産の原材料を使用しています!

そば畑■こだわり・その1:そば粉■
そば粉は、日本有数のそば処信州・安曇野(あずみの)産のそば粉を、 石臼にて、丁寧に、丁寧に、粗挽きしたものを使用しています。

北アルプス山麓長野県安曇野市一帯の地域は、 名水百選「安曇野わさび田湧水群」で知られる日本有数の名水の土地です。

清らかでミネラルが豊富な水によって、味も香りも素晴らしいそばが育まれます。


豊かな大地が育む小麦畑■こだわり・その2:製法
このそばの味と香りを最大限引き出すため、 製法にもこだわっています♪

そばの実を製粉する際、これまでの方法ですと、 機械製粉のためかなりの熱が発生し、 そば本来の香りが失われてしまいます。
昔ながらの石臼を使ってゆっくりと、丁寧に、丁寧に、挽くことによって、 そばの実の甘皮と呼ばれる部分をも一緒に挽きくるんだ、 そば本来の香り一杯の粗引きの「そば粉」にしています。

■こだわり・その3:小麦粉
小麦粉は北海道の大地が、育んだ小麦粉を使用しています!
北海道産小麦の特徴は、風味がよく、 その豊で広大な大陸同様、豊かな味わいを大切にし、そばの風味を最大限に生かす粉です。


富山県高岡市雨晴海岸より望む立山連峰■こだわり・その4:お酒
地元富山で人気の地酒を使用しています。

富山県は、三方を北アルプス立山連峰などの、山岳地帯に囲まれており、 中央には実り豊かな平野が広がっています。

富山湾、日本海へと開けている天然の巨大ダムともいえる山々からは、 一年を通じて豊かで、清らかな水が生まれるんです!
豊かな大地と清らかな水に育まれた米どころ富山は、日本でも有数の酒どころでもあります。

酒そば本舗の酒そばは、富山で人気の地酒を使用しています。

2019年01月13日

「国際山岳医」


突然ですが、皆さんは「国際山岳医」なることばをご存じでしょうか?

・・・インターナショナルな山の医者?

まあ、当たらずといえども遠からずといったところでしょうか。「山岳」とありますから、山(高地)という場所に特化した医療を専門とするお医者さんであろうと想像がつきますね。


本日の日経13面社会蘭、「登山家の限界 見極める」という大きな見出しとヤッケにゴーグル姿で振り向く美しい女性の写真がひと際目にとまります。

大城和恵さん、2010年に日本人初の国際山岳医となったその人です。


大城先生については、確かNHKのドキュメント番組で見た記憶があります。富士山にある山小屋で、登山者の急病やケガ人の手当てにあたっておられた女性医師が、大城先生ではなかったでしょうか。

私が注目したのは、大城先生の美貌ばかりではありません。記事の冒頭にいきなりこんなことが書かれていたからです。

「エベレスト世界最高齢登山者で冒険家の三浦雄一郎さん(86)は『不摂生な高齢者』の顔を持つ。持病の高血圧、不整脈に加え、食べすぎて体重90キロを超すのに、楽観的で薬を飲もうとしない」と。

・・・えぇっ!?

三浦さんについては、民放のテレビ番組やコマーシャルにも数多く出ておられますから、そのイメージはご高齢にもかかわらず若者並みの体力を維持しておられて、普段からフィジカルなトレーニングを怠っていない努力家だと思っていましたが。

どこにでもいる高血圧に不整脈、そのうえ食い意地のはった頑固ジジイではありませんか。

まあ、三浦さんより二回り以上も若いのに、高血圧、高血糖、高コレステロールで、さらに階段10段も昇れば息が上がり、足がつるというだらしない中年オヤジ( ← 私のことです)が言えた義理ではありませんが。(苦笑!

三浦さんがコマーシャルで薦めておられるサプリメント、私も飲んでみようかなあなどと、その気になっているのは事実です。(笑!


医者でありながら自ら登山を愛する大城先生、三浦さんに乞われて今回のアコンカグア最高齢登頂に同道されているということだそうです。

13年のエベレスト登頂にも同道されて、三浦さんのフィジカル面ばかりでなく、メンタル面のケアもサポートされていたとか。登頂のニュースに沸いた翌日、下山途中に精魂尽きた三浦さんの様子を見て、「安全のため下までヘリコプターで下りるべきだ」と進言。渋るスタッフを断固説き伏せた名医です。

今回も大城先生の見立てによれば、三浦さんの健康状態は「心臓や肺は並みの86歳より悪い」とのこと。

うわぁ~、命がけの三浦さんもスゴイですが、私が三浦さんを生きて日本へ連れ戻すという大城先生の覚悟もスゴイ。

三浦雄一郎の陰に大城先生あり。


今回の壮大なアコンカグア最高齢登頂、成功すれば壮挙には違いないでしょう。成功を心からお祈りします。しかし、私は今日のこの記事を読んで、たとえ登頂ならずとも、三浦さんの笑顔を再び日本で見ることができれば、これに過ぎる壮挙はないと思い直しています。





◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村


同じカテゴリー(ニュース・トッピックス)の記事
 「大腸がんになりたくなかったら、歳を取らないことです」 (2019-12-06 10:07)
 給食にコウバコカニとはうらやましい・・・。 (2019-12-05 10:30)
 せめて「ベニズワイガ二」は庶民の味方であって欲しい・・・。 (2019-11-27 10:04)
 ベニズワイガニとフクラギ派です。 (2019-11-21 12:33)
 新国立競技場の聖火台はどうなった? (2019-11-20 11:47)
 「異種交配」ということばご存知か? (2019-11-12 09:23)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。