★今街で噂の★酒そばとはこんなそば 酒そばってこんなそば

通常そばを練るときには、水を使用するのですが、その水のかわりに「お酒」を使って練ったのが、 当店自慢の酒そばです!

お酒は富山で人気の地酒を使っています!
お酒の風味と香りが、 そば本来の風味と香りにからみあい、今までにないおいしいおそばができあがりました!

そば通、お酒通と呼ばれる方の中には、そばを食べ終わった後に
「残ったそばつゆに酒を少し足して飲む」のが最大の楽しみといいますよね。
まさしくお酒好きの方には、もう「たまりませ~ん!」っておいしさです♪

でも、お酒の苦手な方でもご安心くださいね! アルコール成分はそばを茹でた時にほとんど飛んじゃいますから、 お子様でも安心して食べられますよ!
(※但し、アルコールに弱い体質の方や小さなお子様はご注意ください。)


酒そばをゆでた後の蕎麦湯はえもいわれぬおいしさそばを茹でたあとのそば湯は ほのかなお酒の香りと旨味がでており、 それはそれはえもいわれぬおいしさ!
そばのお味から、香り、はたまたそば湯まで、 全てがたまらなぁ~いのが酒そばです♪

いつもの「そば」とは違う、ちょっとリッチなひと時を「酒そば」でお楽しみください♪


★これは珍しい!ひそかな噂を呼んでいる★こだわり酒そばこだわり酒そば

当店売れ筋NO1がこの「こだわり酒そば」です!


「こだわり酒そば」は、その名のとおり、
原材料にこだわり、厳選した、国産の原材料を使用しています!

そば畑■こだわり・その1:そば粉■
そば粉は、日本有数のそば処信州・安曇野(あずみの)産のそば粉を、 石臼にて、丁寧に、丁寧に、粗挽きしたものを使用しています。

北アルプス山麓長野県安曇野市一帯の地域は、 名水百選「安曇野わさび田湧水群」で知られる日本有数の名水の土地です。

清らかでミネラルが豊富な水によって、味も香りも素晴らしいそばが育まれます。


豊かな大地が育む小麦畑■こだわり・その2:製法
このそばの味と香りを最大限引き出すため、 製法にもこだわっています♪

そばの実を製粉する際、これまでの方法ですと、 機械製粉のためかなりの熱が発生し、 そば本来の香りが失われてしまいます。
昔ながらの石臼を使ってゆっくりと、丁寧に、丁寧に、挽くことによって、 そばの実の甘皮と呼ばれる部分をも一緒に挽きくるんだ、 そば本来の香り一杯の粗引きの「そば粉」にしています。

■こだわり・その3:小麦粉
小麦粉は北海道の大地が、育んだ小麦粉を使用しています!
北海道産小麦の特徴は、風味がよく、 その豊で広大な大陸同様、豊かな味わいを大切にし、そばの風味を最大限に生かす粉です。


富山県高岡市雨晴海岸より望む立山連峰■こだわり・その4:お酒
地元富山で人気の地酒を使用しています。

富山県は、三方を北アルプス立山連峰などの、山岳地帯に囲まれており、 中央には実り豊かな平野が広がっています。

富山湾、日本海へと開けている天然の巨大ダムともいえる山々からは、 一年を通じて豊かで、清らかな水が生まれるんです!
豊かな大地と清らかな水に育まれた米どころ富山は、日本でも有数の酒どころでもあります。

酒そば本舗の酒そばは、富山で人気の地酒を使用しています。

2017年07月16日

県民こぞって魅力的な富山を発信しようとしているのに・・・。


全国都道府県の持つブランド力、魅力のある県はいったいどこ?

ウエブトピックスより、
あなたの県はさて何位? 都道府県魅力度ランキング

魅力度や認知度など77項目について質問の回答結果を点数化したもの、その1位は8年連続で北海道、2位が京都。当地北陸富山にある老舗の地方デパートでも、毎年必ず「北海道展」と「京都展」の催しものがあるところをみれば、この2つの道府の人気は不動といえるのではないか。


わが故郷の富山県は、昨年の30位から18位へ大躍進。やはり北陸新幹線効果により、首都圏から2時間と時間的距離が縮まったことが大きな要因でしょう。

新幹線開業に合わせて、富山県としても全国、とりわけ首都圏からの企業誘致を進める政策を推し進めているところだそうです。ファスナーとアルミ建材の大手企業YKKが本社機能の一部を東京から地元の黒部市に移したほか、アニメーション作家や陶芸家、音楽家などの芸術家が活動の拠点を富山に置くといった事例が数多くみられるということです。

また富山大学の人気も首都圏からの受験生らに人気があり、偏差値が上がったという報道も耳にしています。

そんな中、地元の大手機械メーカーのトップによる俄かには信じがたい発言に、当地は上を下をの大騒ぎの様相を呈しています。

「富山で生まれて幼稚園、小学校、中学校、高校、不二越。これは駄目です」

「富山で生まれて地方の大学へ行った人でも極力採りません。なぜか。閉鎖された考え方が非常に強いです」

「ワーカーは富山から採ります」



本社機能を創業の地富山から東京へ移すというのは、個々の企業の事情と方針によるものだから良しとしても、「富山県出身の学卒者は保守的で閉鎖的だから採用しない」といった趣旨の本間不二越会長の発言、皆さんはいかが思われますか?


これが売上高4千憶を目指す一部上場企業のトップの言うことかと情けない気持ちでいっぱいになります。

百歩譲って、「富山だけでなく、幅広い地域の優秀な人材を採りたい。既成の考え方にとらわれないチャレンジ精神豊かな人を求めている」という趣旨であったしても、企業のトップとして、いや社会人として甚だしく会話力が欠如していると言わざるを得ません。

このような硬直した考えを持つトップの企業には入社したくない・・・、来年4月の新規採用を不二越に求めている学生ばかりでなく、投資家も大きく失望したに違いありません。

この発言の趣旨を問う地元北日本新聞の取材申し込みに、本間不二越会長はいまだに何の返答もないというのも、企業としての対応力が問われます。

不二越どうした!? 不二越どうする!?

この騒動を収束するには、本間会長の速やかな引責辞任しかないように思われます。





◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村


同じカテゴリー(ニュース・トッピックス)の記事
 飲酒が原因、年間300万人死亡・・・。 (2018-09-23 09:21)
 諸葛孔明の「木牛流馬」 (2018-09-20 11:38)
 ハシビロコウのお見合い作戦 (2018-09-18 11:01)
 人類と結核菌の歴史 (2018-09-15 11:11)
 富山)ベニズワイガニ初セリ 新湊漁港 (2018-09-06 12:11)
 太陽光発電と水素 (2018-09-03 11:05)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。