★今街で噂の★酒そばとはこんなそば 酒そばってこんなそば

通常そばを練るときには、水を使用するのですが、その水のかわりに「お酒」を使って練ったのが、 当店自慢の酒そばです!

お酒は富山で人気の地酒を使っています!
お酒の風味と香りが、 そば本来の風味と香りにからみあい、今までにないおいしいおそばができあがりました!

そば通、お酒通と呼ばれる方の中には、そばを食べ終わった後に
「残ったそばつゆに酒を少し足して飲む」のが最大の楽しみといいますよね。
まさしくお酒好きの方には、もう「たまりませ~ん!」っておいしさです♪

でも、お酒の苦手な方でもご安心くださいね! アルコール成分はそばを茹でた時にほとんど飛んじゃいますから、 お子様でも安心して食べられますよ!
(※但し、アルコールに弱い体質の方や小さなお子様はご注意ください。)


酒そばをゆでた後の蕎麦湯はえもいわれぬおいしさそばを茹でたあとのそば湯は ほのかなお酒の香りと旨味がでており、 それはそれはえもいわれぬおいしさ!
そばのお味から、香り、はたまたそば湯まで、 全てがたまらなぁ~いのが酒そばです♪

いつもの「そば」とは違う、ちょっとリッチなひと時を「酒そば」でお楽しみください♪


★これは珍しい!ひそかな噂を呼んでいる★こだわり酒そばこだわり酒そば

当店売れ筋NO1がこの「こだわり酒そば」です!


「こだわり酒そば」は、その名のとおり、
原材料にこだわり、厳選した、国産の原材料を使用しています!

そば畑■こだわり・その1:そば粉■
そば粉は、日本有数のそば処信州・安曇野(あずみの)産のそば粉を、 石臼にて、丁寧に、丁寧に、粗挽きしたものを使用しています。

北アルプス山麓長野県安曇野市一帯の地域は、 名水百選「安曇野わさび田湧水群」で知られる日本有数の名水の土地です。

清らかでミネラルが豊富な水によって、味も香りも素晴らしいそばが育まれます。


豊かな大地が育む小麦畑■こだわり・その2:製法
このそばの味と香りを最大限引き出すため、 製法にもこだわっています♪

そばの実を製粉する際、これまでの方法ですと、 機械製粉のためかなりの熱が発生し、 そば本来の香りが失われてしまいます。
昔ながらの石臼を使ってゆっくりと、丁寧に、丁寧に、挽くことによって、 そばの実の甘皮と呼ばれる部分をも一緒に挽きくるんだ、 そば本来の香り一杯の粗引きの「そば粉」にしています。

■こだわり・その3:小麦粉
小麦粉は北海道の大地が、育んだ小麦粉を使用しています!
北海道産小麦の特徴は、風味がよく、 その豊で広大な大陸同様、豊かな味わいを大切にし、そばの風味を最大限に生かす粉です。


富山県高岡市雨晴海岸より望む立山連峰■こだわり・その4:お酒
地元富山で人気の地酒を使用しています。

富山県は、三方を北アルプス立山連峰などの、山岳地帯に囲まれており、 中央には実り豊かな平野が広がっています。

富山湾、日本海へと開けている天然の巨大ダムともいえる山々からは、 一年を通じて豊かで、清らかな水が生まれるんです!
豊かな大地と清らかな水に育まれた米どころ富山は、日本でも有数の酒どころでもあります。

酒そば本舗の酒そばは、富山で人気の地酒を使用しています。

2016年04月27日

物騒なイルージョンマジック


何かと世界の耳目を集める大陸から盲腸のように突き出た半島の根元に位置するかの国からのニュース。

ウエブニュースより、
金第1書記、潜水艦弾道ミサイル発射「成功」を称賛

今度は潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)の発射実験に成功したと、かの国の国営通信が報じています。

同時に配信されている4枚の写真、実験で発射したミサイルと思われるもの2枚と、それを陸上から視察していると思われるかの国の若き指導者を写したもの2枚。

私はミサイルとロケットの区別さえよくわからぬまったくのど素人ではありますが、4枚の写真のうち上昇中のミサイルの写真は別として、他の3枚の写真を見て疑問に思うところがあります。

海面から出た直後とみられるミサイルを写した写真には、ミサイルの背後直ぐ近くに陸上が写っている。こんなに陸上に近いところで潜水艦からミサイルを発射するものだろうか?

潜水艦からミサイルを発射する場合には、当然のことながら高い水圧に耐えるためのミサイルの発射技術が必要であることは言うまでもありませんが、陸上に近かったということは深い深度からの発射の技術が追いついていなかったということになりませんか?それとも陸上から視察していたというかの若き指導者によく見えるように、陸上に近いところで実験をおこなったというのでしょうか?

アメリカやロシアの潜水艦発射弾道ミサイルが、海面近くまで浮上して発射するなどということは聞いたことがありません。海中深く潜行したままミサイルを発射できてこそ、潜水艦発射弾道ミサイルは武器として価値があるのでしょ?

そもそも弾道ミサイルを搭載すれば潜水艦は大型にならざるを得ません。そんな大きな潜水艦がこんな陸上近くまで潜行したまま近づくって、余程深く切れ込んだ海岸線であったとしても、ミサイル発射以前に危険極まりないことです。それともかの国の潜水艦と潜水艦の操船技術が優秀で、そんな浅瀬であっても容易に侵入できるというのでしょうか?


次にかの若き指導者を写した2枚の写真。かの若き指導者の背後に写っている数人の幹部(?)とも思える人たちは、いずれもみな人民服を着ています。するとこの人たちは、軍人ではなくミサイル関連の技術者なのだろうか?

潜水艦発射弾道ミサイルは文字どおり潜水艦と一体運用されるものであることを思えば、海軍の軍服をまとった軍人がいないというのはどう考えてもおかしい。これは別の日に別の目的でかの若き指導者が視察を行ったときに写した写真ではないか?

アメリカやロシアのSLBMを搭載する原子力潜水艦は、潜水艦内に1隻あたり20発前後のミサイルを格納するサイロを持っていますが、かの国はどのような潜水艦に何発のサイロを設けているのだろう?そのような新型潜水艦を建造したという話は伝わって来てはいないようですし、既存の潜水艦を改造するにしても1基分のサイロを作るだけでも、新しい潜水艦を建造する以上に時間と費用が掛かると想像されます。

もっとも陸上から近い海中の浅い所にミサイル発射台を設置し、そこから比較的射程の短い小型のミサイルを発射したものを撮ったというのであれば、時間と費用の問題も解消されそうですし、配信された4枚すべての写真になんら疑問は生じません。

絶大な権力を掌握していたというかの若き指導者のお父さんは、イルージョンマジックの2代目引田天功の大ファンであったそうですが、代が替わって今度は私たちがイルージョンマジックを見ているかのようでもあります。

もっとも引田天功のイルージョンは、どう目を凝らしてもどこにどんなタネがあるのか分りませんでしたが。






◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ




同じカテゴリー(ニュース・トッピックス)の記事
 ヤマカカシの毒 (2020-02-25 12:42)
 「2024年問題」 (2020-02-24 14:41)
 「2024年問題」 (2020-02-24 14:41)
 毛髪の意外な働き (2020-02-19 07:36)
 めんの起源は4000年前? (2020-02-15 11:48)
 バレンタインデー (2020-02-10 09:03)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。