★今街で噂の★酒そばとはこんなそば 酒そばってこんなそば

通常そばを練るときには、水を使用するのですが、その水のかわりに「お酒」を使って練ったのが、 当店自慢の酒そばです!

お酒は富山で人気の地酒を使っています!
お酒の風味と香りが、 そば本来の風味と香りにからみあい、今までにないおいしいおそばができあがりました!

そば通、お酒通と呼ばれる方の中には、そばを食べ終わった後に
「残ったそばつゆに酒を少し足して飲む」のが最大の楽しみといいますよね。
まさしくお酒好きの方には、もう「たまりませ~ん!」っておいしさです♪

でも、お酒の苦手な方でもご安心くださいね! アルコール成分はそばを茹でた時にほとんど飛んじゃいますから、 お子様でも安心して食べられますよ!
(※但し、アルコールに弱い体質の方や小さなお子様はご注意ください。)


酒そばをゆでた後の蕎麦湯はえもいわれぬおいしさそばを茹でたあとのそば湯は ほのかなお酒の香りと旨味がでており、 それはそれはえもいわれぬおいしさ!
そばのお味から、香り、はたまたそば湯まで、 全てがたまらなぁ~いのが酒そばです♪

いつもの「そば」とは違う、ちょっとリッチなひと時を「酒そば」でお楽しみください♪


★これは珍しい!ひそかな噂を呼んでいる★こだわり酒そばこだわり酒そば

当店売れ筋NO1がこの「こだわり酒そば」です!


「こだわり酒そば」は、その名のとおり、
原材料にこだわり、厳選した、国産の原材料を使用しています!

そば畑■こだわり・その1:そば粉■
そば粉は、日本有数のそば処信州・安曇野(あずみの)産のそば粉を、 石臼にて、丁寧に、丁寧に、粗挽きしたものを使用しています。

北アルプス山麓長野県安曇野市一帯の地域は、 名水百選「安曇野わさび田湧水群」で知られる日本有数の名水の土地です。

清らかでミネラルが豊富な水によって、味も香りも素晴らしいそばが育まれます。


豊かな大地が育む小麦畑■こだわり・その2:製法
このそばの味と香りを最大限引き出すため、 製法にもこだわっています♪

そばの実を製粉する際、これまでの方法ですと、 機械製粉のためかなりの熱が発生し、 そば本来の香りが失われてしまいます。
昔ながらの石臼を使ってゆっくりと、丁寧に、丁寧に、挽くことによって、 そばの実の甘皮と呼ばれる部分をも一緒に挽きくるんだ、 そば本来の香り一杯の粗引きの「そば粉」にしています。

■こだわり・その3:小麦粉
小麦粉は北海道の大地が、育んだ小麦粉を使用しています!
北海道産小麦の特徴は、風味がよく、 その豊で広大な大陸同様、豊かな味わいを大切にし、そばの風味を最大限に生かす粉です。


富山県高岡市雨晴海岸より望む立山連峰■こだわり・その4:お酒
地元富山で人気の地酒を使用しています。

富山県は、三方を北アルプス立山連峰などの、山岳地帯に囲まれており、 中央には実り豊かな平野が広がっています。

富山湾、日本海へと開けている天然の巨大ダムともいえる山々からは、 一年を通じて豊かで、清らかな水が生まれるんです!
豊かな大地と清らかな水に育まれた米どころ富山は、日本でも有数の酒どころでもあります。

酒そば本舗の酒そばは、富山で人気の地酒を使用しています。

2015年07月20日

「あやまちの医者」


以前ちょっと驚くユニークな富山弁「チンチンボンボ」の紹介をさせていただいたことがありました。「肩車」のことだと言われてみれば、後半の「ボンボ」はどうにか「おんぶ」のことだと気付きますが、前半の「チンチン」は普通この国では、どう考えても男性器の幼児語のこととしか思えませんね。

さらに「(お)ちんちんかいとられ」にいたっては、どうして「行儀よくしていなさい」になるのか、人前で(人前でなくとも)文字どおりそんな行動をすれば行儀がいいとはとても言えません。(笑!

これは我が故郷富山県の品位に関わる問題ですから、ぜひ説明しておかねばなりませんね。

富山県西部の山間地方では「正座」のことを「おつくわい」と言い、「正座をする」は「おつくわいをかく」となります。また神々が鎮まりとどまっていることを「鎮座する」と言いますね。実は「(お)ちんちんかいとられ」には、「正座をしてかしこまっていなさい」という意味合いから、「行儀よくしていなさい」ということになるのです。

いずれにしても大人同士の間で交わされる言葉ではなく、幼児(せいぜい10歳未満か?)に対して大人(老人)が使う言葉のようです。子供の振る舞いを神々の存在をにおわしていましめる、当地ならではの味わい深い方言です。


この際もうひとつこの土地の老人が使う味わい深い方言をご紹介しておきましょう。

みなさん、「あやまちの医者」をご存知か?

「えっ?過ちの医者って、そんな医者にかかりたくない」ですって?

・・・ごもっとも!(笑!

このままでは、富山県にはまともな医者はいないのかと思われそうですね。(苦笑!

実を言うと「あやまち」とは、「過ち」ではなく「怪我」や「外傷」のことをいうのです。すなわち「あやまちの医者」とは柔道整復師のこと、「接骨院」の意味だったのです。

打ち身をしたり捻挫をしたときなど、誰でも一度は「接骨院」のお世話になったことがおありでしょう。

私が学生のころ都会から当地へ遊びに来ていた友人が、突然ぎっくり腰になってしまったことがありました。私の祖母が、「直ぐに"あやまちの医者"へ連れて行ってあげられ。電気かけてもろたら、楽になっちゃ。」と私に言ったところ、友人は苦痛にゆがんだ表情にさらに恐怖の影を浮かべながら、「あ、あ、過ちの医者!?・・・で、で、電気!?」と、震え出したではありませんか。(電気とは低周波治療器のことです・・・笑!)

そのあやまちの医者の治療が終わってから、友人は「過ちの医者に連れて行かれて、電気を流されたら、本当に死んでしまう。・・・んっ?なるほど死んでしまえば楽になるに違いないな。でも、なんと怖いことを言う婆さんだと思った」と、私に告白したものでした。

「あやまちの医者」、ちょっと驚くユニークな富山弁 PART2でした。




◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ



同じカテゴリー(ユーモア)の記事
 「耕二」には深い意味があった・・・。 (2022-07-23 07:27)
 水分補給 (2022-07-05 07:28)
 「腹一杯食べてしまう」ってところを改めないかぎり・・・。 (2022-05-18 07:05)
 "カミさん"が大切なわけ (2022-04-03 09:38)
 現(うつつ)はキビシイ (2022-04-02 08:38)
 内側と外側の違い (2022-03-19 07:35)

Posted by 酒そば本舗店長 at 11:33│Comments(0)ユーモア
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。