★今街で噂の★酒そばとはこんなそば 酒そばってこんなそば

通常そばを練るときには、水を使用するのですが、その水のかわりに「お酒」を使って練ったのが、 当店自慢の酒そばです!

お酒は富山で人気の地酒を使っています!
お酒の風味と香りが、 そば本来の風味と香りにからみあい、今までにないおいしいおそばができあがりました!

そば通、お酒通と呼ばれる方の中には、そばを食べ終わった後に
「残ったそばつゆに酒を少し足して飲む」のが最大の楽しみといいますよね。
まさしくお酒好きの方には、もう「たまりませ~ん!」っておいしさです♪

でも、お酒の苦手な方でもご安心くださいね! アルコール成分はそばを茹でた時にほとんど飛んじゃいますから、 お子様でも安心して食べられますよ!
(※但し、アルコールに弱い体質の方や小さなお子様はご注意ください。)


酒そばをゆでた後の蕎麦湯はえもいわれぬおいしさそばを茹でたあとのそば湯は ほのかなお酒の香りと旨味がでており、 それはそれはえもいわれぬおいしさ!
そばのお味から、香り、はたまたそば湯まで、 全てがたまらなぁ~いのが酒そばです♪

いつもの「そば」とは違う、ちょっとリッチなひと時を「酒そば」でお楽しみください♪


★これは珍しい!ひそかな噂を呼んでいる★こだわり酒そばこだわり酒そば

当店売れ筋NO1がこの「こだわり酒そば」です!


「こだわり酒そば」は、その名のとおり、
原材料にこだわり、厳選した、国産の原材料を使用しています!

そば畑■こだわり・その1:そば粉■
そば粉は、日本有数のそば処信州・安曇野(あずみの)産のそば粉を、 石臼にて、丁寧に、丁寧に、粗挽きしたものを使用しています。

北アルプス山麓長野県安曇野市一帯の地域は、 名水百選「安曇野わさび田湧水群」で知られる日本有数の名水の土地です。

清らかでミネラルが豊富な水によって、味も香りも素晴らしいそばが育まれます。


豊かな大地が育む小麦畑■こだわり・その2:製法
このそばの味と香りを最大限引き出すため、 製法にもこだわっています♪

そばの実を製粉する際、これまでの方法ですと、 機械製粉のためかなりの熱が発生し、 そば本来の香りが失われてしまいます。
昔ながらの石臼を使ってゆっくりと、丁寧に、丁寧に、挽くことによって、 そばの実の甘皮と呼ばれる部分をも一緒に挽きくるんだ、 そば本来の香り一杯の粗引きの「そば粉」にしています。

■こだわり・その3:小麦粉
小麦粉は北海道の大地が、育んだ小麦粉を使用しています!
北海道産小麦の特徴は、風味がよく、 その豊で広大な大陸同様、豊かな味わいを大切にし、そばの風味を最大限に生かす粉です。


富山県高岡市雨晴海岸より望む立山連峰■こだわり・その4:お酒
地元富山で人気の地酒を使用しています。

富山県は、三方を北アルプス立山連峰などの、山岳地帯に囲まれており、 中央には実り豊かな平野が広がっています。

富山湾、日本海へと開けている天然の巨大ダムともいえる山々からは、 一年を通じて豊かで、清らかな水が生まれるんです!
豊かな大地と清らかな水に育まれた米どころ富山は、日本でも有数の酒どころでもあります。

酒そば本舗の酒そばは、富山で人気の地酒を使用しています。

2015年06月24日

生食文化の功罪


牛の生レバーの喫食が禁止されたのは、元々は焼肉店でのユッケによる食中毒事件が発端でしたが、ユッケよりも牛レバーの生食による食中毒事故の方が圧倒的に多かったことが分かり、厚生労働省が規制に走ったということらしいです。

魚介類を筆頭として鶏卵、肉にしても生食を好む日本人の伝統的食文化をもっと大切にしろという意見も分からないではありませんが、何しろユッケでは死亡者を出してしまいましたからね。もしこのままにしていてまた事件が発生したら、行政は何をしていたということで袋叩きに遭うのは必定。役所の責任逃れ的な側面もないとは言い切れません。

レバ刺しの味が忘れられないという健啖家は、牛がダメなら豚だと豚レバーに食指が向いたのは当然と言えば当然のこと。ところが豚のレバー等の生肉には食中毒菌以外にも人間に感染する肝炎ウイルスが潜んでいることが分かり、これも規制されることになった。

ウエブニュースより
「牛」に続き「豚レバー」も、広がる生食禁止の理由…食中毒だけでない、「E型肝炎」が怖い


個人的には、レバ刺しはこの歳になるまで数度しか食べたことがありません。ヌルッとした食感があまり好きになれず、たとえ7月以降販売禁止になっても別段困ることはないと思います。

規制に異を唱える人たちの中には、生卵の喫食による食中毒事故の方がレバ刺しより多いのに、あえてレバーの生食だけを禁止するのはおかしいと言う意見もあったようです。カキの生食についても同様のことが言われていますね。

卵かけごはん大好き、新鮮な生ガキ大好き人間としては、レバ刺し騒動に巻き込まれて生卵と生カキも禁止にされては、困るなと・・・。(笑!


生カキを初めとする2枚貝による食中毒が、球形小型ウイルスによるものであることが分かったのは、つい最近のこと。生カキ=ノロウイルスのように言われて、貝類の生食を控えるようにと騒がれたことは、記憶に新しいですね。以来さすがに生ガキを口にすることは少なくなりましたが、卵かけごはんは依然と1週間に1度は食べています。生まれてこの方何個生卵を食べたことか、しかし未だかって卵を食べて腹を下したということはありませんよ。

ところが、何万個にいくつかの確立でサルモネラ菌に汚染された卵が発見されるのは紛れもない事実だそうですから、卵にしても加熱して喫食した方がいいというのは正論かもしれませんね。


フグは食いたし命は惜しし、さてはて、飽きることのない食い辛抱の人間たちの身勝手には、牛も豚も鶏も魚や貝も呆れ果てているに違いありません。





◆酒そば本舗トップページへ◆


**貴方の共感できる生き方がきっとある**
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ



同じカテゴリー(ニュース・トッピックス)の記事
 「大腸がんになりたくなかったら、歳を取らないことです」 (2019-12-06 10:07)
 給食にコウバコカニとはうらやましい・・・。 (2019-12-05 10:30)
 せめて「ベニズワイガ二」は庶民の味方であって欲しい・・・。 (2019-11-27 10:04)
 ベニズワイガニとフクラギ派です。 (2019-11-21 12:33)
 新国立競技場の聖火台はどうなった? (2019-11-20 11:47)
 「異種交配」ということばご存知か? (2019-11-12 09:23)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。