★今街で噂の★酒そばとはこんなそば 酒そばってこんなそば

通常そばを練るときには、水を使用するのですが、その水のかわりに「お酒」を使って練ったのが、 当店自慢の酒そばです!

お酒は富山で人気の地酒を使っています!
お酒の風味と香りが、 そば本来の風味と香りにからみあい、今までにないおいしいおそばができあがりました!

そば通、お酒通と呼ばれる方の中には、そばを食べ終わった後に
「残ったそばつゆに酒を少し足して飲む」のが最大の楽しみといいますよね。
まさしくお酒好きの方には、もう「たまりませ~ん!」っておいしさです♪

でも、お酒の苦手な方でもご安心くださいね! アルコール成分はそばを茹でた時にほとんど飛んじゃいますから、 お子様でも安心して食べられますよ!
(※但し、アルコールに弱い体質の方や小さなお子様はご注意ください。)


酒そばをゆでた後の蕎麦湯はえもいわれぬおいしさそばを茹でたあとのそば湯は ほのかなお酒の香りと旨味がでており、 それはそれはえもいわれぬおいしさ!
そばのお味から、香り、はたまたそば湯まで、 全てがたまらなぁ~いのが酒そばです♪

いつもの「そば」とは違う、ちょっとリッチなひと時を「酒そば」でお楽しみください♪


★これは珍しい!ひそかな噂を呼んでいる★こだわり酒そばこだわり酒そば

当店売れ筋NO1がこの「こだわり酒そば」です!


「こだわり酒そば」は、その名のとおり、
原材料にこだわり、厳選した、国産の原材料を使用しています!

そば畑■こだわり・その1:そば粉■
そば粉は、日本有数のそば処信州・安曇野(あずみの)産のそば粉を、 石臼にて、丁寧に、丁寧に、粗挽きしたものを使用しています。

北アルプス山麓長野県安曇野市一帯の地域は、 名水百選「安曇野わさび田湧水群」で知られる日本有数の名水の土地です。

清らかでミネラルが豊富な水によって、味も香りも素晴らしいそばが育まれます。


豊かな大地が育む小麦畑■こだわり・その2:製法
このそばの味と香りを最大限引き出すため、 製法にもこだわっています♪

そばの実を製粉する際、これまでの方法ですと、 機械製粉のためかなりの熱が発生し、 そば本来の香りが失われてしまいます。
昔ながらの石臼を使ってゆっくりと、丁寧に、丁寧に、挽くことによって、 そばの実の甘皮と呼ばれる部分をも一緒に挽きくるんだ、 そば本来の香り一杯の粗引きの「そば粉」にしています。

■こだわり・その3:小麦粉
小麦粉は北海道の大地が、育んだ小麦粉を使用しています!
北海道産小麦の特徴は、風味がよく、 その豊で広大な大陸同様、豊かな味わいを大切にし、そばの風味を最大限に生かす粉です。


富山県高岡市雨晴海岸より望む立山連峰■こだわり・その4:お酒
地元富山で人気の地酒を使用しています。

富山県は、三方を北アルプス立山連峰などの、山岳地帯に囲まれており、 中央には実り豊かな平野が広がっています。

富山湾、日本海へと開けている天然の巨大ダムともいえる山々からは、 一年を通じて豊かで、清らかな水が生まれるんです!
豊かな大地と清らかな水に育まれた米どころ富山は、日本でも有数の酒どころでもあります。

酒そば本舗の酒そばは、富山で人気の地酒を使用しています。

2019年10月18日

ダイオウグソクムシって、脱皮するんだ!


三重県鳥羽市の鳥羽水族館から、1869日にわたってえさを食べなかったとして話題になったあのダイオウグソクムシが、脱皮をしたという話題。

ウエブトピックスより、
ダイオウグソクムシ脱皮確認 全部脱げたら…世界初快挙

まずダイオウグソクムシが、カニやエビのように脱皮をするってこと初めて知りました。

同時に配信されている写真には、確かに体の上部が白色で下部が茶色いのダンゴムシのような生物が写っています。どうも上部の白い部分が抜け殻で、ダンゴムシは尻のほうから脱皮をし始めて、今頭の部分を抜こうとしているようです。

脱皮をする生物は、外殻の皮にあたる部分が成長に伴って大きくならないために、窮屈になって皮を脱がなければならないと承知していますが、ダイオウグソクムシの脱皮では、これまでいづれも下半身だけの脱皮が観察されているだけということです。今回全身の脱皮が確認されれば、世界で最初ということなのだとか。

・・・ふ~む、不思議な生き物ですね。そうすると、上半身と下半身が均一に成長していないということになりませんか?

もしかしたら、1869日も食物を摂らずに生きていられる理由が、死亡した個体を解剖してみて、消化器官で微生物(植物性のプランクトン?)を繁殖させ、それを栄養源にしていたことがわかったということですから、そのユニークな食性にあるのかも知れないと、俄か海洋生物学者( ← 私のことです)は考えています。(笑!

光の届かぬ深海の暗闇で、ほとんど動こうともせずひっそりと暮らすダイオウグソクムシ。いったい生物ならいかなる種でも備えているはずの食うこと、寝ること、遺伝子を残そうとすること、いわゆる本能と呼ばれるもの三つが、ダイオウグソクムシには欠落しているように思えてなりません。

ただ、脱皮をしているということが確認されたということは、少なからず成長しているということだから、食欲という本能があるということは明らかです。

では睡眠は?遺伝子を残そうとすることは?

深海の海底でほとんどじっとしているというのなら、私に言わせれば寝ているも同じこと。運動に見合った睡眠という考え方をするなら、その量は少なくてもいいのかも知れないのではないかと思ったりしています。

さて、遺伝子を残そうとする本能ですが、生物である限りダイオウグソクムシにもあってしかるべきだと俄か海洋生物学者は、強い関心を抱いています。

鳥羽水族館では、ダイオウグソクムシの個体に番号を符って識別しているようですね。NO-23という個体番号があるということは、自然界を別としても少なくとも23匹ダイオウグソクムシがこの世に存在していたということになりますから、この23匹の存在は遺伝子を残そうとする本能の証明になるはずです。

自らの消化器官内でプランクトンを繁殖させているというユニークな食性が解明されたこと、脱皮という習性が確認されたことで、食欲という本能の謎は解けました。

遺伝子を残そうとする本能についても、脱皮と同じように、その行為をズバリ目にできないものかと思っております。

まあ、早い話が、「なんだ、ダイオウグソクムシもやることはちゃんとやっているじゃないか」と安心したいというわけです。(爆笑!




◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村
  


Posted by 酒そば本舗店長 at 10:03Comments(0)ニュース・トッピックス