★今街で噂の★酒そばとはこんなそば 酒そばってこんなそば

通常そばを練るときには、水を使用するのですが、その水のかわりに「お酒」を使って練ったのが、 当店自慢の酒そばです!

お酒は富山で人気の地酒を使っています!
お酒の風味と香りが、 そば本来の風味と香りにからみあい、今までにないおいしいおそばができあがりました!

そば通、お酒通と呼ばれる方の中には、そばを食べ終わった後に
「残ったそばつゆに酒を少し足して飲む」のが最大の楽しみといいますよね。
まさしくお酒好きの方には、もう「たまりませ~ん!」っておいしさです♪

でも、お酒の苦手な方でもご安心くださいね! アルコール成分はそばを茹でた時にほとんど飛んじゃいますから、 お子様でも安心して食べられますよ!
(※但し、アルコールに弱い体質の方や小さなお子様はご注意ください。)


酒そばをゆでた後の蕎麦湯はえもいわれぬおいしさそばを茹でたあとのそば湯は ほのかなお酒の香りと旨味がでており、 それはそれはえもいわれぬおいしさ!
そばのお味から、香り、はたまたそば湯まで、 全てがたまらなぁ~いのが酒そばです♪

いつもの「そば」とは違う、ちょっとリッチなひと時を「酒そば」でお楽しみください♪


★これは珍しい!ひそかな噂を呼んでいる★こだわり酒そばこだわり酒そば

当店売れ筋NO1がこの「こだわり酒そば」です!


「こだわり酒そば」は、その名のとおり、
原材料にこだわり、厳選した、国産の原材料を使用しています!

そば畑■こだわり・その1:そば粉■
そば粉は、日本有数のそば処信州・安曇野(あずみの)産のそば粉を、 石臼にて、丁寧に、丁寧に、粗挽きしたものを使用しています。

北アルプス山麓長野県安曇野市一帯の地域は、 名水百選「安曇野わさび田湧水群」で知られる日本有数の名水の土地です。

清らかでミネラルが豊富な水によって、味も香りも素晴らしいそばが育まれます。


豊かな大地が育む小麦畑■こだわり・その2:製法
このそばの味と香りを最大限引き出すため、 製法にもこだわっています♪

そばの実を製粉する際、これまでの方法ですと、 機械製粉のためかなりの熱が発生し、 そば本来の香りが失われてしまいます。
昔ながらの石臼を使ってゆっくりと、丁寧に、丁寧に、挽くことによって、 そばの実の甘皮と呼ばれる部分をも一緒に挽きくるんだ、 そば本来の香り一杯の粗引きの「そば粉」にしています。

■こだわり・その3:小麦粉
小麦粉は北海道の大地が、育んだ小麦粉を使用しています!
北海道産小麦の特徴は、風味がよく、 その豊で広大な大陸同様、豊かな味わいを大切にし、そばの風味を最大限に生かす粉です。


富山県高岡市雨晴海岸より望む立山連峰■こだわり・その4:お酒
地元富山で人気の地酒を使用しています。

富山県は、三方を北アルプス立山連峰などの、山岳地帯に囲まれており、 中央には実り豊かな平野が広がっています。

富山湾、日本海へと開けている天然の巨大ダムともいえる山々からは、 一年を通じて豊かで、清らかな水が生まれるんです!
豊かな大地と清らかな水に育まれた米どころ富山は、日本でも有数の酒どころでもあります。

酒そば本舗の酒そばは、富山で人気の地酒を使用しています。

2019年08月21日

今週の「週刊新潮」対「週刊文春」


本日の日経の5面下部。週刊文春と週刊新潮の2大誌がそろって広告を掲載しています。

トップはいずれも小泉進次郎衆議院議員と人気キャスター滝川クリステルさんの婚約発表関連。

新潮が『「小泉進次郎」と「滝川クリスタル」10の謎』という見出し。2~3拾い出してみますね。

「人目を忍び、どこでどうやってでき婚?」
「でき婚」は白地に黒抜きにして強調してあります。・・・う~む、確かに謎ですな。(笑!

近い将来総理確実と目されている自民党の若きエースの小泉進次郎衆議院議員ともなれば、24時間番記者が張り付いているでしょうからね。

「人気キャスターを待ち受ける小泉家の女帝」
こういう場合は、大概婚家先のお姑さんを指すのが普通ですが、小泉進次郎衆議院議員のお父様の小泉純一郎元総理は、離婚なさっておられますからね。女帝とはお父様の実姉、新次郎さんからは叔母にあたる小泉信子さんのことを指しているのでしょうかね。離婚の遠因は小泉家のすべてを取り仕切るといわれた小泉元総理のお姉さまにあるとも、もっぱら噂されているようですが。

「離婚の母は結婚式に出られるのか」
人さまのお家のことをとやかく言えた義理ではありませんが、私的にはご出席できればいいのになと思いますがね。何事も破天荒ともいえる小泉家のことです。戸籍をあげるだけで披露宴は行いません、というようなことになるかもしれませんね。まあ、その方がお母様にとっては気が楽かもしれませんが。

一方の文春はというと、『滝クリだけではなかった 新次郎が捨てた「女子アナ彼女」』と穏やかではありません。

「TBS、テレ朝看板アナとの間で"二股トラブル"」って、そんなことあったんですか?・・・って、どうして今になってそんなこと書き立てますかね。

トップ見出しについては、新潮に軍配を揚げておきましょう。

2番目の大きな見出しは、文春が例の「あおり運転」関連。「あおり運転犯エリート"暴走人生"」。えぇ~、あの犯人がエリートだったって!?どこでどう狂ってしまったのだろう?

一方新潮は、先の皇后陛下が乳がんの治療を受けられことに関連して、こんな見出しを掲げております。『「満身創痍!美智子上皇后」乳がんに 「小室圭さん」というストレス』

ご皇室のプライベートなことにまで立ち入って、かってな憶測で読者の興味を煽るような見出しは、いかがなものかと思います。「あおり運転」以上に悪質な「あおり記事」と言えなくないか?

まあ、小泉進次郎衆議院議員の婚約についてもプライベートな問題といえばそうですがね。(笑!

これに関しては週刊新潮には、限りなくレッドカードに近いイエローカードを出しておきたい。

したがって、こちらの方は文春に軍配。

ということで、今週の「週刊新潮」対「週刊文春」は引き分け。

まあ、私はどちらも購入はしませんけれど。(笑!





◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村
  


Posted by 酒そば本舗店長 at 09:11Comments(0)ひとり言