★今街で噂の★酒そばとはこんなそば 酒そばってこんなそば

通常そばを練るときには、水を使用するのですが、その水のかわりに「お酒」を使って練ったのが、 当店自慢の酒そばです!

お酒は富山で人気の地酒を使っています!
お酒の風味と香りが、 そば本来の風味と香りにからみあい、今までにないおいしいおそばができあがりました!

そば通、お酒通と呼ばれる方の中には、そばを食べ終わった後に
「残ったそばつゆに酒を少し足して飲む」のが最大の楽しみといいますよね。
まさしくお酒好きの方には、もう「たまりませ~ん!」っておいしさです♪

でも、お酒の苦手な方でもご安心くださいね! アルコール成分はそばを茹でた時にほとんど飛んじゃいますから、 お子様でも安心して食べられますよ!
(※但し、アルコールに弱い体質の方や小さなお子様はご注意ください。)


酒そばをゆでた後の蕎麦湯はえもいわれぬおいしさそばを茹でたあとのそば湯は ほのかなお酒の香りと旨味がでており、 それはそれはえもいわれぬおいしさ!
そばのお味から、香り、はたまたそば湯まで、 全てがたまらなぁ~いのが酒そばです♪

いつもの「そば」とは違う、ちょっとリッチなひと時を「酒そば」でお楽しみください♪


★これは珍しい!ひそかな噂を呼んでいる★こだわり酒そばこだわり酒そば

当店売れ筋NO1がこの「こだわり酒そば」です!


「こだわり酒そば」は、その名のとおり、
原材料にこだわり、厳選した、国産の原材料を使用しています!

そば畑■こだわり・その1:そば粉■
そば粉は、日本有数のそば処信州・安曇野(あずみの)産のそば粉を、 石臼にて、丁寧に、丁寧に、粗挽きしたものを使用しています。

北アルプス山麓長野県安曇野市一帯の地域は、 名水百選「安曇野わさび田湧水群」で知られる日本有数の名水の土地です。

清らかでミネラルが豊富な水によって、味も香りも素晴らしいそばが育まれます。


豊かな大地が育む小麦畑■こだわり・その2:製法
このそばの味と香りを最大限引き出すため、 製法にもこだわっています♪

そばの実を製粉する際、これまでの方法ですと、 機械製粉のためかなりの熱が発生し、 そば本来の香りが失われてしまいます。
昔ながらの石臼を使ってゆっくりと、丁寧に、丁寧に、挽くことによって、 そばの実の甘皮と呼ばれる部分をも一緒に挽きくるんだ、 そば本来の香り一杯の粗引きの「そば粉」にしています。

■こだわり・その3:小麦粉
小麦粉は北海道の大地が、育んだ小麦粉を使用しています!
北海道産小麦の特徴は、風味がよく、 その豊で広大な大陸同様、豊かな味わいを大切にし、そばの風味を最大限に生かす粉です。


富山県高岡市雨晴海岸より望む立山連峰■こだわり・その4:お酒
地元富山で人気の地酒を使用しています。

富山県は、三方を北アルプス立山連峰などの、山岳地帯に囲まれており、 中央には実り豊かな平野が広がっています。

富山湾、日本海へと開けている天然の巨大ダムともいえる山々からは、 一年を通じて豊かで、清らかな水が生まれるんです!
豊かな大地と清らかな水に育まれた米どころ富山は、日本でも有数の酒どころでもあります。

酒そば本舗の酒そばは、富山で人気の地酒を使用しています。

2019年07月06日

オキシドールの思い出PART3


私らは、時の首相が「もはや戦後ではない」と言い、この国が高度経済成長の坂道をまっしぐらに登り始めたころに小学校に通った世代。学校給食で鯨肉を食べて大きくなった世代とも言えます。


そんな我われの世代に、「小学生のころ学校の保健室でお世話になった薬品は?」と問えば、「オキシドールと赤チン」と返ってくるに決まっています。

生傷の絶えなかった悪ガキ時代、これほどお世話になった薬はなかった。オキシドールを染ませたガーゼで傷口を拭くと、ジュワ・ジュワ~と泡が吹き出てきて、ちょっと滲みるんですよね。その滲みる痛みを「う~っ」と言ってこらえるのが病みつきになったくらいでした。(笑!

私の小学校6年間は、オキシドールとともにあったと言っても過言ではありません。


今そのオキシドールが学校の保健室から消えようとしているというニュース。消毒薬は却って傷の直りを悪くするというのが現代医学の常識となりつつあるというのです。

・・・驚きましたね。私の「う~っ」、あれはいったい何だったんだろうと思ってしまいます。


ウエブトピックスより、
保健室、消える消毒液 流水で洗う処置が主流に 外科医「傷の治り悪くする」

・・・なになに、流水で洗って「魔法の水」で消毒しましょうねですって?

「魔法の水」って何かというと、これがただの水道水だっていうのですから、オキシドールで「う~っ」の世代としては、そんな子供を騙すようなことを学校教育現場で実践していいのかと突っ込みを入れたくなるくらいです。(笑!


消毒薬は傷の治りを良くする上皮細胞まで破壊してしまうとお医者様がおっしゃるのであれば、そのとうりなのでしょうね。でも私たちは、保健室の先生にオキシドールを塗ってもらって、「う~っ」と言って、・・・そうしてこんなに成長したのですがね?

今日ドラックストアなどで手軽に買い求めることが出来る液体の消毒薬は、プラスチックの容器を指で軽く押すと、シュッ、シュッと薬が噴出してくるタイプが主流ですね。傷口に直接吹き付けることが出来てとても便利です。

確かにこの消毒薬にしても、どれだけ傷口にかけても滲みるということはありませんし、ジュワ~と泡が吹き出てくるということもありません。私なんぞは、本当に効いているのかと疑りたくなります。まさかこれも「魔法の水」っていうわけではないだろうな。(笑!



保健室の棚に仕舞われていたあの"茶色の瓶"が、懐かしく思い出されます。







◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村
  


Posted by 酒そば本舗店長 at 10:54Comments(0)一人言