★今街で噂の★酒そばとはこんなそば 酒そばってこんなそば

通常そばを練るときには、水を使用するのですが、その水のかわりに「お酒」を使って練ったのが、 当店自慢の酒そばです!

お酒は富山で人気の地酒を使っています!
お酒の風味と香りが、 そば本来の風味と香りにからみあい、今までにないおいしいおそばができあがりました!

そば通、お酒通と呼ばれる方の中には、そばを食べ終わった後に
「残ったそばつゆに酒を少し足して飲む」のが最大の楽しみといいますよね。
まさしくお酒好きの方には、もう「たまりませ~ん!」っておいしさです♪

でも、お酒の苦手な方でもご安心くださいね! アルコール成分はそばを茹でた時にほとんど飛んじゃいますから、 お子様でも安心して食べられますよ!
(※但し、アルコールに弱い体質の方や小さなお子様はご注意ください。)


酒そばをゆでた後の蕎麦湯はえもいわれぬおいしさそばを茹でたあとのそば湯は ほのかなお酒の香りと旨味がでており、 それはそれはえもいわれぬおいしさ!
そばのお味から、香り、はたまたそば湯まで、 全てがたまらなぁ~いのが酒そばです♪

いつもの「そば」とは違う、ちょっとリッチなひと時を「酒そば」でお楽しみください♪


★これは珍しい!ひそかな噂を呼んでいる★こだわり酒そばこだわり酒そば

当店売れ筋NO1がこの「こだわり酒そば」です!


「こだわり酒そば」は、その名のとおり、
原材料にこだわり、厳選した、国産の原材料を使用しています!

そば畑■こだわり・その1:そば粉■
そば粉は、日本有数のそば処信州・安曇野(あずみの)産のそば粉を、 石臼にて、丁寧に、丁寧に、粗挽きしたものを使用しています。

北アルプス山麓長野県安曇野市一帯の地域は、 名水百選「安曇野わさび田湧水群」で知られる日本有数の名水の土地です。

清らかでミネラルが豊富な水によって、味も香りも素晴らしいそばが育まれます。


豊かな大地が育む小麦畑■こだわり・その2:製法
このそばの味と香りを最大限引き出すため、 製法にもこだわっています♪

そばの実を製粉する際、これまでの方法ですと、 機械製粉のためかなりの熱が発生し、 そば本来の香りが失われてしまいます。
昔ながらの石臼を使ってゆっくりと、丁寧に、丁寧に、挽くことによって、 そばの実の甘皮と呼ばれる部分をも一緒に挽きくるんだ、 そば本来の香り一杯の粗引きの「そば粉」にしています。

■こだわり・その3:小麦粉
小麦粉は北海道の大地が、育んだ小麦粉を使用しています!
北海道産小麦の特徴は、風味がよく、 その豊で広大な大陸同様、豊かな味わいを大切にし、そばの風味を最大限に生かす粉です。


富山県高岡市雨晴海岸より望む立山連峰■こだわり・その4:お酒
地元富山で人気の地酒を使用しています。

富山県は、三方を北アルプス立山連峰などの、山岳地帯に囲まれており、 中央には実り豊かな平野が広がっています。

富山湾、日本海へと開けている天然の巨大ダムともいえる山々からは、 一年を通じて豊かで、清らかな水が生まれるんです!
豊かな大地と清らかな水に育まれた米どころ富山は、日本でも有数の酒どころでもあります。

酒そば本舗の酒そばは、富山で人気の地酒を使用しています。

2019年01月01日

新しい御代に受け継がれる御心


新しい年が明けました。今上天皇の御代平成最後となるその年の初めに、父君に当たられる先の天皇の直筆の原稿が見つかったというセンセーッショナルなニュースが報じられています。


朝日デジタルニュースより、
昭和天皇の直筆原稿見つかる まとまった状態で初めて

昭和天皇がご晩年に、自ら詠まれた和歌250首あまりを推敲されたときのものだということです。


あゝ悲し戰の後思ひつゝしきにいのりをさゝげたるなり


ご体調を崩されお亡くなりになる年の8月15日、全国戦没者追悼式に寄せた歌をみても、陛下は生涯先の大戦の悔いを背負われておられたということが偲べ、胸が痛みます。

一生涯お口に出されることはありませんでしたが、陛下の思いの中には、あの時の御前会議のことが、いつまでも残っていたのでしょう。

いかに当時の憲法(大日本帝国憲法)の規定に反する行為といえども、どうしてあの時「開戦に踏み切ってはならぬ」との自らの意思を通せなかったのかの悔いが、この御製にありありと窺えます。

同時に配信されている直筆の原稿を見ますと、甚だ不敬ではありますが、決してご達筆とは言いがたい。空海や嵯峨天皇の筆どころか、むしろ小学4年生の筆あととも見て取れます。

しかし、御製のおわりにまで句読点や括弧(「」)を丁寧に書かれておられるのは、陛下のご誠実なお人柄がありありと偲べて、見る者の心をほのぼのと温めてくれます。

その御心は今上陛下にも受け継がれているのは、先のご退位に当たられてのご会見のおり、昭和の大戦に言及されたときにお声を詰まらせられたことからも偲べます。


昭和から平成へ、そして新しい陛下が即位される御代へ・・・。この国とそこに住まう民が永久に安寧であることを祈りたいと思います。






◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村
  


Posted by 酒そば本舗店長 at 12:02Comments(0)ニュース・トッピックス