★今街で噂の★酒そばとはこんなそば 酒そばってこんなそば

通常そばを練るときには、水を使用するのですが、その水のかわりに「お酒」を使って練ったのが、 当店自慢の酒そばです!

お酒は富山で人気の地酒を使っています!
お酒の風味と香りが、 そば本来の風味と香りにからみあい、今までにないおいしいおそばができあがりました!

そば通、お酒通と呼ばれる方の中には、そばを食べ終わった後に
「残ったそばつゆに酒を少し足して飲む」のが最大の楽しみといいますよね。
まさしくお酒好きの方には、もう「たまりませ~ん!」っておいしさです♪

でも、お酒の苦手な方でもご安心くださいね! アルコール成分はそばを茹でた時にほとんど飛んじゃいますから、 お子様でも安心して食べられますよ!
(※但し、アルコールに弱い体質の方や小さなお子様はご注意ください。)


酒そばをゆでた後の蕎麦湯はえもいわれぬおいしさそばを茹でたあとのそば湯は ほのかなお酒の香りと旨味がでており、 それはそれはえもいわれぬおいしさ!
そばのお味から、香り、はたまたそば湯まで、 全てがたまらなぁ~いのが酒そばです♪

いつもの「そば」とは違う、ちょっとリッチなひと時を「酒そば」でお楽しみください♪


★これは珍しい!ひそかな噂を呼んでいる★こだわり酒そばこだわり酒そば

当店売れ筋NO1がこの「こだわり酒そば」です!


「こだわり酒そば」は、その名のとおり、
原材料にこだわり、厳選した、国産の原材料を使用しています!

そば畑■こだわり・その1:そば粉■
そば粉は、日本有数のそば処信州・安曇野(あずみの)産のそば粉を、 石臼にて、丁寧に、丁寧に、粗挽きしたものを使用しています。

北アルプス山麓長野県安曇野市一帯の地域は、 名水百選「安曇野わさび田湧水群」で知られる日本有数の名水の土地です。

清らかでミネラルが豊富な水によって、味も香りも素晴らしいそばが育まれます。


豊かな大地が育む小麦畑■こだわり・その2:製法
このそばの味と香りを最大限引き出すため、 製法にもこだわっています♪

そばの実を製粉する際、これまでの方法ですと、 機械製粉のためかなりの熱が発生し、 そば本来の香りが失われてしまいます。
昔ながらの石臼を使ってゆっくりと、丁寧に、丁寧に、挽くことによって、 そばの実の甘皮と呼ばれる部分をも一緒に挽きくるんだ、 そば本来の香り一杯の粗引きの「そば粉」にしています。

■こだわり・その3:小麦粉
小麦粉は北海道の大地が、育んだ小麦粉を使用しています!
北海道産小麦の特徴は、風味がよく、 その豊で広大な大陸同様、豊かな味わいを大切にし、そばの風味を最大限に生かす粉です。


富山県高岡市雨晴海岸より望む立山連峰■こだわり・その4:お酒
地元富山で人気の地酒を使用しています。

富山県は、三方を北アルプス立山連峰などの、山岳地帯に囲まれており、 中央には実り豊かな平野が広がっています。

富山湾、日本海へと開けている天然の巨大ダムともいえる山々からは、 一年を通じて豊かで、清らかな水が生まれるんです!
豊かな大地と清らかな水に育まれた米どころ富山は、日本でも有数の酒どころでもあります。

酒そば本舗の酒そばは、富山で人気の地酒を使用しています。

2018年03月24日

"後家(ゴケ)"クモ


地球上に生物は何万種、いや何億種いるのか知りませんが、間違いなく言えることは、自分の遺伝子を子孫に残そうとすること。

単為生殖は別としてオスはメスを求め、メスはオスを求める。ヒトを含めて例外はないはずです。

ところが昆虫の中には、思いを遂げた瞬間に相手のメスに食べられてしまうという哀れなオスがいることが知られています。カマキリが有名ですね。

クモの仲間にもカマキリと同様の習性をもつ種がいるとは知りませんでした。

ウエブトピックスより、
なぜか高齢なメス選ぶオス、クモで判明、利点なし


ハイイロゴケグモのオスはなぜ高齢なメスを選ぶのか、科学者は答えを見い出しかねているというのですが。

それにしてもハイイロゴケグモのオスは健気ですね。自分の数倍はあろうかというメスに文字通り必死に近づいていく。このときメスはオスのことをどう見ているのだろうか?

素敵な彼が来てくれたわ、身をゆだねようかしらと思うのだろうか?それともうまそうな餌が近づいてきたと、舌なめずりをしているのだろうか?

もし後者だとすれば、ハイイロゴケグモという種は、オスはメスを求めるという生物としての本能が働いているとしても、その逆はないということになりませんか?

おめがねにかなわなければ、オスが思いを遂げようとする前に食べちゃうということもあるのかも知れませんね。哀れなオスからすれば、せめて思いを遂げてからにしてくれよということになりますがね。(笑!

でもよくよく考えれば、仮に自分が食べられても、それがメスの栄養となり子どもの血(クモに血があるのかどうか定かではありませんが)となり肉となるのだから、オスにとっては思いが遂げられれば本望ということになるのかも知れません。


ハイイロゴケグモ、今気がついたのですが、この名前の前半部分の「ハイイロ」は灰色でしょう。後半の「グモ」は蜘蛛(くも)ですよね。真ん中の「ゴケ」は苔(こけ)でいいのだろうか?

「こけ」ではなく「ゴケ」と濁っているところにこだわりがあるとすれば、これは「後家(ごけ)」ということになります。


私には「後家(ごけ)」がふさわしいように思えて来るのですが、「ゴケカマキリ」などいないところをみれば、不自然といえば不自然です。(爆笑!




◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村
  


Posted by 酒そば本舗店長 at 12:09Comments(0)ニュース・トッピックス