★今街で噂の★酒そばとはこんなそば 酒そばってこんなそば

通常そばを練るときには、水を使用するのですが、その水のかわりに「お酒」を使って練ったのが、 当店自慢の酒そばです!

お酒は富山で人気の地酒を使っています!
お酒の風味と香りが、 そば本来の風味と香りにからみあい、今までにないおいしいおそばができあがりました!

そば通、お酒通と呼ばれる方の中には、そばを食べ終わった後に
「残ったそばつゆに酒を少し足して飲む」のが最大の楽しみといいますよね。
まさしくお酒好きの方には、もう「たまりませ~ん!」っておいしさです♪

でも、お酒の苦手な方でもご安心くださいね! アルコール成分はそばを茹でた時にほとんど飛んじゃいますから、 お子様でも安心して食べられますよ!
(※但し、アルコールに弱い体質の方や小さなお子様はご注意ください。)


酒そばをゆでた後の蕎麦湯はえもいわれぬおいしさそばを茹でたあとのそば湯は ほのかなお酒の香りと旨味がでており、 それはそれはえもいわれぬおいしさ!
そばのお味から、香り、はたまたそば湯まで、 全てがたまらなぁ~いのが酒そばです♪

いつもの「そば」とは違う、ちょっとリッチなひと時を「酒そば」でお楽しみください♪


★これは珍しい!ひそかな噂を呼んでいる★こだわり酒そばこだわり酒そば

当店売れ筋NO1がこの「こだわり酒そば」です!


「こだわり酒そば」は、その名のとおり、
原材料にこだわり、厳選した、国産の原材料を使用しています!

そば畑■こだわり・その1:そば粉■
そば粉は、日本有数のそば処信州・安曇野(あずみの)産のそば粉を、 石臼にて、丁寧に、丁寧に、粗挽きしたものを使用しています。

北アルプス山麓長野県安曇野市一帯の地域は、 名水百選「安曇野わさび田湧水群」で知られる日本有数の名水の土地です。

清らかでミネラルが豊富な水によって、味も香りも素晴らしいそばが育まれます。


豊かな大地が育む小麦畑■こだわり・その2:製法
このそばの味と香りを最大限引き出すため、 製法にもこだわっています♪

そばの実を製粉する際、これまでの方法ですと、 機械製粉のためかなりの熱が発生し、 そば本来の香りが失われてしまいます。
昔ながらの石臼を使ってゆっくりと、丁寧に、丁寧に、挽くことによって、 そばの実の甘皮と呼ばれる部分をも一緒に挽きくるんだ、 そば本来の香り一杯の粗引きの「そば粉」にしています。

■こだわり・その3:小麦粉
小麦粉は北海道の大地が、育んだ小麦粉を使用しています!
北海道産小麦の特徴は、風味がよく、 その豊で広大な大陸同様、豊かな味わいを大切にし、そばの風味を最大限に生かす粉です。


富山県高岡市雨晴海岸より望む立山連峰■こだわり・その4:お酒
地元富山で人気の地酒を使用しています。

富山県は、三方を北アルプス立山連峰などの、山岳地帯に囲まれており、 中央には実り豊かな平野が広がっています。

富山湾、日本海へと開けている天然の巨大ダムともいえる山々からは、 一年を通じて豊かで、清らかな水が生まれるんです!
豊かな大地と清らかな水に育まれた米どころ富山は、日本でも有数の酒どころでもあります。

酒そば本舗の酒そばは、富山で人気の地酒を使用しています。

2017年11月05日

「遊遊漢字学」が楽しみ♪ PART20 「藝」と「芸」


毎週日曜日のお楽しみ、漢字学者阿辻哲次氏の日経連載「遊遊漢字学」

4月に連載が開始されてよりこの方、日曜日の日経は最終面の文化欄のこのコーナーからまず読み始めることが習慣になりました。

さて、今週阿辻先生が取り上げた漢字は「藝(げい)」。なんとも画数の多い漢字ですが、この漢字を現代の日本で見かけるとすれば、「文藝春秋」という出版社の発刊する同名の月刊誌くらいのもの。それはもっぱら我々が「芸」という略字を使用するためのようです。

ところが阿辻先生のおっしゃるには、「藝」と「芸」はまったく関係のない漢字とか。「芸」は「香りのよい草」という意味。音も「うん」と読むことからも「藝(げい)」とは違うことがわかると。

では「藝」は何を表したかというと、古代の中国で貴人が習得すべき六つの徳目「礼、楽、射、御、書、数」を指したのだそうで、これを称して「六藝」というと。

もともと木や草の苗を地面に植えることを「藝」と書き、土に何かを植えるように、人の精神に何かを芽生えさせ開花させる教養科目の意をこの文字に持たせたのだか。それが近代中国が西洋と接するようになって、英語の「art」という言葉の訳語に「藝」が使われるようになって、「藝術」や「工藝」という言葉が作られるようになったのだと。

漢字の本家本元の中国で「藝」と「芸」はまったく別の漢字として使われてきたにもかかわらず、日本に入ってから「芸」を「藝」の略字として使うようになったがために、芸術や工芸というような使い方が一般となった。いわば日本人が「藝」の持つ本来の意味を失わさせたとも言えましょうか。

してみれば、我々は安易に芸術鑑賞などと言いますが、人として供えるべき徳目を習得する術(すべ)を見極めるというのは、なかなかのことのように思われます。

一方「香りのよい草を味わう術(すべ)」という意味であるなら、これはもっぱら今日アロマセラピーとか呼ばれるリラクゼーションが流行っているがごとく、私にも簡単に芸術鑑賞にひたれようというものです。(苦笑!




◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村
  


Posted by 酒そば本舗店長 at 08:59Comments(0)一人言