★今街で噂の★酒そばとはこんなそば 酒そばってこんなそば

通常そばを練るときには、水を使用するのですが、その水のかわりに「お酒」を使って練ったのが、 当店自慢の酒そばです!

お酒は富山で人気の地酒を使っています!
お酒の風味と香りが、 そば本来の風味と香りにからみあい、今までにないおいしいおそばができあがりました!

そば通、お酒通と呼ばれる方の中には、そばを食べ終わった後に
「残ったそばつゆに酒を少し足して飲む」のが最大の楽しみといいますよね。
まさしくお酒好きの方には、もう「たまりませ~ん!」っておいしさです♪

でも、お酒の苦手な方でもご安心くださいね! アルコール成分はそばを茹でた時にほとんど飛んじゃいますから、 お子様でも安心して食べられますよ!
(※但し、アルコールに弱い体質の方や小さなお子様はご注意ください。)


酒そばをゆでた後の蕎麦湯はえもいわれぬおいしさそばを茹でたあとのそば湯は ほのかなお酒の香りと旨味がでており、 それはそれはえもいわれぬおいしさ!
そばのお味から、香り、はたまたそば湯まで、 全てがたまらなぁ~いのが酒そばです♪

いつもの「そば」とは違う、ちょっとリッチなひと時を「酒そば」でお楽しみください♪


★これは珍しい!ひそかな噂を呼んでいる★こだわり酒そばこだわり酒そば

当店売れ筋NO1がこの「こだわり酒そば」です!


「こだわり酒そば」は、その名のとおり、
原材料にこだわり、厳選した、国産の原材料を使用しています!

そば畑■こだわり・その1:そば粉■
そば粉は、日本有数のそば処信州・安曇野(あずみの)産のそば粉を、 石臼にて、丁寧に、丁寧に、粗挽きしたものを使用しています。

北アルプス山麓長野県安曇野市一帯の地域は、 名水百選「安曇野わさび田湧水群」で知られる日本有数の名水の土地です。

清らかでミネラルが豊富な水によって、味も香りも素晴らしいそばが育まれます。


豊かな大地が育む小麦畑■こだわり・その2:製法
このそばの味と香りを最大限引き出すため、 製法にもこだわっています♪

そばの実を製粉する際、これまでの方法ですと、 機械製粉のためかなりの熱が発生し、 そば本来の香りが失われてしまいます。
昔ながらの石臼を使ってゆっくりと、丁寧に、丁寧に、挽くことによって、 そばの実の甘皮と呼ばれる部分をも一緒に挽きくるんだ、 そば本来の香り一杯の粗引きの「そば粉」にしています。

■こだわり・その3:小麦粉
小麦粉は北海道の大地が、育んだ小麦粉を使用しています!
北海道産小麦の特徴は、風味がよく、 その豊で広大な大陸同様、豊かな味わいを大切にし、そばの風味を最大限に生かす粉です。


富山県高岡市雨晴海岸より望む立山連峰■こだわり・その4:お酒
地元富山で人気の地酒を使用しています。

富山県は、三方を北アルプス立山連峰などの、山岳地帯に囲まれており、 中央には実り豊かな平野が広がっています。

富山湾、日本海へと開けている天然の巨大ダムともいえる山々からは、 一年を通じて豊かで、清らかな水が生まれるんです!
豊かな大地と清らかな水に育まれた米どころ富山は、日本でも有数の酒どころでもあります。

酒そば本舗の酒そばは、富山で人気の地酒を使用しています。

2017年06月10日

結構でんなぁ~。


一昨日の8日、所用で大阪へ行ってきました。当地富山県高岡市から京都・大阪方面へは、北陸新幹線が開通するまでは、JR北陸線の富山ー大阪間に特急サンダーバードが1時間に1本の割(L特急というのでしたか・・・)で走っていたので、時間を気にせずこれに飛び乗れば3時間余りで行けた。

北陸新幹線開通以後は、サンダーバードが金沢始発になってしまい、当地高岡からは新幹線を乗り継いで行くことになる。所要時間は前と変わらぬか少し早いくらいで行けるのだけれども、新幹線の新駅である新高岡駅で乗り込む列車の時刻が、時間帯によってさまざまで、列車も"つるぎ"だったり"はくたか"だったりと意外と面倒。事前の時刻表とのにらめっこが欠かせません。

ちなみに"つるぎ"は、富山ー新高岡ー金沢を往復する車輌。"はくたか"は金沢ー東京間の各駅に停車する車輌。最速特急"かがやき"は、新高岡には1日1本しか停車しません。(涙!

10時半に大阪の天満で約束があったので、調べてみれば大阪駅より環状線で東へ一駅目に、天満駅があります。

そこで新高岡6時21分発の"つるぎ"701号に乗り、金沢6時45分発の"サンダーバード"6号に乗り継げば、大阪着9時18分。ちょうどいい具合の時間です。

お昼前には所用を済ませ、帰りは大阪発12時42分"サンダーバード"23号、金沢で15時39分発"つるぎ"718号に乗り継ぎ、新高岡着15時53分。

まあ、便利な世の中になったものです。・・・っていうか、こうやって時刻表と路線図を見ながら予定を組むのって、本当に楽しくて心も弾みますよね♪

ただ残念でならないのは、北陸線を代表する特急サンダーバードでは、車内販売のサービスが廃止されてしまったこと。ために行きは朝ごはんにありつけず、隣の乗客がおいしそうに弁当を食べるのを指を加えて見ることに。(涙!

帰りは帰りで時間に追われ、ならばと天満駅前の立ち食いうどん屋に飛び込んで食べたのがこれ、「みやこスペシャル」。お店の屋号が"みやこ"なのでしょうね。



大きなかき揚げの下に、丼の端から端までの長さの大きないなりが隠れています。それに卵とネギがトッピングされていて、これで税込み480円。

さすがは食い倒れの大阪、値段もさることながらおおきなかき揚げといなりの入ったうどん。・・・結構でんなぁ~。




◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村


  


Posted by 酒そば本舗店長 at 12:43Comments(0)今日あったこと