★今街で噂の★酒そばとはこんなそば 酒そばってこんなそば

通常そばを練るときには、水を使用するのですが、その水のかわりに「お酒」を使って練ったのが、 当店自慢の酒そばです!

お酒は富山で人気の地酒を使っています!
お酒の風味と香りが、 そば本来の風味と香りにからみあい、今までにないおいしいおそばができあがりました!

そば通、お酒通と呼ばれる方の中には、そばを食べ終わった後に
「残ったそばつゆに酒を少し足して飲む」のが最大の楽しみといいますよね。
まさしくお酒好きの方には、もう「たまりませ~ん!」っておいしさです♪

でも、お酒の苦手な方でもご安心くださいね! アルコール成分はそばを茹でた時にほとんど飛んじゃいますから、 お子様でも安心して食べられますよ!
(※但し、アルコールに弱い体質の方や小さなお子様はご注意ください。)


酒そばをゆでた後の蕎麦湯はえもいわれぬおいしさそばを茹でたあとのそば湯は ほのかなお酒の香りと旨味がでており、 それはそれはえもいわれぬおいしさ!
そばのお味から、香り、はたまたそば湯まで、 全てがたまらなぁ~いのが酒そばです♪

いつもの「そば」とは違う、ちょっとリッチなひと時を「酒そば」でお楽しみください♪


★これは珍しい!ひそかな噂を呼んでいる★こだわり酒そばこだわり酒そば

当店売れ筋NO1がこの「こだわり酒そば」です!


「こだわり酒そば」は、その名のとおり、
原材料にこだわり、厳選した、国産の原材料を使用しています!

そば畑■こだわり・その1:そば粉■
そば粉は、日本有数のそば処信州・安曇野(あずみの)産のそば粉を、 石臼にて、丁寧に、丁寧に、粗挽きしたものを使用しています。

北アルプス山麓長野県安曇野市一帯の地域は、 名水百選「安曇野わさび田湧水群」で知られる日本有数の名水の土地です。

清らかでミネラルが豊富な水によって、味も香りも素晴らしいそばが育まれます。


豊かな大地が育む小麦畑■こだわり・その2:製法
このそばの味と香りを最大限引き出すため、 製法にもこだわっています♪

そばの実を製粉する際、これまでの方法ですと、 機械製粉のためかなりの熱が発生し、 そば本来の香りが失われてしまいます。
昔ながらの石臼を使ってゆっくりと、丁寧に、丁寧に、挽くことによって、 そばの実の甘皮と呼ばれる部分をも一緒に挽きくるんだ、 そば本来の香り一杯の粗引きの「そば粉」にしています。

■こだわり・その3:小麦粉
小麦粉は北海道の大地が、育んだ小麦粉を使用しています!
北海道産小麦の特徴は、風味がよく、 その豊で広大な大陸同様、豊かな味わいを大切にし、そばの風味を最大限に生かす粉です。


富山県高岡市雨晴海岸より望む立山連峰■こだわり・その4:お酒
地元富山で人気の地酒を使用しています。

富山県は、三方を北アルプス立山連峰などの、山岳地帯に囲まれており、 中央には実り豊かな平野が広がっています。

富山湾、日本海へと開けている天然の巨大ダムともいえる山々からは、 一年を通じて豊かで、清らかな水が生まれるんです!
豊かな大地と清らかな水に育まれた米どころ富山は、日本でも有数の酒どころでもあります。

酒そば本舗の酒そばは、富山で人気の地酒を使用しています。

2015年06月09日

海王丸パークへ行ってきました♪


皆さん、海王丸をご存知でしょうか?昭和5年(1930年)に進水した日本の大型航海用の帆船といえば、その名を思い出される方も多いでしょう。

平成元年(1989年)に現役を引退した後、確か引き取り先として名乗りをあげた富山県と大阪府が5年交代で、富山新港と大阪港を係留地とすることとし、最初の5年は富山からということで両府県が合意したはず。

ところがそれ以来ずっと富山新港に繋がれ続けています。なんでも富山県が古い船体が大阪までの航海に耐えられないとかなんとか理屈をこねて、富山新港に留め置くことになったという話もまことしやかに言われているようです。

富山県の作戦勝ちといったところでしょうか・・・。(笑!

そんなわけで富山県では海王丸が係留されている富山新港西岸(射水市新湊地区)を海王丸パークとして整備し、今では年間約100万人も訪れる立派な観光名所となっています。

昨日その海王丸パークへ行ってきました。ちょうど私が海王丸を望める岸壁に着いたとき、富山新港を遊覧する観光船が戻ってきたところでしたのでパチリ。

海王丸と遊覧船.jpg


平日の午前中だというのに結構たくさんの乗船客が降りてきた。折り返しにまた同じくらいの人を乗せて、間をおかずに再び出港。今度はその後姿をパチリ。

海王丸と新港大橋.jpg


写真の右側に写っている大きなつり橋が新湊大橋。写真の奥、新湊大橋の延長線上に北アルプス立山連峰の剣岳が見えますね。このつり橋の完成(2012年)により、長らく新港によって分断された東西が再び陸路で結ばれることになりました。それまでは渡し舟が地域住民の大切な足として重宝されていたって、ちょっと信じがたいでしょ。

その渡し舟もつり橋の完成とともに廃止されたのは言うまでもありません。しかし、もしかしたらその渡し舟が今遊覧船として活躍している目の前の船ではないかと密かに思っていますが、定かではありません。



◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ


  


Posted by 酒そば本舗店長 at 06:02Comments(0)今日あったこと