★今街で噂の★酒そばとはこんなそば 酒そばってこんなそば

通常そばを練るときには、水を使用するのですが、その水のかわりに「お酒」を使って練ったのが、 当店自慢の酒そばです!

お酒は富山で人気の地酒を使っています!
お酒の風味と香りが、 そば本来の風味と香りにからみあい、今までにないおいしいおそばができあがりました!

そば通、お酒通と呼ばれる方の中には、そばを食べ終わった後に
「残ったそばつゆに酒を少し足して飲む」のが最大の楽しみといいますよね。
まさしくお酒好きの方には、もう「たまりませ~ん!」っておいしさです♪

でも、お酒の苦手な方でもご安心くださいね! アルコール成分はそばを茹でた時にほとんど飛んじゃいますから、 お子様でも安心して食べられますよ!
(※但し、アルコールに弱い体質の方や小さなお子様はご注意ください。)


酒そばをゆでた後の蕎麦湯はえもいわれぬおいしさそばを茹でたあとのそば湯は ほのかなお酒の香りと旨味がでており、 それはそれはえもいわれぬおいしさ!
そばのお味から、香り、はたまたそば湯まで、 全てがたまらなぁ~いのが酒そばです♪

いつもの「そば」とは違う、ちょっとリッチなひと時を「酒そば」でお楽しみください♪


★これは珍しい!ひそかな噂を呼んでいる★こだわり酒そばこだわり酒そば

当店売れ筋NO1がこの「こだわり酒そば」です!


「こだわり酒そば」は、その名のとおり、
原材料にこだわり、厳選した、国産の原材料を使用しています!

そば畑■こだわり・その1:そば粉■
そば粉は、日本有数のそば処信州・安曇野(あずみの)産のそば粉を、 石臼にて、丁寧に、丁寧に、粗挽きしたものを使用しています。

北アルプス山麓長野県安曇野市一帯の地域は、 名水百選「安曇野わさび田湧水群」で知られる日本有数の名水の土地です。

清らかでミネラルが豊富な水によって、味も香りも素晴らしいそばが育まれます。


豊かな大地が育む小麦畑■こだわり・その2:製法
このそばの味と香りを最大限引き出すため、 製法にもこだわっています♪

そばの実を製粉する際、これまでの方法ですと、 機械製粉のためかなりの熱が発生し、 そば本来の香りが失われてしまいます。
昔ながらの石臼を使ってゆっくりと、丁寧に、丁寧に、挽くことによって、 そばの実の甘皮と呼ばれる部分をも一緒に挽きくるんだ、 そば本来の香り一杯の粗引きの「そば粉」にしています。

■こだわり・その3:小麦粉
小麦粉は北海道の大地が、育んだ小麦粉を使用しています!
北海道産小麦の特徴は、風味がよく、 その豊で広大な大陸同様、豊かな味わいを大切にし、そばの風味を最大限に生かす粉です。


富山県高岡市雨晴海岸より望む立山連峰■こだわり・その4:お酒
地元富山で人気の地酒を使用しています。

富山県は、三方を北アルプス立山連峰などの、山岳地帯に囲まれており、 中央には実り豊かな平野が広がっています。

富山湾、日本海へと開けている天然の巨大ダムともいえる山々からは、 一年を通じて豊かで、清らかな水が生まれるんです!
豊かな大地と清らかな水に育まれた米どころ富山は、日本でも有数の酒どころでもあります。

酒そば本舗の酒そばは、富山で人気の地酒を使用しています。

2015年01月22日

PM2.5よ、今夜もありがとう・・・?


天安門広場に民主化を求めて集結していた学生を中心とした一般市民のデモ隊に対し、中国人民解放軍が武力弾圧を加え多数の死傷者を出した"天安門事件"から四半世紀が経過しました。このときデモに参加していた北京大学の学生の一人が、その後日本に留学し民間研究機関を経て現在は日本国籍も取得して評論家として活躍しておられます。

テレビなどでもコメンテーターとしてお見かけしますね。国際ジャーナリストの石平氏です。

一党独裁の中国共産党政権を舌鋒厳しく徹底批判されるその姿からは、この人は本当に中国人なのだろうかと疑いたくなるほどですね。(いや日本に帰化されたのですから、れっきとした日本人でした・・・笑!)

その石平さんが、習近平政権は危ういとおっしゃっているのですが、なるほどそういう経歴の持ち主だけに説得力があります。

ウエブトピックスより、
習近平指導部の「反腐敗運動」に内部から批判 人民日報指摘「やり過ぎ論」「泥塗り論」「無意味論」で権力闘争激化か

「虎もハエも叩く」と腐敗した党と軍の大物まで徹底的に取り締まろうとする姿勢は、まるで日本の人気時代劇「水戸黄門」を見るかのようです。最後は「この紋所が目に入らぬか!」と印籠を出し、悪代官と代官と結託した豪商を「は、はぁ~」とひざまずかせる黄門様ですが、習近平主席の場合は「反腐敗運動のスローガンが目に入らぬか!」というところでしょうか?

確かにしいたげられた民衆は喜ぶでしょうけれど・・・、そこに大きな落とし穴があるというのが石平氏の主張です。いわく、まさに「進むも地獄、退くも地獄」だと。

「前門の虎、後門の狼」とは、昔の中国の思想家は上手く言ったものですな。まあ、虎も叩くとおっしゃっておられるのですから、狼も叩くのでしょうかね。噛まれたりしませんか?(笑!


「やり過ぎ論」「泥塗り論」「無意味論」と出口が見えない状態に追い込まれたように見えるという習近平国家主席は、この危機をどのような手段で切り抜けるというのでしょう?

知っていて知らないふりの「猫かぶり論」というのは、どう?・・・一応猫は虎の親戚ですから。

あるいは霧に隠れての「雲隠れ論」っていうのは、どう?

日本の伝説の映画俳優、石原裕次郎は歌っていますね。「夜霧よ今夜もありがとう」って。若い男女の逢い引きを霧がそっと包んでくれるように、PM2.5が習近平国家主席をすっぽり覆い隠してくれるのではないかと。

・・・ダメか、ダメですよね?(笑!

石原裕次郎っていったら、先の選挙で引退された石原慎太郎前衆議院議員の弟さんですものね。かの国ではお兄さんは極右軍国主義者のレッテルが貼られていますから。(大爆笑!




◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ

  


Posted by 酒そば本舗店長 at 13:06Comments(0)ユーモア