★今街で噂の★酒そばとはこんなそば 酒そばってこんなそば

通常そばを練るときには、水を使用するのですが、その水のかわりに「お酒」を使って練ったのが、 当店自慢の酒そばです!

お酒は富山で人気の地酒を使っています!
お酒の風味と香りが、 そば本来の風味と香りにからみあい、今までにないおいしいおそばができあがりました!

そば通、お酒通と呼ばれる方の中には、そばを食べ終わった後に
「残ったそばつゆに酒を少し足して飲む」のが最大の楽しみといいますよね。
まさしくお酒好きの方には、もう「たまりませ~ん!」っておいしさです♪

でも、お酒の苦手な方でもご安心くださいね! アルコール成分はそばを茹でた時にほとんど飛んじゃいますから、 お子様でも安心して食べられますよ!
(※但し、アルコールに弱い体質の方や小さなお子様はご注意ください。)


酒そばをゆでた後の蕎麦湯はえもいわれぬおいしさそばを茹でたあとのそば湯は ほのかなお酒の香りと旨味がでており、 それはそれはえもいわれぬおいしさ!
そばのお味から、香り、はたまたそば湯まで、 全てがたまらなぁ~いのが酒そばです♪

いつもの「そば」とは違う、ちょっとリッチなひと時を「酒そば」でお楽しみください♪


★これは珍しい!ひそかな噂を呼んでいる★こだわり酒そばこだわり酒そば

当店売れ筋NO1がこの「こだわり酒そば」です!


「こだわり酒そば」は、その名のとおり、
原材料にこだわり、厳選した、国産の原材料を使用しています!

そば畑■こだわり・その1:そば粉■
そば粉は、日本有数のそば処信州・安曇野(あずみの)産のそば粉を、 石臼にて、丁寧に、丁寧に、粗挽きしたものを使用しています。

北アルプス山麓長野県安曇野市一帯の地域は、 名水百選「安曇野わさび田湧水群」で知られる日本有数の名水の土地です。

清らかでミネラルが豊富な水によって、味も香りも素晴らしいそばが育まれます。


豊かな大地が育む小麦畑■こだわり・その2:製法
このそばの味と香りを最大限引き出すため、 製法にもこだわっています♪

そばの実を製粉する際、これまでの方法ですと、 機械製粉のためかなりの熱が発生し、 そば本来の香りが失われてしまいます。
昔ながらの石臼を使ってゆっくりと、丁寧に、丁寧に、挽くことによって、 そばの実の甘皮と呼ばれる部分をも一緒に挽きくるんだ、 そば本来の香り一杯の粗引きの「そば粉」にしています。

■こだわり・その3:小麦粉
小麦粉は北海道の大地が、育んだ小麦粉を使用しています!
北海道産小麦の特徴は、風味がよく、 その豊で広大な大陸同様、豊かな味わいを大切にし、そばの風味を最大限に生かす粉です。


富山県高岡市雨晴海岸より望む立山連峰■こだわり・その4:お酒
地元富山で人気の地酒を使用しています。

富山県は、三方を北アルプス立山連峰などの、山岳地帯に囲まれており、 中央には実り豊かな平野が広がっています。

富山湾、日本海へと開けている天然の巨大ダムともいえる山々からは、 一年を通じて豊かで、清らかな水が生まれるんです!
豊かな大地と清らかな水に育まれた米どころ富山は、日本でも有数の酒どころでもあります。

酒そば本舗の酒そばは、富山で人気の地酒を使用しています。

2015年01月14日

ノーパンツデー


日本では1月12日は成人の日でした。ではこの日、アメリカでは何の日かご存知でしたか?時差の関係でアメリカは日本より1日早いですから、11日ということになりますが、この日アメリカではノーパンツで地下鉄に乗る日だっていうのですから、自由の国アメリカというべきか、モラルの崩壊した退廃的な国というべきか実に悩ましいことをやってくれる国だと思います。

ウエブトピックスより、
世界数十都市で「ノーパンツ」デー開催

とは言うものの、同時に配信されているいくつもの写真を見て鼻の下を伸ばしている私は、よその国のモラルの低下を嘆くに値する人間かどうかは、はなはだ疑問のあるところではありますが・・・。(苦笑!

まあ、モラルがあるかないかは別として、この時期のニューヨークといえば真冬の最も寒さの厳しい時期でしょ。上半身はセーターの上からダウンジャケットを着込んで、襟巻きにニットの帽子をしているのに、この下半身の無防備な姿は何としたものでしょう?(笑!

その中の1枚の写真に注目してみました。

若い女性二人が無防備な下半身を惜しげもなく披露していますね。一人は細身ですらっと長い足をした黒人系の女性。もう一人は、いかにも東洋人という体形をしたアジア系の女性。カメラ目線でポーズを取っています。若いっていいですね。何をしても様になる。

もうお一人一番手前に写っている女性がいらっしゃいます。おそらくカメラマンは奥の若い女性二人を背景に、この女性を撮りたかったのでしょうね。回りの出来事にまったく反応していないかのように歩を進めていらっしゃいます。その毅然としたお姿からは、このご婦人若かりしころのアングロサクソン系の米国人の家庭教育を窺い知ることができます。

・・・ていうか、ただ単に寒くて下半身をさらけ出せなかっただけだったりして。失礼、そんなことはこのご婦人に限ってないですね。(笑!


さて、この「ノーパンツデー」ですが、つい先ごろ「アイスバケツ」騒動が世界中に広まったことを思えば、来年あたり日本でも広がりを見せるかもしれませんね。はたしてノーパンツ姿の若者が、東京の日比谷線や銀座線に、あるいは大阪の御堂筋線に溢れるようなことがあるのでしょうか?

・・・乗り合わせてみたいような、乗り合わせてみたくないような。。。(笑!

今年のように時差と暦の関係で成人式と重なるってことも十分ありえますね。私たちが成人式を迎えたころは、女性は振袖、男性はスーツにネクタイと決まっていたものですが、もしかしたら振袖の裾をめくり上げて帯に挟んで歩くァッションが流行るということになりはしないかと、鼻の下を伸ばしながらも要らぬ心配をしています。(爆笑!





◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ


  


Posted by 酒そば本舗店長 at 08:26Comments(0)ニュース・トッピックス