★今街で噂の★酒そばとはこんなそば 酒そばってこんなそば

通常そばを練るときには、水を使用するのですが、その水のかわりに「お酒」を使って練ったのが、 当店自慢の酒そばです!

お酒は富山で人気の地酒を使っています!
お酒の風味と香りが、 そば本来の風味と香りにからみあい、今までにないおいしいおそばができあがりました!

そば通、お酒通と呼ばれる方の中には、そばを食べ終わった後に
「残ったそばつゆに酒を少し足して飲む」のが最大の楽しみといいますよね。
まさしくお酒好きの方には、もう「たまりませ~ん!」っておいしさです♪

でも、お酒の苦手な方でもご安心くださいね! アルコール成分はそばを茹でた時にほとんど飛んじゃいますから、 お子様でも安心して食べられますよ!
(※但し、アルコールに弱い体質の方や小さなお子様はご注意ください。)


酒そばをゆでた後の蕎麦湯はえもいわれぬおいしさそばを茹でたあとのそば湯は ほのかなお酒の香りと旨味がでており、 それはそれはえもいわれぬおいしさ!
そばのお味から、香り、はたまたそば湯まで、 全てがたまらなぁ~いのが酒そばです♪

いつもの「そば」とは違う、ちょっとリッチなひと時を「酒そば」でお楽しみください♪


★これは珍しい!ひそかな噂を呼んでいる★こだわり酒そばこだわり酒そば

当店売れ筋NO1がこの「こだわり酒そば」です!


「こだわり酒そば」は、その名のとおり、
原材料にこだわり、厳選した、国産の原材料を使用しています!

そば畑■こだわり・その1:そば粉■
そば粉は、日本有数のそば処信州・安曇野(あずみの)産のそば粉を、 石臼にて、丁寧に、丁寧に、粗挽きしたものを使用しています。

北アルプス山麓長野県安曇野市一帯の地域は、 名水百選「安曇野わさび田湧水群」で知られる日本有数の名水の土地です。

清らかでミネラルが豊富な水によって、味も香りも素晴らしいそばが育まれます。


豊かな大地が育む小麦畑■こだわり・その2:製法
このそばの味と香りを最大限引き出すため、 製法にもこだわっています♪

そばの実を製粉する際、これまでの方法ですと、 機械製粉のためかなりの熱が発生し、 そば本来の香りが失われてしまいます。
昔ながらの石臼を使ってゆっくりと、丁寧に、丁寧に、挽くことによって、 そばの実の甘皮と呼ばれる部分をも一緒に挽きくるんだ、 そば本来の香り一杯の粗引きの「そば粉」にしています。

■こだわり・その3:小麦粉
小麦粉は北海道の大地が、育んだ小麦粉を使用しています!
北海道産小麦の特徴は、風味がよく、 その豊で広大な大陸同様、豊かな味わいを大切にし、そばの風味を最大限に生かす粉です。


富山県高岡市雨晴海岸より望む立山連峰■こだわり・その4:お酒
地元富山で人気の地酒を使用しています。

富山県は、三方を北アルプス立山連峰などの、山岳地帯に囲まれており、 中央には実り豊かな平野が広がっています。

富山湾、日本海へと開けている天然の巨大ダムともいえる山々からは、 一年を通じて豊かで、清らかな水が生まれるんです!
豊かな大地と清らかな水に育まれた米どころ富山は、日本でも有数の酒どころでもあります。

酒そば本舗の酒そばは、富山で人気の地酒を使用しています。

2012年07月24日

ビールは美味しく飲みたいものです・・・。


ビールは安く飲めるに越したことはありませんが、メーカー、問屋、小売りを取り巻くごたごたのニュースを聞くにつけ、10円や20円くらい高くともビールの流通にかかわる全ての企業がそろばんに合うビールの方が、美味しく飲めるのじゃないかとさえ思えてきます。

ウエブニュースより
原価割れ要請してない…ビール不当廉売でイオン

ビールメーカーが小売りの廉売に手を焼いて、問屋に約束していた販売奨励金(リベート)を廃止したことにともない、問屋は小売りに今までのように仕入れ値を割って納めることができなくなった。(今までは伝票上は赤でも、リベートで補完できていた。)

そこで小売りに値上げ要請を行ったが、イオンだけはそれを聞き入れなかった。イオンは問屋の値上げ要請に対して、利益を補完してきたリベートの仕組みと金額を説明するよう求めたたが、説明がなかったから値上げ要請を拒否したということらしい。

値上げ幅とリベートの多寡が妥当なものか知ろうとしたのだろうが、問屋にしてみれば、何もかも手の内をみせるようなことをすれば、また納価の圧縮を要請されるに決まっているから、従来どれだけの販売数量に対してどれだけのリベートがあったのか、明らかにしなかったのだと創造されます。

公正取引委員会がイオンに違反の事実が認められないとしたのも、この辺の事実を踏んでのことだと思われます。「問屋の原価を知りえなかった」が決め手になったようですね。

イオン側の担当役員が、「問屋3社に原価を下回る価格で納入を要請した事実はなく、原価割れだったかも確認できる立場になかった」と勝ち誇ったように言ったのも、リベートの仕組みを聞けなかったので問屋との納価交渉は行ったものの、問屋の原価がいくらなのか知りえなかったと主張できるこのような経緯を踏んでいたからこそと思われます。

イオン側は会見で「むやみな値上げの受け入れは(小売価格にも反映されるため)顧客に理解されない」と主張。卸売業者との協議には応じる意向だが、業者側が原価を明確にすべきだとしているとのことですが、 


リベートがいくらあったのか言えというのは、問屋の儲けを知らせろと言っているのと同じことですね。いかに販売量が大きい小売り店だからといえ、問屋がそのようなことを「ハイ、リベートはいくらでした。最終的に伝票上の赤をいくらいくら補完していました」などと言えようはずがありません。

それでは聞きますが、小売り店は顧客が望めば販売している商品の仕入れ原価を公表しますか?
「問屋からいくらで仕入れています。それにいくら乗せてお客さまにご購入いただいています」と言うように、店員に指導しているとでも言うのでしょうか!?

菱食、伊藤忠といえば、日本を代表する超一流問屋です。そのような問屋が原価を割ってなぜビールを納め続けなければならなかったか、そんなことは公正取引委員会ならずとも誰の目にも明らかでしょう。

問屋は今までの販売価格の2倍・3倍でビールを売れと言っているのではありませんね。「むやみな値上げの受け入れは(小売価格にも反映されるため)顧客に理解されない」とのことですが、顧客は商品の流通上の適正なマージンが反映されている価格ならば、その価格で気持ちよくビールを購入しますよ。


「ビールの廉売については、最終的に法律には触れていないと判断されたものの、行き過ぎた側面もありました。この度公正取引委員会のご指導もあって、酒類の販売については適正な価格で販売するよう努めてまいります」ぐらいのことがどうして言えなかったのだろう?


公正取引委員会の指導要請を小バカにしたようなこの担当役員の物言い、素人目にもちょっと驚きました。泣く子も黙る公正取引委員会、必ず次を狙っているに違いありません。




◆酒そば本舗トップページへ◆


**貴方の共感できる生き方がきっとある**
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ


  


Posted by 酒そば本舗店長 at 18:33Comments(0)ニュース・トッピックス