★今街で噂の★酒そばとはこんなそば 酒そばってこんなそば

通常そばを練るときには、水を使用するのですが、その水のかわりに「お酒」を使って練ったのが、 当店自慢の酒そばです!

お酒は富山で人気の地酒を使っています!
お酒の風味と香りが、 そば本来の風味と香りにからみあい、今までにないおいしいおそばができあがりました!

そば通、お酒通と呼ばれる方の中には、そばを食べ終わった後に
「残ったそばつゆに酒を少し足して飲む」のが最大の楽しみといいますよね。
まさしくお酒好きの方には、もう「たまりませ~ん!」っておいしさです♪

でも、お酒の苦手な方でもご安心くださいね! アルコール成分はそばを茹でた時にほとんど飛んじゃいますから、 お子様でも安心して食べられますよ!
(※但し、アルコールに弱い体質の方や小さなお子様はご注意ください。)


酒そばをゆでた後の蕎麦湯はえもいわれぬおいしさそばを茹でたあとのそば湯は ほのかなお酒の香りと旨味がでており、 それはそれはえもいわれぬおいしさ!
そばのお味から、香り、はたまたそば湯まで、 全てがたまらなぁ~いのが酒そばです♪

いつもの「そば」とは違う、ちょっとリッチなひと時を「酒そば」でお楽しみください♪


★これは珍しい!ひそかな噂を呼んでいる★こだわり酒そばこだわり酒そば

当店売れ筋NO1がこの「こだわり酒そば」です!


「こだわり酒そば」は、その名のとおり、
原材料にこだわり、厳選した、国産の原材料を使用しています!

そば畑■こだわり・その1:そば粉■
そば粉は、日本有数のそば処信州・安曇野(あずみの)産のそば粉を、 石臼にて、丁寧に、丁寧に、粗挽きしたものを使用しています。

北アルプス山麓長野県安曇野市一帯の地域は、 名水百選「安曇野わさび田湧水群」で知られる日本有数の名水の土地です。

清らかでミネラルが豊富な水によって、味も香りも素晴らしいそばが育まれます。


豊かな大地が育む小麦畑■こだわり・その2:製法
このそばの味と香りを最大限引き出すため、 製法にもこだわっています♪

そばの実を製粉する際、これまでの方法ですと、 機械製粉のためかなりの熱が発生し、 そば本来の香りが失われてしまいます。
昔ながらの石臼を使ってゆっくりと、丁寧に、丁寧に、挽くことによって、 そばの実の甘皮と呼ばれる部分をも一緒に挽きくるんだ、 そば本来の香り一杯の粗引きの「そば粉」にしています。

■こだわり・その3:小麦粉
小麦粉は北海道の大地が、育んだ小麦粉を使用しています!
北海道産小麦の特徴は、風味がよく、 その豊で広大な大陸同様、豊かな味わいを大切にし、そばの風味を最大限に生かす粉です。


富山県高岡市雨晴海岸より望む立山連峰■こだわり・その4:お酒
地元富山で人気の地酒を使用しています。

富山県は、三方を北アルプス立山連峰などの、山岳地帯に囲まれており、 中央には実り豊かな平野が広がっています。

富山湾、日本海へと開けている天然の巨大ダムともいえる山々からは、 一年を通じて豊かで、清らかな水が生まれるんです!
豊かな大地と清らかな水に育まれた米どころ富山は、日本でも有数の酒どころでもあります。

酒そば本舗の酒そばは、富山で人気の地酒を使用しています。

2012年07月03日

名コーチと名監督の関係


プロ野球セリーグ・ペナントリーグ、快調に首位を走っていたドラゴンズ。一方スタートのつまずきから低迷を抜け出せないでいたジャイアンツでしたが、交流戦をきっかけにまき直しをはかり、気づいてみれば、首位に2ゲーム差と肉薄。

オールスターを控えた前半戦の天王山ともいえる首位と2位のチームの直接対決は、ジャイアンツが3連勝でドラゴンズを下し、首位を奪還しました。

素人目にも両チームの投手力の差が出たのは明らか。ドラゴンズはどうしてエース吉見を温存したのかと不思議に思っていたら、当のドラゴンズの高木監督も同じ思いであったというのですから、ちょっと驚きました。

ウエブトピックスより
73歳権藤コーチが70歳高木監督に説教…中日

選手起用に関しては監督が絶対の権限を持っているのがプロ野球というものでしょう。監督がこのピッチャーでいくと言えば、投手コーチは従うものとばかり思っていましたが、少なくともドラゴンズではそうでなかった。

中日・権藤博投手コーチ御歳73歳。98年にあの横浜を日本一に導いた監督だっただけのことはありますね。投手起用に不満を漏らしたばかりか、結果を出せなかった先発投手3人をけなした高木監督に対し、次のように言って諭したというではありませんか。

「野球は動けば負け。巨人がライバルだと言っても(トータルの)勝ち星で戦っている」

「かばってくれるはずの味方に怒られるほど、つらいことはない。何十年もコーチをやってて、怒って選手が良くなった試しはない」

人生の甘いも酸いも、勝負の機微も知り尽くした名コーチと言えましょう。


一方の高木守道監督、御歳70歳。「批判とかではなく、選手やコーチには仕事をしてもらわないと。仕事をしなければコーチにだって怒るよ」と、強く勝利を追い求めるからこその発言だったと素直に釈明したというのですから、こちらも大物。

そもそも投手起用に関しては、初めから権藤コーチに全てを任せていた節が感じ取れますが、コーチを信頼して全てを任せるというようなことは、口でこそそのように言えても、実践となると並の監督の器ではなかなかできぬことです。

今回は監督・コーチの間で交わしていたに違いない暗黙の了解を若干フライングしたことを素直に認め、コーチの進言にこれを諾として聞き入れた。度量の大きさを示してくれた高木監督です。


恐るべし中日ドラゴンズ、恐るべし権藤博投手コーチと高木守道監督。

永遠のジャイアンツファンとしては、首位奪還に浮かれてはおれません。



◆酒そば本舗トップページへ◆


**貴方の共感できる生き方がきっとある**
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ


  


Posted by 酒そば本舗店長 at 12:18Comments(0)