★今街で噂の★酒そばとはこんなそば 酒そばってこんなそば

通常そばを練るときには、水を使用するのですが、その水のかわりに「お酒」を使って練ったのが、 当店自慢の酒そばです!

お酒は富山で人気の地酒を使っています!
お酒の風味と香りが、 そば本来の風味と香りにからみあい、今までにないおいしいおそばができあがりました!

そば通、お酒通と呼ばれる方の中には、そばを食べ終わった後に
「残ったそばつゆに酒を少し足して飲む」のが最大の楽しみといいますよね。
まさしくお酒好きの方には、もう「たまりませ~ん!」っておいしさです♪

でも、お酒の苦手な方でもご安心くださいね! アルコール成分はそばを茹でた時にほとんど飛んじゃいますから、 お子様でも安心して食べられますよ!
(※但し、アルコールに弱い体質の方や小さなお子様はご注意ください。)


酒そばをゆでた後の蕎麦湯はえもいわれぬおいしさそばを茹でたあとのそば湯は ほのかなお酒の香りと旨味がでており、 それはそれはえもいわれぬおいしさ!
そばのお味から、香り、はたまたそば湯まで、 全てがたまらなぁ~いのが酒そばです♪

いつもの「そば」とは違う、ちょっとリッチなひと時を「酒そば」でお楽しみください♪


★これは珍しい!ひそかな噂を呼んでいる★こだわり酒そばこだわり酒そば

当店売れ筋NO1がこの「こだわり酒そば」です!


「こだわり酒そば」は、その名のとおり、
原材料にこだわり、厳選した、国産の原材料を使用しています!

そば畑■こだわり・その1:そば粉■
そば粉は、日本有数のそば処信州・安曇野(あずみの)産のそば粉を、 石臼にて、丁寧に、丁寧に、粗挽きしたものを使用しています。

北アルプス山麓長野県安曇野市一帯の地域は、 名水百選「安曇野わさび田湧水群」で知られる日本有数の名水の土地です。

清らかでミネラルが豊富な水によって、味も香りも素晴らしいそばが育まれます。


豊かな大地が育む小麦畑■こだわり・その2:製法
このそばの味と香りを最大限引き出すため、 製法にもこだわっています♪

そばの実を製粉する際、これまでの方法ですと、 機械製粉のためかなりの熱が発生し、 そば本来の香りが失われてしまいます。
昔ながらの石臼を使ってゆっくりと、丁寧に、丁寧に、挽くことによって、 そばの実の甘皮と呼ばれる部分をも一緒に挽きくるんだ、 そば本来の香り一杯の粗引きの「そば粉」にしています。

■こだわり・その3:小麦粉
小麦粉は北海道の大地が、育んだ小麦粉を使用しています!
北海道産小麦の特徴は、風味がよく、 その豊で広大な大陸同様、豊かな味わいを大切にし、そばの風味を最大限に生かす粉です。


富山県高岡市雨晴海岸より望む立山連峰■こだわり・その4:お酒
地元富山で人気の地酒を使用しています。

富山県は、三方を北アルプス立山連峰などの、山岳地帯に囲まれており、 中央には実り豊かな平野が広がっています。

富山湾、日本海へと開けている天然の巨大ダムともいえる山々からは、 一年を通じて豊かで、清らかな水が生まれるんです!
豊かな大地と清らかな水に育まれた米どころ富山は、日本でも有数の酒どころでもあります。

酒そば本舗の酒そばは、富山で人気の地酒を使用しています。

2011年11月10日

世界サイバー戦争


本日の日経13面「@ネット」欄の記事より

「サイバー戦争の足音」という見出しが目にとまりました。

「サイバー戦争」というキーワードの説明を抜粋すると、
「核関連施設の誤作動などを狙う。ミサイルなど武力による攻撃に匹敵する恐れがあり、米国防総省はサイバー空間を陸・海・空・宇宙空間と並ぶ『新たな戦場』位置付けている」とあります。

ペンタゴンがサイバー空間を新たな戦場ととらえているとは驚きました。宇宙空間までなら何とか理解できるのですがね。サイバー戦争って、てっきりSFの世界のことかと思っていました。

コンピューターウイルスを送り込んで、銀行口座番号やパスワードを盗み取るというのは、よく聞かされていますが、これは知能的経済犯罪というものでしょう。工場や発電所などの社会基盤を制御するコンピュータに潜り込んで、誤作動させるというのですから、これはテロ攻撃と同じことですね。

日本を代表する国際企業、ソニー・ホンダ、IHI、三菱重工、川崎重厚が標的になったのは、つい最近のことでしたね。外務省だとか国会のサーバーも不正侵入されていたと報道されています。

一体どこの国の誰が、何の目的でサイバー攻撃を仕掛けるのか?

核の脅威を超えるというサイバー戦争、現実としてすでに起こっているとこの本は教えてくれています。その恐るべき全貌と最先端情報に戦慄を覚えずにはいられません。

【送料無料】世界サイバ-戦争

【送料無料】世界サイバ-戦争価格:1,785円(税込、送料別)





◆酒そば本舗トップページへ◆


**貴方の共感できる生き方がきっとある**
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ



  


Posted by 酒そば本舗店長 at 11:42Comments(0)

2011年11月09日

役人根性


東日本大震災から復興のための第3次補正予算案が、与野党の協力を得て成立しようとしています。

私は文字通り復興関連の事業予算が計上してあるものとばかり思っていましたが、こんなウエブニュースを目にすると、親方日の丸、役人・官僚根性丸出し、この国の政府役人は一体何を考えているのだろうと絶望に近い思いを抱いてしまいます。

HP作成1億4千万円!3次補正で過大計上指摘


1億4千万円かけて作るホームページの仕事、完璧のホームページ作って差し上げますから、私に請負わせて下さいませんか!?
(ホームページ作成会社にせいぜい500万も出せば、喜んで見やすく便利で使い勝手のいいホームページ作成してくれるでしょうよ。差額の1億3千500万円、いただきじゃないですか!)

1台34万の衛星携帯電話って、民間人ならそんな高い電話など買う者などいようはずもありませんが、仮に百歩譲って1台34万かかるとしても、調達する台数が1274台って、いったいどこから算出した数字なんだろう?
日本全国に法務省の出先機関が何箇所あるのか知りませんが、全国都道府県均等に配布するとしたら、1都道府県に30台ということになります。

ホームページと衛星携帯電話で6億も使っちゃおうなんていう、そんな役人の頭を割って脳みそを見てみたいものです。はたして真っ赤な血が流れているのだろうか!?

ただでさえ国庫に金がないというのに、震災から立ち直れず多くの人々が困難を極めているというのに、取れる予算はナンボでも取ってしまえというこの国の霞ヶ関のお役人、ご立派としか言いようがありません。

そんな予算を通すだの、通さないなど言っている国会議員の先生方、本当にご苦労様です。



◆酒そば本舗トップページへ◆


**貴方の共感できる生き方がきっとある**
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ

  


Posted by 酒そば本舗店長 at 13:25Comments(0)ニュース・トッピックス

2011年11月08日

逃亡者


ウエブトピックスより
食肉処理場行きトラック横転、ブタ17頭逃走

トピックスを読む人間様は笑って済まされることかも知れませんが、当のブタにとってはこれが最後のチャンスとばかり、さぞかし必死の思いで逃げたことでしょう。

残念なことにブタ君たちはあっけなく捕まってしまったそうですが、はかない運命を享受しなければならなかったのは、かすかながらも一筋の光明が見えただけに、なおのことお気の毒なことでしたね。


私らが子どものころ、まだテレビが白黒の時代だったと記憶していますが、「逃亡者」という人気テレビドラマがありましたね。主人公の医師リチャード・キンブルが、無実の妻殺しの罪で裁判にかけられ、死刑を宣告されてしまう。鉄道で州刑務所の死刑執行室に向かう途中に、列車が脱線事故を起こして、その混乱に乗じて逃走をはかるというのがこの物語のはじまりでした。

最後にはキンブル医師は、真犯人(片腕の男)を見つけることが出来たのでしたかね?最終回のストーリーは忘れてしまいました。

ブタ君も一匹でも山に逃げ込んで野生のイノシシの群れと一緒に暮らすようにでもなれば、リチャード・キンブルとまではいかなくとも、”にげちゃった・きんぶた”くらいの名前をつけてあげてもよかったのにと、少々残念でもあります。(・・・大爆笑!



◆酒そば本舗トップページへ◆


**貴方の共感できる生き方がきっとある**
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ


  


Posted by 酒そば本舗店長 at 13:02Comments(0)ユーモア

2011年11月07日

落書きの思い出


誰しも子どものころ、塀に落書きをして怒られた覚えあるでしょう。
"へのへのもへじ"やちょっと色気づいてきた年頃になれば、相合傘の左右に"○○太郎、△△花子"などといったように・・・。

誰にもそんな古きよき時代があったことを思い出させてくれるウエブトピックスです。

落書きし放題!道路にチョークで絵を描くイベント


こちらの方は、塀ではなく道路を巨大なキャンパスに見立てて、子どもたちに自由に落書きを書いて貰おうというイベント。参加費は1区画(縦、横各約2メートル)200円でチョークがついてくるのだそうです。

いや~、私も参加したかったなぁ~・・・。


このイベントを企画した東京都杉並区に拍手喝采を送ります。



◆酒そば本舗トップページへ◆


**貴方の共感できる生き方がきっとある**
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ

  


Posted by 酒そば本舗店長 at 12:14Comments(0)ニュース・トッピックス

2011年11月06日

「殴り合う貴族たち」


今読んでいる本
『殴り合う貴族たち』(繁田信一著 角川文庫)

【送料無料】殴り合う貴族たち

【送料無料】殴り合う貴族たち価格:820円(税込、送料別)



いかにも突拍子もない題名と、表紙カバーに描かれたイラスト・・・土俵のような丸く仕切られた上で3人の王朝貴族が殴りあっている・・・思わず吹き出してしまうイラストに誘われて購入しました。

優雅なはずの王朝貴族たちは、頻繁に暴行事件を起こす危ない人々でもあったって、信じられますか?

筆者の繁田信一氏が、普段私たちが平安時代の貴族から抱くイメージからはとても想像できない彼らの実態を、紫式部も尊敬した小野宮実資の日記を解き明かすことによって知らせてくれています。

歴史好き、とりわけ平安王朝時代に興味ある人におススメの一冊です。


◆酒そば本舗トップページへ◆


**貴方の共感できる生き方がきっとある**
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ

  


Posted by 酒そば本舗店長 at 12:33Comments(0)

2011年11月05日

転作


刈り取った稲の株が並ぶ田んぼの中に、青々とした苗が芽を出した一画があるのに気づきました。

麦の苗


これは転作に蒔いた麦(・・・おそらく大麦ではないか?)の苗が芽をだしたもの。一冬越して来年の初夏に刈り入れを迎えることになりますね。

米どころの当地でも、転作が奨励されて、麦や大豆を栽培する農家が増えて来ました。

聞くところによると、10月の終わりごろまでに麦を植えて、これを6月末から7月初旬に収穫し、その後一月ほど休ませたら、8月お盆過ぎから下旬にかけてそばを蒔き、11月中旬までにそばを収穫したら、翌年は米を栽培する年にする。今年からは、米から麦に転作することで一度、そばを栽培することでもう一度、都合同じ田んぼで2度の転作補助金が出るのだそうです。

麦畑が植えられたこの田んぼも、ひょっとしたら来年のお盆過ぎにはそばが蒔かれるかもしれません。

白いそばの花が咲くころ、また写真に撮ってご紹介できるかもしれませんね。




◆酒そば本舗トップページへ◆


**貴方の共感できる生き方がきっとある**
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ

  


Posted by 酒そば本舗店長 at 15:54Comments(0)今日あったこと

2011年11月04日

安全運転


今日は交通安全について書こうと思います。

内閣府のホームページを見ると、この国がどれだけ交通安全の取り組みに注力しているか、うかがい知ることが出来ます。

いわく、「年間90万人を超える方が交通事故で死傷されている悲惨な状況を踏まえ、国、地方公共団体、関係機関・団体等が一体となって交通安全対策に取り組んでいます。内閣府は、交通安全対策に関する企画・立案や総合調整を担う官庁として施策全体の基本計画を定め・・・・」と。

ところで我らがどじょう宰相について、しばらく話題にしていませんでしたが、今日のトッピックスによれば、一段と安全運転を心がけておられるご様子。この方ほど交通安全運動の推進と啓蒙に尽力されている人は、日本国中どこを捜してもいらっしゃらないのではないか?

首相、安全運転を徹底


「早期に結論を出す」、「今後適切に対応したい」、「各党会派の理解と協力を得て・・・」、これは安全運転どころか、車に乗らない、ハンドルなんぞ間違えても触らない状態だと言えませんか?


・・・う~む、それほどまでに安全を心がけになられるとは、見上げたものです。


ならば野田首相、官邸の執務室のイスにもヘルメットを着用の上、シートベルトをしてお座りになられたらよろしかろう。(大爆笑!



◆酒そば本舗トップページへ◆


**貴方の共感できる生き方がきっとある**
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ

  


Posted by 酒そば本舗店長 at 13:19Comments(0)ニュース・トッピックス

2011年11月03日

いとし羽田の あのロビー


用事を済ませて昨日遅く東京より戻ってまいりました。

4時半ごろに羽田空港に着いたころはまだ明るかったのに、それからずっと空港内にいたので、秋の陽のつるべ落とし 外がすっかり日が暮れてしまっていることに気づかずにいたのでした。

羽田空港が拡張されて新しくなってからは、飛行機への搭乗はすべて搭乗ゲートから直接機内へ乗り込めるものだと思っていたら、昨日の富山行き889便は昔のようにバスで駐機場まで行って、タラップを登って搭乗する方式だったので、ちょっと驚きでした。

そのバスの中から暗闇の中、駐機場に翼を休める日航機(尾翼に赤い日の丸がついていた)を撮りました。

夜の羽田空港駐機場に翼を休める日航機


駐機場までの道は、さながら都会の朝のラッシュアワーを思わせるような混雑。貨物を運ぶトレーラー、燃料を運ぶローリー、乗客を乗せたバス、その他諸々の車両が慌しく行き来し、停車信号とアナウンスしていたから通路にはきっと信号機もあるのだろうか、バスに10分近くも乗っていたようです。


花の唇 涙の笑顔

淡い別れに ことさら泣けた

いとし羽田の あのロビー

ああ 東京の灯よ いつまでも


新川二郎が歌って大ヒットした「嗚呼東京の灯よいつまでも」、私がまだ小学校の低学年のころでしたが、3番目に出てくる「いとし羽田の あのロビー」の歌詞が口をついて出てきました。

子どものころは当然のことではありますが、「花の唇 涙の笑顔」も、ことさら泣けた「淡い別れ」の意味も分かろうはずもありませんでしたが、なんとなく羽田空港って別れる場所なんだな、子どもの近寄りがたいところに違いないと思ったものでした。(笑!

あれから50年にもなろうとする歳月は、飛行機の窓から勢いよく流れ去っていく"いとし羽田の灯"のように、淡くてせつない思いを私に抱かせたのでした。


◆酒そば本舗トップページへ◆


**貴方の共感できる生き方がきっとある**
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ




  


2011年11月01日

秋の日のはじまり


新しい月のはじまり、朝早く会社へ行き、社屋の2階東側の窓から新しい月の最初の日の出を撮ってみました。

11月ともなるとすっかり日が短くなって、朝6時になっても薄暗い。窓を明けてだんだん明るさを増して来る立山連邦の稜線を望みます。

日の出前


黒い屏風を立てたような山々の肌が、白く見え出したところをパチリ。

太陽が山の稜線から顔を出すと、たちまちのうちにパッとオレンジ色に光り輝く。まぶしくて思わず目をつむってしまいます。

朝日


被写体が被写体だけに、完全な逆光の写真となりました。(笑!

秋晴れの一日となりそうです。


◆酒そば本舗トップページへ◆


**貴方の共感できる生き方がきっとある**
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ

  


Posted by 酒そば本舗店長 at 07:01Comments(0)今日あったこと