★今街で噂の★酒そばとはこんなそば 酒そばってこんなそば

通常そばを練るときには、水を使用するのですが、その水のかわりに「お酒」を使って練ったのが、 当店自慢の酒そばです!

お酒は富山で人気の地酒を使っています!
お酒の風味と香りが、 そば本来の風味と香りにからみあい、今までにないおいしいおそばができあがりました!

そば通、お酒通と呼ばれる方の中には、そばを食べ終わった後に
「残ったそばつゆに酒を少し足して飲む」のが最大の楽しみといいますよね。
まさしくお酒好きの方には、もう「たまりませ~ん!」っておいしさです♪

でも、お酒の苦手な方でもご安心くださいね! アルコール成分はそばを茹でた時にほとんど飛んじゃいますから、 お子様でも安心して食べられますよ!
(※但し、アルコールに弱い体質の方や小さなお子様はご注意ください。)


酒そばをゆでた後の蕎麦湯はえもいわれぬおいしさそばを茹でたあとのそば湯は ほのかなお酒の香りと旨味がでており、 それはそれはえもいわれぬおいしさ!
そばのお味から、香り、はたまたそば湯まで、 全てがたまらなぁ~いのが酒そばです♪

いつもの「そば」とは違う、ちょっとリッチなひと時を「酒そば」でお楽しみください♪


★これは珍しい!ひそかな噂を呼んでいる★こだわり酒そばこだわり酒そば

当店売れ筋NO1がこの「こだわり酒そば」です!


「こだわり酒そば」は、その名のとおり、
原材料にこだわり、厳選した、国産の原材料を使用しています!

そば畑■こだわり・その1:そば粉■
そば粉は、日本有数のそば処信州・安曇野(あずみの)産のそば粉を、 石臼にて、丁寧に、丁寧に、粗挽きしたものを使用しています。

北アルプス山麓長野県安曇野市一帯の地域は、 名水百選「安曇野わさび田湧水群」で知られる日本有数の名水の土地です。

清らかでミネラルが豊富な水によって、味も香りも素晴らしいそばが育まれます。


豊かな大地が育む小麦畑■こだわり・その2:製法
このそばの味と香りを最大限引き出すため、 製法にもこだわっています♪

そばの実を製粉する際、これまでの方法ですと、 機械製粉のためかなりの熱が発生し、 そば本来の香りが失われてしまいます。
昔ながらの石臼を使ってゆっくりと、丁寧に、丁寧に、挽くことによって、 そばの実の甘皮と呼ばれる部分をも一緒に挽きくるんだ、 そば本来の香り一杯の粗引きの「そば粉」にしています。

■こだわり・その3:小麦粉
小麦粉は北海道の大地が、育んだ小麦粉を使用しています!
北海道産小麦の特徴は、風味がよく、 その豊で広大な大陸同様、豊かな味わいを大切にし、そばの風味を最大限に生かす粉です。


富山県高岡市雨晴海岸より望む立山連峰■こだわり・その4:お酒
地元富山で人気の地酒を使用しています。

富山県は、三方を北アルプス立山連峰などの、山岳地帯に囲まれており、 中央には実り豊かな平野が広がっています。

富山湾、日本海へと開けている天然の巨大ダムともいえる山々からは、 一年を通じて豊かで、清らかな水が生まれるんです!
豊かな大地と清らかな水に育まれた米どころ富山は、日本でも有数の酒どころでもあります。

酒そば本舗の酒そばは、富山で人気の地酒を使用しています。

2009年07月10日

雛壇のやつれた顔と脂ぎった顔

ご覧になられた方多くいらっしゃると思います、この写真。

全世界が注目するこの人物の胸中やいかに


一見余命いくばくもないやつれた老人にも、また、長い間繋がれていた暗闇の牢獄から引き出され、過酷な捌きを待つ囚人のようにも、重篤な病に勝てず生への執着を諦めた末期の病人のようにも見えます。
後ろに従えている血色のいい、脂ぎった彼に忠誠を誓っている(ひょっとすると誓っているようにみせかけているだけの)面々と対比すると、気の毒になってしまうほどのやつれようではありませんか。

彼の心境や、いかに!?

「・・・オレは、どうしてここに座っているのだろう?・・・のどが渇いた、冷えたビールが飲みたい・・・そうか、酒は、止められているのだったな。ならば水でもいい・・・なぜ、水を持ってこない。気の利かぬヤツは、収容所送りにさせねば・・・。いったいいつまでここに座っていろというのだ、疲れた、横になって休みたい・・・。偉大な領袖、建国の父の追悼大会?・・・そうか、オレはその息子だったな。威厳を正さなければ・・・。」


後ろに居並ぶ連中の心境
「いつまでこんな追悼大会をやるつもりなんだ、新しい追悼大会をすぐやらなければならないかも知れないから、そうすりゃこっちの方(親父の方)は、もう終わりにしてくれよ・・・。」

「・・・だいぶ弱っているな、この後姿・・・。どうしたらいいんだ、次に媚びなければならないのは・・・!?誰につけば、またこうして壇上に登っていることができるだろう・・・??あぁ~、もうしばらくこのまま持っていてくれないか!」

「病気でもいい、丈夫で余計なことを言わぬならなおいい、とにかくこうやって俺たちの前に座ってくれるヤツさえいれば、それが偉大な指導者だ・・・。」


こんな心の中のつぶやきが、聞こえてくるような、写真であります。



酒そば本舗トップページへ


このボタンを押すと、121カテゴリー、30万件以上のブログが参加している「にほんブログ村」に入れます

  
タグ :北朝鮮


Posted by 酒そば本舗店長 at 14:58Comments(0)ニュース・トッピックス

2009年07月08日

大国のアキレス腱

お隣の大国中国新疆ウイグル自治区での暴動事件

ついにサミットに出席のためイタリアに向かっていた胡錦濤国家主席が、急遽帰国するという事態になったと報じられております。

大国の面子には異常ともいえるほどにこだわるあの中国が、国際会議をドタキャンする決断を余儀なくされるのだから、大国の民族問題というアキレス腱が、経済力という上体の肥満に絶えられないくらいになってしまったのではないかと危うく思うのです。

今回の事件が、チベット、内モンゴルといった国境周辺地域にも飛火するのを、押さえ込むため、国家主席自らがが陣頭指揮を撮ろうというのが、見えみえ。北京オリンピック開催が危ぶまれるまで追い込まれたチベット自治区の民族暴動。やけぼっくりに火が着く事態は、何としても回避したいということなのでしょう。

アキレス腱が切れてしまったら、手を焼いている同盟国北朝鮮問題どころの騒ぎではないのは、私のような素人にも容易に想像がつきます。


中国の中央政府は、新疆ウイグル自治区、チベット内モンゴル自治区といった「自治区」と、四川省、広東省などといった「省」の間では、統治の仕方にどのような違いを定めているのだろうかと思うのです。

「自治区」という言葉からは、その地域の民族の伝統や文化を重んじ、その地域のある程度の統治を任せるといった響きがしますよね。
ところが、「自治区」とは漢民族以外の蛮族が住みついている地域、漢民族がその蛮族を中国の国民として統治していくための地域といった感覚が中央政府にあるのではないか。

このギャップが、そもそもアキレス腱を傷つけている大元じゃないかと、素人流に考えます。

中国政府は、アキレス腱が断裂して立ち直れなくなる前に、早くこの事実に気づくべきです。本来の意味どおりの「自治区」を保障すれば、今よりももっと栄えた文字通りの「大国」となるはずなのにと思うのです。


酒そば本舗トップページへ


このボタンを押すと、121カテゴリー、30万件以上のブログが参加している「にほんブログ村」に入れます
  


Posted by 酒そば本舗店長 at 14:23Comments(0)ニュース・トッピックス

2009年07月07日

白眉

本日の日経社会面より

世界の高校生が物理学の研究で競う「ノーベル物理学賞への第一歩」という国際コンテストがあるのをご存知でしょうか。

ポーランド科学アカデミーが主催する今年で17回目になるこのコンテストで、日本から都立高校生2名が受賞、2名が佳作に選ばれたと載っておりました。

日本からは2004年に入賞者が出てから昨年まで毎年、佳作入選者が出ていたそうですが、4人も選ばれたのは初めてだそうです。まるで今年のノーベル物理学賞と化学賞で4人の日本人受賞者を出した勢いをそのまま見るようですね。喜ばしい限りです。

さて、私が今日取り上げたいのは、この4人の高校生の研究テーマ。参加者は自分で研究した内容を英語の論文にまとめ、審査を受けるそうなのですが、まず高校生が「英語の論文」を書くということに少なからず驚きませんか?

英語の得意な高校生なら今時結構いるだろうと、幾分強がってみた人(私もその一人です)、研究テーマをみてください。

「水と金属の付着力の測定」「水柱の曲面の理論と実証」「水とガラス、アクリルの付着力の測定」「物の表面の色と熱放射」

目が点になったでしょう!どうです!


・・・水と金属、水とガラス、アクリルって付着するんですか!?さらさらと流れ落ちるような気がしますが???

水柱って水の表面に水滴を落としたときに一瞬できる柱のことでしょう?確かに曲率のある形状をしているように見えますが、そんな一瞬の世界に理論があるんですか!?

物に色があるのは、承知しております。赤い色は暖かく、青い色は寒く感じるということも実感として承知しております。・・・それ以上言及することあたわず。。。


私はすでに頭髪にも眉にさえも白いものが混じる年齢となりましたが、白眉とはまさにこのような青年たちを指す言葉。

この4名の高校生の将来に、大いに期待したいものです。


酒そば本舗トップページへ


このボタンを押すと、121カテゴリー、30万件以上のブログが参加している「にほんブログ村」に入れます
  


Posted by 酒そば本舗店長 at 12:15Comments(0)ニュース・トッピックス

2009年07月06日

面白い傘発見

面白グッズを見つけました!

じめじめとうっとしいこの時期、外出するにも手放せないのが傘。
しかし荷物になるは、使えば雫が気になるは、おまけに晴れると忘れるは、・・・かといって雨が降れば、濡れるのはイヤだし、仕方なしに持ち歩くのが、この傘。

当地北陸では、梅雨の時期はもちろんですが、冬の季節にも雨や雪が降り続く日が多いので、
「弁当忘れても、傘忘れるな」と言われるくらいに、傘にはお世話になります。

冬場のどんより曇った灰色の空は、梅雨の雨以上に気持ちを暗~くさせますね。

ところで、こんな傘があるのをご存知ですか!?

これがあれば、雨でも心は晴ればれ♪


これさえあれば、雨が降っても心は晴ればれ♪

このアイデアの発案者に座布団10枚あげます!

・・・でも足元が濡れるのは、変りありませんがね。。。(笑!



酒そば本舗トップページへ


このボタンを押すと、121カテゴリー、30万件以上のブログが参加している「にほんブログ村」に入れます
  
タグ :梅雨


Posted by 酒そば本舗店長 at 12:14Comments(0)ユーモア

2009年07月05日

驚き動揺し狼狽した絶大な権力者の悲しい惨めな映像

昨日はかの国のミサイル発射に関して、河村官房長官が「厳重に抗議」をしたという報道を話題にしました。本日の朝刊を見ますとミサイル発射に関する報道は、日経ですと1面、5面、そして21面と3面も割いて書かれていますから、なるほど官房長官が厳重に抗議を表明するだけのことはある事案であることが想像できます。

特に21面は、日曜版に設けられている読書欄で、これは最近発刊された書籍の案内と解説がされているコーナーで、私の購入する書籍はたいがいこのコーナーを参考にすることが多いのです。
今日は、このコーナーを大きく割いて「今を読み解く」と題して、日経の編集委員自らが「北朝鮮情勢の真相を探る」各国各分野の専門家が著わした著作の紹介と、論評が載っておりました。

その中で特に目を惹いたのは、ステファン・ハガード、マーカス・ノーランド著『北朝鮮飢餓の政治経済学』(杉原ひろみ・丸本美加訳、中央公論新書)の紹介。





「北朝鮮は歳入のおよそ1/3を援助、1/3を通常の輸出、残りをミサイル販売や麻薬取引、通貨偽造、密輸などで補っていると分析・・・」

「長距離弾道ミサイルを1発発射するのにかかる費用は、北朝鮮の1年分の食料不足を補える額(韓国政府高官)・・・」

かの国の危機的な経済情勢は、かねがね取り上げられて参りましたが、改めて活字で示されると、驚きを通り越え戦慄さえ覚える内容であります。

国際収支の上で麻薬取引や通貨偽造が、二桁の割合を占めるなどというのは、これはもはや国の体を成してはいない。「ならず者」と呼んだ米ブッシュ前大統領の気持ちもむべなるかな。
1/3を他国からの援助に依存しながら、飢餓に苦しむ国民を救えるはずの費用1年分を、自国にしか聞き取れない怪しげな電波を発信する人工衛星なる飛翔体の打ち上げに費やしてしまう施策は、国の基盤は経済にあるという根本の理解を欠くからなのか?それ以上に大切な守るべきことがあるからなのか?

そのミサイルを短距離型とはいえ、7発も発射したのだから、これにより救えるはずの餓死者が、来る冬期間に十万・百万の単位で出るのではないかと心配が先に立ちます。

かの国は、ひょっとすると暴走という名の最終ロケットのブースター点火装置を作動させてしまったのでないかと危惧するのは私だけでしょうか?


ルーマニアのチャウシェスク独裁政権崩壊が、約10万人を動員したチャウシェスクを称賛する集会で、チャウシェスクの演説を開始直後に体を張って妨害した勇気ある学生の取った行動から始まったのは、その集会をルーマニアの国営放送が全世界に流していたことから、目にした方も多くおられると思います。私は、その時の演説を中断させられ、驚き動揺し狼狽した絶大な権力者の悲しい惨めな映像を忘れることができません。

かの国の偉大な指導者とチャウシェスクの末路を重ねて見てしまうのは、きっと国際情勢に全く疎い素人の見がちな幻影なのでしょう。



酒そば本舗トップページへ


このボタンを押すと、121カテゴリー、30万件以上のブログが参加している「にほんブログ村」に入れます
  


Posted by 酒そば本舗店長 at 11:13Comments(0)

2009年07月04日

「厳重に抗議」って・・・!?

ウエブトピックスより

『<北朝鮮>ミサイル発射 官房長官「厳重に抗議」と声明』

北朝鮮の弾道ミサイル発射を受け、河村建夫官房長官は4日、「容認できるものではなく、北朝鮮に厳重に抗議し、遺憾の意を表明する」との声明を発表した・・・という内容。


河村官房長官については、いつぞや「内閣の顔」という話題で取り上げましたが、大変失礼しました。お名前の表記を間違っておりました。川村ではなく河村官房長官に訂正いたします。

本日の話題は、官房長官のテレビ映りがどうのとか、お声がよいとか悪いとかを再び言及しようというのではなく、「厳重に抗議」って具体的にどうすることなんだろうということを考えてみたいと思うのです。

ちなみに「厳重」と「抗議」を字引で繰ってみたら、
「厳重」は、いいかげんにせず、きびしい態度で物事に対処するさま。「抗議」は、相手の発言・決定・行為などを不当として、反対の意見・要求を主張することとありました。

・・・なるほど、・・・そうすれば、河村官房長官が、北朝鮮の弾道ミサイル発射は不当な行為であり、そのような行為は断じて許されない、いいかげんにはしないと、厳しい態度で遺憾の意を主張したことが、「厳重に抗議」したことになるのだな?

これが国交もありお互いに大使を交換している国であれば、その国の大使を官邸に呼んで、間近に大使の顔を睨みつけて、唾のひとつも飛ばしながら、「厳重に抗議」をするということは可能かもしれないでしょう。いやそれにしたところが、呼ばれた大使は、しれっとした顔で、こういうのが外交の常道というではありませんか。

「貴国のご主張は承りました。本国政府に伝えます・・・。」


かの国に対しては、この「貴国のご主張は承りました」以前の問題。何を言っても聞き入ろうとさえしない国に、「厳重に抗議」を表明したところが、はたして河村官房長官は「厳重に抗議」したことになるのだろうかと、ひじょうに引っかかるものがあるのです。





酒そば本舗トップページへ


このボタンを押すと、121カテゴリー、30万件以上のブログが参加している「にほんブログ村」に入れます

  


Posted by 酒そば本舗店長 at 13:22Comments(0)ニュース・トッピックス

2009年07月03日

天下統一!?

本日の日経消費欄より

裏面から4枚ほどめくると左側の紙面に出てくるこの欄は、毎日の日経の中でもあまり読まず、さっと目を泳がせる程度で済ますのが定石となっています。

いつものように泳がせた目に、「歩いて天下統一だ」の見出しが映りました。

・・・ナニ?天下統一!?

じっくり目を通すと、大手玩具メーカーの新製品の紹介記事でした。

その名も「遊歩計 天下統一~歩いて戦国の覇者となれ」
・・・なるほど、これは万歩計のことだな。

この遊歩計、信長、信玄、謙信の3モードがあり、歩くにつれて天下統一に向けたそれぞれ異なったストーリーが表示され、今話題の直江兼続など合計70人の武将や、合戦シーンが出てきたりするというのです。ちょっと、面白そうだな。。。
しかも、専用のホームページ上で、姫君や軍師から健康についての助言を受けられるそうですよ。

「御館さま、近頃御酒が過ぎるようです。お控えなされませ・・・。」とか「殿、中性脂肪とやら、なかなかの強敵でございますぞ。ご油断めさるな・・・。」

なんて言って来たら、きっと愉快だろうな。

毎日の歩数目標を設定し、3ヶ月間の歩数が目標を上回っていれば、天下統一が成るという仕掛け。信長、信玄、謙信に成り代わり、天下統一を成し遂げてみようかなと、密かに思ってみたりするのです。




酒そば本舗トップページへ


このボタンを押すと、121カテゴリー、30万件以上のブログが参加している「にほんブログ村」に入れます

  


Posted by 酒そば本舗店長 at 14:59Comments(0)

2009年07月02日

「夜行性肉食系女梅雨???

今年の梅雨について
沖縄地方は梅雨が明けたということですが、ここ数日来の大雨はジメジメとした雨が降り続くいわゆる梅雨というイメージからは程遠いものがあります。
豪雨により大きな被害を受けられた九州地方の皆様には、心よりお見舞い申し上げます。

さて当地、北陸富山県西部の地方都市では、5月下旬~6月中旬は天気がよく、いつの間に梅雨入りしたのか定かに承知していません。空梅雨なのでしょうか。6月下旬になっても、夜半に激しい雨が降るには降っても、日中はからりと晴れ真夏の陽気。昨晩も屋根瓦を激しく叩く雨音に夜中に目が覚めてしまい、床の中で九州地方に大きな被害をもたらした雨雲が、北上してきたのだなと思いながらも、いつの間にやらまどろんでしまった。
朝目を覚ますと、まぶしい陽光が草木の雨露に反射して、キラキラ光っていました。


巷では、草食系男子・肉食系女子などという言葉が人気を呼んでいるようですが、差し詰め今年の梅雨は、「肉食系梅雨」といったところか。夜中にどっと降って、朝にはからりと晴れてくれることを思えば、「夜行性肉食系」といった方がよりあたっているかもしれませんね。

一昔前までは、同じく男と女で梅雨を表現しても、「女梅雨」がジメジメで「男梅雨」がどっと降ってさっと晴れるという風に使ったものですがね。
夜行性で肉食系でしかも雌ですか?・・・恐ろしい時代になったものです。。。


酒そば本舗トップページへ


このボタンを押すと、121カテゴリー、30万件以上のブログが参加している「にほんブログ村」に入れます

  


Posted by 酒そば本舗店長 at 15:24Comments(0)一人言

2009年07月01日

「にほん」か「にっぽん」か・・・。

本日の日経社会面の下の方にこのような記事が小さく載っておりました。

『にほん・にっぽん読み方両方OK』

政府は30日の閣議で「日本」の読み方を「にほん」「にっぽん」どちらでも良いとすると答弁書を決定したと書いてあります。

・・・なるほど、そういえば私自身「にほん」と言うこともあれば、「にっぽん」と呼ぶこともある。日本に生まれ日本に住む日本国民でありながら、自国を二通りの読み方で呼ぶことに何の違和感も持ち合わせていなかった。逆にいえば、それほどどちらも広く国名の読みとして許容されてきたということなのだろう。学校でも習った覚えがないような気がします。

ちなみに私のパソコンソフトは、「にほん」でも「にっぽん」でも一発で「日本」と変換してくれます。

バレーボールの国際大会の応援コールは、「にっぽん、チャチャチャ!」ですよね。これが「にほん」では、どうもごろが悪くて調子がとれませんよね。

この記事を載せた新聞、私は冒頭に日経と略して表記しましたが、「日本経済新聞」は「にっぽん」経済新聞とは呼ばないような気がする。普段「にっけい」と略して呼びますが、フルネームで呼ぶときは、私は「にほん」経済新聞と言っていますね。

政党名を例にとれば、日本共産党は、「にっぽん」共産党だし、社民党の前身日本社会党は「にほん」社会党だったでしょう。

その国の国名の読みが、二通りあるというのは、国の権威というものが損なわれているような気がしますが、「にっぽん」「にほん」いづれも広く通用しており、どちらか一方に統一する必要はないと答弁書ではっきりうたうとは、お役所には珍しく役所の権威にこだわらないフレキシブルな判断を下したものだなと、妙に感心するのであります。


酒そば本舗トップページへ


このボタンを押すと、121カテゴリー、30万件以上のブログが参加している「にほんブログ村」に入れます
  


Posted by 酒そば本舗店長 at 13:45Comments(0)ニュース・トッピックス