★今街で噂の★酒そばとはこんなそば 酒そばってこんなそば

通常そばを練るときには、水を使用するのですが、その水のかわりに「お酒」を使って練ったのが、 当店自慢の酒そばです!

お酒は富山で人気の地酒を使っています!
お酒の風味と香りが、 そば本来の風味と香りにからみあい、今までにないおいしいおそばができあがりました!

そば通、お酒通と呼ばれる方の中には、そばを食べ終わった後に
「残ったそばつゆに酒を少し足して飲む」のが最大の楽しみといいますよね。
まさしくお酒好きの方には、もう「たまりませ~ん!」っておいしさです♪

でも、お酒の苦手な方でもご安心くださいね! アルコール成分はそばを茹でた時にほとんど飛んじゃいますから、 お子様でも安心して食べられますよ!
(※但し、アルコールに弱い体質の方や小さなお子様はご注意ください。)


酒そばをゆでた後の蕎麦湯はえもいわれぬおいしさそばを茹でたあとのそば湯は ほのかなお酒の香りと旨味がでており、 それはそれはえもいわれぬおいしさ!
そばのお味から、香り、はたまたそば湯まで、 全てがたまらなぁ~いのが酒そばです♪

いつもの「そば」とは違う、ちょっとリッチなひと時を「酒そば」でお楽しみください♪


★これは珍しい!ひそかな噂を呼んでいる★こだわり酒そばこだわり酒そば

当店売れ筋NO1がこの「こだわり酒そば」です!


「こだわり酒そば」は、その名のとおり、
原材料にこだわり、厳選した、国産の原材料を使用しています!

そば畑■こだわり・その1:そば粉■
そば粉は、日本有数のそば処信州・安曇野(あずみの)産のそば粉を、 石臼にて、丁寧に、丁寧に、粗挽きしたものを使用しています。

北アルプス山麓長野県安曇野市一帯の地域は、 名水百選「安曇野わさび田湧水群」で知られる日本有数の名水の土地です。

清らかでミネラルが豊富な水によって、味も香りも素晴らしいそばが育まれます。


豊かな大地が育む小麦畑■こだわり・その2:製法
このそばの味と香りを最大限引き出すため、 製法にもこだわっています♪

そばの実を製粉する際、これまでの方法ですと、 機械製粉のためかなりの熱が発生し、 そば本来の香りが失われてしまいます。
昔ながらの石臼を使ってゆっくりと、丁寧に、丁寧に、挽くことによって、 そばの実の甘皮と呼ばれる部分をも一緒に挽きくるんだ、 そば本来の香り一杯の粗引きの「そば粉」にしています。

■こだわり・その3:小麦粉
小麦粉は北海道の大地が、育んだ小麦粉を使用しています!
北海道産小麦の特徴は、風味がよく、 その豊で広大な大陸同様、豊かな味わいを大切にし、そばの風味を最大限に生かす粉です。


富山県高岡市雨晴海岸より望む立山連峰■こだわり・その4:お酒
地元富山で人気の地酒を使用しています。

富山県は、三方を北アルプス立山連峰などの、山岳地帯に囲まれており、 中央には実り豊かな平野が広がっています。

富山湾、日本海へと開けている天然の巨大ダムともいえる山々からは、 一年を通じて豊かで、清らかな水が生まれるんです!
豊かな大地と清らかな水に育まれた米どころ富山は、日本でも有数の酒どころでもあります。

酒そば本舗の酒そばは、富山で人気の地酒を使用しています。

2007年02月06日

3時に咲く花PART2

昨日3時に咲く花が発芽したことをご案内しましたが、あまりにも小さな芽なものですから、写真によく映っていなかったので、もう一度挑戦してみました。

鉛筆の先にご注目


デジカメのオート機能が、どうしても鉛筆に焦点を合わせようとしてしまうので、やはりピンぼけてしまいましたが、鉛筆の先の薄緑色の糸のようなのが、3時に咲く花の芽です。


そんな花見たことも聞いたこともありませんという方が結構いらっしゃるようなので、・・・実は私もその一人なのですが・・・ならばということで、調べてみました。


この花は、ハゼランという名前だそうです。

別名は三時とつくものだけで、三時草、三時の天使、三時のあなた、三時の乙女、三時の貴公子・・・恐れ入りましたね、まるでお昼のワイドショウにつけたらいいような名前じゃないですか。(笑!

おおっ、江戸の花火とは、なかなか粋な名前じゃないですか!



見るからにか弱そうな草花に思えますが、帰化植物で野生化もしていると聞きますと、やはりたくましい植物本来の姿を内に秘めているのだなと、感心させられるのです。





酒そば本舗ただ今セール中です!!



さ・ら・に!

【送料無料お試しセール】好評開催中です!!

モバイルはこちらから!
携帯電話からもご購入いただけます!!

こちらがモバイルの酒そば本舗入り口でございます!

  


Posted by 酒そば本舗店長 at 11:12Comments(0)

2007年02月05日

3時に咲く花が発芽しました!

1月15日にご紹介しました3時に咲く花
さる新年会に出席した折に、ビンゴゲームの景品にもらったものを蒔いたのでした。


これが、ついに発芽しました!

・・・ただし、何時に発芽したのか不明です。(笑!


種も極々小さければ、芽も糸のように細いです。


3~5月ころが種の蒔き時と書いてありましたが、暖かい室内でなら大丈夫だろうと無理に蒔いたのです。毎日の水遣りは欠かしませんでしたが、なかなか発芽しないのでやはりダメだったのかと諦めていたのです。


ユニットになっている土を開封して容器の中に入れ、ゴマ粒より小さいな黒い種が20粒ほど入っていたのをその上に蒔いたのでした。
発芽したら間引きをしてくださいと説明が書いてありましたが、間引きの必要などありません。写真に撮った1本だけ。あまりに細いので、鉛筆の先を脇に添えたら、ピントが鉛筆の先にいってしまい、肝心の芽がピンボケてしまっております。(苦笑!


よく芽を出してくれたものです。あのけし粒のような種のどこに生命が隠れていたのだろうとまさしく感動ものです。

大切に育てたいと思っております。


成長の様子をこのブログで紹介していきたいと思っておりますので、皆さんお楽しみに♪





酒そば本舗ただ今セール中です!!



さ・ら・に!

【送料無料お試しセール】好評開催中です!!

モバイルはこちらから!
携帯電話からもご購入いただけます!!

こちらがモバイルの酒そば本舗入り口でございます!

  


Posted by 酒そば本舗店長 at 15:45Comments(0)

2007年02月04日

アメリカと中国PART2

お隣の国、大国中国について

長い歴史をさかのぼると、わが国は、この国の制度・文化を真似て自国を発展させてきたのでした。いわば親であり兄でもあったその国は、近年改革開放政策により実質資本主義政策を取り込んでより、驚異的な経済発展を遂げ、その一挙手一投足が世界の政治と経済に及ぼす影響が非常に大きくなったことは、衆目の一致するところです。


しかし、私はかの国の考えていること、やっていることが、時として理解しづらいことが往々にあるのです。

例えば、一に大国主義。
これは長い歴史から見ても、中華第一主義をやはり踏襲しているのかなと強く感じます。民族の血、遺伝子というものを感じずには要られません。
軍事力に毎年莫大な国家予算をつぎ込み、宇宙にまでそれを押し広げようとしているのは、アメリカ一国の横暴を許さんというのは理解できますが、その結果が招くであろうことに責任をもてるのか、世界いや自国にとってもよいことであると言い切れるのか、甚だ疑問です。

地球の衛星軌道上にまき散らした危険極まりない宇宙ゴミは、宇宙の平和利用に中国が参加するために必要な実験であったとそのまま知らんふりを決め込む様子です。先進国に追いつくために石炭は燃やしっぱなしでも、それは発展途上国が経済大国の仲間入りをするのに必要な権利と主張するのと同じ理屈なのですか?



一方で、このような報道に接しますと、

・・・!?!?

同性愛、薬物、エイズ・・・・!

言葉を失います。



今日取り上げた二つのウエブトピックスを読むと、

中国よ!貴国は、病んだ大国アメリカを真似ようとしているのか!?


かって、わが国が偉大な国として尊敬し、お手本として学んだ頃の貴国について、振り返ってみて欲しいと、強く強く訴えたくなるのです。





酒そば本舗ただ今セール中です!!



さ・ら・に!

【送料無料お試しセール】好評開催中です!!

モバイルはこちらから!
携帯電話からもご購入いただけます!!

こちらがモバイルの酒そば本舗入り口でございます!

  


Posted by 酒そば本舗店長 at 15:41Comments(0)

2007年02月03日

黄色い雪とは!

連日この冬の暖かさについて話題にしております。
2月に入り、少しは冬らしく寒い日が続き、昨年12月の末に降って以来の雪も見ることになったのですが、例年に比べて力が弱いようです。薄化粧をしたように白くなった程度で、田んぼの地肌も透けて見えます。

ところで雪といえば白いもの、誰もがそう思っているに決まっておりますね。
ところが、こんなウエブトピックスを見て仰天しました。


「Yellow, Oily Snow Falls on Remote Russian 」


とありますから、ロシアで黄色い雪が降ったというのです!


子供のころよりの雪国育ちの私としましても、こんなの見たこともありません。
しかも" Oily "とありますから、脂っぽいものが混ざっているということでしょうか?


かき氷の氷レモンや氷イチゴなら、どんな色かよく知っておりますが・・・・。
写真を見るかぎり、カスタードクリームを塗ったケーキ生地のようです。


「Remote Russian 」だからロシアの僻地ということでしょう。
シベリアの寒村でのことなのでしょう。


やはり、自然の歯車が大きく狂いだしてきたと言わざるをえないのでしょうか。。。





酒そば本舗ただ今セール中です!!



さ・ら・に!

【送料無料お試しセール】好評開催中です!!

モバイルはこちらから!
携帯電話からもご購入いただけます!!

こちらがモバイルの酒そば本舗入り口でございます!

  


Posted by 酒そば本舗店長 at 16:53Comments(0)

2007年02月02日

我あるがゆえに我奪う

暖冬、暖冬と騒がれております。

暖冬と関連して取り上げられるのが、どうしても地球温暖化。非常に気になるところです。

じゃぁ~、いったいどうすればいいのか。ついつい誰かいい解決方法を考え出してくれるのだろう、科学技術の進歩で、温室ガスを取り除いてしまうようなことが可能になるとか、今は地球の温暖期にあたっている煮すぎないとか、我々はついつい他人事のように考えてしまいがちです。


他人事で済まないのが、住んでいる大地が水没してしまうこの国の9万人の民




昨日もこれに関連した日記を書きましたが、我々の日常生活そのものが、自然に働きかけている以上、何がしかの影響を及ぼしていることに変わりはないという事実を直視する必要があるかもしれません。

「我思うゆえに我あり」といったのは、かの偉大な哲学者デカルトでしたが、「我あるがゆえに我奪う」とも言えそうだ。


我々の存在そのものが、地球の環境を奪っているというのは、つら過ぎるなぁ~。。。。





酒そば本舗ただ今セール中です!!



さ・ら・に!

【送料無料お試しセール】好評開催中です!!

モバイルはこちらから!
携帯電話からもご購入いただけます!!

こちらがモバイルの酒そば本舗入り口でございます!

  


Posted by 酒そば本舗店長 at 12:46Comments(0)

2007年02月01日

久方ぶりの雪に思う。。。

新しい月を迎えました。

月が替わったからではないのでしょうが、待望の雪が降りました。しかしながら、降り方に力が足らないようで、明け方からお昼までで、せいぜいこんなものです。

久方ぶりの雪です。



1月は全国的に異常と言える暖かさで、当地でも例年なら除雪で追われるこの時期、降雪量ゼロセンチメートル!
こんな冬は、当地では観測市場2回目と言っておりますが、私の記憶するかぎり、子供のころより初めての経験です。


特に鮮烈に覚えておりますのは、有名な三八豪雪。
除雪機関が今ほどに発達していなかったとはいえ、確か37年の年暮から降り始めた雪が、ず~ッとやむことなく半月ほど降ったのではなかったかと思うのです。
その結果、街の中では屋根に積もった雪の降ろし場所がなくなり、降ろした雪の上に積み上げることになり、雪降ろしならぬ雪上げをしておりました。

当然、道は完全に雪で埋まり、子供ながらにこれは大変なことになったと、屋根の上を歩いていたのを覚えております。


それがここ十数年あまりは、昨年を除き暖冬傾向で、雪に埋もれて身動きとれぬというようなことはなくなりました。
せいぜいゲリラ的に降った翌朝に道が渋滞する程度。除雪機関も発達し、幹線道路は完璧に雪を除いてくれますし、街の中に入りましても融雪装置が施してあり、雪を溶かしてくれるので、ずいぶん便利になりました。


よくよく考えると、人間の営みは有史以来、豊かさと便利さを追い求めてきたのですが、自然の摂理を越えた我々の営みが、即ち自然を損なってきたのだということでしょう。
それは、産業革命以後の化石燃料を大量に消費してきた時代が際立っているので大きく語らえておりますが、それ以前から我々が生きるために自然に働きかけてきたこと自体が、自然の破壊につながってきたということは否定できないじゃないかと思うのです。


融雪装置のない冬の雪道のことを考えると言うに及ばず、今更車や電気のない生活をおくれと言われても、もはや戻ることはできないのが、何とも恐ろしいことに思えてなりません。


薄ぼんやりとした白い雪景色を見ながら、とりとめのないことを思い浮かべている自分に気づき、ただただ苦笑するのみです。





酒そば本舗ただ今セール中です!!



さ・ら・に!

【送料無料お試しセール】好評開催中です!!

モバイルはこちらから!
携帯電話からもご購入いただけます!!

こちらがモバイルの酒そば本舗入り口でございます!

  


Posted by 酒そば本舗店長 at 12:44Comments(0)