★今街で噂の★酒そばとはこんなそば 酒そばってこんなそば

通常そばを練るときには、水を使用するのですが、その水のかわりに「お酒」を使って練ったのが、 当店自慢の酒そばです!

お酒は富山で人気の地酒を使っています!
お酒の風味と香りが、 そば本来の風味と香りにからみあい、今までにないおいしいおそばができあがりました!

そば通、お酒通と呼ばれる方の中には、そばを食べ終わった後に
「残ったそばつゆに酒を少し足して飲む」のが最大の楽しみといいますよね。
まさしくお酒好きの方には、もう「たまりませ~ん!」っておいしさです♪

でも、お酒の苦手な方でもご安心くださいね! アルコール成分はそばを茹でた時にほとんど飛んじゃいますから、 お子様でも安心して食べられますよ!
(※但し、アルコールに弱い体質の方や小さなお子様はご注意ください。)


酒そばをゆでた後の蕎麦湯はえもいわれぬおいしさそばを茹でたあとのそば湯は ほのかなお酒の香りと旨味がでており、 それはそれはえもいわれぬおいしさ!
そばのお味から、香り、はたまたそば湯まで、 全てがたまらなぁ~いのが酒そばです♪

いつもの「そば」とは違う、ちょっとリッチなひと時を「酒そば」でお楽しみください♪


★これは珍しい!ひそかな噂を呼んでいる★こだわり酒そばこだわり酒そば

当店売れ筋NO1がこの「こだわり酒そば」です!


「こだわり酒そば」は、その名のとおり、
原材料にこだわり、厳選した、国産の原材料を使用しています!

そば畑■こだわり・その1:そば粉■
そば粉は、日本有数のそば処信州・安曇野(あずみの)産のそば粉を、 石臼にて、丁寧に、丁寧に、粗挽きしたものを使用しています。

北アルプス山麓長野県安曇野市一帯の地域は、 名水百選「安曇野わさび田湧水群」で知られる日本有数の名水の土地です。

清らかでミネラルが豊富な水によって、味も香りも素晴らしいそばが育まれます。


豊かな大地が育む小麦畑■こだわり・その2:製法
このそばの味と香りを最大限引き出すため、 製法にもこだわっています♪

そばの実を製粉する際、これまでの方法ですと、 機械製粉のためかなりの熱が発生し、 そば本来の香りが失われてしまいます。
昔ながらの石臼を使ってゆっくりと、丁寧に、丁寧に、挽くことによって、 そばの実の甘皮と呼ばれる部分をも一緒に挽きくるんだ、 そば本来の香り一杯の粗引きの「そば粉」にしています。

■こだわり・その3:小麦粉
小麦粉は北海道の大地が、育んだ小麦粉を使用しています!
北海道産小麦の特徴は、風味がよく、 その豊で広大な大陸同様、豊かな味わいを大切にし、そばの風味を最大限に生かす粉です。


富山県高岡市雨晴海岸より望む立山連峰■こだわり・その4:お酒
地元富山で人気の地酒を使用しています。

富山県は、三方を北アルプス立山連峰などの、山岳地帯に囲まれており、 中央には実り豊かな平野が広がっています。

富山湾、日本海へと開けている天然の巨大ダムともいえる山々からは、 一年を通じて豊かで、清らかな水が生まれるんです!
豊かな大地と清らかな水に育まれた米どころ富山は、日本でも有数の酒どころでもあります。

酒そば本舗の酒そばは、富山で人気の地酒を使用しています。

2007年01月26日

謙信の秘密

歴史に興味のある方は多いことと思います。

私も例外ではありません。

日本史で言えば、やはり戦国時代から江戸時代初期にかけて、個性豊かな戦国武将について多く書かれております。信長、秀吉、家康はいうに及ばず、少し時代をさかのぼり信玄、謙信は時代小説のヒーローであることは間違いありますまい。


私は特にこの中で謙信について疑問に思っていることがありました。

それは、なぜ一生を通して女人を遠ざけたのか!?・・・戦国の武将であれば誰しも領国を維持していくために嫡男をもうけることをまず考えたのは、周知のことでしょう。それが謙信に限り、なぜとかねがね不思議でなりませんでした。

実は謙信は、女人であったという説や、男色であったという説もものの本で読みましたが、満足のいくものではありませんでしたね。



ブログ仲間にご自分のHPで時代小説をお書きになっている方がおられ、今「上杉景勝」の連載中です。
ただ今はすでに謙信が卒中で世を去り、景勝が影虎との跡目争いを制し、越後を支配する段になっておりますが、当然のことながら、謙信についても書かれており、私がかねがね抱いてきた疑問がすっきりと解けるストーリーとなっておりました。


驚きです!しかし、そう考えるとあまりにも自然です。

謙信は人間として行ってはならぬ戒律を一度だけ破ったがために、自責の念にかられ、以後女人を近づけなかったというのです。
景勝は、謙信と謙信の姉の間のただ一度のあやまちがなした子であったというのです。


当地は、越後の隣に位置するので謙信にまつわる古戦場跡も残っておりますし、越中の真宗門徒の一揆を謙信が後ろ盾になっていたということも影響しているのか、謙信ファンが多くいるようです。


歴史に「IF」は禁物といいますが、謙信が酒毒におぼれることなく節制した毎日を過ごしていたらと思うのです。そうしたら、信長と謙信による一大決戦が越中関野(高岡市の昔の地名)の戦いというような名で残っていただろうにと、あらぬ空想をめぐらしております。






酒そば本舗ただ今セール中です!!


さ・ら・に!

【送料無料お試しセール】好評開催中です!!

モバイルはこちらから!
携帯電話からもご購入いただけます!!

こちらがモバイルの酒そば本舗入り口でございます!



  


Posted by 酒そば本舗店長 at 17:43Comments(0)