★今街で噂の★酒そばとはこんなそば 酒そばってこんなそば

通常そばを練るときには、水を使用するのですが、その水のかわりに「お酒」を使って練ったのが、 当店自慢の酒そばです!

お酒は富山で人気の地酒を使っています!
お酒の風味と香りが、 そば本来の風味と香りにからみあい、今までにないおいしいおそばができあがりました!

そば通、お酒通と呼ばれる方の中には、そばを食べ終わった後に
「残ったそばつゆに酒を少し足して飲む」のが最大の楽しみといいますよね。
まさしくお酒好きの方には、もう「たまりませ~ん!」っておいしさです♪

でも、お酒の苦手な方でもご安心くださいね! アルコール成分はそばを茹でた時にほとんど飛んじゃいますから、 お子様でも安心して食べられますよ!
(※但し、アルコールに弱い体質の方や小さなお子様はご注意ください。)


酒そばをゆでた後の蕎麦湯はえもいわれぬおいしさそばを茹でたあとのそば湯は ほのかなお酒の香りと旨味がでており、 それはそれはえもいわれぬおいしさ!
そばのお味から、香り、はたまたそば湯まで、 全てがたまらなぁ~いのが酒そばです♪

いつもの「そば」とは違う、ちょっとリッチなひと時を「酒そば」でお楽しみください♪


★これは珍しい!ひそかな噂を呼んでいる★こだわり酒そばこだわり酒そば

当店売れ筋NO1がこの「こだわり酒そば」です!


「こだわり酒そば」は、その名のとおり、
原材料にこだわり、厳選した、国産の原材料を使用しています!

そば畑■こだわり・その1:そば粉■
そば粉は、日本有数のそば処信州・安曇野(あずみの)産のそば粉を、 石臼にて、丁寧に、丁寧に、粗挽きしたものを使用しています。

北アルプス山麓長野県安曇野市一帯の地域は、 名水百選「安曇野わさび田湧水群」で知られる日本有数の名水の土地です。

清らかでミネラルが豊富な水によって、味も香りも素晴らしいそばが育まれます。


豊かな大地が育む小麦畑■こだわり・その2:製法
このそばの味と香りを最大限引き出すため、 製法にもこだわっています♪

そばの実を製粉する際、これまでの方法ですと、 機械製粉のためかなりの熱が発生し、 そば本来の香りが失われてしまいます。
昔ながらの石臼を使ってゆっくりと、丁寧に、丁寧に、挽くことによって、 そばの実の甘皮と呼ばれる部分をも一緒に挽きくるんだ、 そば本来の香り一杯の粗引きの「そば粉」にしています。

■こだわり・その3:小麦粉
小麦粉は北海道の大地が、育んだ小麦粉を使用しています!
北海道産小麦の特徴は、風味がよく、 その豊で広大な大陸同様、豊かな味わいを大切にし、そばの風味を最大限に生かす粉です。


富山県高岡市雨晴海岸より望む立山連峰■こだわり・その4:お酒
地元富山で人気の地酒を使用しています。

富山県は、三方を北アルプス立山連峰などの、山岳地帯に囲まれており、 中央には実り豊かな平野が広がっています。

富山湾、日本海へと開けている天然の巨大ダムともいえる山々からは、 一年を通じて豊かで、清らかな水が生まれるんです!
豊かな大地と清らかな水に育まれた米どころ富山は、日本でも有数の酒どころでもあります。

酒そば本舗の酒そばは、富山で人気の地酒を使用しています。

2005年10月10日

夢のまた夢

今日10月10日は、言わずと知れた体育の日。国民の休日であります。

しかし、なぜ今日が体育の日なのか、知らない人も多くいらっしゃるのではないかといらぬ心配をしたりしておるのですよ。

あ~学校がお休み♪ラッキー!・・・とか、
三連休か、暇だわ~!グアム島へでも行ってこよう♪♪・・・って

そんな人も結構おられるのじゃないかなぁ~ヾ(・_・;)チョット‥ウラヤシー!

昭和39年の今日、東京でオリンピックが開催された日なんだぞ~って
叫ん~でみ~ても~♪もぉ~お~帰ら~ない~♪あ~の・・・
          ↑↑↑
(懐かしの G.S ワイルドワンズの想い出の渚の旋律でおねがいしますね)
          ↑↑↑
(これがまた、呆れるほど古いじゃありませんか!?!? )

ほんでもって、その頃の私の在りし日を知りたい人は
          ↓↓↓
       こちらをクリック!!9月21日の日記をご覧ください。

酒そば本舗は、三連休なんて夢のまた夢、みなさんのご来店を心よりお待ちしております。ぜひお越しくださいませ!!


酒そば本舗開店記念セール中です!!



  


Posted by 酒そば本舗店長 at 10:41Comments(0)

2005年10月10日

クサイはなしですいません・・・!

今日も杉浦日向子さんのお書きになった「一日江戸人」より、ネタを拝借いたします。
だって、本当におもしろいんですから・・・!

昨日取り上げた大食い大会も、すこぶるおもしろかったのですが、一番びっくりしたこと、えぇ~ホントかよ!?・・・と思っちゃうことを紹介します。

それは、江戸城大奥の生活について。
ついつい岸田今日子のナレーションを思い出してしまう、そう皆さんテレビ時代劇でおなじみのあの大奥。

とかく我々は、将軍のハーレムのように思ってしまいがちですが、実際は当の将軍も、その将軍にかしずいた上は上臈・お年寄りから、下はお目見えかなわずの下働きまで、それぞれの立場立場で結構大変な暮らしぶりであったことが窺えます。

大奥には、御台様専用の一代限りのトイレがあったというから、ただただ驚いてしまいますね。
御台様といえば将軍の正室、その方のために江戸城大奥には専用のトイレがあった。
しかもその人一代限りで、将軍が代わればそのトイレは、用済みで埋めてしまうというのです。
その上ご丁寧なことに、汲み取りしなくてもいいように、とてつもなく深い便つぼを掘っておくのだというのですから、どういう思考でそんなクサイこと考えつくのかなと鼻をつまんでしまいます。

とにかく抱腹絶倒、上は将軍から下は長屋のおかみさんまで、果ては盗賊・義賊まで、これを読めばまさしく貴方も「一日江戸人」になれること間違いなし。
ぜひご一読をオススメします。


酒そば本舗の酒そばは、皆さんに江戸城大奥のように鼻をつまませるようなことはさせません。
袋を破ったそのときから、そしてゆでているときから、芳しい香りが鼻こうをくすぐります。
食べてご満足、食べた後もゆで湯はそば湯としてお楽しみいただけます。
いいこと尽くめの酒そばなんです。

酒そば本舗開店記念セール中です!!

  


Posted by 酒そば本舗店長 at 09:28Comments(0)